2011年01月31日

甘酒プリン

今日は久々に気持ち良い太陽が顔をのぞかせてくれました。
最近、見直されている発酵食品。中でも「甘酒」に脚光を当てたくて…。
今日は、甘酒を使って、non sugar のプリンを作ってみました。

11-01-31-4.jpg

【材料】 カップ6つ分
 あま酒・・・200cc
 豆乳・・・200cc
 卵・・・3個

 *お好みで黒蜜

【作り方】
 1.フードプロセッサーに甘酒と豆乳を入れ、甘酒の粒をペーストにしたら、卵を加え
   泡立つ寸前まで、攪拌する。
 2.カップ6つ用意したら、均等に注ぎ、蒸し器で10〜15分蒸す。
   (最初は強火、蓋に菜箸を2本かませて、蒸気が上がり始めたら、中火〜強火にして15分)
 3.表面が、少し盛り上がったころが出来上がりのサインです。
   (火力によって時間、火の大きさを調整してください。)


11-01-31-5.jpg

レストランこんななめらかに!!ってくらい、簡単になめらかプリンができます。
  上品な味わい、やさしい甘みのプリンです。
  黒蜜をかけましたが、メープルシロップもいけたかもしれません。


オーブンで焼いて作る方法もありますが、
蒸す方が、短時間でできるのでお手軽かもしれませんね(^_-)-☆





ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


ラベル:プリン 甘酒
posted by まさ at 16:26| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | スィーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

ぶりカマ_ガーリックペッパーで

レシピブログさんのモニターコラボ企画、GABANドレッシングが届きました。

夜の修業中につき、連日早々に出て遅くに帰ってきますので
もうすこし、ブログの方がおろそかになりますが、

忙しくったって、パパァ~っと作れて
この季節、こんなにいい食材に巡り合えた時限定という条件付きですけれど…。
ただ塩をふりかけてオーブンで焼いただけ…^^;



11-01-30-3.jpg


【材料】
 ぶりカマ・・・1切
 ベビーリーフ・・・1/2パック
 ミニトマト・・・1個
 GABANガーリックペッパー・・・適宜

【作り方】
 1.ぶりカマは、氷水で洗い(周りに付いている血を取り除く程度)、塩を軽く振る。
 2.200℃に熱したオーブンで3分、180℃で7分焼く。
 3.その間に、ベリーリーフを洗い、ミニトマトをカットしてお皿を準備しておく。
 4.Bのお皿にアツアツのぶりカマを乗せ、GABANガーリックペッパーをかけていただく。


11-01-30-1.jpg



レストランこのドレッシングは、以前から我が家の冷蔵庫に鎮座しています。
  お肉にガーリックの風味を利かせたい時に役立つ優れものですが、
  お魚に使ったのは初めて! 赤ワインをおいしく頂きたかったから、あえてです。
  この季節脂の乗った、ほこほこ身のはがれる寒ぶりにスパイシィーさが加わって
  つけ合わせた野菜と一緒にモリモリいっちゃいました^^

レシピブログのGABANRスパイスドレッシングアイデアレシピコンテスト参加中




11-01-30-2.jpg


本当に雪がどっさりです。
ぼさぼさ振っていますが、もう2〜3日で雪マークがなくなります。
最高気温も水曜日ころから冷蔵庫以上になりそうです。
私の寒行も今日を含めてあと、4日です。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 15:01| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

里芋_味噌ソース

ここ連日の夜のお出かけ続きなので
外の気温を敏感に感じます。
温んでいる日もありましたが、ビンビンに冷えてて、道路がつるんつるん‼
歩いていると、おでこも鼻もツンツンしてきて凍りそう?・・・。
今年の寒さは、子供の頃のように「雪国‼」に戻った感じです。

**********
そういえば・・・、

お正月に、子供たちと祖母と白山様に初詣でに行ったことがありました。
(白山様は、新潟市の真ん中にある大きな神社です。)
我が家の2年詣りは、裏の鎮守様にお詣りするのが恒例です。
それも雪の中・・・そんなイメージなのです。
その年は、白山様の脇の公園で暖かい日差しの中
何かを食べながら家族で日向ぼっこをしている写真が残っています。
お正月には似つかわしくない暖かそうな写真です。

その時祖母が、
「生まれて初めて、白山様に初詣でに連れてきてもらった。。。。」
と話していたのを思い出します。

新潟で、お正月、外に腰かけたお陽様の下で写真が撮れるとは…。
とっても珍しいことなのです。

温暖化と言われ始めて、新潟でもこんなことがあったのです。
でもやっぱり、今年の寒さが新潟らしいのかもしれません。

**********

11-01-27-1.jpg

【材料】
 里芋(大)・・・2個
 
和・ごちそう味噌・・・大さじ2
 マヨネーズ・・・大さじ1

【作り方】
 1.里芋をよく洗って、皮のままたっぷりのお湯で茹で、竹串がす~っと通ったら
   皮をむき(手で簡単にする~っと剥けます、熱いのでご注意!)縦に6等分する。
 2.フランパンに大さじ1のサラダオイルを熱したら@の里芋の表面に焦げ目をつける。
   (テフロンなら、油不要です!~~♪)
 3. 
和・ごちそう味噌とマヨネーズを和え、Aの里芋にトッピングして、ソースとしていただきます。


11-01-27-2.jpg



 【食べる味噌 和・ごちそう
   味噌の中に
   干し貝柱・干し椎茸・かつお節・
   ねぎ  を詰め込んだ
   食べるタイプの味噌です。

   天然調味料がドドォ~~んと
   詰め込まれたおかず味噌を
   
   マヨネーズでアレンジ?
   (混ぜただけですが…) 
   しました。


   何もない時に本当に便利です^^
   お湯をさしてスープにGood!










