2009年11月08日

素揚げ味噌里芋

もう亡くなった義母から教わったのですが、
「里芋を煮る時は『味噌』をいっしょに入れると泡で吹きこぼれないんだよ!」
私も、母も知らなくて・・・。
それ以来、里芋の味噌汁は、先に予定の半分くらい味噌を入れてから材料を煮ます。

里芋の煮っ転がし・・・
味噌味で作って、もっとコクをだして・・・。
てな具合で思いついた一品です。

09-11-08-1.jpg

 レシピブログの、サントネージュワインモニターへ参加中♪【材料】
 里芋・・・400g
 味噌・・・大さじ2
 春雨・・・10g
 銀杏・・・10粒
 マヨネーズ・・・大さじ2
 明太子・・・皮を取り除いて大さじ2
 揚げ油

【作り方】
 1.里芋は皮をむき、茹で、沸騰してきたら、味噌を溶かし入れる。
 2.竹串がス〜っと通るようになったら、ざるにあげ、水気を切る。
 3.熱した揚げ油で、春雨、銀杏、Aの水気を切った里芋を揚げる。
 4.同量のマヨネーズと明太子を混ぜたソースをかけていただきます。

【レシピブログの「サントネージュワイン」モニターに参加中です】
09-11-08-2.jpg
レストランうっすら味噌あじのついた里芋はコクがあって、油で揚げているのにしつこくないのでびっくり!
  いっしょに揚げた春雨の触感が、里芋のモッタリを刺激して、思いがけない発見でした。
  フルーティながらもしっかりした白だから、里芋の粘りと明太ソースをおいしく、
  次の一口を楽しみにしてくれています。あとを引くおいしさです。

この銀杏、昨日山の帰りに「道の駅」で見つけたものです。
とっても小粒の銀杏は、いつもの銀杏割りでは小さくて、
発見!!!!
うちのキッチンバサミ、握りの前に丸いくぼみがあって
そこに銀杏をはさんで、切るように握ると、ピチッっといって殻が割れました\(^o^)/
道具って大切だけど、代わりが見つかって万々歳でした(^-^)





 ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋


posted by まさ at 22:17| 新潟 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。