2010年10月10日

南仏_コートダジュール@

南仏の風に吹かれてきたんですもの
南仏のワインにおいしい、でもジャパ二ーズなレシピです。

南仏では当然のように赤がほとんど。
シャンブルドットでマドレーヌが白をご馳走してくれました。
南仏の白はとっても少なくて、日本ではなかなか飲めないとか…。
だから、白だったんでしょうか…???
聴き逃したある有名な銘柄だけのことかも知れませんが・・・。

茄子と鶏モモの味噌マヨ〜プロバンス風

10-10-10-1.jpg

【材料】
 茄子(小~中)・・・8個
 鶏モモ・・・100g
 マヨネーズ・・・大さじ2
 味噌・・・小さじ2
 醤油・・・小さじ1
 マスタード(練)・・・小さじ1
 ローズマリー(ドライ)・・・小さじ1

【作り方】
 1.茄子は縦に半分、さらに1/2~1/3にカットして水に晒したあく抜きしておく。
 2.鶏は皮をはぎ、細く千切りにしてテフロンのフライパンで香ばしくなるようにから入りする(トッピング用)。
 3.茄子と同じ大きさの拍子切りにした鶏モモは、熱湯にローズマリーといっしょに熱が通るまでさっと湯がき、
   ざるに鶏だけ、取り上げる。
 4.Bのお湯に@の茄子を湯がいたら、Aの脂の残っているフライパンに水を切った茄子を移し、
   水分を飛ばすように強火で炒るように炒め、醤油で水っぽさを取り除く。
   (すでに火が通っているので、水っぽくならないようにするためです。)
 5.マヨネーズ+味噌+マスタードを混ぜておいたボールにBの鶏とCの茄子を和え、Aの鶏をトッピングする。

10-10-10-2.jpg





南フランスラングドックのAOCワイン&IGPペイ・ドックワインと楽しむレシピコンテスト参加中





さてさて、ようやく旅のレポを開始することにしましょう。

アムステルダム経由でニースに着いたのは夜の10時過ぎ。
空港から海岸に続く道のパームヤシ並木が遠い国からやってきた旅人を歓迎してくれています。
海岸に続く白い丸い電球は真珠を表現しているそうで
あれ?パールストリート(?ライン?)なんて言ってなかったか、言っていたか…・。
あぁ。。。こんな記憶でレポが続くことお許しください<(_ _)>

マントン〜エズ村〜モナコの風景です。
img-1.jpg
この写真の中で一番のチェックが右下の木です。
なんだと思います?

「ピンクペッパー」ですよ!!!
どっさりついている時期ではなかったのですが、
時折ぶら下がっています。うれしくなっちゃいました。
葉っぱをつまむとやっぱりピンクぺッパーの香りが‼
こんな柳みたいな気になっているんですね(@_@)



エズ村〜ビルブランシュ〜ケイスケマツシマで夕食
img-2.jpg

丁度大型クルーズ船が、ビルブランシュの港に停泊していて
熟年の旅行客のバカンスムード~~♪
あんまり海水がきれいなんで覗きこんでいたら
地元の方らしい人に声かけられました。
ワンちゃん連れて、海で夕方まで一回りだそうです。

右下のニースの海岸の右から中央にかけて白いラインが
私の称する ・・・Pearl line・・・


この日のDinnerは、、1つ星レストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」
光が少なくてうまくお料理がとれませんでしたが、
さすが繊細なお料理たちでした。
お店に行く前に、奥様とお嬢ちゃまをお見かけしました。
お店を紹介してくださったのが奥様のお友達だったのです。
フルコースを頂いたのはこの旅行で最初で最後です。
(もっと心に響いた日もありますよ!…《予告》)


今日はこの辺で・・・。まだコートダジュールは続きます。







ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ



posted by まさ at 23:06| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。