2010年10月31日

ローストポーク_バルサミコ女将風ソース

今日は、母の絵手紙の道具を出してきて
初めて巻き紙に、手紙風な礼状を書いてみました。
字を書いたり、絵を描いたり・・・。
時々いらっしゃるお店のお客様に手を止められますが、
楽しい自分だけの時間の中にどっぷり…。
ざらざらの裏面を使って描いた方が楽しい味わいが表現できた気がします。
久々に筆を持ったほっこりする午後のひとときでした。

さてさて、

10-10-31-1.jpg

塩と胡椒した豚モモを脂面からフライパンでローストして、
全面ローストしたらハーブ・デ・プロバンスをチョチョチョイっとかけて230℃に温めたオーブンで15分
ローストポークをカットしてバルサミコソース女将風をかけて・・・。

10-10-31-2.jpg

【ソースの材料】
 バルサミコ酢・・・50cc
 料理人・・・小さじ1
 ローストガーリック・・・小さじ1
 タプナード・・・小さじ1
 バター・・・10g
【作り方】
 1.豚肉をローストしたフライパンにバルサミコ、料理人、ローストガーリック、タプナードを入れ、
   焦げないようにやや緩めまで煮詰める。
 2.バターを加え、とろみを確認したらできあがり。
   (温度が下がるとバターが固まることを考慮に入れて終点を見極めること)

10-10-31-3.jpg

フレンチでお醤油がもてはやされる意味がよ~く分かるソースです。
バルサミコ酢に、1種類ずつ(ex.料理人)、入れては味見をしていると
その加えたものの役割が理解できます。

醤油って、違う旨味成分が味と薫りを押し上げてる気がしますし、
タプナードも違う種類の酸と香りを付与してくれています。

実は、バルサミコのキャップをどこかにやってしまったようなのです。
それで、急いで、バルサミコを終わりたかったんです…(^^ゞ
怪我の功名ってこういうことでしょうか。美味しいソースに仕上がりました。






ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 20:32| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

田さき_新潟西掘前通

なかなかこんな組み合わせはないでしょ!
家のお寺様のご住職とそこのお弟子さん、いえいえい、立派な尼様。
うぅ〜〜ん、むずかしい‼説明しづらいのですが、
昨年、住職とそこの立派な尼様たちとご一緒して、京都の本山めぐりやら
なんともたのしい勉学の?京都旅行をしてから、
一献傾ける機会がとっても楽しくなって・・・。
ご住職は、高校の大(?)先輩でも有られますし、
こんなに修業を積んだお坊様は宗派の中でも
そうはおられないほどの方なのですけれど
私なんかと一緒に楽しい美味しいものを気さくに、
ご一緒する機会を作ってくださいます。

てな訳で、以前も連れて行っていただいた
四季の味 天ぷら 「田さき」に行ってきました。
 新潟市中央区西ほ堀前通8-1518
 TEL:025-224-9233

10-10-23-1.jpg

前にも伺ったことのあるお店でしたので、あっという間にアットホームのような楽しさ。
カウンターにお席を用意してくださってあったので、
マスターをムッシュ~♪とお呼びして
女将さんの回転のよいお頭はくるくる回り、
心地よいスピードの話しはどんどん進みます。

今年初です、きっと。
かきのもとのおひたしにイクラの醤油漬とゆずのほのかな香りで
熱燗がスタートします。
この季節当然の、松茸の土瓶蒸し!! おだしの塩梅のやさしいこと!絶妙です^^
いくつか頂いた天ぷらの中でも、
ふわふわな鱚と、海苔の小貝柱とウニの包み揚げのは絶品でした。

10-10-23-2.jpg
デザートにいちぢくを頂いたのですが、
果物のない季節用に、イワナシを焼酎漬にしてストックしてあるとのこと。
え??「イワナシ」って、昨年磐梯山で一度だけみた「イワナシ」??
味見させていただいたら、とってもとっても美味しいこと!!
これをどんなデザートにアレンジなさるんでしょう~♪

一度しか見たことはないのですが、その時のお花と重ねてみました↑。

私たちメンバー(住職様達と、私たち、そして田さきのムッシュと奥様)が
いいからでしょうけれど(ちょっとずに乗りすぎてるかしら・・)、
とっても楽しいお食事会でした。
住職様、ご馳走様でした<(_ _)>






ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 22:47| 新潟 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

鶏ごぼう鍋

今年初の鍋です。
ちょっと食べすぎました。

【材料】
 鶏手羽先・・・12本
 ごぼう・・・2本
 生姜・・・1片
 マイタケ・・・1パック
 人参・・・1/2本
 白菜・・・1/4
 料理人・・・50cc

10-10-28-1.jpg

【作り方】
 1.鶏は、水洗いをしてキッチンペーパーで水気をよく拭き取り
  手羽先と手羽中を切り離しておく。
 2.ごぼう、人参は、皮を包丁でこそげとったら、斜めに切っておく。
  マイタケも房を分け、白菜はそぎ切りにしておく。
 3.たっぷりの煮たった鍋に生姜に切り目を入れて@の鶏とごぼうを入れ
  コトコト、コラーゲンを煮だすように^^ゆっくり煮ます。
 4.マイタケ、白菜、人参、料理人を加え、火が通ったらアツアツを
   ふうふう言いながらいただきましょう。
 好みで、手羽先は取り除きました(おだしとコラーゲンを抽出するのが目的)。


10-10-28-3.jpg

生姜が入ったので温まりますよ〜♪
和風のポトフのようです。
10-10-28-4.jpg

私はこの器で3杯も食べちゃいました。
食べすぎです。お腹パンぷくりん‼
ひとりで、白菜は1/4近くを食べた感じです。

お肌がプリンプリンするのを期待したのですが
もう回復力の衰えたお肌なのかしら?
さほど、効果が見られない…(-_-;)







ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 16:33| 新潟 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

チキン〜プロバンス風

昨晩は、偏頭痛をこらえながらUPして、即Bed in!!
今日も一日思い頭が肩の上に乗っている・・・。そんな状態です。

今日もよい子にしていて(当然、赤は禁)、早々に横になりましょう。。。
この急の寒さで血管が収縮したのでしょうか?
ぴーたろーさん曰く、遺伝子が何か悪さしたのでしょうか・・・(^^ゞ
ちょっと良い子にしていなさい!! というサインと思って自粛です。。。。

今日は、フランス~アヴィニョン〜で仕入れたものを使って
手間かけずに、やっつけちゃった一品です。
10-10-27-2.jpg

【材料】
 鶏モモ・・・1枚
 サラダ豆・・・1袋
 玉ねぎ・・・1個
 にんにく・・・1片
 パプリカ(赤・黄)・・・小各1個
 タプナード・・・小さじ2
 プロバンスハーブ・・・大さじ1
 コンソメ(顆粒)・・・小さじ1
 白ワイン・・・100cc
 カマルグ塩・コショウ

【作り方】
 1.鶏はちょっと大きめな一口大にカットし、皮面を下にしてフライパンにひっくり返さず焼く。
  (中火で焼き色が上部2/3くらいまで上がってきたらひっくり返し、両面焼く。)
   余分な脂は取り除いて、お皿に取り分けておく。
 2みじんに切ったにんにくと玉ねぎを@のフライパンで炒め、
  調味料、ハーブを加え、@の鶏を戻して白ワインを煮詰めて、塩コショウで味を調える。

10-10-27-1.jpg 

ほぉ〜〜ら、こんなにおいしそうに出来上がりましたよ^-^
でもね、今晩は、よい子にしていなくっちゃ!! です。





ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
ラベル:鶏モモ
posted by まさ at 17:54| 新潟 ☁| Comment(17) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

帆立のジェノベーゼ焼き

あ。。。。
すみません。

ウルトラマンじゃありませんが、
片頭痛のランプがともり始めました。

あと数分で激痛がやってきます。
とりあえず、
写真をUpして

明日の朝、文章を補充します。

いただいた菜っ葉のジェノベーゼ
ピーナツ・・・12粒
にんにく・・・1片(芯はきっちり取り除く)
レッドチェダーチーズ・・・大さじ2位
エキストラバージンオイル・・・100cc
延齢味噌・・・小さじ2
この季節の菜っ葉・・・なかなかどっさり

10-10-26-1.jpg

230度のに熱したオーブンに
5分ホタテを焼いたら、
口のあいた所から口を漕ぎ開けて
ジェノベーゼを大さじ1強

さらに200℃にして5分焼いたら出来上がり!!

10-10-26-2.jpg

ジュク、ジュク  熱いものをふうふう頂きました。

あぁ。。。。。そろそろ点滅が消えます。明日には、治っていますように…・。お休みなさい。



ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
 
posted by まさ at 21:09| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ハンバーグ_ミソデミソース

昨日、冬に備えてユニクロにヒートテックのアンダーウエアーと
長袖のTシャツを買いに行きました。
ワゴンにハイネックの¥2,000をちょっと切る定価のものが1,000円で
まだコインが3個以上(大きい桁のもの2個ともういくつか)帰ってくるお得‼
色も私の大好きな濃いピンクと深いグレイ^^
思わず籠に入れていましたよ!!

帰ってびっくり!タートルのチュニック!だった。。。。
アンダーとかインナーにと思っていたのに・・・。
ちょっと早まってしまいました。好きな色とはいえ、2枚も買ってしまった・・・(^^ゞ(-_-;)

10-10-25-1.jpg

さあ、今日はミソデミを作って、ハンバーグをトッピングしました。


【材料】
 ●ミソデミ
  マイタケ・・・1パック
  エリンギ・・・1本
  にんにく・・・1片
  玉ねぎ・・・1/2個
  デミグラスソース(ハインツ)・・・1缶
  豪農味噌・・・大さじ2
  赤ワイン・・・200cc
  ケチャップ・・・大さじ2
  ローリエ・・・2枚

 ●ハンバーグ
  牛・豚合挽き・・・300g
  玉ねぎ・・・1個
  にんにく・・・1片
  豪農味噌・・・大さじ1
  フランスパン・・・2p
  卵・・・1個
  ナツメグ・胡椒

【作り方】
 1.ミソデミソースを作る。
   みじんに切ったにんにくをサラダオイル大さじ2で炒めたところに、
   みじん切りの玉ねぎをきつね色になるまでよく炒める。
   マイタケ、エリンギをみじんにして加え、
   デミグラスソースと赤ワイン、ローリエを加え、丁度よい硬さまで煮詰める。
   豪農味噌、ケチャップで味を調えて。でき上がり。

 2.ハンバーグを作る。
   玉ねぎ、にんにくは、みじんに切ってきつね色になるまでよく炒める。
   フードプロセッサーで細かくしたフランスパン、合挽き、炒めた玉ねぎ、調味料、玉ねぎを
   粘りが出るまでよーく混ぜたら、形を整えて、フライパンでゆっくり焼く。

 3.ソースの上にハンバーグを乗せ、サツマイモと蓮根のチップスを添えて出来上がり。

10-10-25-2.jpg


たまにはちょっとおしゃれしたDishもいいでしょ!!
ナイフとフォーク好きの母はとっても喜んでくれました\(^o^)/




ブログランキングに参加しています          
レシピブログ  

    


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 22:50| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

海鮮ベジタブルパイ

nokkoさんのスイートポテトグラタンが私の中ではまだ不消化なんです。
もうすこし究めたくて・・・。
今日は、ポテトで挑戦!

