2010年11月29日

鰤(ぶり)と鯵(アジ)

なんて豪華なんでしょう! 

なんて思わないか…。
鯵2尾買って、たたきにして、鰤半身で味噌煮にしました。

10-11-28-1.jpg

【材料】
鰤・・・4切
豪農・・・大さじ1
だししょうゆ「料理人」・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ1
ケチャップ・・・大さじ1
生姜・・・1片
お湯・・・100ccくらい

【作り方】
いたって簡単。
材料を入れて煮立ったら、ぶりを並べて、落としぶた。
あんまり煮過ぎるとホクホクしなく硬くしまってしまうのでご注意を!


私の悪いくせ。(母もそう…)
いきのいいの見つけてしまうと、ついつい手が伸びてしまう。
「アレしたらおいしいだろうな!」「これしたら、最高!!」なんて思った日にゃ、
もう籠に入っています。

このほかに、牛のスジだって、多めに買ってしまった・・・。
豚のいいロースも買っちゃった…。
これってストレス解消??  母のこと言えません。

と言って、手つかずに残っているのは、豚ロースのみ。
ちゃんと、おいしくお料理していますからね^^

アジのたたきは、がががぁぁ---ってあったかいご飯に味噌汁がおいしいのですが、
私は、やっぱり赤派です。おいしい赤がいただけますよ!(いつもよりは軽めの方がよい!)

10-11-28-2.jpg 

今朝は、稲妻と雷の朝でした。
こうやって雪おろしが近づいてきます。
確実に、雪の季節がやってきます。今朝も布団から抜け出るのがつらかった・・・。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 22:26| 新潟 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

ボロボロからすみペンネ

昨日から、バタバタ自分の仕事が進みませんん。
今日こそ!と思っていたメルマガも、結局まだ中途半端…。
今日は、撮影と原稿チェックで頭の中が△▽です (゚_。)?

夕食も作り元気もなく、PCに向かっている間に母がおでんを煮ていてくれました(ラッキー!)
10-11-27-2.jpg


ペンネと水菜とベーコンのサラダで気分を取りなおして、杯を傾けました。
こういう言い方って、呑ん兵衛さん!って感じしません?!
大当たり!  いいえ、そんなには飲んでませんよ!
あと、ちょっとで空っぽになるから、そう思っていつもよりちょっと多かったかしら・・・
最後の赤を注いだら、ちょっと気分がよくなってしまいましたよ(( ̄ー ̄*))))....
オヨッパにございます。


10-11-27-1.jpg

ペンネも簡単ペンネでした。

冷凍庫にいただいた「カラスミ」が残っていました。
さぁ、それでクリームぺンネに、スライスしてかけましょう~~♪と思っていたら
あぁぁぁ。。。だらしない!誰が最後だったの??(私かな?。。。。)
箱に入ったカラスミが袋からはみ出てた…。。。。。。(うぅぅぅ。。。。) 
初めて知りました。 

カラスミが、ボロボロになって卵が一粒ずつパラパラしているのです。
ちょっと冷蔵庫臭があるかな?と思うけれど、酸化臭ではないし、OKとしましょう〜!

ペンネをクリームと長ネギのスライスで和えて
パラパラカラスミとパセリをどっさりかけました。

10-11-27-3.jpg



これからゆっくりとお風呂に入って、今日はまだ終わらないけれどおしまいにします。
明日こそは、前進しましょう~~♪    では、おやすみなさい<(_ _)>








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


 

posted by まさ at 23:00| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 麺類・パスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

Teny「夕方ワイド新潟一番」_11月26日放送

さっきです。
Teny(テレビ新潟)で「夕方ワイド新潟一番」の冒頭で
「変わる?!最新みそ事情」という特集がありまして、
海外での味噌需要の高まりと今どきのみそ事情として、「食べる味噌」の紹介がありました。

その中に、山田屋の「食べる味噌」シリーズから5点も並んでいましたよ!!
並んでいた12点中5点も山田屋! すごいピックアップ率\(^o^)/

10-11-26-1.jpg

《拡大図》
10-11-26-5.jpg
ほ~ら、左後ろから
@「とうがらし味噌」、A「黒ごま味噌」、
手前にB「にしん味噌」、新製品のC「和・ごちそう味噌」、D「辛・ごちそう味噌」
前列に3本も並べていただいちゃって!!(すごくないですか?!)

諸橋碧アナウンサー。
丼が似合う女性アナウンサーはそういない・・・なんていじめられながら
試食開始です。

わ、わ、わ!!!
数ある中で、山田屋の「辛・ごちそう味噌」を選んだ!!!

10-11-26-2.jpg
右端で、一番近いところにあったからかしら??
ま、それはどうでもいいこと。

10-11-26-3.jpg
あったかご飯は、やっぱり幸せな美人スマイルがとってもよく似合う!諸橋碧アナ!!

10-11-26-4.jpg

コメントがいいじゃありませんか!
なんでこの味わいが出ているか必死で探っていらっしゃる。
「ピリ辛だけど、辛すぎないから、うぅ?なんだろこの風味?」
前もって味見をしたのか、中味を説明する堀アナを横目に
・・・・・・・
「うん!おいし〜い!」
なんと、その次に諸橋碧アナがとった行動は、
な・な・なんと もう一すくい!!