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:51| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

OH! OH!鯛づくし

母のお友達からこんな素晴らしいプレゼントを頂きました。
11-01-25-2.jpg
すっごいでしょ!!!! S様ありがとうございました。
とんでもなく美味しく頂戴いたしました<(_ _)>



当然のことながら最初は、味噌汁とご飯だけで十分な鯛のお刺身定食。
(こういうの定食じゃダメですね)もとい! 「鯛のお刺身御膳‼」
11-01-25-1.jpg

なんと連れ合い君が、たら汁を食べたいとたらを買ってきてくれたので
鱈の味噌汁の「鯛のお刺身御膳」です。

11-01-25-3.jpg


で、いくら美味しくとも食べきれるものではありません。
そこで、昆布〆にして、もう一度、+グルタミン酸の鯛を
たっぷりのゆずで作ったポン酢で頂きました。



11-01-25-5.jpg

   ・・・●●● ポン酢の作り方 ●●●・・・

【材料】
 ゆずの搾り汁・・・50cc
 食酢(米酢を使いました)・・・50cc
 だししょうゆ「料理人」・・・100cc

【作り方】
 ただ混ぜただけ(^^ゞ
 

11-01-25-4.jpg


うまみを増した鯛を あっさりさっぱりの香り豊かなポン酢で頂きました。
S様、大変ご馳走様でした。

そうそう、鯛の頭は兜の甘煮にして頂きましたので、残ったのは、骨だけでした。
心から、お礼申し上げます。美味しく全部頂きましたので、
この鯛君は、きっと成仏したと信じております。


夜になると、道路が凍ります。
格好つけてるブーツと違って、長靴でもツルゥ~~‼ット滑ってしまうほど。
もうすこし寒の中にズッポリ埋まっていなければならないようです。
風邪などひかれませんように・・・。

夜時間がなくて、更新が滞りますことお許しくださいませ<(_ _)>







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


ラベル: ぽん酢 ゆず
posted by まさ at 21:15| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

牛すじのパイナップル味噌ソース

学生の頃です。春休みにハワイ島に一か月潜伏していたことがあります。
祖母の女学校時代の同級生で中西キヨ*さんが我が家にいらして
ゆっくり滞在なさったことが数度ありました。

その中西キヨさんが、いつかいらっしゃいネ!とおっしゃってくださっていて
2年生になる春休みに、羽田空港から、一人ホノルルで乗り換えて
コナの飛行場へ行ったんでした。
今思えば、よ〜く、ホノルルで一人で乗り換えられたものだと思います。
コナの飛行場に降り立ったときは、真っ黒の溶岩の切れ目から
ブーゲンビリアのピンクの花が風に揺れていて、色の対比がなんとも強烈で
やっと辿り着いた一人さびしさが急に襲ってきて、地獄に来た気がしたのをよ〜く覚えています。

長くなりましたが、
「地産地消」とは今どきの普通の言葉となりましたが、
「医食同源」的な意味でハワイのパイナップルを時々思い起こします。
パイナップルは、ハワイでは地産でも、日本の地では、産しません(まして雪国新潟では…)。
でも、時々ハワイで中谷さんから教わったお料理を思い出してはしてみたくなります。
画期的なことだったんです。パイナップルをお料理に使うなんて…。
フルーツポンチにするのがせいぜいでしたから…。


今日は、いつものトマトと味噌のソースを作ろうと思ったら
トマトがいつもになく水っぽいのです。
甘くもないし、酸味も少ない…。 そこで、
思い出したのです。冷蔵庫にもちょうどよくパイナップルの缶詰が残っていたんです。

11-01-24-1.jpg


【材料】
 牛すじ・・・200g
 トマト・・・1個
 パイナップル(缶詰)・・・2枚
 
新潟米仕込味噌「延齢」・・・大さじ1
 
だししょうゆ「料理人」・・・大さじ2/3
 ローズマリー・・・少々

【作り方】
 1.牛すじをローリエと一緒に加圧鍋で軟らかくした後は、カットしたトマトと一枚分の
   パイナップル、
新潟米仕込味噌「延齢」だししょうゆ「料理人」とローズマリーを
    加えてコトコト煮込む。
 2.残ったもう一枚のパイナップルを2枚にスライスしたらお皿に敷き、その上に
   味のしみ込んだ@を乗せ、イタリアンパセリをトッピングする。


 
********************
●つけ合わせ
スティックポテトフライ(電子レンジで加熱後さっと油で揚げる。)、パプリカ
・・・・・non salt,  non added taste です・・・・・

********************

11-01-24-2.jpg

トマトの味が希薄なのをパイナップルが補ってくれています。
時々、玉ねぎをよ〜く炒めたあもので甘みをプラスしたい時、急ぐと
蜂蜜を加えることがあります。その代用になって、味に深みを出してくれています。

夏でもないのに、パイナップル…。
ま、これもありでしょ!
味噌や醤油を使っていても、イタリアンパセリや、忍んでいるローズマリーの
わずかな香りがナイフやフォークの似合う一品にいざなってくれています〜〜♪



*印 : 中西きよさんは、ハワイ(キャプテンクック)に住んでいらした日系2世の方です。
お母様が、新潟県の紫雲寺というところから出た方で、子供に教育をということで
 中西さんは、ハワイのhigh school卒業後、新発田の女学校に入学されたのでした。
 そこで祖母とお友達だったようです。いっぱい中西さんからハワイの移民のこと
日本の親戚から女学校に通った時の大変なこと、お話聞きました。
ハワイに戻られた後、ハワイ大学でビタミンの研究をなさったようです。
その後、中西さんは、広島の方とご結婚し息子さんが一人おられました。
そのお嫁さん(Cindy)と私は同じ年で週末にやってきては仲良くしてもらいした。
もう、中西さんご夫妻も息子さんも亡くなったと風の便りで聞きました。
もう一度、大きなマカデミアナッツの木とアボガドの木のあるあの家に行ってみたいなぁ。






ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 22:02| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

豆腐の味噌漬(Masa風)

ずどぉ〜〜ん!!!!
たった今、何事かと外を見ると雪が屋根からすべり落ちたようでした。
今朝「2階の戸が開き難くなった・・・。」と朝食の時に話していたんでしたっけ…。

少し温んできて、雪が滑って屋根を滑るようになったのでしょう。
今週一週間、また雪だるまのマークですが、本来雪国とはこんなだったはず。
と思いなおしています。

父が存命の頃、豆腐の味噌漬の商品化に心血注いでいましたが、
九州地方にあるしょっぱい味噌漬ではなく、クリームチーズのようになった
食べておいしい「豆腐の味噌漬」 ネーミングもラベルも用意したのでしたが
商品化しかかって、他界してしまったのでした。
 
その味を思い出したくて、簡単にMasa風かんたん豆腐味噌漬をおつまみに…

11-01-23-1.jpg


【材料】
 木綿豆腐・・・350g
 
新潟米仕込味噌「延齢」・・・80g
 砂糖・・・20g

11-01-23-3.jpg

【作り方】
 1.
新潟米仕込味噌「延齢」と砂糖を混ぜたら、4等分に切った豆腐をガーゼで包み
   ガーゼの上下にぬり、3日間冷蔵庫保存。
 2.ガーゼを取り除き、一口大にカットしていただく。


