2011年11月10日

鶏手羽を塩こうじで

工場長が作ってくれた「塩こうじ」を夕方工場へ取りに行きました。

真っ暗い中、あっちこっち一つずつ電気がどこかな??と探しながらつけて進んでいきます。
子供のころはいつも父の着物の後ろを引っ張って絶対に離せず、ビクビク着いて行ったのに、
心細いとはいえ、1人で行けるようになるとは、エラく成長したものです。
でも、夜に工場へ1人で入るのは、今でもほんとうはとっても怖いんです。
子供のころに入れられた、土蔵の匂いやあの扉のあく音…。
いくつになっても、足を踏み入れたくない夜の不思議な世界です。
もしかしたら、夜は、微生物君たちの遊び場になるのかも知れません。
異世界からの侵入者を遠ざけているのでしょうか。


塩こうじを焼いた手羽先に塗っただけのシンプルアペタオザーです。

11-11-10-1.jpg

ふつう、塩コショウのシンプルを「塩こうじ」を調味料として少しのせたら、


はい!日本酒がいいかなぁ~~♪

11-11-10-2.jpg

父が馨りが移っていいとわざわざ木の香を嗅ぎながら使っていた樽型の酒器とお猪口です。





昨日は、日にちを間違えていて、15分遅れるだけで席につけたピアフ。



さすが、今旬、秋の紫綬褒章受賞した大竹しのぶさんだけあります。
迫力と最後、ピアフになりきっての熱唱は観客をひきつけるに十分な歌唱でした。
マレーネ・ディートリッヒ役の彩輝なおさんの方がずっと歌がお上手なのに。
大竹しのぶという女優はやっぱり大きく、いい仕事師という、圧巻のお芝居。
最後の唄のせいかもしれないけれど、力づよく生きよというメッセージが私の胸に強く響きました。






何度撮ったかわかりせん。
大好きな「ヨウシュヤゴボウ」だから、納得のいくものがなかなかとれなかったというか、
これでいいのかもまだ発達途上ですが、今日の一枚です。
11-11-10.jpg

今朝の明るい日差しのお陰で、晴れた日ならではの印象深い一枚です。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 23:40| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。