2011年12月29日

すき焼き on plate

今日、息子の第一便?が帰ってきました。
「部屋掃除を終えてから、帰る。」といつも通りの淡白のメールが来たので、
即電話をして「お夕飯には間に合うように帰ったら?」と誘ってみたら、そのつもりのよう。
となると、がぜん張り切るのはいつものこと。と言っても、まだ年賀状はどっさり残っています。
と思っていると午後からはお客様。夕方には、雪が降り出したというのに、お店も人が切れないうれしい悲鳴…。

「帰る前にメールするから…。」 そう電話で話していたのに…。6時を過ぎても連絡がありません (つ∧`)ノ
買い物にもいかけずじまいだったから、帰ってこなくてもいいっか。。。! うん!そう!だわ。 
でも恐る恐る期待と心配、裏腹で電話してみたら、
「関越の清水トンネル越えたとこ。雪がひどくて思うようにスピードが出せない」と言う。
「気をつけてね」とだけ言ってからの準備です。

頂き物のお肉があったからラッキーでした。
11-12-28-2.jpg

こんにゃくをだししょうゆ「料理人」とお砂糖で空炒りして、黒七味を少し振りかけて。
よく熱したフライパンにお肉を広げて広げて、つまんだお砂糖をパラパラ・・・ってかけて、
火が通る寸前に塩分ひかえめ「華」をジュ~って掛けただけ。ちょっと甘めの牛肉がいただけます~♪
もう一つ長ネギを焼いていたものを添えてあります。


11-12-28-1.jpg

除雪車の後につくこと3回だったそうで、到着したのはほぼ予定通り?の20時過ぎ。

たたきごぼうのごま和え
ほうれん草とエリンギのソテー
鮭の白菜巻
五穀米のおにぎり

11-12-28-3.jpg

すみません。ワインはついつい撮影用においてしまいました。
これは私が飲みました(^^ゞ
当然、久しく家を離れていた息子はどんぶり飯とみそ汁お変わりが一番のようです。

「ただいま」と帰って、すぐにキッチンにやってくると思いきや、仏さまのおりんが「チィ~ン」と鳴っていました。
仏様に帰ったことを報告していたのでしょう。彼も曽祖母を知っている子です。
仏様に手を合わせることが身についています。



11-12-28-2.jpg

この子は醜いあひるの子ではありませんでした。
雁の群れと一緒にちょっと遊びに行っていただけだったようです。
何事もなかったかのように落ち穂をおしゃべりしながら啄ばんでいました。
仲間の中にいるのってとっても安心できるのでしょうね。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:59| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

白和えと牡蠣のソテー

随分のブログのおさぼり…。
疲れてるのもありますし、終わらない仕事に追いかけられているっていうのもあります。
今年も後残すところあと、28,29,30,31@@; もしかして4日??今更ながらビックリ!
そうなんですね。この間に片づけなければならないこと、まだ終わりが見えません。

そんな今日は、東北から送られてきた大粒の牡蠣で簡単ソテー。
11-12-27-2.jpg

でも、たくさんの野菜ときのこに囲まれた、幸せ牡蠣に仕上げました。
エリンギ、マイタケ、ブナシメジ、パプリカが手前
奥は、ほうれん草のソテーで、柚子を絞って、効かせたブラックペパーがいい感じ~♪


そして、野菜をたくさんいただくもう一つは、お手軽白和えです。
11-12-27-3.jpg

湯がいた木綿豆腐にすりごまと新潟米味噌「延齢」だししょうゆ「料理人」とお砂糖を
フードプロセッサーにかけてとろ~りペーストにして
茹でておいた人参、干し椎茸、キャベツ、ぜんまい、突きコンにだししょうゆ「料理人」を廻しかけて
水っぽさをしっかり取り除いてから一緒に和えます。


11-12-27-1.jpg

こんな野菜たっぷりの夕食もありでしょ☆
母は、子供たちってこういうの食べるかしら?って言うんです。
うちの子は、「ぜんまいの煮つけとか、白和えのようなちょっとおばあちゃんが作りそうなものが好きだから
大丈夫でしょ!」というと、 「お正月にたくさん作ってね!」 さっそく母からのリクエストが入りました。
考えてみたら、我が家の白和えの係は祖母でした。母を飛ばして私が担当です。
祖母が作って私に移行したメニューと言うのがいくつかあります。梅干しだってそうです。
考えてみたら、母は作りませんでした。
未だに母が作ってくれて、私が作ったことのない未知のメニューもあるのですから
順調に伝わっているわけではありません。