   ********************
   ●つけ合わせ
     クワイせんべい(クワイをスライスして揚げた)、百合根、ブロッコリー
        ・・・・・non salt,  non taste です・・・・・

   ********************






11-01-23-2.jpg

もっと置いてもよかったかな?
待ちきれなくて食べちゃいました。。。
木綿豆腐のぽさぽさ感が、しっとり丁度クリームチーズのように変質します。
味噌の塩分が、本当んちょうどよくって、和風カッテージチーズのようです。

父は結局、豆腐の水分活性Awとの兼ね合いを追及していたようでした。
美味しいおつまみですよ^^  一度お試しください<(_ _)>









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




 

ラベル:豆腐 味噌
posted by まさ at 15:37| 新潟 ☁| Comment(16) | TrackBack(0) | 豆・実・豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

里芋の牛肉巻

最近足のむくみが気になる母が、かかりつけのお医者様のところから帰ってくると
「太ったから足がむくんだので、減量するように!」という診断でした。

え??太ったことが足のむくみの原因??
そう思った私は、すぐお友達の
たぬき先生のクリニックへ受診に母を連れていきました。
たぬき先生は、とっても庶民的に年取った母の目線に下げて、丁寧に説明してくれます。
最近の運動不足と老化、脚の位置が静脈の心臓への静脈還流の原因であることを
静脈弁や人間の個体差の話を出して砕いて分かりやすく丁寧に話してくれます。
浮腫で重篤なのは、心臓より上であることも付け加えて話してくれました。
生活姿勢を見直すアドバイスいただいて、心軽やかになってクリニックを後にしました。

たぬき先生ありがとうございました<(_ _)>
きっとまた、今頃PCに向かって、楽しい夜の時間を過ごしていることでしょう。

今日は、里芋を味噌で茹でた(泡が吹きこぼれないようにするために…)後
牛肉で巻いて、甘所っぱく味付けた「里芋の牛肉巻」です。

11-01-19-1.jpg


【材料】
 里芋・・・5個
 牛肩ロース・・・200g
 味噌・・・大さじ2
 塩分ひかえめ醤油「華」・・・大さじ2
 酒・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ2
 糸唐辛子・・・適宜
 
【作り方】
 1.皮をむいた里芋を縦に4等分したらたっぷりのお湯に味噌を溶かして、
   竹串がすぅ〜っと通るまで茹でる。
 2.@を肩ロースで巻いたら、巻き終わりを下にしてテフロンのフライパンで
   コロコロころがしながら炒め、肉に火が通って色が変わってきたら調味料を加え
   全体に調味料をに炒め煮する。
 3.Aを器に盛り、糸唐辛子をトッピングして出来上がり。
   (長ネギを焼いて付け合わせにする。)

11-01-19-2.jpg

お昼の味噌汁とあったかご飯のおかずです。

11-01-19-3.jpg


「乙女の北陸の旅」で買ってきたお気に入りです。
ひがし茶屋街で購入したものです。
11-01-19-4.jpg  11-01-19-5.jpg
金箔のお店で金箔入りのグラス         浅蔵一華さんの九谷焼
いずれも私のワイン用。これからどんどんブログに登場しますよ^^

11-01-19-6.jpg
九谷焼の急須は番茶、紅茶の普段使い用に
「緑ツバキ」です。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 22:10| 新潟 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

兼六園〜ひがし茶屋街

いつの間にか乙女の旅へと化した「蟹満喫のツアー」も金沢へと向かいます。
朝、やさしい男性からの連絡で途中の高速は通行止めになっているって・・・Σ(゜ロ゜;)!!
車は、夜積もった雪が凍ってしまっていて、お湯を分けていただくほど…。

ま、いざ今日も出発ぅ〜〜‼‼
まずは、なぎさハイウエーの冬の様子をチェック!
11-01-16-1.jpg

ギョ!! 「なぎさハイウエー」なんてどこにもありません。
夏の砂浜を走れるという砂浜は、ほとんどなく
すぐそこまで次から次へと波が押し寄せてきます。
一番若いT2ちゃんは、何をしたと思います?
海に向かってバックダイブ! わかりづらいでしょうけれど、
海を背にしておっかかろうとしても
背中から吹いてくる風に強く押されて、バックに倒れることができません!
風の壁におっかかる感じとでももうしましょうか…。さすが日本海です。

凍った道路を一路兼六園へ!
(そういえば、隣の金沢大学では、共通一次の真っ最中だったはず…)

駐車場を探すのに兼六園を3周もしたんですよ。
そのおかげでとっても近い駐車場に停めることができてラッキー‼
11-01-16-2.jpg
ほんの一瞬でしたが、太陽が光をくれました‼
わずか5分くらいだったでしょうか、ラッキーです。
雪つりのロープが金色に輝いているように見えます。

11-01-16-3.jpg

兼六園には何度か行ったことがあるのですが、
雪吊りの そして、雪のある兼六園は初めてです。
なのに太陽のご褒美と 雪もちらつくとは、最高の演出を用意してもらったようです。
お殿様のお庭という感じ満々です。雪の兼六園の方が断然きれい!


さあ次は、ひがし茶屋街で、女子お得意のぶら歩きショッピングタイムです。
11-01-16-4.jpg

皆、ご主人ときたら、こんなにゆっくりは見れないわよね〜〜♪なんて言いながら、
心はうきうき少女のおばちゃん4人です。
和風のグッズ、陶器、金あしらいのグラス・・・思い思いのお土産をゲットして
〜〜 気分はもう、大満足((o(^-^)o)) 〜〜

洋食屋さんでランチして、まだ少し早いけれどといいながら
帰りが予測できないからと、後ろ髪をひかれながらも、新潟へと高速をひた走ります。
この日は、いくつかの区間で通行止めがあったようでしたが、
一度も高速を降りることなく、無事新潟に到着。
有名ラーメン屋さんで、夕食と一緒に清算を済ませて、
みんな明日の日常へと別れたのでありました。

なんて満足の旅だったことでしょう。
気の合った仲間と乙女話に花を咲かせた楽しい充実の2日間でした。



最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。
「蟹を食べに行く!」のTabi+blogは今日まで。の
明日から、また「食べる」の方の「Tablog」にシフトいたします。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 23:16| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

蟹づくしのお宿

お待たせしました。お宿には19:05に到着。
ナビは、19:40に到着といっていたのに、Tちゃんが
「7:05に着く!!」と言いきってくれました(心強〜い‼)。

この日のお宿は、
 ●
ちりはま ホテルゆ華  TEL:0767-22-7500 
 コテージの素敵なお部屋を準備していただいていたのですが、
 強風で、お部屋に行ったり来たりに寒い思いをしたくなくて同じ建物内に変更して、
 少しでも早く、 「あぁ〜〜、お腹すいたよ〜〜‼‼」

