2011年11月30日

舞妓さん・芸者さん

今年の春、京都の修学院離宮に行った折、祇園辰巳神社前にある 
LE SARMENT D'OR  (ル・サルモン・ドール)しました。⇒その時の記事はこちらから 

今回はランチでのリピーターです。
お席は、辰巳神社脇を流れる川の橋と並行したお席。
窓ごしにその橋を渡る人たちや辰巳神社にお参りしている人ウォッチングに
最適の場所をしつらえてもらいました。

お振袖を着たかわいい姉妹のお嬢ちゃん、その橋からキラキラ光る川を
覗いてキャッキャと喜んでいるのがよ~く伝わります。

そんなこんなしているうちにうそでしょ~~~
舞妓さん芸子さんがその橋の上で撮影会でも始まったのでしょうか?

11-11-26-M7.jpg

11-11-26-M2.jpg

11-11-26-M3.jpg

11-11-26-M4.jpg

11-11-26-M5.jpg

11-11-26-M6.jpg

お食事にもれなく、きれいどころが付いてきたという感じです。
お食事のレポは別にしっかり載せますけれど…。
こんなチャンスって本当にないでしょ!

実は、LE SARMENT D'OR に入る前に、駆け抜けていくお姉さんの後ろ姿を一枚
やっとの思いでキャッチしたのでした。

11-11-26-M1.jpg

だから、窓越しのあでやかなお姉さんたちを撮れるなんて、驚きビックリのうれしいことでした。
このあと、桂離宮までのタクシーの運転手さんにお姉さん達の写真を撮ってもよかったのかと聞いてみたら
大いに結構なことなんですよ!  と、紹介してもどうぞ!!という旨を伺って安心しました。


ピントの甘いのは。窓ごしと言うことでどうぞご勘弁を…。
京都のうれしいお土産話でした。












ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 16:57| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

ふろふき大根

お歳暮の季節到来です。
お中元は関東圏と地方ではその時期がずれるので期間こそ長いのですが
お歳暮は同じ時期なので、お店のお客様と電話、ネットでの注文が重なって、うれしい悲鳴です。
朝から、伝票のチェックとメッセージ書き、電話の応対で、あっという間にお昼になってしまいます。
こんな時期は、ちょっと台所に入って、火にかけておくだけでできてる…。
そんな理想的なメニューが重宝です。

11-11-29-1.jpg

ぶっとい(太い)大根を輪切りに切って一つずつ厚めに皮をむき、
それぞれに表に南北の方向、裏側に東西の方向に切り目を入れて(合わせて十文字になります)
お箸で1/4にカットしやすいような隠し包丁です。

昆布といっしょに、ことこと20分ほど煮たらす~っとお箸が入って、ふろふき大根の出来上がりです。
(頂く時に、温めればOK!)

11-11-29-3.jpg

山田屋の柚子味噌にさらにネギを一本みじん切りにしてあたり鉢に当てたねぎと
庭からとってきた柚子で香りをプラスして、ゆず・ネギ味噌の完成です。

この時にむいた大根の皮は千切りにしてちりめんじゃこと昆布の佃煮できんぴらを炊きました。
シャキシャキした皮は、歯ごたえよく、ごまの香りをプラスしたお酒のあてに・・・いい感じ☆


11-11-29-2.jpg
ごまの氷の大根の皮と、お箸がす~っと入るふろふき大根
日本酒が進む季節がやってまいりました<(_ _)>





まだ京都の余韻に浸っています。
一生懸命仕事をしないといけませんのに…。

11-11-29.jpg
京都、赤山禅院の紅葉の赤をバックに寒桜です。
薄紅に染まった寒桜の強さに魅かれました。

桜ばな いのちいっぱいに咲くからに 生命をかけて 我が眺めたり    岡本かの子












ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
ラベル:大根
posted by まさ at 22:42| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

神戸の街で

母より一足早く、午後の飛行機で関西入りしたのは、カナダでお会いした2岡にお会いするためです。
約束の三宮の西口でw岡さんが、待っていてくれました。丸3カ月ぶりの再会です。
もう一人のk岡さんの仕事を終えてくる時間まで、海の方向へ気持ちいい夜風と一緒にお散歩です。
11-11-25-1.jpg
阪神淡路の震災復興で続けられている光のページェントの準備会場までやってきました。
上段:ルミナリエの終点東遊園地での2枚
2年前に友人のたぬちゃんの2人でやってきたところです。⇒2年前の記事
11-11-28.jpg
今はルミナリエの準備中
陸前高田で1週間病院でボランティアしたw岡さんは
神戸での震災の実際と東北の被災地のこれからの復興がいかに大変か、彼女の実体験から語ってくれます。
それは、両方の震災を目のあたりにした者しか知りえない深いやさしさからが込めらたもので、
厳しい東北の復興への一助になるはずだからと、何かの形にしてほしいと懇願してきました。

