2011年11月18日

かぼちゃ+豆乳と塩こうじのスープ

豆乳+塩こうじって、ヘルシーって感じ、しません?

かぼちゃが冷蔵庫の鎮座ましましているので、そろそろ頂かないと 南瓜殿が成仏しないのでは…。
南国にそのルーツをもつ南瓜殿は、そろそろ雪降るかもしれない新潟の地までやってきて
文明の利器の底に押し込められて、風邪などひいてはいられまい!
私がこの手でおいしく料理をして、南瓜殿に昇天していただかねばならない使命に燃えて(いい過ぎかしら?笑)

かぼちゃ+豆乳と塩こうじのスープ  これが今日のメイン?です。
11-11-18-2.jpg


【材料】
 南瓜(中)・・・3/4(緑部分と種は綺麗に取り除いたもの)250gくらい
 豆乳・・・400cc
 塩こうじ…大さじ1.5(南瓜の大きさで料を調整)
 ナツメグ・・・少々(お好みで2~3ふり)

【作り方】 
 1.南瓜は電子レンジで加熱したら豆乳100ccと塩こうじを一緒にフードプロセッサーで黄色いペースト状にする。
 2.@を残りの豆乳200ccと一緒に鍋にかけて、ナツメグで味をととのあえたら出来上がり。(なんて簡単なんでしょう^^)


レストラン塩こうじの醸した複雑の味の妙味でしょうか。生クリームもチーズも入っていないのに、どことなく
  味わい深いさを感じるのは…。。やっぱり塩こうじっていいかも・・^^

11-11-18-1.jpg
大根おろしと黄菊花 にいくらをほぐして塩分ひかえめ醤油『華』でつけた「いくらの醤油漬け」 〜〜松葉柚子をトッピングして~~



今日は、仕事というよりは、明日から亀田のアピタで催される

シギー吉田&龍崎孝
東日本大震災チャりティ―写真展
『向日葵の唄が聞こえるかい 〜希望よ、未来へ~  

で少しお手伝いする準備を整えた一日でした。

なんという偶然でしょう。
あの神戸の復興を見続けた「はるかのひまわり」が、種となって
2004.10.23 新潟県中越地震の復興を見守り、
その種が折りしも
2011.03.10 東北地方太平洋沖地震の被災地 南三陸町で、あの暑くて何もなかったガレキの野に咲き誇っていた5本のひまわりだったとは・・・。
神戸から山古志へそして南三陸町へ必然のように繋がれたリレーだったのですね。
その向日葵が明日から開かれる写真展のMainphotoになっています。
東北の被災地が一日も早く復興しますように…。今日一日ずっとそんな気持ちで過ごしました。

haruka.jpg
南三陸町のがれきの野原に咲いていた5本の向日葵は『はるかの向日葵』で
いま繋がろうとしている「いのちのたね」の一つです。

明日は、オープニングのトークショーと写真を拝見しに行ってきます。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





posted by まさ at 22:01| 新潟 | Comment(6) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。