10-10-24-1.jpg


【材料】
 冷凍シートパイ・・・2枚
 A: じゃがいも・・・3個
    牛乳・・・50cc
      バター・・・大さじ1
      塩・胡椒・ナツメグ・・・適宜
 B: デミグラスミートソース・・・たっぷり ⇒ 鮭のパセリ味噌焼き のデミグラスソース 参照。
 C: 海老・・・8尾
    帆立の貝柱(小)・・・6個
    パプリカ(赤・黄)・・・1/2ずつ
    八色椎茸(とても肉厚大)・・・2枚
    玉ねぎ・・・1/2個
    塩・コショウ・・・少々
 ピザ用チーズ・・・適量

【作り方】
 1.じゃがいもは茹でて、マッシュし牛乳とバターでマッシュポテトを作り冷やしておく。:A
 2.玉ねぎを千切りにしよく炒めたところに千切りにした椎茸を加え炒め、荒熱を取っておく。:C
 3.海老は背ワタを取り除き、さっと塩ゆで、パプリカも千切りにしておく。
 4.パイシートは、少しの簿して、パイ皿に形を整えて敷き、フォークで穴をあけておく。
 5.最初にAを次にたっぷりのB、そしてCの野菜をのせ、パプリカと海老、ホタテをトッピングして
   ピザ用チーズをたっぷりかけて250度に熱したオーブンで20分。
   その後上の焼き色を調整しながら、200℃で10分焼いて、アツアツをどうぞ!!
   ちょっと冷やした方が、パイ皿からすんなりとれるので、ちょっと待った方がいいでしょう。
   (私は急ぎすぎました・・・(-_-;) )


10-10-24-2.jpg

今度はスィートポテトでやってみなくては・・・。
あのときのデミグラスミートソースがおいしくって・・・*^^*

私ひとりで、1/3を食べちゃいました。
食欲の秋です。ちょっと油と蛋白質を控えねば…。
最近、胃の腑が大きくなっている気がします。
お腹がすくというよりは、お口が欲しています。

天高く~~♪ 女将豚になる秋〜〜にございます。


10-10-24-3.jpg







ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ



 

posted by まさ at 20:33| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

びすとろランタンルージュ

大好きな女子メンバーでの毎月の例会です^^
いつもは、ほとんど好きなものをチョイスして好きなものを飲んで・・・。
そんな風においしいものを頂いているのですが
今回は、今どきの若いお嬢さんからの紹介で
(きっともう、予約無理かもよ! ← それくらい人気のお店らしいのです)
教えてもらったお店に予約の電話をすると

ラッキーなことに予約はとれて(私たちの席からして予約は最後だったようです。つまりセーフ ^^ゞ)、
お料理は、お勧めの¥3,980で3時間飲み放題のコースに!!
お嬢さんに進められていた大人のハンバーグ(魅力的なネーミングでしょ!)も入っているし・・・。


さて、ちょっと早めに着いて、待ちきれない私たちは、
もう一人を待てずに 第一弾小さい乾杯を! してスタートです。

彼女が来てから第2弾の大きな乾杯で本番スタートです!
10-10-22-4.jpg

ちょっと暗いお店で、写真はうまく撮れていません(悪しからず…)。
デザートまでの7品。
かの期待した大人のハンバーグは、フォアグラがハンバーグサイズに
カットされてトッピングしてありました(右下から2枚目)。

いつもになく飲み放題は、よくありません。
気のきくメンバーが、一生懸命お酌してくれるのです。
わかります?

ついつい飲みすぎ・・・。(翌日一日頭が重くて重くて・・・)

されその後は、では・・・次回‼となるのがいつもなのですが、
この日は、何年ぶりでしょう、4人でカラオケに Let's go!

10-10-22-5.jpg
このメンバーの中にカラオケ教室に通っている人がいたんです。
楽しい昔メドレーに興じた後、私は一番に抜けて最終電車に飛び乗ったのです。

翌日の朝の頭の重かったこと、
親戚の法要に、何もなかったようにして出かけましたが
実は、一日中ムカついて…・(-_-;) 本来こういうときに使う言葉なのですね。
法事から帰宅した後、早々にベッドに入ったことは十分のお判りいただけるでしょう(^^ゞ



お店情報:ぶすとろLanteme Rouge
新潟市中央区東大通2-8-4
TEL:025-378-5756
http://www.lanteme-rouge.jp/







ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:16| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

秋のカラフルホタテサラダ

随分日の落ちるのが早くなりました。
6時過ぎスーパーから帰ってくる道は車のライトがビューンと脇を通っていきます。
もう真っ暗な夜道ですが、月が時折雲をかぶって、ほぉ〜いい感じ^^です。
急いで夕食の準備を・・・と思って家路を急いでいると
白鳥の鳴き声が・・・。
白鳥って姿ほど美しい鳴き声ではないのをご存知ですか?
はっきり言って、醜いあひるの子的な鳴き声です。

確実に西南から東北方向へ十数羽と思われる鳴き声が頭の上をかすめていきます。
この暗闇じゃ、姿は全く見えません。
もしかして、月の上をちょうど横切ったら、ドラマみたい・・・。と
月の方向を熟視。
鳴き声が聞こえなくなるまでは、想像を掻き立てるだけの時間でした。

今年も白鳥が帰ってきたことを泣き声で知った瞬間でした。

さ、急いで作らねば…・。


10-10-21-1.jpg

【材料】
 ベビーホタテ(サラダ用)・・・12個
 パプリカ(黄)・・・1/2個
 枝豆(中味を取りだして)・・・40g
 しめじ・・・1パック
 ミニトマト・・・8個
 料理人・・・適量

