2009年09月12日

越後味噌組合60周年記念イベント

NIIGATA GRANS GOTELで
越後味噌組合(新潟県の下越エリアの味噌組合-新潟県に中越・上越の2組合があります)主催の
一般の方から600人もの応募の中から選ばれた200人の当選者の方をご招待して来賓者と
創立60周年記念イベントがありました。

大きなメインが
●「再発見!うちごはんで味噌料理」
 日本を代表する味噌博士の今井誠一先生と郷土料理研究家河内さくらさんのトークショウ
うちごはんで味噌料理 

●川瀬シェフによる「味噌を使った料理の試食会
味噌を使ったフランス料理 夏野菜のシチュー
15種類の味噌を使った料理たち      私一押しのメニュー

和風かにグラタン ほか 肉みそパスタ ほか ビーフステーキ ディジョンマスタード アイスクリームMISO

手づくりチーズの味噌漬けとイタリアンパン( リコッタ風チーズを作って味噌漬にしたそう・・・)
和風かにグラタン
鮭のタルタルソース焼き
エビ・イカ・ホタテのガーリックソテー
タンドリ−チキン
ビーフステーキ ディジョンマスタードソース
牛肉のビネガー煮
豚肉と小松菜のけんちん
夏野菜のシチュー
肉みそパスタ
生姜味噌のエビピラフ
おにぎり
きのこ汁
アイスクリームMISO
みそケーキ

こんなご馳走になって、味噌のお土産と「みそレシピ」を頂いてお腹満腹リンでした。
本来関係者は行ってはダメ!!と言われていましたが、
急にキャンセルが出たとの委員長さんからのお誘いがあって、こんな素晴らしい機会を頂きました。

私は、今井先生と河内先生のトークショーで味噌屋としての知識を再構築できて
何物にも変えがたく有意義な一日でした。

前日メルマガでご紹介した辰巳芳子さんの思いが
丁度折りしも今井先生の思いとの重なり、『日本の底が抜ける』・・・ 

若年層の食事の変化がひいては、人口構造、精神構造までも変えかねないとの
説得力のある話に、危機感を感じました。

折りしも、オランダ在住の従妹から
ヨーロッパでの子供たちに対する国の教育の位置づけの話を聞いたら
みそ一つではなく、大きく忘れ物をして、盲目の日本が歩んでいる気がしてきました。





ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
 



posted by まさ at 23:50| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ANOTHER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。