2010年01月31日

トルコに行く

長いことお休みいたしました。
さ、どこ行ってたとお思い?

♪〜飛んでイスタンブール〜〜♪♪

そう!!トルコに行ってきました。
以前からの憧れのトルコ、行きたかったイスタンブールでした。
帰って来た今は、またすぐにでも行きたい!!
私をトルコが呼んでいる〜〜♪そんな気分です。
(外国から帰ってくると、次はどこに行こうかしらって今までは思っていたのに・・・)

母が、お素麺と天麩羅を揚げてくれました。
日本のしょうゆ味は、最高です。

10-01-31-1.jpg

食するものに対するフォーカスが違うのでしょうか?

香りに向かっている国民、味に向けている国民、
過激を好む民族、包まれるやさしさに調和を求める民族。

『食』ひとつとってもそんな気がします。

10-01-31.jpg

右上が、ずっとガイドをしてくださったMr.Tuna
(彼から顔を出してもいいよ!と承諾いただきました)
彼なしでは、こんな深い思いのトルコ旅行はありえなかったでしょう。
(ツナさん、あなたのお陰でした。本当にすてきなトルコの旅を演出してくれてありがとうございました。)

イスタンブールに 着いた日から雪で、高速道路も通行止めの始末。
「トロイの遺跡」に着く頃にはもう、日は傾き月が出ていました。
(辿りつくのに、ドラマ・・・。もうとっくに入園時間は過ぎていて・・・)

翌日の「Efesの遺跡」は、ギリシャのパルテノン神殿よりHuge!!
にもかかわらず、まだ発掘されてない部分が多すぎて世界遺産に登録さず仕舞いだそうな・・・。
クレオパトラとアントニウスが歩いた通りもあったわ^^

そして、世界遺産で有名な「パムッカレ」。
段々畑のような石灰棚を温泉が流れています。
朝日にあたって、ピンク色が見る見るうちに真っ白に変わっていきました。

ちょっとアリゾナを思い出すカッパドキアの奇岩群。
イスラム教のお話を聞いたり、トルコと日本の知らなかったつながりを聞いているうちに
キリスト教徒とイスラム教徒がよくわかんなくなって・・・。
心の底から大きく揺さぶられる思いは、ノホホ〜〜ンと暮らしている「アホな日本人!」
カッパドキアの穴にでももりたい!!  
 そんな恥ずかしさいっぱいになってしまったのです。
 (予定通り帰ってきましたけれど・・・(^^;;)

有名な、本場のトルコアイスクリームは延びた延びた!!
そしておいしかったわ〜〜(*^^*)

コンヤというセルジュク朝の首都のあった町で、初めてトルコ人の生活を見た感じ・・・。
学生や、会社帰りのパンをかかえたおば様や、礼拝にきている信者さんたち。
ちゃんとトルコにも生活があったわ(当然じゃ!!)


明日はこの続きを・・・。





ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋



ラベル:天麩羅 素麺
posted by まさ at 23:45| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。