下段:ルミナリエの期間中は人であふれる市庁舎の最上階からの夜景と、諏訪山ビーナスブリッジからの夜景

さあ、k岡さんとも合流できましたから、お二人が用意してくれたハンター坂にある料庵『有とみ』での夕食です。
11-11-25-1.jpg
さすが、神戸のお料理です。
目を見張る者の連続です。秋の演出は素晴らしい

前菜の盛り合わせからすごいことになっています。 
 自家製白胡麻豆富、下足南蛮漬、むかごの飯蒸し、柿のもろみ豆腐のせ
 リンゴの白和え、椎茸田楽、
 吹寄(銀杏南京、亀サツマイモ、紅葉もみじ、銀杏、海老霰揚げ)

器も素晴らしいし、
驚いたのはお作りに入っていた剣先イカへのやさしい配慮。
2枚の皮をむいた後に細かい包丁が入れられていて、その烏賊はお作りの器の中の
どれより、北海道のうによりも、車海老よりもおいしかったと
きっと食べた者でないと信じられないおいしさだったことは記しておかねばなりません。

↑の「天然鯛と蕪のお椀」の器もさることながら↓の「牡蠣と茸のどんぶり」の器の妙
骨董のとってもよいお品です。手彫りの地に塗ったお椀の軽いこと。
もったいなくて、早く洗って拭いてください…。片づけて位のおどんぶり。

器のこともご主人にいろいろ伺いました。造詣の深いお友達といると刺激的な会話が続きます。

11-11-25-2.jpg

左上から渡り蟹の甲羅蒸し
右下:牡蠣の湯葉巻(海老芋唐揚げ・南京天麩羅・ヤングコーン・菊花天)
鴨ローストなしのサラダ仕立て

ここのご主人、奥様からとってもよくしていただきました。
そうそう、兵庫のガツンとくるお酒もおいしかった 確か、茨木酒造純米生原酒「来楽」
ここ料庵 有とみのinformation: 神戸市中央区中山手通2-10-22 ハンター坂ヴィレッジゲート 2F 
                                            電話:078-252-1333

k岡さんは山歩きが大好き。
「これから六甲登ろか!」「ええ???」みたいたのしいな楽しい会話も美味しいを倍増してくれます。


このあと、諏訪山ビーナスブリッジまで夜景を見にドライブをし
右手の摩耶山方向から来年の大河「平清盛」へ思いをはせたり、義経の話しになったり
なんと、会って最初に話したのが確かDNAの話から始まり、歴史の話まで・・・
おしゃべりの話題は尽きない楽しい神戸滞在でした。

posted by まさ at 23:42| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

生姜たっぷりの鶏手羽元

子供たちがいたころはよく作ったメニューです。
冷蔵庫のチルド室に手羽元が鎮座していました。
母が、『子供たちどうしているかしら。』と孫を思って買ってきたようです。
子供達がいたら、にんにく風味にするところ、今日はたっぷり生姜味で煮込みました。

11-11-24-1.jpg

生姜をゴロっとした一片千切りにしてとにんにく(小)を一片、
つゆhttp://www.e-misoya.com/SHOP/S23-21.html、酢と一緒に蓋をして
時々ひっくり返しながら、煮ること30分!

骨からホロっと外れるようになって、
しっかり味は赤にも抜群にあうから、これはたままりません!
11-11-24-2.jpg

たっぷりの温野菜と一緒に子供たちのこと、連絡がないのは無事でいる証拠と言いながら
そう言って納得するしかない夜です。


昨日、撮った写真を山つながり2枚。
11-11-25-2.jpg
奥にもうすでに真っ白く輝く雄姿を見せているのが『飯豊山』
連れ合い君が登りたがっている山です。


11-11-25-1.jpg

飯豊の手前の二王子にはスキー場の滑走路がくっきりと雪で姿を現しました。
もうスキーシーズン到来ですね。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
posted by まさ at 23:42| 新潟 ☔| Comment(9) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

日本酒といっしょの『つけだし』にございます

今日はもうけもののIndian summer day

やさしい陽に誘われて
光の中で遊んでいたい
あったかいにすっぽり包まれたい
そう思っていたかった
秋うらら・・・ な日でした

11-11-23-3.jpg

塩こうじを甘エビのお刺身に絡めただけのSimple な一品です。
甘エビの甘みと塩こうじの甘さと塩辛さ、そして奥ゆきが深い一品です。
イキのいい甘エビのお刺身と「塩こうじ」を混ぜただけ・・・・・。



11-11-23-2.jpg

薄めただししょうゆ「料理人」で茹がいておいた里芋を白ゴマと黒ゴマでまぶしただけのSimpleな一品。
里芋のほっくほく感でねっとり感と深い甘みをだししょうゆ「料理人」引き上げてくれています。



11-11-23-4.jpg
カキノモトを先に湯がいておいたカリフラワーと一緒に薄いお酢でPHを下げてから
色よく茹であげて、塩分ひかえめ醤油『華』をかけて頂きます。