 マヨネーズ・・・大さじ1
 料理人・・・大さじ1
 練りマスタード・・・小さじ2
 ワインビネガー・・・小さじ2

【作り方】
 1.鍋に少量のお湯を沸かし、料理人を適量入れて煮立ったところに
   @1p角に切ったパプリカをさっと湯がく。
   A次に、石附を取り除いて房を分けたしめじを湯がく。
     余分な水分を十分切っておく。
 2.帆立に小さじいの料理人をまぶして余分な水分は落としておく。
 3.混ぜ合わせた調味料に1.の湯がいたものと茹でてむきだした枝豆、   
   1/4にカットしたミニトマトを混ぜ合わせたら出来上がり。

10-10-21-2.jpg 

レストランしめじがどうしても水分含んでベチャベチャになったり、水っぽくなるのを防ぐ意味で
  料理人で湯がいています。
  
  
 枝豆はもそろそろおしまいの季節です。
 代わりにアボガドとかインゲンも美味しいグリーンの役割を果たしてくれるはず!
 帆立のうまみには脱帽ですね。
 湯がいてある「ベビーホタテ」を買うのは抵抗がありましたが、なかなかやるじゃん!!
美味しい素材でした。









ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


 

posted by まさ at 23:16| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | サラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

アジのマリネ_茗荷

今日は洗濯を3洗いもしました。
2~3日貯まったのと、昨日の山行の山ウエアです。
干す場所、あっちにしたり、こっちにしたり…家の中洗濯ものをもってウロウロ…です。
夕方までに1/3ほど乾きませんでした。
これまたどこに吊るしておこうか、ウロウロです。
そろそろ暖房をつけたくなる朝晩ですので、家の中に入れた方が早く乾くかもしれません。

いつものようにアジのマリネを作ろうと準備をしていたら、
冷蔵庫の中にたくさんのミョウガを発見!!
きっと母の友人から頂いたもの。

ミョウガの紅〜ピンク色が大好きです。
とってもピンク色というわけではなくて、どこか古代色のような万葉を感じるピンク色です。
かといって桃色ではなくて・・・。色参照

いつものマリネの人参と玉ねぎの脇にミョウガもお邪魔しました。

10-10-20-2.jpg

【作り方】
 1.みょうがは、よく洗ったら縦に半分か1/4に切り、熱湯で1分ほど茹でる。
 2.いつものマリネ液に、頭と内臓、ゼイゴを取り除いて揚げたアジとともに浸せば、
   見る見るうちにみょうがは深いピンク色に発色します。

マリネは、2009年07月14日 豆アジの和風マリネ を参照。
10-10-20-1.jpg

一度にミョウガのマリネと、人参・玉ねぎの2タイプができました。








ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 22:55| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

天元台〜紅葉狩

昨晩、天気予報を見て、日本全国晴れマーク‼を知って
ほんと言うとまだ疲れの残っている連れ合い君に無理言って、
どこかへ足慣らしに行こうと誘ったら、晴れマークと私の頼みについつい…。
朝の仕事をしてからという条件で急遽、決まった紅葉狩りです。

ところが向かった福島方向ガスかかって、晴れ??とはまったく違います。
どう見たってこれ曇りでしょ!!
こういうとき私たちって、決まって、下見だよね~~♪みたいなモードチェンジになってしまいます。
俄然、張り切って出発したのに・・・(^^ゞ

途中準備不足の私たちは、エネルギー補給(車と私たち自身)して
紅葉の様子をブツブツ評論家しています(車中)。

磐越道〜磐梯山ゴールドライン〜西吾妻スカイバレー〜天元台へ
10-10-19-1.jpg
途中、よさそうなポイントで写真を撮っても、
空はどんより…、紅葉は立ち枯れの茶色が目立つし
ま、今年の紅葉は、こんなもんだ!とか遅かったとか・・・。
東北の山は赤が少ないとか・・・。 言いたい放題(・・;)です。



ロープーウエー~リフト3基乗り継いで、以前グランデコから登った西大巓方面に向かいます。
と言っても乗ったロープーウエーは12:00発車 歩き始めたのがもう1時近かったのです。

急な岩石を登りついて、20分足らずでカモシカ展望台に、そこからちょっと歩いたら
なんと、褐色に燃える草と緑のコントラストの美しさ・・・。

10-10-19-2.jpg
これは帰りに撮影したもの

池溏(ちとう)の中を木道が続いています。
また、岩と石の急登をやり過ごすと後は凡天岩までまた木道が。
しかしながらこれにてタイムアップ!!
帰りのリフトの時間が気になりだしたので、今回は下見!!ということにして
今来た道を引き返します。

なんと、雲が少しずつ少しずつ流れて青空が広がり始めているではありませんか?!

10-10-19-3.jpg
立ち枯れだの、今年の紅葉は・・。なんて言っていたけれど
光と青空が、こんなにも輝かせてくれるなんて。

そして、最後に遠くに
蔵王、月山、鳥海、飯豊、朝日の連山を望むことができたんです\(^o^)/

冷え切った身体をすぐ近くの白布温泉で温めて、
米沢から小国を通って帰路に着きました。

心地よい雲上の散歩は、身体を動かせたすてきな一日でした。






ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


 

posted by まさ at 22:56| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ_山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

鮭のパセリ味噌焼き

今日の青空はとっても気持ちよかったです。
先日来2度も、新潟県の自然のニュースが全国版のTOPをかざりました。

先週末ですが、新潟県胎内市で竜巻が・・・というニュース。
そして、
熊出没のニュースの中で、親子熊3頭を猟友会の人が射殺したというニュース。

広く長い新潟県ですがどちらも1つおいて隣の町と言う
意外と近いところで起きている自然の脅威です。

さて自然の恵みのうれしいこの季節の中でも代表的な鮭を
アレンジ味噌を作ってのせてさっと焼きました。
10-10-18-1.jpg

【材料】
 パセリ・・・3束
 延齢味噌・・・大さじ2
 酒粕・・・大さじ1
 みりん・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1/2
 