この強い寒波は、新潟平野はそう大変でなくて済みそうです。
11-12-25.jpg

払いのけても 払いのけても・・・
降ってくる白いもの
どうしたら溶けてくれるか知ってても
・・・
神様のご機嫌を
のぞきにいきましょう

いつ溶けるかはお天道様しだいです。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 23:58| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

リストランテささき

この繁忙期、猫の手も借りたい状況なのに、ちょっとお願い~♪の一言で
仕事を早く切り上げて、市内にお手伝いにいってきました。
いつもお世話になっている方からのたっての頼みということもありましたし、
今まで一度も足を踏み入れることのなかった興味津々のエリアと言うのもあったのです。

本当だったらその状況を写真でお見せするべきなのですが、それができないところなのです・・・。
こんなインチキな記事ってありませんよネ!まったく意味不明☆"  どうかお許しを…<(_ _)>

お手伝いが終わったら集中していたその分、お腹がペコペコで…。
ご褒美にご馳走になっちゃったそのことが今日のメインディッシュです。

連れて行っていただいたお店が

洋食・南欧料理Ristorante ささき
新潟市中央区西厩島町2338-1
TEL:025-222-6686

11-12-21-1.jpg

ノンアルコールのカクテルを頂きながら、「牛ほほ肉の赤ワイン煮」」はマッシュポテトと赤ワインのソースがたまりません。
ペコペコのおなかにしみます。こんなに?って言うくらい食べちゃたんですから…。

11-12-21-2.jpg

左上から時計回りで・・・
・コーンスープ
・いろいろの野菜ホットサラダ
・広島産大粒牡蠣ときのこのクリームスバゲッティ
・ペスカトーレロッソ

S家ご夫妻といつか一緒に食事したいね…。と言っていた念願のお食事でもありました。
このボリュームは、お腹にグッツリきました。N子夫人が食べなさすぎ!!!
私とパパでガッツキ競争のよう(-_-;) あぁぁ。。。。もっと品よくご馳走になるんだった…(後悔、後悔)。


11-12-20-1.jpg

夜来の風に吹かれ
落ちてしまったのでしょう
また会える日まで
隣の緑がそっと言ってます

ほんとうの気持ちは
雪の中に埋めてしまいましょう
その頃には土に還っています







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:50| 新潟 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

牛たんをワイで煮込んだ後は薄くスライスして…。

ちょっと前に煮込んでおいた牛たんのタンの先っぽの方を薄くスライスして
アペタイザーとして赤と一緒の至福の時間。
11-12-19-4.jpg

上に乗っているソースだって。煮汁が冷蔵庫の中でたんからんゼラチンが煮氷状態のものです。

11-12-19-3.jpg

これに、引き立てのブラックペパアー、一味トウガラシ、マスタード・・・
どれをとってみても、素材の味を100%出している煮氷り状態のソ―スが絶妙です。

実は、いつもより赤が進んでしまいました。こんな書ける状態じゃないzzzz。。。。。


11-12-19-5.jpg

薄めスライスながら、よく火の入った牛たんをこんなふうにおいしいアペタイザーとして使ってもらえたら幸せでしょう。
食べた本人と、作った本人が一緒というから厄介です。
やっぱり今日はこれにて退散です。

11-12-19-1.jpg
楽しい除雪作業がたたってしまったのでしょうか…。
今日はとっても眠い夜です。
みな様、明日はよい日になりますように…・








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

心からおい降祈り申し上げておきます。




posted by まさ at 22:23| 新潟 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

12月の定例会―H's birthday

昨日は、いつものメンバーの定例会ではありましたが、
HさんのBirthadayを兼ねた大切なずっと前から決まっていた私たちのお楽しみの会。

和食党のHさんが、行ってみたいと言っていたPassioneがリクエストだったからあっという間に会場は決定!!!
最初っからこのショットと言うのも何なんですが、HさんのBirthdayにお店側で特別にアレンジしてくださったアントルメでスタートです。
11-12-18-1.jpg

隣にいたカップルに成人式のお祝いですね^^と言われた理由が、今この写真を見てやっとわかった☆゛
蝋燭が2本だったのですね! うぅ〜〜ん、これはどういう風に理解したらいいのだろう。。。。。
これは最後のパフォーマンスを兼ねたショウで、私たちの脇で液体窒素を入れながらつくるソルベはおいしいし楽しい☆
名前も「活火山『エトナ』」って言うから凄いでしょ!口の中でふわぁ~っととろけていくソルベはできたてだからでしょう。