「いやいや、そんなたくさん食べることはない!一口味わってみてくださいと言っただけで…・。」
楽しいかけあいでした。


江戸時代中期は、味噌はおかずとしての扱いだったそうで、
みその原点回帰してきているかもしれません。 といった〆でした。


取り急ぎ、今日夕方のTVにとりあげていただいた速報にございました。
新潟県のみの放映ですし、
以前に要望もあったので早速にUPいたしました。

Tenyの堀さん、諸橋さん、スタッフの皆様ありがとうございました<(_ _)>









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 18:38| 新潟 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

とうふわふわふう前菜

「今日の一日はなんだったんだろう・・・」そんな日ってありませんか?
ただ右から左への仕事をこなしている日は、終わった仕事の山を見れば当然成果は感じられます。
ところが、今日はこれしよう!!と思っていたのに
あれ??(゚_。)?どうしたらいいの(。_゚)?なんていろいろ調べて、試行錯誤しているうちに
あっという間に夕方に・・・。こういう日に限って3時に甘~~いのが食べたくって・・・。
でも、結局できないままで、やったことの後始末に、挙句の果てHELP!! HELP ME!そんな状態。
(実際、HELPの電話にアゴス様、あほな電話とお思いでしょうけれど、地獄であった仏様(?)でした。
ありがとうございました。もう真っ白というより、真っ黒のパニック状態でした。感謝・多謝・ぶっちゅ(^з^)-☆ )
こんな独り言、きっとなんのこっちゃ(゚_。)?って人の方が多いでしょうね・・・。

ま、気を取りなおして、今日は3歩進んで5歩下がる。。。。(うぐぐぅぅぅ。。。。)そん日にございました。
よいよい!!そんな日があってもよいのです。人間いろいろ空から降ってくるもの。

そうそう、金曜日のTVにうちの商品を取り上げてくださるって、電話があったんです。
だから、3歩進んで5歩下がって、3歩進んだわ!!!やっぱり、ばんざ~~い!!\(^o^)/です。


10-11-24-1.jpg


今日も、小岩井さんの商品を使った前菜です。

小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中




イキのいい南蛮海老を見つけたので、頭と卵はスープにして残りを(いえ、これがメインです)前菜に!!

【材料】
 生ハム・・・6枚
 絹ごし豆腐・・・60g
 小岩井ぬるチーズ・・・大さじ3
 砂糖・・・小さじ1
 醤油・・・小さじ1/2
 
 サラダ菜・・・適宜(1.5枚×6個分)
 パプリカ(赤・黄)・・・各5o幅
 甘海老(南蛮海老)刺身用・・・6尾
 ミニきゅうり・・・1本




10-11-24-2.jpg

【作り方】
 1.絹ごし豆腐は、5つ位のブロックにしてざるに乗せ、1時間ほど冷蔵庫で水切りをする。
 2.@の絹ごしをそのままざるでこし、チーズ、砂糖、醤油と和える。
  (できれば、茶こしのような目の細かい方がなめらかになってよい)
 3.生ハム+洗って水を切ったサラダ菜+Aのチーズ豆腐+5o角に切ったパプリカ+
   斜めにスライスしたミニきゅうり+お刺身用に作った甘海老をのせたら 〜出来上がり^^〜


10-11-24-3.jpg



レストラン生ハムの塩分が全体をしっとりひとまとめにしてくれます。
  豆腐チーズは、使いやすい「ぬるチーズ」のお陰であっという間になめらかに出来上がりました。
  パプリカの甘みとテクスチャーがメリハリを全体に与えてくれていて、
  やさしいチーズ風味の豆腐が特に主張しなくとも、全体をまったり包んでくれる一品でした。


伊勢内宮のおかげ横丁で買ってきた「北川真一郎さんのぐい飲み」
最初っから私のワイングラス用に買ってきたんです。
買う時に、お店の方にも聞いたんですよ!
「この上薬の白は、ワインの赤で染まりませんか?」
答えは、
「大丈夫ですよ! もし赤くなったら漂泊すればいいんですよ!」
ちょっと怪しかったけれど、形といい雰囲気といい、1点もの風で「出会いだ!!!」なんて
清水の真ん中くらいから飛び降りて買ったのでした。
・・・・・
案の定!もう、すっかり赤ワイン専用のグラスと化してしまいました。
漂泊するなんて、ちょっとざらついてる上薬だし…。
ま、この変わっていく色合いを楽しむもありか…なんて、あきらめ始めています。
きっと、赤のアントシアンが酸と会ったら、グレーになっちゃうわ!!
と私は思って漂泊なんて怖くてできません!! 詳しい方いらしたら教えてくださいませ<(_ _)>





※タイトルも意味:
豆腐+ふわふわ+和風+の前菜  です。
=とうふわふわふう前菜  失礼しました<(_ _)>








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 21:40| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

スイートポテト白玉包

今日は、私としては、中々珍しいスイーツにございます。

頂いた黄色い美味しいサツマイモ。
昨日、おやつに急にみたらし団子を食べたくなって、あわてて作った白玉のお団子。
一晩私の頭の中で熟成して(?)、サツマイモと白玉粉がドッキング!!
一ひねりもない「スイートポテト白玉包」が今日のおやつです。

10-11-23-1.jpg

【材料】 4個分
 サツマイモ・・・250g
 小岩井レーズンアンドバター・・・40g
 砂糖・・・大さじ2
 小岩井ぬるチーズ・・・大さじ2+小さじ2
 白玉粉・・・40g
 
【作り方】
 1.サツマイモは厚めに皮をむき、水に晒したら、電子レンジ500Wで6分加熱し、マッシュする。
   マッシュしたサツマイモ(180g)熱いうちに砂糖とレーズン&バターをよく混ぜ合せ餡を作る(4個)。
 2.白玉粉は、少し硬めの耳たぶくらいによ〜く練り、ラップに挟んで麺棒で薄く直径10pくらいに伸ばす。
 3.薄くサラダ油を引いたフライパンにAの白玉を中〜弱火で両面焼く(透き通ってきたら。ひっくり返す。)
 4.Bの焼けた白玉の皮にぬるチーズを大さじ1/2ずつ薄く塗り@の餡を包み、
   最後にぬるチーズ小さじ1/2をトッピングしたら出来上がり。

10-11-23-2.jpg



小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中



皮に薄く塗ったチーズの塩分とチーズの香りがそこはかとなく
サツマイモとレーズンを深い味わいにしてくれています。

実は、この白玉粉いただきものなのですが、とっても優れもの。
石臼で挽いたと和紙に包まれています。
本当だったらよ〜くこねないとどことなくざらざら感があるのですが
なんと、ちょこっと練っただけでもなめらか〜〜♪な舌触り。
そして、α化もしにくいので、中々硬くならないんです。
こういうのを匠の技というのでしょう!!
何の変哲もなくとも、どこか際立っているもの
作り手の技が光るって、すごいなぁ〜とつくづく感じました。