 鮭・・・200g 
 塩・胡椒・・・適宜

【作り方】
 1.パセリは、みじんに切っておく。
 2.延齢味噌以下の材料をよく混ぜて火で煮詰めてちょうどいい硬さにしたら、
   @のパセリを加えてよ~く混ぜ、火から下ろす。
 3.鮭は、一口大に切ったら軽く塩コショウをし、焼く。
 4.Bの鮭にAのパセリ味噌を塗ったら、再度オーブンで、表面の水分を飛ばす程度1分ほど再加熱する。

10-10-18-2.gif

レストラン味噌の塩分を減らしたくて、酒粕を使いました。
  とても薫りのよい、さわやかな味噌です。

nokkoさんの「さつまマッシュ+デミグラスソースのグラタン♪ 」と言うのにとっても魅かれて
思わず今日作ってみました。
と言っても、所詮私流…。
10-10-18-4.jpg
《デミグラスソースを乗せる前》

サツマイモの豆乳ペーストに、茄子とマイタケのソテーを乗せてから
鶏肉+人参+玉ねぎ+椎茸+マイタケ+にんにくのみじんに
デミグラスソース(赤ワイン+トマトケチャップ+パセリ味噌)で作ったソースをかけて
オーブンで焼いたもの。

10-10-18-3.jpg
nokkoさん、アレンジしちゃたけれど、美味しく頂きました。
私ひとりで2皿食べちゃいました(・・;)








ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
ラベル:パセリ 味噌
posted by まさ at 22:03| 新潟 | Comment(10) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

いちぢくのコンポート

今日は、一人でお店番です。
母は、銀行の旅行で鎌倉〜東京で朝からお出かけ。
連れ合い君は、昨日から今年三度目の尾瀬に出かけています。

母は、ラスベガスでシルクドソレイユを観たらしいのです。
私たちが、ラスベガスで「O」を観た話をしている時は、全くのってこなかったので
てっきり知らないんだろうと思っていたんです。
ところが、今回、東京でシルクドソレイユを観るのだとわかった途端、
水が出るの?日本でもできるの? なんてまるで見た来たような話っぷり!
よくよく尋ねたら、私たちよりも前に観ていたようなのです。
「ほらほら、あのグランドキャニオンに行く前に行ったきらびやかなとこ…」みたいな言い回し(^^ゞ
何かのスイッチが入って急に思い出したのかしら?? とっても不思議な気分です。


てな訳で、今日はずっと一人ぼっち^^
写真の整理を鼻歌交じりで楽しくやっていました。

家の裏の畑に大きないちぢくの木があります。
今年は鳥に食べられるのも少なく、たくさん美味しいちぢくを食べることができました。

そろそろ終盤。
中々口を開けづらくなったいちぢくは、かえってコンポートむきなのです^^
木の付け根から熟していくので、先っぽの方しかもう残っていません。
この体重と相談しながら、木に登って、

あ。。。届かない・・・。
やったぁ〜〜♪、GET\(^o^)/   なんて思いながらのいちぢくの収穫です。

道行くおばさん(かく云う私もおばさんですが)に、変な眼で見られているのがわかります。

これは、私んちのいちぢくです!
そういう意味じゃないのかしら?
いい年して木登りして・・・の方かしら?(-_-;)


10-10-17-2.jpg



赤ワインと蜂蜜で煮たものに
サワークリームをのせたら
なかなか贅沢なおやつになりました。(GOOD!!)




10-10-17.jpg

先ほど、尾瀬から連れ合い君が戻ってきました。
これから、晩酌タイム開始です〜〜♪  では・・・





ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ





posted by まさ at 19:41| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

南仏〜パリ‗Part2

ローヌ川散策の後は、Avignonに来たんですから
忘れてはならない法王庁を見学せねば…。

img_12.jpg
法王庁の窓からの景色
 (ヨーロッパの歴史は本当のところ不得意です。)
チンプンカンプン・・・(・・;)  


そろそろ旅も残りの日数を数える頃となりました。

あんなによかったお天気も、この日は、涙模様。
風と雨で、傘と雨具を用意して昨日不発にだったツアーに出かけます。

ツアーと言っても目的地まで若干の説明を車の中で聞いて連れて行ってもらい、
現地では、待ち合わせの時間まで全く自由行動という、効率のよいタクシーのようです。
大きく3か所位の離れた地点への移動でしたから、とっても役立ちました。
この日も私たちと若いご夫婦の4人。


アルル〜ポン・デュ・ガール~レ・ボー・ドゥープロヴァンス
img_11.jpg

右下のレ・ボー・ドゥープロヴァンスは、この旅初めての立っていられないほどの強風。
アルピーユ山脈の南に切り立つむき出しの白い岩山が、最強の要塞の要だったから、
私たちをも寄せつけないほどの強風・たたきつける雨だったのかしら?!

