2010年08月12日

蓮根の鶏サンド

今日は朝から台風が新潟に上陸するか、風は?雨は?とはらはらしていましたが
たいしたことなく、夕方前にはもう東北地方に行ってしまったことを知り
一安心でした。
時折パラパラと雨が降ってくれたからか
久しぶりに窓を開けて涼しい?(暑くない)風を入れました。
何日ぶりだったでしょう。
通路に大きな冷凍庫が2台あります。
そのコンプレッサーが同じ室内にある一体型のため、
真夏は反対にクーラーで通路も冷やさないと、機械がダウンしてしまいます。
夏場の冷蔵庫冷凍庫は、ある意味命ですからダウンなんてことになったらとんでもない!!!

その通路に外の涼しい風を入れてやることができ、電気代の節約です。
普段は一体型のことが気にはまったくならないのですが、
真夏の強烈の暑さの続く間の心遣いなのです(冷凍庫に対して)。


今日は息子が夕方いえ、夜帰ってきました。
先週末から夏休みだったのですが自分の楽しい休暇を存分味わって今日帰ってきたのです。
「夏休みの終わりへのカウントダウンが始まった!」だそうです。
夏休み前半の自分自身のお楽しみが終われば、あとは、お墓参りや家族セレモニーなのでしょう。

母は、家族そろったことがうれしくって^^
といっても今日は案の定仕事最終日でキッチンに入れたのが6時近く・・(通勤時間なくてです)。
それから急いだ成果でしかありませんが…。

10-08-12-1.jpg

新潟の夏は、枝豆と焼きなすは定番です。

この大きな海老は、塩焼きにしてかぼちゃの素揚げを添えました。
10-08-12-2.jpg


一番手の込んだものは、 『蓮根の鶏サンド』

【材料】
 鶏挽肉・・・250g
 長ネギ・・・1本
 生姜・・・1片
 片栗粉・・・大さじ2
 卵…1個
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1
 蓮根・・・2節

【作り方】
 1.長ネギ、生姜はFPでみじんにしたらたひき肉、卵、片栗粉、「豪農」、とよく混ぜておく。
 2.蓮根は皮をむき、1センチ弱の厚さに切って小麦粉をまぶしておく。
 3.蓮根2枚で@の種を挟み、少量の油を引いたフライパンでゆっくり両面がきつね色になって
   挟んだ鶏肉の種に火が通るまで焼く。

レストラン大根おろしを乗せて、だし醤油で割ったお湯(天つゆのような)を注ぎかけてもさっぱり味でよかったしょう。
  挟んだネギと生姜の香りが無理に他の調味料を必要としません。
  レモンをたっぷり絞っていただいてもいい感じです。

10-08-12-3.jpg


オクラを巣揚げして、縦に割って添えてあります。

以前豆乳ぜりー_じゅんさいスープ の改良版です。
豆乳を出し汁で少し割っておきました。
今日のウニは、岩手県産。息子たちがいなかったらこんな高価なモノ奮発しませんでした。

10-08-12-4.jpg


夕方雨になる前に、息子と連れ合い君がお墓のお掃除を終わらせてくれました。
終わったと同時に雨が降り出してぬれずに済んだのと
雨がきれいに流した後をさらに流してくれたそうで、これでご先祖様をお待ちできます。
いえいえ、まだ家の中のお掃除が終わっていませんでした(^^ゞ







 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

 


  


posted by まさ at 22:32| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。