10-11-23-3.jpg


今日は、だんだん冷えてきました。
勤労感謝の日。早めにお店を閉めて、近所の温泉にでも行きませんか?!
連れ合い君を誘っているのですが…。

さて、これをUPしたら、再度誘ってみますか…。
断られないことを祈ってUPいたします。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 16:07| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

薄焼きオムレツ~ホワイトソース添え

小春日和のいいお天気続きだった昨日までとはうって変わって、
今日は、寒~~い(ブルブル…)。
庭の紅葉もすっかり散って、グレーの空がいっぺんに見えます。
先週末に庭師さんが冬囲いを早々に終えて、いつ冬将軍が来てもいいよ!と準備は整いました。
あ、スノータイヤはまだだった…(-_-;)

この寒さ…。これから始まるんです・・・。冷え症にはこたえます(・・;)

10-11-22-2.jpg

【材料】  4人分
 卵・・・3個
 塩コショウ・・・少々
 
 グルメサラダ・・・約40枚(サラダ用小リーフ達のパックより)10-11-22-1.jpg
 レモン汁、醤油・・・小さじ各1
 インゲン・・・12本
 パプリカ・・・1/5個
 大正海老・・・8尾
 小岩井 焼いておいしいチーズ&ベーコン・・・6個
 ハインツちょっとだけホワイトソース・・・1袋(70g)
 黒コショウ・・・適宜

【作り方】
 1.ボールに卵を割り入れ、塩、こしょうを加えてよくときほぐす。
 2.フライパンに少々のサラダ油をキッチンぺ―パーで拭き取り、
   @をレードル1杯少々(これが丁度1/4になります)
   熱したフライパンにゆっくりまわして、中火で薄焼き卵を4枚焼く。
 3.電子レンジでパプリカとインゲンをそれぞれ加熱しておき、4等分に分けておく。
 4.熱湯に酒大さじ1を加えて、背ワタと殻を取り除き、筋を切った海老を湯がく。
 5.Aの薄焼き卵にグルメサラダをレモンと醤油で和えておいた
   1/4(約10枚)を敷き、海老2本、
   焼いて美味しいチーズ&ベーコン1/2カットを3個、
   インゲン3本、パプリカ1/4 をのせて、半分に折ったら、
   左右から丸める。
 6.ハインツのちょっとだけホワイトソースと黒コショウをふり、
   ソテーした椎茸とズッキーニを添えて出来上がり。


小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中


10-11-22-3.jpg

オムレツといえば、プレーンオムレツ。
フライパンを上手に使えるようになるまでには、少しハードルの高かったのを思いだします。
でも、薄焼き卵となると俄然簡単!!
後で挟むこういうタイプは、具のことを心配しなくていいし、
錦糸卵で、ちらしずしや冷やし中華の時に母に作らされたのを思い出します。

「小岩井焼いておいしいチーズ&ベーコン」は、焼かなくともベーコンの風味が美味しいチーズ。
焼いて使ったらもっとおいしいのでしょうね。
ホワイトソースとブラックペッパーの荒挽きでアジにアクセントがもう一つつきます。
ベーコンの風味と海老のやさしさが楽しめる一皿です。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

 
  
posted by まさ at 17:00| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

鶏モモのマスタードソース焼き

今晩は、いつもお世話になっているお姉様が久々に訪ねてくれました。
大きな心で、数えられない助言をいただけるすてきな方です。
そういっちゃなんですけれど、若い時はすっごく美人だった!方なんですよ^^
(私はいっつも彼女にそういうと、「だった!!」ね。…と念を押されます。)

だから、和食好きの彼女でも美味しいといってもらえる、
それにオーブンまかせで、他にも準備できるでしょ!
サービスする前に、写真だけしっかり撮りました(ほっ)=3
10-11-21-1.jpg

【材料】
 鶏モモ・・・600g(2枚)
 塩・コショウ

 ●マスタードソース
  小岩井 レーズンアンドバター・・・30g
  粒マスタード・・・30g
  ドライパセリ・・・大さじ3

 じゃがいも・・・2個
 トマト・・・2個
 ズッキーニ...1/2本

 オリーブオイル・・・大さじ3
 にんにく・・・1片
 塩・コショウ

【作り方】
 1.室温に戻しておいたレーズンアンドバターにマスタード、パセリを加え、
  ちょっと大きめの3つに切り分けた鶏モモの皮をめくり、皮と肉の間にマスタードソースを塗り、
  塩コショウする。
  10-11-21-4.jpg

 2.フライパンに皮面から炒め、焦げ目がついたらひっくり返して反対面も炒めます。
  (後でオーブンに入れるので、表面に火が通ればOKです)
 3.じゃがいもはよく洗って、皮ごと6等分に切り、電子レンジで3分ほど加熱しておきます。
 4.ズッキーニは、半月に、トマトは、8等分にくし形に切っておく。
 5.オーブンに入れる容器に千切りにしたにんにくを敷き、Aの鶏を置き、じゃがいも、ズッキーニ、トマトを
   その間に並べたら、オリーブオイルを回しかけ、全体に塩コショウして、210度に熱したオーブンで
   20分焼く。

10-11-21-2.jpg

マスタードとレーズン、そしてパセリのソースは、和食好きのお姉様にも大好評です!

小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中

真中にドォ~~ンと置いたら、銘々で補充しながらのバイキング。
楽しい話と、お料理とお酒が進むのです(*^^*) 
 

10-11-21-3.jpg

ホックホクのじゃがいもたちにも鶏のうまみが染みて、
あっさりの、ズッキーニ焼きトマトがマッチした一品となりました。

 ●これは、ちょっともったいなかったけれど、
  レーズンバターのレーズンのお陰のソースだったこと付け加えておきます。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:45| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

櫛形山

今週は、先週末来の休暇のツケの仕事に追われて、肩コリコリ!!
お天気のいい土曜日です。もう今年の週末のお天気マークは、片手の半分もいかないでしょう。
それに、12月は、師走ですからね…・。

ということで、日本で一番小さな山脈(南北約14km)。、最高峰の櫛形山の標高も568m。
もう紅葉は終わったでしょうけれど、気分転換によい空気を吸いに行ってきました\(^o^)/

