2010年05月04日

炙り親子丼

私の嘔吐はすっかり止まり、ほぼ日常の体調に戻った感じ\(^o^)/
次は、母です…。

??やっぱり若いほど?反応が早い(゚_。)?

ほら! 筋肉痛は年を重ねるとすぐ出てこないっていうでしょ!
翌日、筋肉痛だと、「私って若い!」 そういうの聞きません?

あれ?それとは関係ないのでしょうか? 
今日一日(1.5日遅れで)、昨晩からずっと私の後を追いかけていました。

今日のお昼は、角館で食べた比内鳥の親子丼がスープ丼だったので
再度食べたくって、あえて、鶏をしっかり炙って使いました。

10-05-04-1.jpg

【材料】 (4人分)
 鶏モモ肉・・・1枚
 玉ねぎ・・・小2個(大きめの千切り)
 椎茸・・・中3枚(軸を取り、太い千切り)
 料理人・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ2
 卵・・・4個
 みつ葉

【作り方】
 1.鶏は大きめ、一口大に切ったら、できればテフロンのフライパンに 皮面から載せて
  じゅーじゅー油を落とすように焼き、最後ひっくり返したら、取り分けておく。
 2.新玉ねぎを@の半分ほど残した油で炒めたら、椎茸を加え、料理人とみりんを加える。
 3.Aに@の鶏肉を戻し入れたら、といた卵3個分とみつ葉の軸分を全体に回し入れ、蓋をする。
 4.表面が固まったら、残りのとき卵を回し入れ、葉の部分のみつ葉をのせ、蓋をし、
  まだ卵がとろとろのうちに蓋を取り、火から下ろし、用意しておいたご飯に載せる。

10-05-04-2.jpg

レストランちょっと甘めのしっかりした味の方が、ご飯がおいしく進みます。
  みつ葉は、庭に盛りとして出てきました。ちょっと使いすぎました。
  一手間の余分の油落としは、時々パリパリ皮が香りとパリパリ感をプレゼントとしてくれました。
 
  ふきのとうで作った味噌と、大根とわかめと人参の酢のものを添えてみました。
  味噌汁は、なめ子と豆腐とねぎです^^







 ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋


posted by まさ at 20:41| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ごはん・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。