カメラを出すこともままならないけれど
今になれば一番お気に入りの赤の手書きのお皿はここでゲットでした。

エアークッションはないというし
中々重いお皿なんです。どうしようかずいぶん迷ったんですけれど
モナコで一度逃がした獲物の悔しさを忘れられずにいたので
エイ!!!!(一端は辞めにしたんですけれど…)  ここの城塞跡から飛び降りる気分で購入です。

左下は、世界遺産になっているポン・デュ・ガール水道橋
さっきまでの雨はどこへ行ったんでしょう。
こんなに青空が広がって、古代ローマの遺跡を最高の気分で見上げました。


さあ、翌朝一番のTGVでパリに向けて
Avignon駅のホームに着いたとき、丁度日の出です。(8時頃)   パリリヨン駅(右上)
img-13.jpg
まるで銀座をいくつも固めたような町PARISは、コートの必要な季節になっていました。








ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ



 

posted by まさ at 22:54| 新潟 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

南仏_アヴィニョンA

さあ、Avignonに着いた翌日は、アルルやゴッホをめぐる小旅行。
そういえば、飛行機の中にもゴッホを特集した雑誌が載っていたっけ…。
9時半に市庁舎の前で、ガイドさんと待ち合わせです。

朝早くにマダムは、パリへ出かけて行った様子…。
私たちは、お世話してくださるマドレーヌの「どうぞ!」のお迎えで2回のサロンで朝食です。

レンタカーでフランスを2週間かけて回っている
シンガポールから若者たちとしばしおしゃべりを楽しんで
img-8.jpg
See you! この日彼らは、町はずれにお買い物に行くらしい・・・。

さ、私たちも出掛けなくては・・・‼
市庁舎の前で待つこと数分。日本人のガイドらしい人が車から降りて来て・・・。
あれ?
私たちに目をくれようともしない…。
他のカップルをピックアップして、立ち去ろうと・・・。
え?私たちは???
「あの。。。。今日のアルルとポン・デュ・ガールのツアーは…?」と聞いてみると
「今日は催行日じゃありませんよ!」
「え??私たち今日なんですけれど…。」
会社に電話してくれて、明日の予定らしい(あくまでもらしい…)とのこと。
「じゃあ、私達どうすればいいんですか?」なんてしょうもないこと聞き出す始末…。

どうしよう…。

知らない街にほっぽられた気分。何も予定もないって、日本人ってこういうときダメだと痛感。
この時のオロオロ状態を想像いただけます??


Madeleine.jpg
明日の午後、Madeleineがアレンジしてくれていたドライブを
とりあえずキャンセルせねば…。
大急ぎでシャンブルドットに戻ると、
今まさに出かけようとしているさっきの若者たちが
「あら、早いお帰りね!!!」そんな言葉をかけられても、
「大変なことが起こったの!」とさっさと中に入って、
Madeleineに、明日のキャンセルとこの日のアドバイスを。

バスや電車を調べてくれたのだけれど
今日は、ローヌ川の川向うを散策したらどう?!
という提案に乗ることに・・・。

Merci beaucoup, Madeleine.
ヨーロピアンな休日を過ごすことができました。

(このMadeleineの写真は、翌日の最後の晩餐 in Avignon 
とってもチャーミングであったかいMadeleine、大好きな人です。)


img-9.jpg
これは6枚綴りです。クリックで大きくなります。

img-10.jpg
そう、ゆっくり ゆったり 風に吹かれ、 花の香りを楽しみ、 行きかう人々の笑い声に耳を傾け
散歩する老夫婦、家族、ペット達の思い思いの休日をゆったり流れるローヌ川のほとりで過ごした
何にも代え難い南仏の一日でした。

向こうの街まで行ったのですが、
あまりの暑さで、お腹もすき休日でお店はどこも閉まっていて、
また、ローヌ川のほとりに戻ってきて、美味しいサンドイッチとワインでランチを楽しんだのでした。







ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:48| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

南仏_アヴィニョン@ ~A l'ombre du Palais

は〜〜い、お待ちかねのマダムのケーキレッスンです〜〜♪

アヴィニョンの法王庁前にあるシャンブル・ドット

A l'ombre du Palais en Avignon に3泊。

シャンブル・ドットとは、フランスのB&B(Bed and Breakfast)、日本の民宿のようなもの。
いつものホテルばかりじゃなくって、フランスの家庭に少し触れてみたくて、
あえて選んだプチホテルです。
法王庁のまん前なので、タクシーが入っていくことができず
土曜の午後、法王庁の前は観光客や大道芸人で賑わっている中を
途中の小道でタクシーを下ろされて、スーツケースを自分たちで
えっこらえっこら引っ張っていかなければならない始末
(石畳です、アスファルトではありません!!)。

マダムの陽気な笑顔とオレンジのパワーで出迎えられて、Happy Welcomeでした\(^o^)/
到着して、早速お料理のレッスンのお願いをしたら、明日の朝からパリにお出かけとのこと(゜-Å)
「前もって言ってくれなくっちゃ!!・・・・」

本当のこと言うと・・・なんていっても始まらないし・・・。
でも、夕方ケーキを教えてくださるということで、ラッキー!! テンション俄然UP!UP!です。

img-5.jpg
この写真は、ほとんどご一緒したナイスカメラマンのきりちゃん撮影です。
きりちゃんのレポはこちらから ⇒ きりちゃんちへ飛びます

ここで使うHerbes de Provence これもポイント!
構成材料は、romarin(38%) saroette,origan(8%)  marjolaine,basilic,thym(8%)



さてマダムから教わったレシピ(ちょっぴりしょっぱかったです)。
【材料】
 A: ヨーグルト・・・125g
   小麦粉・・・大さじ3
   卵・・・2個
   BP・・・11g(丁度こういう袋があるんですね^^)
   プロバンスハーブ・・・大さじ2
 B: オリーブオイル・・・大さじ2
   ベーコン・・・100g
 C: カマンベールチーズ・・・50g
   ブルーチーズ・・・50g
   カッテージチーズ・・・30g
   バター大さじ2
   カイエンペッパー(チリペッパー)・・・2〜3振り(お好みで…)

【作り方】
 1.BとCをそれぞれ鍋で温めて溶かしてたら、混ぜておいたAと合わせる。
 2.型に流したら、160℃に温めていたオーブンで30分。
 3.チェックの方法は、ナイフを入れてみて、中央は、しっとり、
   外側近くは焼けてる(付いてこない)がいい状態です。(私の理解が正しければ…)

