2010年05月20日

蕪とベーコンの味噌炒め

葉っぱつきの大きなカブがみずみずしくておいしそう!!

蕪と言えば、「おおきなかぶ」という大好きな童話がありました。
何度か(一度ではない…絶対に!!)お芝居をやったこともあります。
どうして皆でかからなければならない程の蕪に育ったのでしょう??
ガリバー旅行記だって、そう言ってみたら小人の国に流れ着いたり、
不思議の国のアリスだって、小さくなって起こる冒険の話…。

大きくなったり、小さくなったり、童話の世界ではお得意の手法なのでしょうね^^

10-05-20-1.jpg

カブをベーコンと一緒に、炒めて味噌で味付けしました。
もったいなかったので、火を入れても硬い葉は、
細かく切ったらソースみたいで、繊維とビタミン補給になるかしら?!


10-05-20-.jpg


【材料】
 蕪・・・3つ
 蕪の葉・・・一蕪分
 ベーコン・・・120g
 新潟米味噌「延齢」・・・大さじ1.5
  (ベーコンの塩分で調整)
 酒・・・50cc

【作り方】
 1.蕪は、皮つきのまま、縦6等分にカットする。
 2.1p位の拍子切りにしたベーコンをフライパンで炒めて脂を出したら
   @の蕪と、みじん切りにした葉を入れて、焦げないように炒める。
 3.Aに酒をふり入れたら、蓋をして蒸し煮し、味噌を入れ全体に味をなじませたら出来上がり。


10-05-20-3.jpg

レストラン葉を入れると筋が硬くていつも、時間がかかっていたので
  細かく切って味噌と絡むように、時間もかからず来上がりました。
  ベーコンが味噌と蕪の甘みを繋ぎとめてくれています。
  あったいご飯が進みました。味噌汁と一緒にほっとした和食のランチでした。




ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋


posted by まさ at 22:41| 新潟 🌁| Comment(10) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。