さてさて、最初に巻き戻しましょうね。

生ハム・サラミ・チーズの盛り合わせとウエルカムドリンクでかんぱぁ〜〜い♪♪♪した後は
お待ちかねバーニャカウダーで始まりです。たっぷりお水を含んだビーツもサツマイモも私は好きだったなぁ~~☆

トリッパーのトマト煮込みは辛いトマト煮込みという名前なのだそう。でもね、辛かったかはちょっと記憶がない。
おいしかったことと、トリッパーって何??なんて説明会をしていたら、私はしゃべっていた記憶しかない。…(^^ゞ

11-12-18-2.jpg

そして、出てきたスズキのソテーにはびっくり\(◎o◎)/!
以前日比谷の松本楼でシェフお任せのスズキのソテーを頂いた時のことを思い出したくらい!
皮がパリッパリで、このほんわりほわぁ~~っとした身は…、何??
シェフの火加減と素材で決まるのではないかしらと思うからです。
この日のソテーは生姜の馨りがそこはかと漂い、美味しいソースも手伝って、絶品のお魚料理でした。


そして、お肉が問題だったのです。
おしゃべりに花を咲かせている私たちいつものメンバー。そう、いつもHさんに
「あんたたち、声が、声がおおきいよ!!」ってついつい夢中になってくると自分たちの声のこと
その大きさを周りにはばかることもなく、どんどんエスカレートしてくるのです。
(昨日言われなかったのは、もうあきれられていたからでしょうか…??それとも忘れてしまった?)

はい、お肉に話しを戻して…。
説明を聞かないということもよ~く分かりました。何のグリルかが話題になったのです。
サーブされて、説明を頂いたにもかかわらず、何のグリルか誰もわからない!

このお肉なんだとお思いですか?
のグリルレモン泡ソース添え」

このの中に何が入るでしょう? 「豚?」それとも「牛?」  さあ、どっち?!
11-12-18-3.jpg

正解は「豚」でした
まったく、わかんない。牛なのか、豚なのか・・・。そんなのどうでもいいって感じ! おいしかったらそれでOKです!
最高の豚のグリルの後は、

ペンネクアトロフォルユ(左下)
しらすのペペロンチーンノ(右下)

そして最初にご紹介した「活火山『エトナ』」でおいしいDishesはピリオドとなりました。


帰り、電車を降りて家までの道がなんと凍っていて大変大変…。
雪道は馴れているはずなのに、何度足元すくわれるような転び方になりそうになったことやら…。
実際はなっていませんからね。転んでいたら本当に今頃お尻のあたり真っ青になっているでしょう
雪がある上をガシガシ歩けば、歩きやすいのですが、アスファルトの上は本当にツルンツルン状態。
冷え込みがしばらく続くようです。


11-12-17.jpg

南天の実も雪をかぶって寒そうです。
みな様もお風邪など召しませんよう…。

ちょっとブログおさぼり気味ですが、
時間が作れる限り、更新してまいります。
時々覗いてくださいませ_(._.)_






ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 20:25| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

ひとりワイン

母がPC教室が夜あるのと、連れ合い君の会合が重なったもんだから、またまた「ひとりワイン」にございます。
FBでワインを飲むのを中断して、「発酵談義?」に花を咲かせたのも終了。
残っていたワインをグィ~っと飲みほしてたので、昨日お休みしたBlogと私はこれから対峙の時間です。

さっき連れ合い君が帰ってきたようだから、「お帰りなさい~~♪」と声をかけたけれど顔を見せずに部屋に行ってしまった…。
私が「お帰りなさい~♡」と出迎えるべきだったのかしら。。。。ま、いいでしょ!私は悪い妻です、はい!