10-11-20-1.jpg
ブナの枯れ葉の上に、風に吹かれて木にとどまっていられない黄色の葉っぱが行き先に。

10-11-20-2.jpg
すっかり落葉した木々の間。〜来年の芽吹きの時を楽しみです。

10-11-20-4.jpg
太陽の光に透けた葉っぱがキラキラ光っています。

10-11-20-3.jpg
きつくない登りのところは、葉っぱのカサコソカサコソが子供の頃のように楽しい山行です。

10-11-20-5.jpg
山頂からは、雪を頂いた飯豊連峰、遠くに見える朝日連峰も雪を頂いていました。
(この写真は、飯豊連峰です。)

10-11-20-6.jpg
赤・黄・緑・オレンジ・茶・・・こんなカラフルにも巡り会えました。

10-11-20-7.jpg
秋の夕日に照る山もみじ~~♪ アルトパートだって、まだ歌えます(微妙)~♪

大沢駐車場から出発して→櫛形山頂→中ノ沢コースに下りた2時間半の楽しい紅葉狩りでした。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:45| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ_山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part3

楽しみに寝て、めったに見れないものだそうなのです。
もしも見れたら起こしてくださいとお願いして、朝6時に起こされました。
「今日は 見れるようです!」
あわてて、起きて身支度して大急ぎで出発です‼


それって、「風伝おろし」
10-11-15-1.jpg
私の見たのは、まるで龍が山からの谷間に向かって下りてくるよう!
想像していた靄のような朝霧とは全く違うド迫力なものでした。

本来「風伝おろし」とは、天気のよい晩秋の朝、
熊野古道の通り峠方面から、
まるで雪崩のように朝霧が下りてきます。
雨の後、翌日が晴れになる時に多く見られ、晩秋から冬にかけてが一番きれいだそうです。

こういう自然現象は、いつでも見れるというものではないですよね。
昨日までの黄砂はようやく晴れ、やっとの青空です。
といっても、地元の方に言わせると、まだ、黄砂が残っていてはっきりした青空ではないそうです。

今日は、熊野本宮と千枚田を廻って、吉野経由で、大阪に向かう予定です。
10-11-15-2.jpg
八咫烏の黒のポストがありましたよ^^
ここで郵便物を出すと八咫烏のスタンプを押してもらえるのかしら?

吉野の山は、丁度紅葉の見ごろ。
ところが雨がぽつぽつ当たってきて、せっかくの青空は、涙にぬれてしまいました。
10-11-15-3.jpg

思いのほか大阪に戻るまでの時間がかかってしまい飛行機に間に合うかドキドキもの。
それでも、ちゃんと間にあって、無事帰宅できた花丸の関西紀伊半島の旅でした。

訪れて初めて知った今まで知らなかったこと!
南方熊楠のことだってもっと知りたかったのに…。次回へ気持ちが膨らみつつも
飛行機の中では爆睡でした。

posted by まさ at 23:45| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part2

2日目は、熊野古道を語りべさんと松本峠越えです。
10-11-14-1.jpg

最初に訪れた「花の窟(いわや)神社」は、
神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)をお祀りしてある日本最古の神社だそうです。

日本書記
「 一書曰伊弉冉尊火神(いざなみのみこと)を生み給う時に灼(や)かれて
神退去(さり) ましぬ 故(か)れ紀伊国 熊野の有馬村に葬(かく)しまつる
土俗(くにびと)此神の魂(みたま)を祭るには花の時に花を以って祭る
又鼓 吹幡旗(つづみふえはた)を用て歌い舞いて祭る」 
とあって、日本最古の神社なのだそうです。

左下の写真は、崖に結ばれた縄は、10月に掛け替えの神事があったそうで、
今一般に使われている紅白幕の原形だったと考えられている物だそう。

これらを説明してくれたのが↓の語りべの西さん。
ま、とってもユニークなキャラクターの楽しいおじ様でしたよ!
10-11-14-2.jpg

蓮舫議員が「2番じゃダメなんですか!」といっても絶対一番の景色です‼という
松本峠の東屋から弧を描く七里御浜の絶景です。

10-11-14-3.jpg

ところがこの日も季節外れの黄砂の影響で、一日中ぼんやり風景。
右下は、ヒヨドリバナにとまったアサギマダラ。
南への長い長い旅の途中に好物のヒヨドリバナに群れている20羽近くの大軍が乱舞。
これから、沖縄〜台湾へ行くのでしょうね。

さてさて、こうしてはいられません。
熊野の本宮大社・速玉大社・那智大社も是非行ってみたいところ…。
この地に足を踏み入れて、簡単に行けるところではないことが判明!
行けたら全部回りましょう~♪という意気込みで最初は、那智大社へ!

10-11-14-4.jpg

下の大門坂前に車を停めて、気持ちいい1時間弱のスギ林に囲まれた上り坂。

10-11-14-5.jpg
熊野那智大社・那智山青岸渡寺の三重塔 と那智の滝を望む

10-11-14-6.jpg
那智の滝!!!!!

3キロほどの上り坂の最後にこんなに素晴らしい瀧が待っていてくれたとは…。
八咫烏に導かれて、とっても爽快な山道でした。

もう時間がありません!17時のバスに乗って、駐車場に戻って、もうお宿に帰らなければ・・・。

当初の予定は、達成できず…。
那智大社を100%満喫しました^^
カナダからのEnglish teacherとおしゃべりして時間も過ぎていったのですが…。
彼は、一緒に来た日本人と会えたかとっても心配です。(あそこで、会えなかったらどうやって帰ったのかと…) 

19:00の夕食にちょっと遅刻でしたが、美味しい夕食が待っていましたよ*^^*

10-11-14-7.jpg
〜・穀雨の秋のコース・〜
 きのこのマリネ 平目の昆布〆カマスマスタード風味
 お造り
 美熊野牛のポトフ
 縞鯵の柚庵焼き・柿白和え
 美熊野牛の鉄板焼き
 白焼き鰻と松茸の煮物
 デザート

連泊したこのお宿は、
 ●熊野倶楽部 http://www.kumanoclub.jp/
  〒519-4326 三重県熊野市久生屋町1430  TEL:0597-88-2045