11-11-23-1.jpg
日本酒にピッタリのササーットアペタイザーの出来上がりです☆



思いがけずに撮れた最初のイメージの暖かいお昼頃のあきうららの一枚です。
11-11-23-F2.jpg

実はこれ、この草が続くさまを撮ろうと堤防を下りて
下に伏せるかのようにカメラを構えていろいろ撮っていた時のことです。
見上げる上方に黒い影が…。
後方で入っているこの男女は顔もはっきり見えていますし、
お手手だって仲良く仲良くつないでいたのでありました。
こっちの方が微妙な距離感から、ゆったりした時の流れを感じられてこちらを選びました。

11-11-23-F3.jpg
まだ、3時を少し回ったところです。
橋の上から西方向の太陽と風景に少し心奪われてしまいました。
これが今日最後の写真となりました。



これが今日の一番☆です!
11-11-23-F4.jpg

葦を潟の真ん中で刈ってきた潟傍に住んでいる方の晩秋のお仕事なのでしょうか。
刈った葦は、冬囲いの道具に使われるのでしょう。
どんな話をして自宅へ急いでいるのでしょうか?!
折りしも睦まじい2羽の鴨と手前にもう一羽が飛び去っていきました。
「今晩の晩酌はおいしいだろう~♪」 なんて話しているのでしょうか?!
もう飯豊の山は真っ白く光ってよ~く見えた一日でした。



勝手な思いで今日撮った写真を3枚ご紹介しました。
新潟平野はもう少し雪のその時まで猶予がありそうです。
皆さまは、どんな一日をお過ごしでしたでしょうか。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:07| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月20日

日曜のランチはこんなもの…

日曜の朝は、ちょっとお寝坊ができるのに、今日は早くに目が覚めてしまいました。
昨日やり残していた原稿が机の上にドォ~ンと乗っかっていたのが気になっていたからかもしれません。
明日の朝までには目を通さないと…(まだ横にのけたままなのです(^^ゞ )。

今日は先日の新聞を見たと言うお客様が多くて、こんなに寒い中うれしいことです。
ちょっとだけ、『発酵』のことを書きました。

抜粋:

『発酵』
  ------それは神様からの贈り物------

世界共通の「おいしさ」は、日本人がみつけたうま味成分でした。
無味のたんぱく質が、アミノ酸に分解されることでおいしくなる営み、
それは食文化の中で知らず知らずに培われていました。それが発酵です。

味噌・醤油は発酵の中の代表的な調味料です。
酵母や乳酸菌の手を借りてうま味がぎっしり詰まった調味料――――味噌・醤油
うま味成分だけではなく、発酵を促した菌自体の体内に入ってからの働きも見過ごせません。
発酵時に生成される、微量成分や香りも含めて
神様から頂戴した日本食への心こもったプレゼントではないでしょうか。
味噌や醤油で味付けをしていた日本食がおいしいわけ、そこにあったのです。

てなかんじです(^^ゞ

興味を持って訪ねてくださるお客様とのお話しは楽しいものです。
時として、ご自分の小さい時の味噌づくりの様子を語ってくださる方もいらっしゃいます。
お義母様からお教え頂いたお話しをしてくださる方もいらっしゃいました。
お店って、物の移動ではなくて、こういう出会いと共有できる思いが楽しいんです。


そんなお客様の合間を縫って、今日のお昼は焼きそば(^_^;) ま、こんな日の方が多いかも…。

11-11-20-2.jpg

私流の焼きそばは、
たっぷりの冷蔵庫に入っていた野菜(今日は、キャベツ・長ネギ・人参・干椎茸)と豚バラです。
豚バラの脂をしっかり出したところで、刻んでおいた野菜を野菜を炒めます。
そして、添付の調味料1袋だけ(3袋のうち)とだししょうゆ「料理人」を大さじ1のあっさりタイプ。

今日は、レタスとエノキそしてかき玉のスープを塩分ひかえめ醤油『華』でつくりました。


11-11-20-1.jpg




庭は、数日前に冬囲いを終えました。
昨夜来の冷たい雨も風も、我が家はもう準備万端です。
掛樋の水は風に流されて水紋がゆらゆら。。。
わが家の山茶花の蕾はまだまだ硬くて小さいです。

11-11-20.jpg











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




posted by まさ at 20:27| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 麺類・パスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

時雨時の新潟萬代橋

こんなに夜遅くなったら、本来ならは急いで家路を急ぐのですが
この日は、なぜか新潟駅まで歩きたい心境。
雨が空からこぼれてきそうな夜なのに、コートなしでも平気。
頭の中は、夕方聞いたドビュッシーの『美しき夕べ』のある部分がオートリバースしている。
出掛けに急いで調べた「ポール・ブルジェ」の詩のワンフレーズが頭の中で重なる。