さぁ、気を取り直して私のひとりワインのアペタオザーにございます。
11-12-13-2.jpg

ダメかしら?ちょっと穴のあきすぎ…。うまく立たずに爪楊枝を「ブスッ。ぶすっ!」数回刺しました(-_-;)
トロのようなワラサのお刺身を、桂むきして少し太めに切った(爪楊枝くらい)と春菊の芽を一緒に巻ました。

11-12-13.jpg

左奥:この前の塩引きの骨とごぼうを昆布巻きにしたもの
右奥:蓮根とブロッコリーの塩分ひかえめ醤油『華』とカレーパウダ―(少々)の炒めもの
ずっと奥のプレート明太子としらすとブロッコリーのパスタ(おかかをふりかけた醤油味(『華』))



自分のメッセージに気持ちが乗るということを痛感した一日でした。
何気なく書いている言葉なのに、どうも気持ちが反射しているようです。
写真に添えた言葉に敏感に駄目だしを頂きました。ありがたいことです。
コメントを頂戴でいるだけで幸せと思わねばと思っておりますのに、「励まし」や「ご指摘」をいただけます。
いい意味で、気持ちを添わせてコメントしてくださっているということでしょう。ほんとうに感謝です。

11-12-10.jpg

「この大空に翼を広げ~~♪」
唄いながら撮った今朝の一枚

残った一枚の紅葉の葉
てのひらをいっぱいに空に広げて…

精一杯伸びをして過ごしたい気分でした。
空に向かって精一杯、手のひらを押し上げて・・・。
そこに何を感じますか、あなたは…。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
posted by まさ at 21:26| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

牛タンをフォンドヴボーと塩麹で

日曜日のお店は、いつもよりは事務仕事が進んだけれどお店のお客様でバタバタの一日。
実は土曜日の忘年会、最終を逃してしまって大好きな友人が始発まで一緒にカラオケハウスにいてくれました。
その忘年会で、2人で数曲デュエットをしたんです。どうだったのかその足で反省会を楽しんだのでした。
「ここのところ、外したかもね…」
「この曲はバッチリだったわよね〜♪」
音を重ねる嬉しさをまたまた確認しつつ、思いのほか時間が経つ速さに驚いて・・・。
まだ暗い古町から新潟駅まで、アドレナリンでまくりのさえた頭で楽しい散歩をしたのでした。
ご主人にもしもの時、私のために了解まで得ていてくれたTちゃんには、感謝です。



今晩はと言えば、朝からローリエとセロリ、人参の皮たちでコトコト煮込んでおいた牛たんです。
11-12-11-3.jpg

皮をむいて、煮込んだ煮込んだ煮汁はシノワで漉した後、赤ワインと塩こうじをミキサーにかけて、
フォンドボートを足して、再度煮込み。と言っても火にかけているばいいのですから・・。

11-12-11-2.jpg

下茹でしておいた里芋、ごぼう、にんじんをソースでいっしょにすこし煮込んだ後、
ブロッコリー、カリフラワーを彩りに添えて赤と楽しい時間が始まります。

今日の赤は、以前ブログのお友達のnokkoさんから頂いたもの。
ちょっとがんばった特別の時に撮っておいたんです。
nokkoさん、ようやく私へのご褒美に頂きました。おいしいタンをさらに楽しませてくれた愛伝わる赤~♪最高でした

11-12-11-1.jpg






久々に妹と電話で長話を。妹は、姪っ子が修学旅行に出かけて一人ぼっちで今シャンパンを開けたとこと言う。
私はと言えばそろそろお仕舞にしようと思っていた赤が少し残っているというところ。
一人ぼっち同志の飲兵衛姉妹のおしゃべりは、とどまるところを知らない。
挙句の果て、手元のグラスが減らないわ!ということで、ピリオドを打ったのでしたが…。
遠慮のないおしゃべりは、お互いの思いのたけを話して、幕切れとに落ち着いた感じ。。。

彼女が、FBでみたこの↓写真を話題に出していたのでご紹介。
11-12-09-2.jpg
幸せに思わないとだめだよ!
おじいちゃまやおばあちゃまが残してくれたものがいっつも傍にあるんだから…。
妹にそう言われました。父が祖父に代わってお庭のお手入れをするのにどれだけ勉強したかは私たちがよく知っています。
だけど今の私たちは、それを繋げる努力を父がやったほどしていないことにも気づいてしまいました(-_-;)
でもね…。
四季をいつも傍にいて感じさせ、教えてくれているお庭には感謝です。直ちゃん、サンキュ~☆










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
posted by まさ at 22:42| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

キムチも調味料☆

キムチを調味料とするのは案外、我が家では定番なんです。
そう、最初は、子供たちが鍋をした時に受け皿にキムチの汁を入れたのが最初だったと思います。
それ以来、キムチをドォ~ンと鍋の中に投入した鍋にしたり、
少し酸のつき始めたもので炒め物をしたり、
キムチもいい味出してくれるんです。
今どきの「キムチ鍋の素」を邪道じゃぁ~~!と思っている女将にとっては…ですけれどね(^_-)-☆