さあ、明日は、朝のスペシャルが見れるでしょうか?! ・・・見れたんです‼

posted by まさ at 23:45| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part1

長らくお休みしてしまいました<(_ _)>
仕事が立て込んでいて、こちらはちょっとおろそかになってしまいました。

さて、予告通り関西の旅のレポです。
今回は2泊もとっても素敵なお宿での連泊できた盛りだくさんの旅です。
どこからお話ししましょうか。

大阪からレンタカーを借りて伊勢神宮へは、滋賀県経由で行きなさいと、ナビのご命令!
新名神高速~伊勢自動車道を通って伊勢神宮へ向かいなさいという。
初めてエリアと言うものは、いろんな発見があります。
ただの通過だけなのに「甲賀」「伊賀」があるじゃありませんか!!
へぇ〜、忍者ってこの辺で修行していたのか!なんて妙に納得してみたり、
ヒノキのまな板が売っていたりします。さすが、銘木の産地ですね^^
いたるところにミカンの木にオレンジ色のものが!
ミカンの木をほとんど見たことがない北国の者にとっては、うれしい驚きです^^(木にオレンジがいっぱい!!)

伊勢神宮というところは、外宮にお参りしてから内宮に詣でるのが順序だと
尾道に住む友人に教えてもらっていたので、最初の目的地は伊勢外宮へ

10-11-13-1.jpg

お社の杜の木々の大きさに長い歴史を感じます。
「式年遷都」というものがあって、20年に一度遷都を持統天皇の代からずっと行われているそうなんです。
平成25年に62回目の遷宮が行われるそうです。

内宮への参道はおかげ横町といって、買い物好きの私にとってはうきうワクワくする通りです。
若干疲れかかっていた身体なのに、目が爛々と輝いて、かの有名な赤福のお店でぜんざいです*^^*

10-11-13-2.jpg

なんと活気のある通りでしょう。お伊勢様のお陰様を心から実践している魅力的な門前町です。
どのお店も、ただのお土産屋さんになり下がっていない感じがひしひしと伝わってきます。

ほらほ〜ら、こんなことしてるから、内宮へのお参りできる時間がもう残り少ない!!
5時で内宮のお参りはおしまいです。って放送が流れるんです。

10-11-13-3.jpg
ほら!社務所だって、もう明かりがともっています。
身を清める「五十鈴川御手洗場」だって、すっごくいい写真が撮れたと思って
PCで確認したらブレブレ…。もう暗かったんですもの・・。
すてきな撮影ポイントと思った心の隙を突かれてしまった(^^ゞ

急ぎ足でお参りして、まだ閉っていなかった酒の器「晩酌屋」さんで
北川真一郎さんの一点もののぐい飲みを買っちゃった^^(私用のワイン用です〜♪)

さあ、急がないとチェックインの予定時間はとうに過ぎています。
そこから2時間半も山道くねくね。漸く目的のお宿に到着することができました=3
posted by まさ at 23:45| 新潟 ☀| お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

女将の秋のランチ

子供たちが一人住まいをし始めた頃、よ〜く何か作って送ったものです。
そう、あの頃は、ずいぶんZiplocのお世話になりました。
今は、アイラップのジィッパー付きのものもあり、便利になりました。

長男は、扁桃腺もちで学生の時、試験の最中に扁桃腺を腫らして入院したこともありましたっけ…。
(大丈夫、大丈夫と言ってた割には、行ってみると、もう限界!その日のうちに即、入院‼
 試験のために、病院からタクシーで学校に行ったようでした。)

二男も一度SOSが出ましたっけ。彼を迎えに行って、やはり入院でした。
そうそう、彼もテストのために山形まで、往復してあげたんでした。

一人生活に波乱のあった息子達には、時々、救援物資を送ったものでした。
久々に体調を崩した息子から連絡が入って、Ziplocの出番です。

だから、今日のお昼は、母が作る外食三昧の体調を崩した息子に送る食材の一部です。

10-11-11-1.jpg

味噌汁は、送りませんけれど…(なめこと大根と麩とじゃがいもの味噌汁です。)
右上から、カキノモトのおひたし、蓮根とぜんまいと人参と突きコンの炒め煮、オータムポエムのおひたし

10-11-11-4.jpg

真中の見えない器は、長いもをすりおろして千切り海苔をトッピング(長いももすりおろして送りました【冷凍可能】)
その手前が、大根のなた切り漬(お醤油と蜂蜜の浅漬)

10-11-11-3.jpg

こんなに色々ある昼食は、そそくさと食べる私にとって、久々のおおご馳走です*^^*
母の愛!!にございます。自分のためや、同居人にはこんなにご馳走はなかなか作らない…(^^ゞ

10-11-11-2.jpg


話し変わって…・

湯気の撮影がとっても難しくって・・・。
これでもたくさん湯気をキャッチできた一枚です^^
まだまだ、修業あるのみです。
理屈やアドバイスは頂いていても、自分では、あぁ。。。。。難しい・・・。
ガンバ!!ですよね^^

明日の最終便で 関西入りします。しばらく休業にございます(たぶん)。
関西でPC環境が整っていて、UPさせる気になったらわかりませんが…。

関西のすてきなお土産をUPできますこと、お楽しみにしていてくださいませ<(_ _)>







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:27| 新潟 ☀| Comment(25) | TrackBack(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

オサツ・チーズ入り揚げシュ―

そういえば、母はよーく夜なべをしてクッキーやシュークリームを焼いてくれました。
ピースのオーブンが2つあって、それをガスコンロの上にのせて焼いていました。
「途中で、絶対開けちゃだめ!」
オーブン庫内の温度変化させないためだとは知らない子供の私は、
ほとんど見えない焼ける様子を焦げ付いたガラスの向こうの
魔法の種を探すようにわくわくしながら覗き込んでいたのを思い出します。

だから、母が作っていたシュ―の硬さはよ~く知っています。
卵を入れてぺトペトの生地がひとつにまとまっていくのも
子供の私にとっては秘密の何かがあるように思えてならなかったものです。

