2011年09月09日

ユーコン〜アラスカ《Gold rushを追って》

この日でCabinとはお別れです。最初ビビったNature lifeとお別れとなると、日本での日常が異常にも感じられます。朝食後にMain Cabinの前でJoとMariaに「一緒に過ごせて楽しかったことのお礼と、日本に来ることがあったら連絡頂戴ね☆」とお別れの挨拶(カナダ風のお別れですよ!)。

彼女たちのことをまだ話していませんでしたね。
Joは、たぶんJohnなのかもしれません。トロント?で学校の先生をしていて一年の休職中。Wild lifeを気に入ったWhitehorseで楽しんでいるというとっても素敵な女性です。前日に、ショートタイムの代用教員の面接にいったようでした。
Mariaはマドリッドで仕事に疲れて退職(ハードな企業戦士だったよう)。放浪の旅の最中です。これからニュージーランドに行き。クリスマスは家族と過ごして、来年日本に行くかもね!そんなスペインのとってもチャーミングな女の子。
2人は、私たちのCabinの後ろにテントを張って数日前からこの辺でカヌーを楽しんでいたそうです。2人とも人生の充電期間ということでしょう。そんなことが自由にできる環境があるのですね。
Mattもニュージーランドで2年働いてきて、この秋から大学に戻ると話していました。社会に出ると責任を求められるからね!と話す彼は、日本の同年代の男の子とは全然違う、大好きな自然の中で楽しみながらも自分で生きるすべを身につけている立派な男性の話しっぷりでした。あぁ〜、我が子はどうなんだろう…と日本の息子たちに思いをはせてしまっていました。

さて、この日は南下してUSAへ入国してアラスカ州のSKAGWAYが目的地です。Goldrushの逆ルートを200km辿るドライブです。
11-09-09-1.jpg

針葉樹林帯の中の紅葉も始まっています。石灰石の溶け出た美しい湖を横に見て、CARCROSSでランチタイムをとりました。
考えてみたら、ドライブインとかレストランでの食事は、Whitehorseに入ってから初めてです。ずっとMattが私たちの食事作りをしてくれていましたから。

11-09-09-2.jpg

Gold rush当時、SKAGWAYからの汽車は今では、観光客用の観光列車となって湖のほとりを走っていました。ビビッドなグリーンと赤のコントラストの洒落た汽車が、ゆっくりゆっくり向こうに走っています(車の方がはるかに速いんです@@)
厳しい入国審査(指紋や顔写真しっかりとられました。思いっきりスマイルしましたよ〜〜♪)の後、無事USAに入国して、アラスカ州のSKAGWAYはもうすぐそこです。

11-09-09-3.jpg

SKAGWAYは、フィヨルドの入り江の港町。当時は、サンフランシスコやシアトルから蒸気船でこのSKAGWAYまで北上してから、ホワイトパスか、チルクートトレイユを峠越えをして、Whitehorseの北Dowson(→Klondike)を目指しました。
丁度豪華客船が3隻停泊中。世界のお金持ちたちが集まるこの町で一番目を引いたのは多すぎる宝石屋さん。さすがGold rushの名残の町です。私の興味は、豪華客船の脇で我が物顔でサーモンを次から次へとおもちゃのようにし止めているアザラシ君たち。お腹いっぱいなのか、遊んでいるのか水族館以上のパフォーマンスがすぐそこでたのしめます。

一番下は世界で一番大きなラッセル車だそうです。

Gold rushのストーリーは聞けば興味深い話がたくさんありました。遠い日本から参加した岡山県出身の中野でんざぶろうさんのお墓にお参りをしてきました。子孫の方が判明していないそうで、ガイドの佐久間さんは、今いろいろ骨を折って調べていらっしゃるそうです。何か、新しいことが分かるといいのにと、陰ながら応援していたいと思います。



posted by まさ at 15:06| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ_海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。