2010年09月14日

初めて鮭一匹卸した‼‼

北海道の石狩の母の友人から大きな、大きな大きな鮭が届きました。
いつもなら、母が卸すのです。
10-09-13-1.jpg


ところが、「解体新書」ターヘルアナトミアをしたのは杉田玄白ならぬこの私‼‼‼
初めての体験です。
いっつも脇で(いいえ、見ていません)、私のすることではないと思っています。
正直近くの魚屋さんにもっていってお願いしようかとも思いました。
失敗してもなんとかなる!(母もいるし…)

ただ、カンカンの冷凍状態で届いたので、半解凍〜解凍気味で卸すのが一番仕事がしやすい
それはわかっているのです。

はい!初めての体験。右に左に向こうにこっちに…ひっくり返したり
はぁはぁ、ふぅ〜ふぅ〜言いながら、
中々ひどい、成仏できたかしら?この鮭さん。「解体新書」にございました。

骨に付きすぎたお肉は、スプーンでかきだして、明日へのお楽しみ。
いくらは、ほぐしてイクラの醤油漬が、大瓶一本(インスタントコーヒーの大瓶)。
骨と頭と内臓は、胴ガラナワタ汁と言って、味噌汁に。(熱湯で臭みを取ってから、味噌汁にします。)

10-09-13-2.jpg


鮭の切り身は最初は、ブラックペッパーとローズマリーの香りを付けてたっぷりのレモンで頂きました。
10-09-13-3.jpg


オーブンには、皮つきのままのじゃがいもを一緒に焼いて…。


5時半過ぎてからの解体ショウでしたので
イクラの醤油漬まで作ったので、お夕飯がうんと遅くなりました。

母は、祖母のを見て私はうまくなってといつも言うのですが、
私はこれ以上、上手になりそうになりません。
それにこんな大きな鮭を頂く機会もないでしょう。あっても私は魚屋さんに直行です!!

とってもいい経験でした。
私に卸された鮭は、実験台でとってもかわいそうでしたが、
その分、美味しく作りますから、許してね(^_-)-☆

今日は、わたしの「解体新書」の巻にございました。







 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ



ラベル:
posted by まさ at 22:38| 新潟 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。