Lorsque au soleil couchant les rivières sont roses,
沈む太陽が川の流れを薔薇色に変え、
Et qu'un tiède frisson court sur les champs de blé,
生温かい微風が麦畑を駆け抜けるとき、
Un conseil d'être heureux semble sortir des choses
幸せになりなさいという声が万物から湧き上がり、
Et monter vers le coeur troublé.
思い悩む心に込み上げてくるかのよう。

Un conseil de goûter le charme d'être au monde,
それは、現世の魅力を味わいなさい、
Cependant qu'on est jeune et que le soir est beau,
若く、夕暮れが美しいうちに、と勧める声。
Car nous nous en allons comme s'en va cette onde,
なぜなら我々は去るのだから、あの波のように、
Elle à la mer, nous au tombeau.
波は海へ、我らは墓へと。



夕焼け時は、とうに過ぎていたけれど
新潟の母なる大河は、すぐそこで大海原の一つのうねりになろうとしている。
長い橋の上で、しばし、音も詞も忘れて持ち合わせていたカメラのシャッターを夢中で切っていました。

頭が霞む超高層ホテル。
IMG_3938.jpg

11月の行き交う車が置いて行った光の跡

IMG_3944.jpg

石造りに旧き良き時代を感じる欄干
ここは何かが交差する場所です。
ホテルの上層階まで降りてきた低く垂れこめる雲に
この街の冬の始まりを感じます


IMG_3938.jpg

人はどんな思いを抱えて橋を渡るのでしょう
「生」を見つめることの多いこの時に
ポール・ブルジェは「現世の魅力を味わいなさい」という

IMG_3985.jpg

もうすぐ、時雨の季節を経て、白いものが空から舞い降りてきます。
辺り一面を、真っ白にし、全てを覆い隠すように・・。


人はあたたかい我が家に待つ人のもとに帰っていきます。





posted by まさ at 15:42| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

かぼちゃ+豆乳と塩こうじのスープ

豆乳+塩こうじって、ヘルシーって感じ、しません?

かぼちゃが冷蔵庫の鎮座ましましているので、そろそろ頂かないと 南瓜殿が成仏しないのでは…。
南国にそのルーツをもつ南瓜殿は、そろそろ雪降るかもしれない新潟の地までやってきて
文明の利器の底に押し込められて、風邪などひいてはいられまい!
私がこの手でおいしく料理をして、南瓜殿に昇天していただかねばならない使命に燃えて(いい過ぎかしら?笑)

かぼちゃ+豆乳と塩こうじのスープ  これが今日のメイン?です。
11-11-18-2.jpg


【材料】
 南瓜(中)・・・3/4(緑部分と種は綺麗に取り除いたもの)250gくらい
 豆乳・・・400cc
 塩こうじ…大さじ1.5(南瓜の大きさで料を調整)
 ナツメグ・・・少々(お好みで2~3ふり)

【作り方】 
 1.南瓜は電子レンジで加熱したら豆乳100ccと塩こうじを一緒にフードプロセッサーで黄色いペースト状にする。
 2.@を残りの豆乳200ccと一緒に鍋にかけて、ナツメグで味をととのあえたら出来上がり。(なんて簡単なんでしょう^^)


レストラン塩こうじの醸した複雑の味の妙味でしょうか。生クリームもチーズも入っていないのに、どことなく
  味わい深いさを感じるのは…。。やっぱり塩こうじっていいかも・・^^

11-11-18-1.jpg
大根おろしと黄菊花 にいくらをほぐして塩分ひかえめ醤油『華』でつけた「いくらの醤油漬け」 〜〜松葉柚子をトッピングして~~



今日は、仕事というよりは、明日から亀田のアピタで催される

シギー吉田&龍崎孝
東日本大震災チャりティ―写真展
『向日葵の唄が聞こえるかい 〜希望よ、未来へ~  

で少しお手伝いする準備を整えた一日でした。

なんという偶然でしょう。
あの神戸の復興を見続けた「はるかのひまわり」が、種となって
2004.10.23 新潟県中越地震の復興を見守り、
その種が折りしも
2011.03.10 東北地方太平洋沖地震の被災地 南三陸町で、あの暑くて何もなかったガレキの野に咲き誇っていた5本のひまわりだったとは・・・。
神戸から山古志へそして南三陸町へ必然のように繋がれたリレーだったのですね。
その向日葵が明日から開かれる写真展のMainphotoになっています。
東北の被災地が一日も早く復興しますように…。今日一日ずっとそんな気持ちで過ごしました。

haruka.jpg
南三陸町のがれきの野原に咲いていた5本の向日葵は『はるかの向日葵』で
いま繋がろうとしている「いのちのたね」の一つです。

明日は、オープニングのトークショーと写真を拝見しに行ってきます。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 22:01| 新潟 | Comment(6) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