さあ、今晩は炒め物をキムチ味に仕立てました。
11-12-05-1.jpg


【材料】
 キムチ・・・200g
 鶏胸肉・・・250g
 しめじ・・1房
 もめん豆腐・・・半丁
 ごま油・・・大さじ1
 ワンランク上の「つゆ」・・・大さじ2

【作り方】
 1.一口大に切った木綿豆腐にワンランク上の「つゆ」をふりかけ下味をつけておく。
 2.大さじ1のサラダオイルで@の表面をさっと焦がし、別のお皿に取り分けておく。
 3.Aのフライパンに一口大に切った鶏モモと房をお分けたしめじを炒めたら、
   一口大に切り分けたキムチを、混ぜ合わせて全体によく火を通す。  
 4.BにAの豆腐をもどし入れ最後にごま油を回したら、出来上がり。


11-12-05-2.jpg


これでから実が足りない方はぜひ、一味をプラスすることをお勧めします。
私はしましたよ~~♪(からいの大好きハート
パンチの利いた味と言うのは、ついつい進んでしまいます。。。<(_ _)>

今日はまだまだまだ、仕事が残っていますのでこの辺で…
皆さま、更けていく夜をお楽しみくださいませ<(_ _)>


11-12-05.jpg
還るまえにまだ駄々をこねています
思いは残さずに
心おきなく大地に戻っていきなさい
ハランも乾いてきました
次の大きな風が連れていってくれるでしょう











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
posted by まさ at 22:12| 新潟 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

今年の塩引き(紅鮭)の塩梅は…

私にとって今日は稔り多い一日でした。
お客様の合間に、以前頂戴していたDVDを拝見したり、
忙しさにかまけて整理しそびれていたもののめどを立てることができたし、
最後に、「カンブリア宮殿」の新潟、巻にあるカーブドッチの落社長氏が「今晩のひと」。
夢見人、落氏の着陸地点がすぐそこにありそう!
うれしい夢を一緒に見れそうな思いの番組に偶然フォーカスできたこと☆

勝手にいい一日だったなんて思っているわけです。
いいですよね。私の一日なんですから!私の人生は私が主人公~~♪(大好きなさださんの曲のフレーズですし…^^)

さてさて、今日はお昼に母がどっさり作った塩引き鮭の味見をしました。
お客様で時間のない私のために、連れ合い君が味噌汁を作ってくれていました(ラッキ~~~♪)。

11-12-04-1.jpg

母は、この時期になるとどっさり20~30本は鮭を買いこみます。酒でなくて鮭ですよ!!
塩引き(関東の方でいう荒巻鮭に近いものでしょう)を作って、お世話になった方々に配るためです。
だんだんとお年頃の母の今年はいつもの年より、いいえ、年々減少傾向にあります・・・(・・;)

11-12-04-F.jpg

いつもの年なら、2階のベランダにどっさり吊るされるんです。
2階の住民にとっては、とっても迷惑なんです。
風の強い日は、ベランダで、この鮭たちがダンスを始めます。
バッタン、バッタン!!! あの音を聞くと母は決まって、
「よく干えて、いい風だったね!」と必ず言うのです(2階の住民が耳にする一晩中のダンス音は耳に届いていないらしい…)。
今年は、ダイニングの脇の庭前に、十数本が吊るされました。
この中の紅鮭をお昼に切って、大根おろしにいくらをたっぷり載せて頂きました。

11-12-04-3.jpg


大根と里芋となめこの味噌汁はアゴだしでだしをとってくれていました。
カキノモトのお浸しと、ブロッコリーを茹でただけ。…(^^ゞ

11-12-04-2.jpg

お昼、私にしたらご馳走のランチです。みそ汁も美味しくできていましたよ〜♪


お歳暮で、スタッフが一人休日出勤をしてくれるお陰で2人+1名(ちょっと頼りない人)のお陰さまの日曜日でした。
12月も一日一日消化されていきます(あったり前か…)。



今朝の紅葉を・・・。
雨の中風邪にゆれる紅葉です。少しの間でいいから、じっとしていて!念じて撮りました。11-12-04.jpg











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 22:07| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

里芋と肩ロースのスープ

連日いい加減な夕食です。
母が買っておいてくれた豚肩ロースのブロックが冷蔵庫の前方にドォ~~ン!!っと
我が物顔で居座っているのです。「私を使いなさい!」みたいな・・・・。
ちょっと霜降りのなかなかいい見立ての肩ロースが鎮座していらっしゃる。

何に使ったらいいのかな…。
角煮にしようかしら、カレー煮でも・・・。お昼に見た時はそう思っていたんですよ!