そんな母の思い出のあるシュ―をき月にサツマイモを入れた生地を作って
中に、サツマイモとチーズを隠した揚げシュ―にしてみました。

10-11-10-1.jpg


【材料】
 牛乳・・・100cc
 水・・・100cc
 バター・・・35g
 砂糖・・・小さじ1
 薄力粉・・・50g
 卵(小)・・・1個
 
 サツマイモ・・・150g
 こんがり焼けるチーズ・・・50g
 
 揚げ油、粉砂糖、生乳100%ヨーグルト、リンゴジャム

【作り方】
 1.牛乳、水、バター、砂糖を中火にかけ煮立ったら、ふるった小麦粉を加え
  木べらで練り混ぜながら、溶いた卵を加える。
 2.サツマイモは、1p角に切って水につけてアク出したら、電子レンジ(500W)で2分加熱する。
 3.Aの半分は、裏ごしをし@の生地に混ぜる。
 4.Bの生地に残り半分のサツマイモとチーズを加えて混ぜたら、中火に熱した揚げ油に
  スプーンですくい落とし、きつね色に揚げ、粉糖をふりかける。

10-11-10-2.jpg
 
サツマイモの甘みとチーズの塩味に粉糖だけ。
サツマイモの香りがやさしい味わいです。

10-11-10-3.jpg

やさしい味より、おいしスイーツをというお招き用に
30分だけキッチンペーパーとざるを使って水分をドリップさせたヨーグルトと
リンゴジャムを添えてサーブしてはいかがでしょう~♪

10-11-10-4.jpg

お客様へのおもてなしには、これくらいしないとね・・・(^_-)-☆


小岩井乳業さんの人気商品でつくるおうちパーティーレシピコンテスト参加中




ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 21:33| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

蓮根とごぼうのモロッコインゲンのトマト煮

我が家の近くには農家の人たちが持ち寄った野菜の直売場が
すぐ思いつくところだけでも6か所あります。
最近は、スーパーでも近郊農家コーナーがあって、
農家の人の顔と名前がわかる商品のコーナーも必ずあります。

私たち消費者にとって、美味しい、安心していただける新鮮な野菜の供給元が
あちらこちらにあるというのは選択肢が増えてうれしい^^です。

最近、その中でも流行っていた大きなお店が、近所の大手スーパーさんの
お向かいに移転してきて新規オープンになりました。
この週末はきっと込むだろうと敬遠していましたので、
今日漸く、夕方行ってみました。

案の定、あぁぁ。。。。私も買いすぎてしまった。
また、蓮根に長イモ、肉厚椎茸に、かきのもと(紅系の菊花)、オータムポエムに、トマト・・・。

やっと、冷蔵庫の中の蓮根を終えたというのに、また買ってしまいました(^^ゞ

10-11-08-1.jpg

【材料】
 蓮根(小)・・・2節
 ごぼう・・・1本
 にんにく・・・1/2片
 ベーコン(ブロック)・・・150g
 モロッコインゲン・・・100g(昨晩から水に浸しておきました)
 トマト(カットトマト)缶・・・2/3缶
 豪農味噌・・・大さじ1.5
 つゆ・・・大さじ1
 ローリエ・・・2枚
 蜂蜜・・・小さじ1

【作り方】
 1.一晩水につけておいた乾の水を取り替えて、弱火で30分〜1時間煮る。
  (豆の種類や、保存期間によって軟らかくなる時間が変わってくるようです。)
 2.皮をむいて、蓮根は親指くらいの太さのスティックに、ごぼうは斜め切りにしてそれぞれあくをぬく。
 3.ベーコンも蓮根くらいのスティックに切りそろえておく。
 4.大さじ1のサラダオイルとスライスしたにんにくを熱したフライパンにAを加え、火を通す。
 5.トマト缶を加え、@のモロッコインゲンと豪農味噌つゆ、ローリエを加え味をしみこませる。
 6水分が少なくなってきたら、ベーコンを加え、味をなじませたら出来上がり。
  ※甘みが少し足りなかったので、小さじ1の蜂蜜を加えました。(好みで調整ください。)


   本これは付け合わせに、冷蔵庫にあると便利な一皿です。

10-11-08-3.jpg

牛たんを 3時間かけてコトコト、ローリエとローズマリーで水煮をしました。
いつもだったら、即、シチューとなるところ、薄くスライスして辛子醤油で頂きました。
こういうときには、香りの強い西洋のハーブの威力のすごさにうれしさを感じちゃうのは私だけでしょうか。

10-11-08-2.jpg

塩分ひかえめの「華」と辛子で頂く牛タンの香り煮











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 21:33| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

れんこんとこんにゃくのハイカラ炒め

雲ひとつないとってもよいお天気。
お客様の荷物を持って外に出たら、真っ青な空に、あぁ…今日もいい日だったんだ。
今日、山行に行った人も、素晴らしい山歩き日和だったことでしょう。
落ち葉をかさこそ踏み締めて、風の音、色づいた葉が太陽に照らされてどんなにきれいだったことでしょう。

私は、昨日の山の道具もあって、2回の洗濯物がすっきり乾いてよいお天気がうれしい一日でした。

10-11-07-2.jpg



【材料】
 蓮根(大)・・・1節
 こんにゃく・・・1枚
 ベーコン・・・200g
 料理人・・・大さじ3 
【作り方】
 1.蓮根の皮をむき、乱切りにしたら、さっと真水に通して余分なでんぷんを流し変色を防ぐ。
 2.こんにゃくは、指でちぎって、熱湯で湯がいておく。
 3.ベーコンは、1p幅のの拍子切りにしておく。
 4.@の蓮根の水気をよくとったら、170度の油で火を通す。
 5.Cの揚げ終わった鍋の油を取り除いたらAのこんにゃくとベーコンを炒りつけ、料理人大さじ3を振りかける。
 6.Cの揚げた蓮根をDに加え、全体を混ぜ合わせたら、器に盛り、糸唐辛子をトッピングして出来上がり。

10-11-07-1.jpg


ベーコンからの塩味もあるので、加える醤油の量には少し注意が必要でしょう。

こんにゃくの水分を取りながら料理人の味をしみ込ませたいので早い段階で料理人を加えました。
蓮根のもっている甘さが、際立つ一皿です。
このベーコンとこんにゃくの組み合わせ、なんとも「ハイカラ(?)」と思いませんか?