エリンギと豚バラを女将のボルドー風で

今日は急に寒くなったというだけでなく、我が家の天然ガスがガスを出さなくなってしまって…(≧▼≦;)
我が家は、土の下から湧き出る天然ガスのお陰で冬の寒さをしのげております。
ところが、ところが冬の寒い、とっても寒い時期になると(年に4〜5日はその辛い思いをするのですが)
周りの家中がガスの勢いを強くするもので、ガスの源からちょっと距離のある(勢いの弱っている)我が家は
パワーがとっても弱くなって、ボォ〜ボォ〜〜という勢いではなく、ぽっ…ぽっ…。。。みたいになってしまうのです。

それがまだシーズン初めの今日は午後から急にガスが点かなくなってしまい、
エアコンの暖房に頼らざるを得ない状態。今年の冬が思いやられます…。
もう、我が家へのガスは枯渇してしまうのでしょうか・…。
ありがたかった時期にピリオドということになるのでしょうか?。。。。。。。

北朝鮮にも、してやられてしまったちょっと不機嫌な夜にございます。

11-11-15-1.jpg

【材料】
 豚バラ・・・250g
 エリンギ(中サイズ)・・・6本
 にんにく・・・1片
 エシャロット・・・1個
 パセり・・・大さじ1(みじん切りにして)
 オリーブオイル・・・大さじ1
 だししょうゆ「料理人」・・・小さじ1

【作り方】
 1.みじん切りにしたにんにくをオリーブオイルで炒めたらスティックに切った豚バラ肉を
   脂が落ちるように炒め、縦に1/4〜1/6に裂いておいたエリンギとエシャロットを加えわらに炒める。
 2.だししょうゆ「料理人」と胡椒、みじん切りにしたパセリを加えて全体を混ぜ合わせたら出来上がり。


11-11-15-2.jpg
つけ合わせ:笹がきごぼうと蓮根の素揚げ


勝手にエシャロットを使っただけで「ボルドー風」なんてオサレ〜な名前にさせていただきました。
パセリの香りがよくって、お醤油のちょっと焦げ味とうまみがプラスされてやっぱり女将風でしょうか(^^)V



11-11-15.jpg

今にも雨がこぼれおちてきそうな朝でした。
冷たい季節がやってくるというのに…。
空に向かって、元気になぁれ〜〜。
心の中で叫びました。


冷たい季節がそこまで来ています。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
posted by まさ at 21:49| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月13日

豚肩ロースとっくり塩麹煮

すすきが風におじぎをする季節になりました
北の国からの冬鳥たちは
長い長い旅を終え
まだ落ち穂の残る田んぼで
長旅の空腹を満たす至福の啄ばみに余念ありません

車で5分とかからない福島潟で
今年も生活(くらし)を始めています

ima.jpg

今日朝一番のお客さんは、中学校の時のお友達。
一度も同じクラスになったことはなかったけれど、ちょっと仲良かったんです。
彼女はフランス人形のようにチャーミングで、男子憧れだった人です。
高校が違ったから、中学校の3年間しかご一緒しませんでしたが、
今でも名前をフルネームで覚えています。

彼女が、お友達からうちの商品をいつももらっていて
今度帰ったら寄ろうと思ってくれていたそうです。

中学校卒業して以来ですから○○年もたってしまっています。
「私のことわかる?」そう言われても…・。
「ごめんなさい。わからない…。」
「○井です。」

・・・・・・

そう、もうおばさんになった顔の奥からあの美しかった彼女の顔が浮かび上がってきて
もううれしくって、懐かしくって・…。
そのことを話すと「マサコは、なんにも変ってないね」って

???最初っから私だとわかって訪ねてくれてるんだし・・・。
昔っから、こんな顔してたんだ…(-_-;)
なんて、でもとっても嬉しかった~~♪♪♪
鶴岡にお嫁に行って、お母様がお一人だから一カ月に一度は帰ってくるそうで、
いつか、一緒にランチしようネ!と約束もして、うれしい再会に始まった一日でした。

11-11-13.jpg

豚肩ロースを加圧で柔らかくした後、塩麹と白菜でとっくり煮ました。

11-11-13-2.jpg

スープも野菜も、楽しめる、ほっくりしたお肉です。



11-11-12.jpg


被災地に稔る秋〜山よ、紅葉よ、心をうららに照らしておくれ〜
【花に背筋をのばす】
花壇で一番元気なのは耐寒性のブリムストーン。
ピーンとこんな感じの一日をと思う気持ちのいい朝です。
花にほほえむ、花にほっこり、花によろこびをと花の効能多々あります。
寒さに向かう花に凛とした清々しさがあります。
背景にマリーゴールドの明るいオレンジがあしらわれました。
(この写真展は、東京、新潟、宮城から共同運営しております。
全国からご投稿をいただいております。
被災者の方々を景観の力ではげましてまいります。
みなさま、ありがとうございます)