11-01-15-5.jpg

テーブルの上で、もうビックなカニが鎮座してお待ちかねです。
最初は、蟹のお刺身から・・・ とろ〜〜んと甘くって、うぅん!うまっ‼

11-01-15-6.jpg

甲羅焼き、茶碗蒸し、蟹すき 〜〜〜カニ三昧です。
〆には、食べきれなかった蟹の身を全部ほぐして、たっぷり身の入った雑炊(*^^*)V
別腹に入っちゃいました。

蟹をむく手が蟹の汁でべしょべしょ!
蟹味の手になって必死に食べたり飲んだりでしたよ*^^*



お部屋に戻った後は、今日の疲れを流しに温泉へ〜〜♪
11-01-15-7.jpg

露天ぶろは、雪が舞う中寒ツバキの赤がきれいでした。
(お風呂を出てから、急いでお部屋にカメラを取りに戻っての撮影でした。)

外は、日本海を渡ってきた冷たいきたかぜがゆきをつれてきているようです。
明日は、雪つりの兼六園が見れるでしょうか…。

明日の朝の頭痛としゃべりすぎの喉が心配…zzzz。。。。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:53| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

永平寺〜越前岬

いつもの仲間4人で、一番の目的は「蟹食べツアー」にに行ってきました。
こういうのをやる時の計画係は私。Hさんが車を出してくれることになって、
ホテルやコース担当は私です。
TちゃんとT2ちゃんは、昨年いずれも行ったことのあるコース。
酷寒の大雪の予報のど真ん中に、誰かがキャンセル!を言いだすだろうと
結局誰もその一言が言えずに、土曜日の朝7時にTちゃん宅に集合して、出発です‼
この吹雪の中では変更十分にあり!のつもりで、なんたって「蟹食べツアー」ですから…。

11-01-15-1.jpg

富山県に入って最初にお休憩した有磯浜SAでは、並んでいた生姜飴と迷って、
買った「甘金丹」は、「萩の月」の富山バージョンです。SAのお煎茶で休憩です。

ぼそぼそ雪の降っているところもあれば、全く雪のないところもあります。
日本海の荒波を右手に見たり、竹林の雪景色を見たり最初の目的地は、永平寺です。
永平寺の身を切るような冷たさで、精神の修業しましょう!とHさんのアドバイスでしたが
入山前になめこそばとごま豆腐で心も体もぬっくぬく(*^^*)


11-01-15-2.jpg

修行僧の声の響き渡る永平寺に入山です。
やはり山の中のお寺だけあって、雪下ろしも修行のうちのようです。
都会から来てる若いお坊さんもいるでしょうに…。
新潟のおばさんの方が雪のけはうまいものです。

11-01-15-3.jpg

山門の両側に祀っている四天王
永平寺用に厚手の靴下を持参したのですが、その必要はありません。
観光客用にスリッパも用意してありますし、寄進のお勧めもありました。

さ、永平寺の次は、越前岬の水仙の群生を見に行って東尋坊へ行く予定です。
この雪と日没を考えると丸岡城か?と思いきや、元気なお姉様根性で越前岬へGO!GO!

11-01-15-4.jpg

荒波日本海ノ岬に広がる水仙の群生は、霰と強風の一瞬のすきをついて撮影です。
本当に一瞬でした(仏様のご加護だったのでしょうか…)

この日の蟹づくしが待っているなんて、知らずに
千里が浜まで今から行ったら、何時に着くのやら…。
暗くなってくるし…・。心細くなる一日目ですが、今日はこの辺で…。

姦しおしゃべりが続く車内で時間は楽しく過ぎていきます。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:51| 新潟 ⛄| Comment(6) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

大根と手羽元のじっくり煮込み

ちょっとおバカかもしれませんが…
蓮根を食べてる時の音ってシャキシャキって表現するでしょ!
ちょっと気になって、じっと耳を?神経を集中させて聴いてみたんです。
シャキシャキ・・・より ジャキジャキ・・・かな。。。
こんなこと真剣にゆっくり噛んだり、ネズミみたいに前歯で噛んでみたり
ば〜っかみたい!〜〜〜そう思ってやめましたけれどネ・・・。

気づかずに、それで当然って思ってることっていっぱいあるのかもしれませんよね。
(犬って、本当にワンワンって鳴いてます?
 英語で bow- wow、 ブタは oink oink、鶏はcock-a-doodle-doo・・・)

今日は、初めていらしてくださった garakoさんのところを訪問したら
塩おでん」というを作っていらして、私はだししょうゆ「料理人」と昆布の味付けですけど、
あのやさしげな大根をほっくりと煮たくってこんなのをつくりました。

11-01-14-1.jpg

11-01-14-2.jpg

3時にまだ仕事のめどもたたないうちに、大根と昆布だけ火にかけてて、
夕方、手羽元を入れて、弱火でかけっぱなし。
軟骨もコリコリ食べれて、お肉がほろりっと外れる、軟らかさ。
ほっこりやさしい煮ものができあがりました。


イカとじゃがいものパセリの香り炒め
11-01-14-3.jpg

【材料】
 イカ(胴のみ)・・・3枚
 メークイン(大)・・・2個
 にんにく・・・・1片
 オイスターソース・・・小さじ1
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ1
 ラー油・・・小さじ2
 乾燥パセリ・・・大さじ2

【作り方】
 1.じゃがいもは皮つきのまま、よ〜くこするように洗って縦半分、その1/2を8等分の櫛形にカットする。 
 2.イカは、かのこ状の切り目を入れたら長方形に切り、千切りにしたにんにくの香りを移した
   オリーブオイル大さじ1で、あらかじめ電子レンジで軟らかくしていたじゃがいもと一緒に炒める。
 3.調味料をすべて加え、均一になるように炒めたら、おろし際に乾燥パセリを加えて、お皿に共す。


もくもく、どんどん進んでお腹がぱんぷくりんになってしまいました。

明日から寒波が、北陸新潟地方を直撃するそうです。
なのに、ずっと前からの計画中のいつものメンバーの小旅行、「蟹を食べに行こう!」その一言に乗って
よりによって、この嵐のなか、出かけてきます。
報告できる写真は、真っ白の吹雪の実かもしれませんが、乞うご期待!!