実は、午後から少し太ももが痛い…・(-_-;)
昨日の後遺症です。
久々の運動で軽い筋肉痛を起こしています。。。。
だめですねぇ〜〜。最近ジムに行くのも億劫になっています。
スポーツの秋でもあるのに、心入れ替えてもも上げでもせねば…。
(『モモ揚げ』にあらず(^^ゞ )







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 17:45| 新潟 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

高坪山_2010秋

今日は、ブナの美しい高坪山へ山行です。

今年は、ロシアの餌が少ないのでしょうか?
冬のやってくるのが早いのでしょうか?
白鳥の餌を啄ばむ数の多いこと!!
イモ洗い状態の田んぼをあちこちに見かけることができます。
(土盛りした高速から観ています。)
イモとは、白鳥のこと!
白鳥はある気に入った田んぼだけで餌を啄ばむ習性があるようです。
ボス白鳥の命令の田んぼなのか?
美味しいにおいがする田んぼなのか?
餌の多い田んぼなのか?
餌を取るのに適した田んぼなのか?    
全くわかりません!!が・・・。

高坪山は、以前は、春に登ったことがあって秋は初めてです。

10-11-06-2.jpg

杉林を少し抜けると美しいブナ林の登りが続きます。
昨日までの雨で落ち葉は濡れていますが、
日に当たって乾いたところはカサコソ、カサコソ心地よい音が響きます。
風の音と、落ち葉を踏む音、そして、熊鈴の音だけ。

木漏れ日をすかして青空が澄んで、時折顔をのぞかせるモミジに心躍ります。

10-11-06-3.jpg 10-11-06-4.jpg

木漏れ日がさすと本当にブナ林が秋の深まりを教えてくれますし、
真底、とってもいい気分になれるから、山って不思議です。

家から一時間足らずのところにこんな登りやすく、気持ちのいい山があったなんて…。
(春に行った時とは印象が違う。。。。)

10-11-06-6.jpg
向こうの田んぼの奥は日本海です。

10-11-06-1.jpg

1時間(蔵王コース)+お昼(高坪山頂)+1時間半(虚空蔵コース) 10:20〜13:30

帰りに、近くにある薔薇のたくさん咲いている喫茶店でコーヒーとケーキを頂いてから帰りました。
10-11-06-5.jpg












ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:45| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ_山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

大根と油揚げのコトコト煮

冷蔵庫の中にまだ大根が1本あるというのに
「安かったわ〜〜♪」と母がさらに2本も買ってきてくれました(@_@;)
おでんかしらと思ったけれど
こっちの方が早く味が染みておいしいと思って今季初の大根です。


10-11-05-1.jpg

【材料】
 大根・・・1/2本
 油揚げ・・・5枚
 料理人・・・1/4C

【作り方】 
 1.大根の皮をむいたら2〜3輪切りにし、センチ幅くらいに両面クロスになるように隠し包丁*を入れる。
 2.フライパンに大さじ1のサラダオイルを熱したら、@の大根両面に少し焦げ目ができるまで炒める。
 3.たっぷりの熱湯にAの大根、千切りをして湯通しした油揚げ、料理人を加えたらコトコト、スーッと串が通れば出来上がり。

 *両面クロスになるように隠し包丁:
  輪切りにした大根の表面に6時(縦方向)になるように1/2弱まで隠し包丁を入れ、
  そのままの方向でひっくり返したら3時15分前の方向(縦垂直)に1/2弱まで角氏包丁を入れる。
  お箸を入れたときに、1/4になって、食べやすいですよ!

10-11-05-2.jpg

このスープも薄味で美味しいんです。
胃にやさしい、身体にやさしい一品です^^

今日の大根は、葉っぱがついていませんでした。
葉っぱもいろいろ楽しめるのに残念!!










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
ラベル:大根 薄揚げ
posted by まさ at 23:45| 新潟 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

カブとブロッコリーをカブの葉チーズソースで

今日のレシピは、marronちゃんのお気に入りアイテムのお知恵を拝借しました。
セルクルならぬ、クッキーの抜き型をセルクルに見立てての応用編です。

10-11-04-3.jpg

今日は待っていた、予想しなかったmarronちゃんの御本が送られてきました\(^o^)/
10月29日発売だった「ワンプレートごはん わたしのカフェへようこそ」です。

Amazonからは、予約していたにもかかわらず、好評だったのでしょう(とってもうれしい!!)
6日以降のお届けと連絡をもらっていたのです。ところが、今日午前中に到着しました\(^o^)/

『marronさんのお気に入り』 というページがあって、
普段着っぽい雰囲気の布巾の上にセルクルがやさしい円を描きながら重ねてありました。
こういう表情にも、作り手のこだわりを感じてしまいます。

10-11-04-1.jpg

【材料】 (2つ分)
 カブ・・・1個
 ブロッコリー・・・1/4房
 タラバガニ(袋詰め)・・・1袋(2本分)
 料理人・・・大さじ1

 《ソース・・・蕪の葉チーズソース》
  かぶの葉・・・葉の部分カブ1個分
  スモークチーズ・・・20g 
  荒挽きコショウ・・・少々
  卵黄・・・1/2個
  サラダオイル・・・大さじ1
  料理人・・・小さじ1

【作り方】
 1.カブの葉をさっと色よく湯がきざっくりと切ったら、他の材料と一緒にFPにかけてソースを作る。
 2.カブは、皮をむき料理人で薄味にした鍋で湯がき、7ミリ角に切っておく。
 3.ブロッコリーは、電子レンジで加熱したら、房の部分をカットしておく。
 4.セルクル(クッキーの型抜き)に@のカブAのブロッコリーを敷き、縦半分にした蟹を最後にのせる。
 5.ソースを敷いた皿に、静かにBの中身を落とし、周りにソースをかざったら、出来上がり。

10-11-04-2.jpg

久々にヒットのソースです。
スモークチーズの香りとブラックペッパーの香りがお醤油のフレーバーで絶妙につながってくれています。

今晩は、連れ合い君が仕事でお泊り。
母と二人でやさしい味のプレートでお風呂に入ってからのゆっくりDinner timeでした。







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 22:33| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