仕事を終えて、母は、「私は出掛けるから、お夕飯いらないわ~~♪」なんて
PCの先生の車でビュ~~んとPC教室に行ってしまった。
本当は、PC教室の息抜き会の「カラオケのお楽しみ」のはず。
そりゃそうでしょうよ!カラオケで楽しんでいるのですから…、お夕飯は要らないでしょ!

11-12-02-3.jpg

加圧でやっつけたスピードクッキングです。
【材料】
 豚肩ロース・・・700g
 トマト缶詰・・・1/2缶
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ2
 里芋・・・6個
 パプリカ(黄・赤)・・・各1個
 セロリ・・・2本
  
【作り方】
 1.2~3口大に切った豚肩ロースを加圧鍋で加圧する。
  (鍋の種類や、圧によっても時間が変わります。お好みの軟らかさになるまで・・・)
 2.皮をむいた里芋を丸のまま、さらに5分だけ加圧します。
 3.やわらかくなったお肉、里芋の鍋の中にトマト缶詰、コシヒカリ糀味噌「豪農」はこし器を使って混ぜ入れる。
 4.5p長位に切ったパプリカ、セロリを投入して柔らかくなったら出来上がり。

たったそれだけなんです。
セロリがいい仕事をしてくれています。どことなく洋風な香りです。
味噌が入ってるってきっと言われなかったらわからないでしょう。
トマト、セロリ、パプリカがいい香りを運んでくれます。

11-12-02-1.jpg

里芋がトロ~ン、ねっとり〜〜。。。和にあらず洋にあらず、世界の中でこんにちは!のような雰囲気になってるのが不思議です。
あえて、里芋を選択したのは正解のメニューとなりました。
赤が染みるおいしいお肉に仕上がりました。


あれ?赤が生えているのはこちらもです…。
11-12-02.jpg  11-12-02-2.jpg

11-11-30.jpg  11-12-01.jpg

京都のもみじ4連続です。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:36| 新潟 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | スープ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

サワラとワラサ

時々いらっしゃる食通のお客様I氏。
魚談義になって、サワラが一本釣れてこれから味噌漬にするという。
せっかくだからこだわりの味噌をと買いにいらしたのです。
この時期のサワラは脂がのって、たまらない味噌漬けになるのだそうです。
味噌漬けの床の作り方を伺ったのと同時に、私ならこういうふうに漬けるけど・・・。
なんて話したから、話しが楽しくなって、「うまずら」と「こうぐり」が同じ魚で
クラゲを食べるから口の中がとっても臭いのだ  とか。
でも、その肝と言ったらないのだとか…。フォアグラなんてもんじゃないそうな。

なんて、お魚談義を聞いているうちに、そうそう、「柚子あります?」
庭にたわわになっている柚子を思い出し、枝つきのまま数個差し上げました。

そしたら、夕方。
なんと、お刺身にしたワラサと、味噌漬用にとサワラの切り身をもってきてくださったんです。

なんとうれしい、お夕飯でしょう~~♪

11-12-01-3.jpg

脂の乗ったサワラは、味噌がついていても焦げない位の気を使った厚さにカットするのだそうです。
すぐに頂きたかったので、3切れだけ

味噌:酒:塩こうじ=4:1:2の割合で混ぜ合わせたものを両面に塗って魚焼きグリルで焼きました。

信じられないほどの身です。
うまく表現できませんが、ほろほろはらはら。。。うぅ〜ん、蟹の身のような・・・
とってもいい癖のない脂が乗っていて、本当に自慢なさるだけのことはあるこの時期のサワラは最高です。

11-12-01-4.jpg

残りのあと2切れはガーゼに包んで同じ味噌床につけてあります。
お昼の温かご飯のおかずに最高でしょう~~♪

そして、ワラサのお刺身です。
11-12-01-2.jpg

息がいいってこんなにきれいなお刺身になるのですね。美しいお作りでしょ!

11-12-01-1.jpg

こんな日は当然、日本酒でしょ!!
会話が弾みます☆ついつい饒舌になって、つけ合わせに用意した
蕪の塩こうじ漬けやカキノモトのお浸し、お芋の煮っ転がしも、おしゃべりとともに消えて行きました。

本当にIさん、ご馳走様でした。
なんと幸せな夕食だったことでしょう。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 23:37| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。