赤ワインと一緒に切ってご馳走になりました。(^_-)-☆PERFECT!!(マダムの口癖^^)

img-7.jpg
夕陽が射し込むラウンジの一コマです。 
マダムは、デスクに向かって仕事をしていました。

img-6.jpg
お土産に山田屋の「華」も付け添えました。
マドレーヌが用意してくれた朝食。
シンガポールとイギリスからのカップルと一緒でしたよ〜〜♪

さぁ、この朝食後に、ハプニングが起こるのです!!
次回をおたのしみに〜〜〜。
今日はこの辺で、Au revoir〜♪






ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 18:40| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

南仏_コートダジュールA

「コートダジュール」とか「プロバンス」って聞いたことあっても
どう違うのかいまいちわからないわたし・・・。

きっとここを訪れる前にわかっていくべきだったのかも知れません。
私だって、本を4冊も買ったのに・・・。
そのこと全く知らずに、いえ、知らないことにも気づいていませんでした。

とっても恥ずかしかったんですけれど聞いちゃいました。
山手と海手的な説明だったように記憶(曖昧ですが)しています。
訪れた印象としては

●Cote d'Azur[コートダジュール]
紺碧の海岸という意味で詩人のステファン・リエジュールの命名よるらしい。
青い海の輝く浜辺にバカンスが似合いそうなイメージ。

●Provence[プロバンス]
豊穣な自然と太陽、ぶどう、オリーブ、ラベンダーそんなイメージが先行し
太陽に祝福されてる素朴で温かな小さな村々。    そんな感じかな?!


今日は、ニースから西北のエリア
グラース〜サンポール・ド・ヴァンス〜カーニンシュルメールをひとっ走りに!

グラースという町は Fragonard/フラゴナール の街という感じがするくらい
香水・石鹸・雑貨・・・とフラゴナール製品に恩恵を受けているイメージのするところです。

かくいう私もとっても素敵なちょっぴり思いサーバーを2本購入しましたけれど…^^

img-3.jpg
コートダジュールってところは、たくさんの鷲の村が点在しています。
次に訪ねたサンポール・ド・バンスは、緑豊かな丘の上に石造りの城壁
中の村は、天空の中世の村のようで、いたるところにギャラリー、
チャーミングな看板、壁一面のブーゲンビリア・・・心躍る・・・
天空の城ラピュタに迷い込んだシータになった気分(そんなかわいくはないのだけれど…)

天空のお店で向こうの山々を見ながらのランチはモッツァレラとトマトと半熟玉子のクレープ。
隣の英国のご夫妻のトマトとレタスの量には、(@_@;)多すぎ・・・!!!!!

この日最後に立ち寄った
Cagnes-sur-Mer/カーニュシュルメール は、南国の空気が漂う小さな漁港ですが、
少し丘を登ったところにあるルノワールの終焉の地は、なんと気分いい敷地なんでしょう。
右下2枚がルノワールの家のお庭と作品と一緒のアトリエの風景です。

ルノワールの絵や生き方にゆっくり触れた後、心地よい風に吹かれながら
広大な庭をゆっくり散歩してたら、やさしいルノワールの画風が心にしみこんでくるのです。
こんなのやっぱり、味わって、感じてみてわかることなんですよね。
ゆったり、ゆったり穏やかな気持ちになれた一日でした。


翌日、初めてのTGVでAvignon/アヴィニョンへ
img-4.jpg
到着した日、法王庁辺りの散策。

明日は、マダムとのお料理編にご期待!!





ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:12| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

南仏_コートダジュール@

南仏の風に吹かれてきたんですもの
南仏のワインにおいしい、でもジャパ二ーズなレシピです。

南仏では当然のように赤がほとんど。
シャンブルドットでマドレーヌが白をご馳走してくれました。
南仏の白はとっても少なくて、日本ではなかなか飲めないとか…。
だから、白だったんでしょうか…???
聴き逃したある有名な銘柄だけのことかも知れませんが・・・。

茄子と鶏モモの味噌マヨ〜プロバンス風

10-10-10-1.jpg

【材料】
 茄子(小~中)・・・8個
 鶏モモ・・・100g
 マヨネーズ・・・大さじ2
 味噌・・・小さじ2
 醤油・・・小さじ1
 マスタード(練)・・・小さじ1
 ローズマリー(ドライ)・・・小さじ1

【作り方】
 1.茄子は縦に半分、さらに1/2~1/3にカットして水に晒したあく抜きしておく。
 2.鶏は皮をはぎ、細く千切りにしてテフロンのフライパンで香ばしくなるようにから入りする(トッピング用)。
 3.茄子と同じ大きさの拍子切りにした鶏モモは、熱湯にローズマリーといっしょに熱が通るまでさっと湯がき、
   ざるに鶏だけ、取り上げる。
 4.Bのお湯に@の茄子を湯がいたら、Aの脂の残っているフライパンに水を切った茄子を移し、
   水分を飛ばすように強火で炒るように炒め、醤油で水っぽさを取り除く。
   (すでに火が通っているので、水っぽくならないようにするためです。)
 5.マヨネーズ+味噌+マスタードを混ぜておいたボールにBの鶏とCの茄子を和え、Aの鶏をトッピングする。

10-10-10-2.jpg





南フランスラングドックのAOCワイン&IGPペイ・ドックワインと楽しむレシピコンテスト参加中





さてさて、ようやく旅のレポを開始することにしましょう。

アムステルダム経由でニースに着いたのは夜の10時過ぎ。
空港から海岸に続く道のパームヤシ並木が遠い国からやってきた旅人を歓迎してくれています。
海岸に続く白い丸い電球は真珠を表現しているそうで
あれ?パールストリート(?ライン?)なんて言ってなかったか、言っていたか…・。
あぁ。。。こんな記憶でレポが続くことお許しください<(_ _)>

マントン〜エズ村〜モナコの風景です。
img-1.jpg
この写真の中で一番のチェックが右下の木です。
なんだと思います?