こんなうれしいコメントと一緒にご紹介いただきました。

新潟での写真展は:
2011年11月19日 14:00 - 11月27日 17:00

場所:アピタ新潟亀田店1F
       新潟市江南区鵜ノ子4丁目466番地


詳細 「向日葵の唄が聞こえるかい〜希望よ、未来へ」
写真家・シギー吉田さんとJNN三陸臨時支局長の龍崎孝さんのコラボです。
1階食品売り場中央通路に展示。
初日(11/19)の午後2時から、仮設住宅の建設で被災地に入られていた
神田敬一さんを加えてトークも行います。「今、我々に何ができるか」。
シギー吉田さん制作のポストカードを100円で販売。
売り上げをすべて被災地に寄付。

お時間作って、是非お運びください<(_ _)>









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 19:18| 新潟 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

揚げ里芋_味噌ヨーグルトソース

今日は、11.11.11(2011.11.11)のとってもゴロのいい日で私は勝手に
「JJことJっぱJ、JJひ」なんて、名付けてみましたが、
今日はどうだったかというと

上がってくるデザインのチェックから始まり、全くうまくことが回らない…。
せめて2つの原稿を終えたかったのに、完成したのは1つだけ…。
週末にメドを立てないと、来週が苦しい週になってしまいそうです。

そう、こういう時は端から『ソクソク』って思うんです。
『ソクソク』って言葉の意味はよくわからないのですが、子供のころから
そう言われて育ちました。

たとえば、ご馳走を頂く時は「端から、ソクソク食べなさい!」そう教えられました。
真中から食べ散らかしちゃだめよ!ってことです。
大皿から何かを取る時も、「端から、ソクソク」です。
他の人のことを考えなさい!ということです。

食事の時に、箸の上げ下ろしから細かいこと、母にうるさく言われて育ちました。
私は子供たちを育てる時に、こんな細かく言ったかしら…。言わなかった気がします。
いいのか悪いのか、しつけのできてない子に育ったのでは・・・。なんて、
いい日で終われそうにないから、今更ながらのことに気が廻っています。




11-11-11-1.jpg

皮つきのまま、ゆっくり煮た里芋。
すっと竹串が通れば、 皮はぺろりと簡単に 剥けます。
170度に熱した揚げ油で表面がきつね色になるまでほんの数分。からっと 揚げて

味噌:ヨーグルト(無糖)=1:2 (お好みでほんのちょっぴりだけ蜂蜜を…)のソースで!

実は、味噌とマヨネーズでこってりさせようかしらと思ったのです。
いや待てよ! 揚げてカロリー高くなってるしさっぱりがいいわ、きっと
そう思ったら、即、冷蔵庫に入っていたヨーグルトを合わせてみます。
さっぱりソースの出来上がり〜♪



11-11-11-2.jpg

味噌あじのヨーグルトソースで、ホックホクねっとりがあっさり、コクありに完成です☆








11-11-11-F.jpg
もうけもののお天気の日(11/10)の公園で撮った銀杏の葉。
丁度、光がさしてくれてくれました。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




posted by まさ at 23:28| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

鶏手羽を塩こうじで

工場長が作ってくれた「塩こうじ」を夕方工場へ取りに行きました。

真っ暗い中、あっちこっち一つずつ電気がどこかな??と探しながらつけて進んでいきます。
子供のころはいつも父の着物の後ろを引っ張って絶対に離せず、ビクビク着いて行ったのに、
心細いとはいえ、1人で行けるようになるとは、エラく成長したものです。
でも、夜に工場へ1人で入るのは、今でもほんとうはとっても怖いんです。
子供のころに入れられた、土蔵の匂いやあの扉のあく音…。
いくつになっても、足を踏み入れたくない夜の不思議な世界です。
もしかしたら、夜は、微生物君たちの遊び場になるのかも知れません。
異世界からの侵入者を遠ざけているのでしょうか。


塩こうじを焼いた手羽先に塗っただけのシンプルアペタオザーです。

11-11-10-1.jpg

ふつう、塩コショウのシンプルを「塩こうじ」を調味料として少しのせたら、


はい!日本酒がいいかなぁ~~♪

11-11-10-2.jpg

父が馨りが移っていいとわざわざ木の香を嗅ぎながら使っていた樽型の酒器とお猪口です。





昨日は、日にちを間違えていて、15分遅れるだけで席につけたピアフ。



さすが、今旬、秋の紫綬褒章受賞した大竹しのぶさんだけあります。
迫力と最後、ピアフになりきっての熱唱は観客をひきつけるに十分な歌唱でした。
マレーネ・ディートリッヒ役の彩輝なおさんの方がずっと歌がお上手なのに。
大竹しのぶという女優はやっぱり大きく、いい仕事師という、圧巻のお芝居。
最後の唄のせいかもしれないけれど、力づよく生きよというメッセージが私の胸に強く響きました。






何度撮ったかわかりせん。
大好きな「ヨウシュヤゴボウ」だから、納得のいくものがなかなかとれなかったというか、
これでいいのかもまだ発達途上ですが、今日の一枚です。
11-11-10.jpg

今朝の明るい日差しのお陰で、晴れた日ならではの印象深い一枚です。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:40| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

