2011年12月01日

サワラとワラサ

時々いらっしゃる食通のお客様I氏。
魚談義になって、サワラが一本釣れてこれから味噌漬にするという。
せっかくだからこだわりの味噌をと買いにいらしたのです。
この時期のサワラは脂がのって、たまらない味噌漬けになるのだそうです。
味噌漬けの床の作り方を伺ったのと同時に、私ならこういうふうに漬けるけど・・・。
なんて話したから、話しが楽しくなって、「うまずら」と「こうぐり」が同じ魚で
クラゲを食べるから口の中がとっても臭いのだ  とか。
でも、その肝と言ったらないのだとか…。フォアグラなんてもんじゃないそうな。

なんて、お魚談義を聞いているうちに、そうそう、「柚子あります?」
庭にたわわになっている柚子を思い出し、枝つきのまま数個差し上げました。

そしたら、夕方。
なんと、お刺身にしたワラサと、味噌漬用にとサワラの切り身をもってきてくださったんです。

なんとうれしい、お夕飯でしょう~~♪

11-12-01-3.jpg

脂の乗ったサワラは、味噌がついていても焦げない位の気を使った厚さにカットするのだそうです。
すぐに頂きたかったので、3切れだけ

味噌:酒:塩こうじ=4:1:2の割合で混ぜ合わせたものを両面に塗って魚焼きグリルで焼きました。

信じられないほどの身です。
うまく表現できませんが、ほろほろはらはら。。。うぅ〜ん、蟹の身のような・・・
とってもいい癖のない脂が乗っていて、本当に自慢なさるだけのことはあるこの時期のサワラは最高です。

11-12-01-4.jpg

残りのあと2切れはガーゼに包んで同じ味噌床につけてあります。
お昼の温かご飯のおかずに最高でしょう~~♪

そして、ワラサのお刺身です。
11-12-01-2.jpg

息がいいってこんなにきれいなお刺身になるのですね。美しいお作りでしょ!

11-12-01-1.jpg

こんな日は当然、日本酒でしょ!!
会話が弾みます☆ついつい饒舌になって、つけ合わせに用意した
蕪の塩こうじ漬けやカキノモトのお浸し、お芋の煮っ転がしも、おしゃべりとともに消えて行きました。

本当にIさん、ご馳走様でした。
なんと幸せな夕食だったことでしょう。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村





posted by まさ at 23:37| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。