「ピンクペッパー」ですよ!!!
どっさりついている時期ではなかったのですが、
時折ぶら下がっています。うれしくなっちゃいました。
葉っぱをつまむとやっぱりピンクぺッパーの香りが‼
こんな柳みたいな気になっているんですね(@_@)



エズ村〜ビルブランシュ〜ケイスケマツシマで夕食
img-2.jpg

丁度大型クルーズ船が、ビルブランシュの港に停泊していて
熟年の旅行客のバカンスムード~~♪
あんまり海水がきれいなんで覗きこんでいたら
地元の方らしい人に声かけられました。
ワンちゃん連れて、海で夕方まで一回りだそうです。

右下のニースの海岸の右から中央にかけて白いラインが
私の称する ・・・Pearl line・・・


この日のDinnerは、、1つ星レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」
光が少なくてうまくお料理がとれませんでしたが、
さすが繊細なお料理たちでした。
お店に行く前に、奥様とお嬢ちゃまをお見かけしました。
お店を紹介してくださったのが奥様のお友達だったのです。
フルコースを頂いたのはこの旅行で最初で最後です。
(もっと心に響いた日もありますよ!…《予告》)


今日はこの辺で・・・。まだコートダジュールは続きます。







ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:06| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

南仏〜パリ‗Part1

長い間お休みいたしましたが、只今にございます。
今日も、お昼寝しましたが、時差ぼけはほぼ解消にございます。

コートダジュール〜プロバンス
聞いたことはあるけれど、どんなとこかはほぼ知らず
南フランスと言うイメージと、トルコ以来ハーブ系にそそられていたこともあって
飛んで行ってしまいました。

何が一番の楽しみ?
行く前に聞かれても、言葉に困る始末…。
「アビニョンのシャンブルドットのマダムからお料理を習うこと・・・。運がよかったら…。」
とその時応えたんです(あわてて・・)。

「運がよかったら…」と言うただしがついたのは、
日本人は外人と一緒に過ごす空気が得意じゃないから、
作ったお料理を一緒に食べる時、負担かもしれませんよ! と
旅行社の方に言われたから、行って様子を見てからと思っていたのでした。

法王庁のまん前のシャンブルドットだったので、タクシーは少し離れた路地に私たちを下して
ズルズル重いスーツケースを引っ張って、大道芸人で賑わう中、この辺かしら・・・と思って地図を出そうとしていたら
頭の上から
「Are you Masako?」
マダムが私たちの到着を待っていてくださったのです。

プロバンス料理のレッスンを受けたいんですけれど…と申し出たら
マダムは、明日朝一番TGVでパリへ立つという。
かわいそうに思ってくださったのか、私のプチプレゼントを気に入ってくださったのかは、さておき
「ケーキをひとつ教えてあげましょう〜〜♪」と ラッキーなことに伝授してくださったケーキを再現↓

~~プロバンスケーキ in  Avignon~~
10-10-09-1.jpg

今晩、マダムに教わったケーキ、といってもキッシュ風の赤ワインにぴったりの一品。
あわてて、ブルーチーズやサワークリームを買ってからの挑戦でしたし、
日本人にはちょっとoilyかもしれません。
プロバンスのパウダーハーブをマダムにプレゼントしていただいたので
早速今晩の赤ワインが楽しみあわてての代物です。
再度挑戦して、レシピをUP しますね^^
このお皿は、エズ村で購入したガラス製のお皿(エズ村10km山手にある工房の手づくり)です。


スーパーに行ったら、ぶりの柵取り(タイムサービスでたくさん積まれていました)をしたガラが安くなっていて
甘じょっぱい煮付けが食べたくって生姜と一緒に煮たもの。

10-10-09-2.jpg
これも今回のフランス産PLATE
レボードプロヴァンスの村で見つけたお気に入りです。
持ち帰れるかとっても心配で、夜中の一時までプチプチ巻いて荷造りしたんです。




まだまだ写真の整理始まっていない状態です。
ほんの一部をご紹介しますね。

IMG_9984.jpg
だれもがジョギングや散歩、自転車でコートダジュールの太陽と海の青を楽しんでします。
風がべたつく感じもなく、塩の香りもしない都会的な海なニースです。

キャシー中島さんが丁度同じ時期にニースに滞在していたそうで、
ニースと言えば「ネグレスコホテル」‼ ホテルの部屋から
必死でシャッター切っていた私を見降ろしていたのかもしれない。
ま、そんなことありえませんがね…。

浜辺でサンセットを楽しんだ後、夜を楽しむにはまだまだ早い時間なのです。


IMG_9994.JPG
海岸でゆったり散歩を楽しむ老夫婦がとっても素敵でした。



IMG_0228.jpg
アビィニョンの法王庁前広場で「アルハンブラの想い出」「禁じられた遊び」「・・・」
素敵なギターの音が青空の中でやさしく心に響いていました。
足を止めて、ゆっくり聞き入っていたい気にさせられるのが、ゆったり旅の最高なところでしょう。
遠巻きに腰をおろして聴いている人、案外たくさんいるんですよ!
 私みたいにただ聴きの人たちです。


実は数日間で彼の舞台裏を垣間見てしまうことになったのですが…(笑)。


IMG_0141.gif
「♪〜アビィニョンの橋で踊ろよ、踊ろよ〜〜♪」の橋に向かってカヌーを楽しむ人。
ローヌ川のほとりの散策・・・。ヨーロピアンな一日でした。

IMG_0719.jpg
凱旋門に向かう・・・in Paris


まだ整理していない今日は、人に注目してピックアップしてみました。




 
ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:53| 新潟 ☔| Comment(15) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。