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 21:23| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

海老のにんにく醤油焼き

出掛けたくない時にこそ、冷凍庫様のお出ましだい!!
冷凍庫をあさっていたら、ラッキィ〜〜!!!
お正月に食べきれなかった冷凍の車エビが冷凍庫にありまして・・・。

海老って、熱を入れ過ぎると身が引き締まって硬くなりすぎません?
絶妙なミディアム〜ウエルダンへの途中が軟らかさとプリプリ感を備えた絶妙なタイミング。

11-01-13-1.jpg

【材料】
 冷凍の車エビ・・・10尾
 片栗粉・・・適宜
 にんにく・・・2片
 酒・・・50cc
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ2
 付け合わせ:ほうれん草

【作り方】
 1.車エビを解凍したら、頭と殻を取り除き背ワタを取って背に包丁目を入れ、塩水で洗ったら
   胡椒をして、刷毛で片栗粉を軽くぬっておく。
 2.大さじ2のオリーブオイルにスライスしたにんにくを入れ香りを移したらにんにくを取りだし
   (後でトッピングに使用)、海老を焼く。
 3.フライパンに接している面に焦げ目ができそうになったら、酒を回し入れ、蓋をし、
   全体が赤くなるちょっと前に、 だししょうゆ「料理人」を全体に回し入れたら皿に盛りつける。
 4.ピンクぺッパーとAのガーリックをトッピングしたら出来上がり。




11-01-13-2.jpg

ちょっと醤油の焦げ味とにんにくの香り、そして海老のプリプリ感が食欲をそそります。
ずっとベジタリアン的な食事、和食生活どっぷりだったのでご馳走‼の感ありの夕食でした。

これと同時に塩コンブ使用の
【里芋と蓮根と油揚げの炒め煮】
11-01-13-3.jpg

油で揚げた里芋を炒めた蓮根と一緒に油揚げも入れて
だししょうゆ「料理人」と塩コンブを入れ、山椒の実をトッピングしました。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:38| 新潟 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月12日

豆腐と里芋のチーズ焼き

夜になると、急に気温がぐぅ〜〜んと下がります。
運転していて、野っぱらに出ると急な冷え込みで空気中の水分が過飽和になるのでしょう。
靄(もや)が出ていて、ライトも何の役にも立ちません。
ただ、まっすぐ走るだけ(危ない!)
街に出ると、そんなことなくって、生活している場所って暖かいんですね。



豆腐と里芋を『とうがらしみそ』をソースにしてたっぷりのチーズで焼きました。
11-01-12-1.jpg

【材料】
 豆腐・・・200g
 里芋・・・2個
 玉ねぎ・・・1/2個
 本しめじ・・・1/3パック
 にんにく・・・1片
 トマト缶詰(カット)・・・70cc
 とうがらし味噌・・・大さじ3
 とろけるチーズ(調理用)・・・適宜

【作り方】
 1.里芋は、たっぷりのお湯で皮のまま茹で、竹串がスーッと通ったら縦に6つの串切りにし、
   水切りをして短冊に切っておいたた豆腐と交互に並べる。
 2.にんにくの香りの移ったオイル大さじ一を準備したフライパンで、千切りにした玉ねぎと
   株を分けた本しめじと一緒に炒め、トマト缶を加えて、とうがらし味噌で味付けする。
 3.@を30秒ほど電子レンジで温め、上にA、とろけるチーズを乗せたら、
   オーブントースターで5分焼いて出来上がり。

11-01-12-2.jpg



直火で焼ける焙烙鍋で和風にアレンジ(オーブントースターは使いません)
11-01-12-3.jpg

トマト缶詰ととうがらし味噌って意外と会うんですよ!
とうがらし味噌でなくとも普通の味噌に辛味を足してパンチを加えて
少し蜂蜜を足してみたらコクも出ていいかもしれませんね。

去年は、よ〜〜く、トマトとにんにくと味噌の組み合わせを使いました。
私の大好きな組み合わせです。
11-01-12-4.jpg

今週末もずっと雪だるまのマークです。
ドライブに出かける予定なのんですが、コースを少しゆったりさせての計画の練り直しです。







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
にほんブログ村
posted by まさ at 21:40| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | 豆・実・豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

人参の白和え

日本列島どこもここも冷え込んでいるようですね。
オーストラリアでは洪水ですって\(◎o◎)/!
小学校の低学年の頃、雪下ろしした雪で道路がいっぱいになって
その雪の山坂を登ったり降りたりしながら学校に行ったことが一度だけあった気がします。
よくある、山間部の小学生のあの集団登校のようにして、
上級生に一列になって…‼(もとより、2列で歩くスペースなんてないのに…)と指示されながら
ショベルカーがやってきて、数日でその雪の山は、どこかに運び去られて、
とっても残念な記憶が残っています。
それと比べたら、まだ屋根の雪下ろしをしなくていいだけ、降雪量は多くはないのですね。
子供の頃、屋根の雪下ろし、父がやってた気がします。

紀ノ国屋さんのお豆腐があるので祖母がよく作ってくれていた白和えを作りました。

11-01-11-1.jpg

【材料】
 木綿豆腐(清涼の里「白妙」)・・・1パック(300g)
 すりごま・・・30g
 砂糖・・・30g
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ1+1/3
 新潟米仕込味噌「延齢」・・・大さじ1
 
 金時人参・・・5p
 黄色人参・・・5p
 干椎茸・・・1枚
 インゲン・・・8本
 板こんにゃく・・・1枚
 
【作り方】
 1.木綿豆腐を2p角位のサイコロにしたら、熱湯で茹で、ざるにあげて水分を切る。
 2.分量の調味料を@の水気の切れた豆腐に加えて、フードプロセッサーでなめらかにする
   (衣の出来上がり)。
 3.人参は、薄い拍子切りにし、インゲンは斜めに切って、色よく塩茹でにしておく。
 4.板こんにゃくも、拍子切りにして、湯がいたら、もどして千切りにした干し椎茸と一緒に、
   小さじ1/2のだししょうゆ「料理人」と空炒りするように、下味を付ける。
 5.用意できたBCの野菜たちとAの白和えの衣をざっくりと和えたら出来上がりです。

11-01-11-2.jpg

祖母が作ってくれたすり鉢の白和えより、ずっとなめらかなクリーミィーさです。
インゲンのシャキシャキが時々歯にあたって、リズミカル。
ちょっとした箸休めに、彩りもよくって、懐かしいおばあちゃまの味です。
そういえば、これは、母ではなくておばあちゃまの担当でした。