サツマイモと蓮根できんぴら

立冬の今日は、ダウンのベストを一日中着ていました。
11月もそろそろ1/3が終わろうとしています。仕事が山になってしまってヒィーヒィー。
端から順々に計画的に手際よくやって行けたらいいのに…(^^ゞ
もう半月もしたら、ジングルベルも聞こえてくるでしょうし、私は猫の手も借りたい状態になるはず…。
そうそう、この時期にしか行けないスペシャルイベントに私の友人だけでも3組ほど外国に出向いています。
あぁ。。。。いいなぁ〜って思います。この時期の猫の手状態は、例年のことで
クリスマスにザルツブルグに行きたいとか、ニューヨークでカウントダウンしたいとか
ずっと遠い昔からの夢は、きっと夢で終わるのかしら…。なんて思う立冬の夜です。


忙しさにかまけてこんなんと、昨晩の残りで芋づくし…
11-11-08-2.jpg

【材料】
 サツマイモ・・・2本
 人参・・・ 1本
 蓮根・・・中1節
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ2

【作り方】
 1.サツマイモをスティックに切ったら、水に晒す。 
 2.人参、蓮根もスティックに切り、大さじ2のサラダオイルでサツマイモを炒める。
 3.全体に油が回ったら、人参と蓮根を加え、サラダオイル大さじ1を廻し入れて中~弱火で全体に火がよく通るように炒める。
   大さじ2のお酒を廻し入れて蒸し煮にするのもありでしょう。
 4.全体に火が入ったら、だししょうゆ「料理人」を廻し入れたら、出来上がり。


11-11-08-1.jpg
サツマイモの甘みと、蓮根のシャキシャキが思いのほかいけますよ~~♪







銀杏拾いや、落ち葉をカサコソいわせて歩く…季節です。
冬の入り口からスキップで冬が過ごせたらいいけれど、ほらもう突っかかっています。
11-11-08.jpg

残された今年、駆け足で過ぎないようにと思う今日、立冬でした。
















ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 20:35| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ホックホクのポテトを楽しむ

北海道から送られてきた男爵とメークイン。それにご近所から頂いたじゃがいも。
根菜は、長持ちするから、ほんとうにうれしい頂き物です。

最近は、ちょっと黄色っぽい『インカの目覚め』とかいうものほっこりしておいしいですよネ。

今晩は、帰ってから後片付けをしていたらキッチンに入るのがとっても遅くなってしまったし、
買い物に行く時間もなかったので、お納戸・冷蔵庫にあるものでこれがメインです。


11-11-07-1.jpg

あっという間にできちゃいますよ~~♪

【材料】
 じゃがいも(大)・・・3個 
 玉ねぎ・・・1個
 モッツァレラチーズ・・・100g
 豆乳・・・100cc
 プロバンスハーブ・・・適宜
 味噌・・・小さじ1
 塩・・・適宜


【作り方】 
 1.じゃがいもは皮をむき半分に切って、電子レンジで加熱したら、7mm幅に切っておく。
 2.玉ねぎスライスし、大さじ1のサラダオイルでしんなり炒めておく。
 3.耐熱容器にAの玉ねぎを敷いたら@のじゃがいもを並べ、豆乳と味噌と
   スライスしたモッツァレラを並べ、塩+プロバンスハーブで味を調える。
 4.220℃に熱したオーブンで10分。いい感じに焦げ目が付いたらアツアツを召し上がれ~♪


11-11-07-2.jpg

このお皿は、アビニョンのメインストリートで考えに考えて買ったちょっと大きめのお皿です。
奥にあるスプーンとフォークのサーバーは、グラースのフラゴナールで購入してきたもの。
プロバンスハーブは、アビニョンのマダムから頂いたものが重宝しています。

11-11-07-3.jpg

ふうふう、アツアツがおいしい季節になりましたよね^^

11-11-07-4.jpg

冷蔵庫の中のものだったので案外早くできて、今晩は夜長を楽しめそう~♪





これは、庭の唯一赤くなった葉っぱ君です。
11-11-07.jpg
これから我が家の庭も少しずつ色づいていくのでしょう。
最後は、お掃除が大変というおまけつきですけれど…(^^ゞ














ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 21:14| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

鮭のムニエル_女将風

鮭の切り身がお魚売り場にたくさん並んでします。
となると、お手軽にすぐ作ってしまうのがこれです。


11-11-06-2.jpg

ムニエルに今回は、生きゅうりと夏につけておいたピクルス+茹で卵と塩分ひかえめ「華」で隠し味をつけたマヨネーズ。
マヨネーズに醤油の香りをプラスしただけで、日本人好みの「おいしい味わい」に変わるから不思議ですよね。

11-11-06-1.jpg

収穫のこの季節ならではの北海道の男爵と新潟近郷の美味しい里芋を
柚子味噌のトッピングで、和風テーストでムニエルをサポート!