きのこの付け合わせいろいろ

新潟は村上の牛たんを1本いただいて、
付け根の1/3は、牛たん塩! これっきゃないでしょ!
そう思って、昨晩ベッドに入ったからこりゃもうヘんな夜でした。

牛たんの付け合わせを夢の中で考えているのです。
熟睡してないからかしら…。
冷蔵庫に入っているものがしっかりわかっていて、
その中で、どれを使ってとか、どうしてとか・・・
手にとるように分かるんです。

そこで、夢からの指令で(?)
レタスの上に薄くスライスしたいちぢくを乗せる絵が頭の中に残っています。

早速、裏のもう終わったはずのいちぢくの木を偵察に!
ありました、ちょっとだけ、まだ硬いのと頃合いのいいのが・・・。
これこそ今季最後のいちぢくです。

10-11-03-5.jpg

夢の中の指令通り?再現をしてみました。

10-11-03-3.jpg

つけ合わせは、レタスといちぢくのスライス
エリンギを割いて塩のみ   
マイタケは株を分けて塩とパセリをからめただけ
しめじは、バターとお酒と塩分ひかえめの「華」

10-11-03-2.jpg

残りの牛たんは、これからおいおいと煮込んでから使って行きましょう^^

牛たんのシチューは、お正月の我が家の必須メニューです。
今年はその前に2~3度いただけそうです~♪

奥に鎮座させたのが、
サツマイモのタプナード炒め

10-11-03-4.jpg

黄色で、甘いサツマイモです。

サツマイモ一本を1p角位に切って水に晒した後、
電子レンジで3分ほど~チン♪
その後オリーブオイルを敷いたフライパンでタプナード小さじ1/2で和えて出来上がり。

オリーブの香りとちょっとした酸味が単調な味からの脱却を手伝ってくれています。

これがおいしいかどうかって?云うと
そう、最初にオリーブの実を食べたときのなんともいえない味わい。
すっぱいようなしょっぱいような…。
それがいつしか、美味しいおつまみに感じられるのですから、わからない!!
おいしいサツマイモをこんなして! というご意見ありかも知れませんが、
そのうち、いけるじゃん!! と思ってくれる人もきっと現れるでしょう(^^ゞ
そんな味わいです。

しつこいのですが、もう一度お口直しに
10-11-03-1.jpg

牛たんを…‼
キムチとたっぷりのレタスで丼の方が人気でした。。。。一応報告(-_-;)







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


 

posted by まさ at 18:02| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

豆腐とめんたいのジェノベーゼ焼き

今日は木枯らしが吹いて冬がそこまで来ている!!そんな日です。
本当に日が短くなりました。
5時(17時)では、もう真っ暗です。

秋の夕暮れは、「つるべ落とし」なんですね。
すと〜〜っん!  …・そんな音が響いてきそう。おぉ冷たい‼

10-11-02-3.jpg

スーパーで私の大好きな明太子のメーカーさんの切れ子ならぬ
もっと、崩れたものを見つけ、味は変わらないでしょ!と思い帰って、瓶詰めに!

これがあったかいご飯にたまりません!!

以前から「豆腐ととうがらし味噌のグラタン」をよく作っていましたから
今日は、明太子でソースを作ってみました。

すみません。もうすでにオヨッパになっています(^^ゞ
いい加減な分量です。

木綿豆腐・・・1/2パック
ペンネ・・・うぅ〜ん200ccカップに1つくらいだったかなぁ…
明太子・・・大さじ5
豪農味噌・・・大さじ2
調理用カットチーズ
パセリとピーナッツ、パルメザンで作ったジェノベーゼ
パン粉

【作り方】
1.水分を切った豆腐に明太子と豪農味噌を合わせたら、茹でたペンネと重ねるように器に敷く。
2.メルティーチーズをのせた上に、パセリのジェノベーゼとパン粉をトッピングしたら、
  200度に熱したオーブンで15分焼いたら出来上がり^^


10-11-02-1.jpg

おいしい赤ワインがオヨッパにしてしまったのです。
今日は本当にみぞれでも降りだすかと思うくらい寒い一日でした。
今年の山行はもうおしまいでしょうか…。
熊も、山に戻って自分のねぐらで眠ってくれれば、いいのに…・。

10-11-02-2.jpg

バレーや野球、夜は楽しいスポーツが目白押しです。
秋の夜長は、オヨッパも悪くはありませんよ~~♪








ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
ラベル:明太子 木綿豆腐
posted by まさ at 20:29| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 豆・実・豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

醤油屋のとんかつ

たまにこんな日があってもいいでしょ!
今日は、色々あって、つっかれてしまって、
5時過ぎてからちょっとすてきな男性に会いに行ってきました^^
ま、それが誰かは、きっと本人と彼の脇にいつも座っているK女史は知っているだろうけれど…。
しばしおしゃべりをして、やっと重い腰を上げて帰ってきました。

なんと意味不明な文章でしょう。
ま、そんな日もあります。
母が、買っていておいてくれたロースの切り身は、何の考えもなくトンカツです。
昔から、時間のない時は、よ~くとんかつをしました。
だって、 揚げて、キャベツの千切りでOKでしょ!

お腹をすかせた男子には、大好評のアイテムでした。
(時間とボリューム、翌日のお弁当を含め)

10-11-01-1.jpg

でも、そこで終わらないのが女将なのです。

私はソース派ですが、家には醤油派が、2名おります。
千切りキャベツも、とんかつもソースではなくて、醤油なのです。
山田屋の塩分ひかえめの「華」をかけるのです。

醤油屋なんだから自社醤油を使う人口密度の高い方が
説得力があるってものです。(私は、ソース派ですが…)

10-11-01-2.jpg

どうでもよいことですけれど、
私は、とんかつソースとケチャップのブレンドに
たっぷりのレモンを絞って、さらにからしをたっぷり、
そうそう、とんかつも、実は、ナツメグの香りがあった方がいい。
そんなちっぽけなこだわりのまさにございます。

たかがとんかつ、されどちょっと霜降り系のロースを探して私は買うのです。
それも厚めが好きだから、体重には気を使っていまいます(^^ゞ

南アフリカの赤ワインで今日はとんかつを美味しく頂きましとという報告まで…
では・・・。








ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
ラベル:豚ロース
posted by まさ at 21:06| 新潟 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。