11-01-11-4.jpg

少し気温が緩んできたのでしょう。3時を過ぎたころ、つららから、雫がぽつぽつ・・・♪
また今晩も冷えるんでしょう。。。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


posted by まさ at 17:36| 新潟 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

おふくろの味−PartU

今日も朝からずっと寒い一日でした。
新潟市になってから除雪車の来る時間がめっきり遅くなった気がします。
除雪車が足りないのか、新潟市の方からの依頼が遅いのか・・・まったくわかりませんが、
消雪パイプのないのは、この辺だけですね。と遠方からのお客様に言われます。

大根と油揚げの炒りごまとの含め煮
11-01-10-1.jpg


【材料】
 大根・・・1本
 油揚げ・・・3枚
 炒りごま〈すりごま〉(白)・・・大さじで5杯くらいかけた気がする(^^ゞ
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ3

【作り方】
 1.大根は皮をむき、半月かイチョウに2センチ厚位に切り、さっと竹串が通るくらいまで茹でる。
 2.油揚げはさっと湯抜きをして、@に加え、だししょうゆ「料理人」とすりごまを加えて、含めたら出来上がり。

11-01-10-2.jpg

大根の甘みとyわらかくなった油揚げをすりゴマが包むやさしい煮ものです。

この油揚げは、東京の紀ノ国屋さんから送っていただきました。
紀ノ国屋さんはとってもいいお得意様で、年初めのご挨拶に
都留山梨県)にある工場で作っているお豆腐と油揚げ達をたくさん送っていただきました。
その油揚げを使っています。

・・・・・これも昨日送ったうちのone of Ofukuro's taste*^^*・・・・・

今日午前中にと指定を付けて出したのに、
午後2時過ぎに着いたようです。(クロネコさんからお詫びの電話がありました。)

冷え込みの厳しい夜です。
風邪をひかないように注意しなければ…。

11-01-10-3.jpg
まだ、塩引きが一本干してあるのを発見(^^ゞ
実は、もう、塩引きうんざり気味・・・。







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 21:49| 新潟 ☁| Comment(18) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

おふくろの味

朝は、みぞれだったのに、気温がどんどん下がって
サラサラの雪になったり、ぼさぼさ雪になったり…。
結局一日中降っていてけっこう積もりました。
こんな日は開店休業のようなもの。私はキッチンで楽しい一日でした。

離れている息子に頼まれていたものがあって、それだけ送るのもなんだからと
何品か作って、一緒に送ろうと思い立ち、お正月には食べれなかったいつもの味を作りました。


味噌をしのばせたきんぴら
11-01-09-1.jpg


【材料】
 ごぼう・・・2本
 人参(小)・・・2本
 サラダオイル・・・大さじ2
 鶏胸肉・・・1/3枚
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ3
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1
 輪切り唐辛子・・・適宜
 みりん・・・大さじ2

【作り方】
 1.ごぼうは千切りにし水に浸してあく抜きをする。
 2.人参も千切りし、鶏肉は、はそぎ切りにしておく。
 3.フラパンにサラダオイルを熱し、ごぼうを炒めたら、人参と鶏肉、輪切り唐辛子を加え
   だししょうゆ「料理人」コシヒカリ糀味噌「豪農」、みりんを加え蓋をして中火でしんなりさせ、
   煮含めたらでき上がり。

11-01-09-2.jpg

冷えても、脂が気にならないように、鶏胸肉を使いました。

夕方、お客様がいらっしゃる事になって、ささやかなパーティー!
こんな一品も付け出しの一品に役立ちました。


送るから…。と息子に連絡をずっとしていたのに全く連絡とれません。
夜遅くに判明したのですが、38℃の熱を出して寝込んでいたと母が教えてくれました。
(相手のほとんどいない母のMIXIの相手をしていてくれてるようなのです。)
お正月に来て少し太ったと言っていたから、体重が元に戻ったことでしょう。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


 

posted by まさ at 23:50| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

七草粥

本当に本当に寒い一日でした。
窓から見える、お隣の屋根浜氏色です。ベットから立ち上がれません。
一番に”エイッ”と起きて、ストーブのスイッチを入れて、おぉぉ。。。。。さむ、再度布団の中へ。
氷点下になった朝は、背中まで冷たくなってる気がします。
(今晩は、もっと傍観してから寝ます。私は、電気類に囲まれて寝るのは嫌なのです。)

今日は七草。もう今年になって一週間が終わってしまいます。
11-01-07-1.jpg
初めてスーパーで、七草のセットのパックを買いました。
よく見ると、その辺に生えてるよ〜く見かける雑草ばかりです。
でも、今どきの新潟では、見つけることができませんけれど…。
七草粥を頂くというのは、雪国新潟の習慣ではなかったはずです。
春、ひばりが鳴いている頃に、見かける雑草達なんだと七草の詳細を初めて知りました。

早速作ってみました。
11-01-07-2.jpg

あんまりおいしいものではありませんね。
とっくりと煮たお粥さんに、草っぽい匂いが移って…。
味噌汁を足して、香りを消して、いただきました(やっぱり味噌屋でしょうか…(・・;) )。

こういう季節の風習を重ねることって、大事なことかもしれません。
新しい風習ができても、味わい深い伝わってきた習慣は残っていった方がいいと思うのです。

連日続いていた、黒豆やっつけ作戦。
marronちゃんの「黒豆と葛餅」をまねてみました。
といっても葛餅を作ったわけではなくて、吉野に行った時に買ってきた「葛切り・平」を
ゆっくり水で戻して、コトコト煮ただけの平打ちの葛切りに黒豆とすりごまをトッピング。

11-01-07-3.jpg
お正月風に下に金の紙を敷いたら、光りすぎ。
ちょっといただけない写真になってしまいました<(_ _)>






ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
ラベル:七草 黒豆
posted by まさ at 20:54| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ごはん・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

海老のつみれ鍋

随分冷えてきました。
上越の方では、通行止めの様子。いよいよ雪の新潟でしょうか…。
今晩は、気温がマイナスになりそうです。暖かくして寝ませんとね。

てな訳で、今日は鍋です。
おせちに使おうと買っていた海老を使わず仕舞いで、その海老で作ったつみれ鍋です。

11-01-06-2.jpg

 【材料】
 大正エビ・・・5尾
 はんぺん・・・1/2枚
 卵・・・1個
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・小さじ2
 生姜・・・少々(親指の頭くらい)
 
 <<<鍋のだし汁>>>
 鰹削り節でとっただし汁・・・1Lくらい
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ3

 <<<鍋の具>>>
 せり・・・1束
 エノキ・・・1パック
 長ネギ・・・2本
 椎茸・・・5個
 焼き豆腐・・・1/3パック

【作り方】
 1.フードプロセッサーに生姜を入れ、みじんにしたら、皮をむいて背ワタを取った海老と
   はんぺん、卵、コシヒカリ糀味噌「豪農」を加え、ペーストにする。
 2.かつおで取っただし汁にコシヒカリ糀味噌「豪農」を溶かし煮たったら
   @の種をスプーンですくって加え、火を通す。
 3.テーブルにもっていき、野菜を加え、スープと一緒にいただきます。