家の今年最後のイチヂクは彩りとワインを美味しく感じさせます。



さて今日は、りゅうとぴあ劇場で中谷美紀さんの井上靖原作『猟銃』を見てきました。



しなやかなに斯くも違うタイプの女性3人をしぶとくも、美しく、けなげに、またはかなく演じあげている女優根性☆
ラスベガスの会場で驚いたシルクドソレイユ並みの舞台装置。但し超シンプルな中での驚く演出
最近注目していた女優さんとして、とっても興味深く、心にズシ~~ンと来る作品でした。

3番目の愛人を演じながら真っ白い着物を一人で着てゆく様。
それにもかかわらず、最後のあいさつのときに彼女の頬は、涙で光っていました。
着物を着ることを当然にこなしたからこそ、役になりきれていたのでしょう。
とっても素敵な女優魂、あっぱれ!!!これから大いに羽ばたく彼女に好感持って大いに期待します。





そして、今朝撮った庭のナナカマドです。
ナナカマドが七回かまどでくべても燃えないことが由来に付いた名前だとご存じでしたか?
そんな不屈の樹木から、今朝の雨が一滴…。
庭の片隅のナナカマドの天から慈愛かしらなんて思えた朝でした。
11-11-06.jpg









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 20:38| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

鍋焼きうどん

新潟市の南の端のとある公民館で従姉と一緒に過ごした後に、
そう遠くない従姉の家でお茶を頂くことに…\(^o^)/

従姉の家とは母の実家。
仏様にお参りしているうちに、美味しい珈琲の馨りが…。
ご主人がまだお帰りにならない様子なので、冷蔵庫の中のもので
従姉が鍋焼きうどんを作ってくれました。 


11-11-05-1.jpg

豚ロースの薄切りとエノキ、ほうれん草と卵 そして長ネギが乗っています。

従姉と2人で湯気をどうやって際立たせるか工夫しての撮影会。
おうどんを持ち上げているのは従姉の係です。



あぁぁ・・・、早くしないと湯気が消えちゃう~~☆” 

もう一つがぐつぐつ、煮たち過ぎ~~

ほ〜ら、のびちゃうよ~~(^^ゞ(-_-;)(^^ゞ

我が家で一人で写真を撮っている時とは違ってとっても楽しいんです♪♪♪



11-11-05-2.jpg

湯気の撮影もなかなかうまくいったでしょ!!( ̄^ ̄) エッヘン



幸せなおしゃべり夕食タイムでした。そして、ご馳走様でした<(_ _)>



今日は夕刻から、小雨が当たって、明日からは本来の11月の気温になるとか…。
11-11-05.jpg

ネコジャラシも冷たい雨で、その毛がきれいでいれたのは今日までだったでしょうか?!











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村






posted by まさ at 22:14| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 麺類・パスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

秋を日本酒とともに…

ぎょ☆ギョ☆”自分でもびっくりにございます。
こんなにブログを長いことおさぼりしていたなんて・・・。

A型人間としてはどうしてさぼったかを分析したくなるんです。
そうですね。。。。第一の原因は、旅行に行ったことにあるような…。
そこで、思うような写真を撮れなかった、ここでご紹介するのが自分の中で納得いかない…。

そうこうするうちに、山にも行ったんです。そう、そこで撮った写真も、うぅ〜〜ん。
もうお花の季節はとっくに終わっていましたから、よくわからない風景写真が主になってしまって…。
どういうふうに編集したらいいのか、グジグジ考えるのもA型特有でしょ!

撮りためたお料理はあっても、突破口を一度のがしてしまったら、まいっかみたいな状態。
気を取り直して11月からと思っていたら、夜の会が連日続いてしまって、昨晩はもう眠くって眠くって…zzz。。。。

というのが長い長~言い訳でした<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

というわけで、
私のことをお忘れ出なかったあなた様、変わらずお付き合いくださいますように、よろしくお願いします<(_ _)>


さて、今日は
秋の、日本酒向け酒の肴シリーズです。

11-11-03-2.jpg
カキノモトをエノキとエリンギでさっと茹がいて だししょうゆ「料理人」 で味を整えた煮びたしに
山田屋の「いくら醤」今年の新子をトッピングのどっぷり秋の味です。


11-11-03-1.jpg
時計回りで左上から   銀杏と百合根の茶碗蒸し
右上が   鶏ムネと根菜の豆乳と酒粕炊き〜白みそで味付け
右下が   カキノモトときのこたちの煮びたし_いくら醤をトッピングして
左下が   いわしの赤ワイン・トマト煮_味噌とプロバンスハーブで〜


11-11-03-3.jpg
茶碗蒸しは温度が命。ちょっと低めでゆっくりの方が失敗しませんよ!!



もうコスモスもその終盤に来ています。今年はいろいろなコスモスを撮りました。
清楚なコスモスで長いお休みのお詫びとさせてくださいませ<(_ _)>

11-10-15.jpg









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 21:20| 新潟 | Comment(6) | TrackBack(0) | コース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。