11-01-06-1.jpg

寒い日は、鍋に限ります。
それも、スープも一緒にいただける鍋に・・・。
少しだけでも生姜が入っていると、俄然温まる気がするのは私だけでしょうか。

今週は、明日一日でまた3連休です。
この雪の予報では、ジムに行くのが精いっぱい。
お休みに行けなかった、デパートに冬物バーゲンにでも行きたい気がしますが、
猫はこたつで丸くなる〜〜♪ ・・・外に出るのが億劫になるかもしれません。
今日は小寒。やっぱり大寒への入り口の日は、まっこと寒さ厳しい人日となりました。
皆さま、風邪などひかれませんように…・。





ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

ラベル:海老 味噌 ネギ
posted by まさ at 22:01| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

黒豆キッシュ

昨日に引き続き、「黒豆」を何とかしたくって…。
そう、気温が下がっているせいか、黒豆を浸している液体がゆるいゼリー状になってきました。
PHが下がって、ゼラチン化したのかしらと思ったけれど、液体を少量取ってゆるく加熱をしてみたら、
やっぱり!!戻りました。
冷蔵庫代わりに、お納戸を外と全く同じ気温になるようにしている(まだを少しだけ開けています)ので、
5℃前後(時には、0℃になっているのでしょう。)は十分確保できています。
茹で汁には、いろんな栄養素ご溶け込んでいて、温度の低下で溶解度が落ちてゼリー状になるのでしょうか(むずい・・・)。

そんなことより、黒豆を一挙に片づけましょう〜♪
11-01-05-1.jpg
キッシュに黒豆を入れてやったり!!(^^)V

【材料】
 ●キッシュパート
  強力粉・・・150g
  EXVオリーブオイル・・・50cc
  豆乳・・・40cc
  コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・小さじ1

 ●アパレイユ
  豆腐・・・150g(重石を乗せて水分を取り除く)
  すりごま・・・大さじ3
  コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1
  だししょうゆ「料理人」・・・小さじ1
  卵(小)・・・2個
  豆乳・・・100cc
 ●ガルニチュール
  蓮根・・・10p位(太め)
  お正月残った黒豆・・・C1(汁入れないよう)

【作り方】
 1.強力粉とオリーブオイルとコシヒカリ糀味噌「豪農」をフードプロセッサー(FP)に入れ、一度攪拌する。
 2.少しずつ豆乳を加えEXVオリーブオイルを入れて均一になったら、ラップの上にとりだす。
 3.手早くまとめたら、すり混ぜるようにして@5p位の円盤状にして冷蔵庫で半日休ませる。
 4.パートを麺棒で型より大きく伸ばしたら、型の隅まできちっと敷き込み、ピケをしたら重石を乗せて
   180℃25分焼成し、重石を取り出しさらに5分焼成する。

 5.薄く切った蓮根は少量のオリーブオイルでさっと炒めておく。
 6.水けをきった豆腐と他のアパレイユの材料を一気にFPで均一にする。
 7.Cの焼き上がった、パートに、炒めた蓮根を敷き、水分をよく切った黒豆を敷きつめ、Eのアパレイユを注ぎこむ。

11-01-05-2.jpg

 8.180℃に温めておいたオーブンで約25分焼く。


<<<今回のコンセプト>>>
 なんたって、残っている黒豆を片付けたい!
 そして、和風を貫ける且つヘルシーなキッシュを目指す!

本来なら、生クリームやチーズ、さらにバターもどっさり入ります。
パート(生地)だけでバターを70g使うってことは、・・・いつも使いながら背筋が寒くなっていました。
そこで、以前++ご飯の時間 気まぐれレシピ++ の「オリーブオイルで作るキッシュ
のパートを参考にさせていただきました。  
marronちゃんも言っていますが、 「こちらの方がヘルシーな気もするし。^^」 私も賛成〜〜‼
家のオーブンの場合、パートの焼成で、ちょっと色付きすぎてしまいました。
オーブンの癖も知っておきませんとね。

一時ブームになった黒豆をこんなに一度に食べれるメニューは、中々ヘルシーでしょ!
にもかかわらず、お豆腐、ごま、豆乳、〜〜さらに味噌風味で発酵食品を補って…(エヘヘ)


お正月用「車エビの熟れ漬け」
11-01-05-3.jpg







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 21:53| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 豆・実・豆腐 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

黒豆で蓮根いとこ煮

今年はどうしたわけか、黒豆がうれません。
大好きな私があんまり食べなかったというのもあるでしょう。
ま、よい風に考えれば、他にご馳走がたんまりあったということでしょうか…(苦笑)

いずれにしろ、甘さを抑えて作った黒豆の売れ行きが良くないということは、
悪くなるのも早い! 何とか食べる方法を考え出さねば…。
そこで、蓮根と一緒にいとこ煮風にアレンジしてみました。

11-01-04-1.jpg

なんともアバウトな分量なので雰囲気でお察しください。

【材料】
 蓮根…2節
 黒豆(おせちの残り)・・・200ccくらいだと思う(豆の部分のみ)
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ2
 酒・・・50cc
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1
 パプリカ(黄・赤)・・・各半分
 オリーブオイル・・・大さじ1
 ドライトマト・・・1片

【作り方】
 1.オリーブオイルを熱したフライパンに乱切りした蓮根を炒める。
 2.火が通ったら、残った黒豆を加え、乱切りしたパプリカと一緒に炒める。
 3.酒、だししょうゆ「料理人」コシヒカリ糀味噌「豪農」を加えたら、蓋をして全体を時々ひっくり返えして、
   煮含めたら出来上がり。 ドライトマトを細い千切りにしてトッピングして、召し上がれ〜♪


11-01-04-2.jpg

あっという間に、お豆も蓮根も完売にございました。
目先が変わると、手を伸ばしてくれます。
ま、これしか食べるものがなかったということもありますけどね(笑) (^^ゞ

いいえ、まだあったのでした。
里芋を皮付きのまま煮て、味噌味に仕上げた「里芋の味噌煮」です。
下茹でが終わった段階で、皮を手でするする剥きました。

ちょっと濃いめの味噌汁で煮た感じです。
シンプルで、お箸のするっ〜っと通るお芋は、胃にやさしくて魅力的です。
11-01-04-3.jpg 

いよいよ明日が仕事始めです。
新年、皆に会えるのが楽しみです。まさか、お餅太りしていないでしょう…。
私は、さっき、恐る恐る、ヘルスメーターに乗ってみました。
思いのほか増えていなくって、一安心(思いのほかです、全くではありません)。
明日から若干節制して、規則正しい食生活で今年も元気に頑張りましょう〜‼








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

ラベル:黒豆 蓮根
posted by まさ at 22:19| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

我が家の新年会in_Niigata

家族がそろうと、ついつい、頑張ってしまうのは当然でしょうか。
中々胃袋もタイトになってはいますが、
この時ばかりはと、ついつい頑張ってしまいます。
かといって、私も休みたいし、ご馳走も食べたい。

全く見えない去年、家族が必ず揃っている日を選んで
予約しておいたお店です。
去年もお正月早々にお店を開けてくれるこのお店で新年会です。

●モンドール
新潟市中央区東堀前通5番町403 コア東堀 1F
025-229-9508

11-01-02-1.jpg

この日開けていただいた赤は、プロバンスの赤。
今年はプロバンスにすべきでしょ!!

プロバンスのワインは果実味が豊かで・・・そんな話しを聞いていたのですが 
COTES DE PROVENCE ”DRAGON" 
しっかりした赤でした。硬い感じでも、しっかりですき^^
なんたって、「プロバンスの」それがいい!
ま、それだけでセレクトでしたけど、正解!!でした。

新年早々、ウサギちゃんがサイドでお出迎え。
さすが新年の気遣いです。

11-01-02-2.jpg

パリで牛ヒレのタルタルが食べたかったのを思い出しました。
初めて、牛のタルタルも堪能しました(ウサギちゃんの右下)。
実はね、パリでは、2晩同じお店にお夕飯を足しげく通ったんです。
本来だったら、新しいお店を開拓するでしょ!
でも、あんまり、あんまり美味しかったんでもう一度あそこにしましょ!
そう言って毎晩足しげく同じお店に通ったんでした。
でね、私は、ヒレのタルタルを頼もうとしたらそこのウエイターさん、
日本人とみてからか、 BLOODとかちぃ〜〜(血)とか言うんです。
それでも食べるのか?というので、ついつい、サーロインステーキに変更したんです。
翌日、隣のロシア人夫婦がそのタルタルを注文してて、ずっと気になっていたんです。
私が気にしてる様子を察して、サーブされて即、
GOOD!と親指たてて、あんたも頼みなさい! そういうのです。
ところが私たち、もうすでに満腹リン。パリでの残念は、そのタルタルを食べれなかったこと。
後で考えたら、ユッケってことだったよね^^そんな風に思って納得はしていたのですが、
そう!だからフレンチのタルタル、初体験で〜〜す\(^o^)/

私ひとりでフランスを思い出し楽しさ倍増です。カモの赤ワインソースだって、
なんだかよ〜〜くわかんなけど、赤ワイン煮込みより甘口のまったりソースは手をかけた感じ。

デザートまで十分楽しんで、美味しいディナー。
若者がいると話題が広がって楽しかった〜〜♪

あっという間に皆それぞれの日常に戻っていきました。
も〜いくつ寝るとお正月〜〜♪なんて言っている時の方がいいのかもしれませんね。
あっという間に、日常が始まってしまいます。夢は後先になりながらあっという間に行ってしまいます。







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:50| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

CAMUS甦る‼‼

明けましておめでとうございます。

どんな2011年をお迎えでしょうか?

私はと言えば、大粒(パチンコ玉強)の雹(ひょう)が降る中大みそかの夕餉を囲み
紅白が終わると同時に、家の後ろにある鎮守様に二年参りをし、その足で除夜の鐘を打って(30番目を)と
あっという間に、去年が通り過ぎて行きました。

そして、今日の夕食の膳を囲んでいる時に、母が、突然「あのウイスキーはどこにいったかしら?」と
はっきりしたいつとはわからない、でも謂れだけははっきりしているウイスキー(実はコニャック)について

11-01-01-1.jpg

これは、私の母のお母さん、そう私にとって母方のおばあちゃんからの頂き物です。
いつのことなのでしょう。
家のおじいさんとおばあさんが一緒に新潟県の使節団としてハワイへ行くことになった時
母方のおばあちゃんも誘ったわけなんです。アルファベットも書けないというおばあちゃんは、
恐るおそる参加して、こんなに素晴らしい旅行は生まれて初めてだったとそれはそれは喜んでくださったそうです。

その時に購入したこの「CAMUS」。我が家の祖父と父は美味しいおいしい言って、
大事にではありますが、帰国して案外すぐに飲んじゃったそうです。
母方のおばあちゃんは、そんなにおいしかったんなら、お礼にと一緒に買ったCAMUSを我が家にくださったそうです。
それが、その旅行してきた祖父母たちは他界し、その時美味しいと味わった父も他界してしまいましたが、
そのいきさつを知る母が今元気で一緒にいます。
その母の話なのです。

こんなことしていると美味しかったのか、なんなのか分からなくなるということで
2011年のお正月の元旦に急遽、OPENの儀式です〜〜♪
少なくとも35年以上は確実に我が家に鎮座していたコニャックです。

上にカバーしてあったプラスチックの赤いカバーは触れただけでポロッとしそうです。
11-01-01-2.jpg 
濡れタオルでよーく拭いてから、オープナーでコルクを落とさないように

え? コルクがそのまま螺旋の中に埋まって穴があいちゃった!!\(◎o◎)/!

11-01-01-3.jpg
ナイフで少しずつ少しずつコルクをカットしていきます。
最後は斜めに傾けて、コルクが液面に落ちないように細心の注意を払って…。
でも、ちょっと落ちちゃいましたけれど…(・・;)

11-01-01-4.jpg
別物と思っていたキャップもちゃんととってありました(ほっ)

テースティングしてみるとさすがX0年もの。(Xには、3か4が入ります)
マイルドの中に深い香り・・・これを芳醇とと呼ぶのでしょう。
オンザロックして、楽しんでる男性陣+母です。
(私はやっぱり赤がいい…・)

そうそう、確か捨てられずに棚の奥に空き瓶があったはず!
やっぱり!ありました!!!
11-01-01-5.jpg

私が空き瓶を探している間にもうこんなに減ってしまいました。
お宝発見!眠っていた我が家の秘蔵「思い出のCAMUS甦る!」の巻でした。

どんなおせちよりどんなお料理より、胸わくわくする思い出の品に感謝の夜でした。







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ




posted by まさ at 23:20| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ANOTHER | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。