2012年02月29日

里芋とホタルイカの味噌和え

東京の雪のニュースに心痛んだ一日でした。
雪の大変さ、よ〜く分かっていますもの。。。
いつもの私たちですら・・・なのですから、不慣れな大都会の方たちはさぞ、お大変でしょうに…。心からそう思っていました。
明日は、10度以上も今日より気温が高くなるんだそうですから…。もうオーバーは脱ぎ捨てて・・・〜♪でしょうか?

さて、今日は、ボイルしたホタルイカをやはり茹でた里芋と味噌だけで和えた簡単一品にございます。

12-02-29.jpg
  (付け合わせ:プチヴェール、 ミニトマト)


【材料】
 ボイルホタルイカ・・・100g
 里芋・・・5個
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1/2

【作り方】
 1. 里芋はたっぷりのお湯で皮をむいて一口大に切って竹串がスーッと通るくらいまで茹でる。
 2. @をざるにあげたら、ボイルホタルイカとコシヒカリ糀味噌「豪農」 を和えたら出来上がり☆

こんな簡単なのにめっちゃおいしいんですから^^
里芋のぬめぬめとホタルイカのおいしいのが、さっぱりと味噌味だけにコーティングされて、うぅ〜〜ん、おいしいんですよ!
貧困な説明で、心苦しいのですけれどね・・・(^^ゞ ま、そこはオオメに見てくださいませ<(_ _)>


太平洋側が荒れると日本海側には、太陽が顔をのぞかせてくれるのが常です。
だからでしょう。とっても素敵な夕陽を今日は見ることができました。

12-02-17-2.jpg
本当の太陽は、もしかするとまだ雲の中のくっきりの方なのでしょうか…。
最後まで見届けずに、真実は雲の中なり〜~<(_ _)>

posted by まさ at 21:47| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

2月の定例会(東京マラソン祝勝会)

いつものメンバーの定例会です。今月は、ひとりかけて、我を忘れておしゃべり止まらない三人組です。
欠けたひとりが「あんたたち、声大きいよ!!!」と注意してくれる係なのですが…。さて、どんなにうるさくなりますことですやら...!

今回のお店は、私が一足先に行った折、以前よ〜〜く行っていたお店にいたY君と久々の再会。みんなに話したら、会いたい会いたいとただそれだけでこのお店に決定したのでした。
そして、前にちょっと紹介したたぬき先生の東京マラソン完走報告会もBig theme だったのです。

そうそう、お店に入る前の暗闇でばったりY君と会ったというのもびっくり@@だったんです。
彼とは何度偶然に再会したことがあったでしょうか・・・。また会えたことって、必然だったのでしょうか?^^V


12-02-28-1.jpg

お店は : ワインビストロ・トーレス酒場 hue
       新潟市中央区弁天3-1-9 サヴァビアンハウス2F
       025-249-1720

最初は当然、Y君との2ショットの撮影会(カメラマンは被写体になれません??…(-_-;) )
次は、東京マラソンのバスタオルとメダルをかけての撮影会
自分がもらったかのようにはしゃぎ廻る私たちって、どんなふうに映っていたのでしょう。
ま、そんなことを気にするような乙女ではありませんけれどね(^_-)-☆


 ここ↓でビールを注いでくれているのはY君ではありません(一応・・・)
12-02-28-2.jpg


まぁ〜
よく笑った
よく喋った
よく食べた


どれもおいしかったのですが、メニューのカタカナ文字がすっかり頭の中から消え去っている(-_-;)
おいしかったこと
楽しかったこと
終電まであと5分@@;  どんだけの思いで走ったことか…。

覚えているのはそれくらいなのです…(^^ゞ



12-02-27.jpg
雪の華が咲いている。六花とは、美しい和語である。そして、科学である。
名も知れぬ先賢が、雪の結晶に、六弁の花を見いだした。
花暦の途絶える冬。侘びた心の花入れにひとひらの雪を生けた・・。
わずかな雪に、どたばたの東京。都会の柔弱をせせ笑う豪雪の地から、「お花」を拝借いたします。

私の写真にすてきな意味を添えて頂きました。
小島さま、ありがとうございます。せせ笑ってなどおりません。
雪がどんなに大変かよ~く分かっておりますもの…。

posted by まさ at 23:39| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

長芋と塩こうじ(WA風ホワイトソース)でグラネチを

今日はどんな一日だったかしら・・・。そう考えてしまう時間帯です。
週の初めは、所用に追いかけられがちです。ご多分にもれず、今日は、次から次へと新しいことを処理していただけの一日だったような気がします。そんな日なのに、いいことも、心がほっこりすることもあったりするから、神様って私を見捨てていなかったのかしら…なんて思っちゃう単純さです。

今晩作った一皿は、長芋に塩こうじを忍ばせて、グラネチさせたもの。
「グラネチ」って。。。ご存知でしたか? ちょっと優しい響きでしょ!
焼き目をつけると言うフランス語です。やっぱりフランス語って感じ^^
パン粉やチーズ、をトッピングしてオーブン上段、魚焼きで焦げ目をつける、あれですよ!!
「グラネチ」・・・・思い出しません?ちょっと似た言葉、連想ゲームのように…。
そう! 「グラタン」に似てるでしょ! きっと深いお友達かもしれませんね。

さてさて、今晩のグラネチのソースはと言えば、私的に和風(WA風)ホワイトソースを目指してみました。
12-02-27.jpg

長芋に塩こうじを混ぜただけです。そこにパルミジャーノレッジャーノを卸してトッピング。

【ソースの材料】
 長芋・・・120g
 塩こうじ・・・5g
 パルミジャーノレッジャーノ・・・大さじ1位

【その他の材料】
 ほうれん草・・・1束
 えのき・・・1/2パック
 牡蠣・・・1パック(大粒7粒入っていました。)
 片栗粉、胡椒・・・適宜


【作り方】
 1.ほうれん草とエノキは同じ長さになるようにざく切りにして、さっと炒めておく(しんなりする少し手前くらいに・・・)。
 2.よく洗った牡蠣は、片栗粉で表面を覆ったら、サラダオイルでさっとコーティングするように炒めて、
  容器に移した@の上に並べます。
 3.すりおろした長芋に塩こうじを混ぜたら、Aの上にかけ、卸したチーズをたっぷりトッピングします。
 4.230℃に余熱したオーブンで10分ほど、あるいは、魚焼き機で、表面がこんがりしたら出来上がり☆


今日は時々日が射してくれて、うれしいほっこり気分になれた1日でした。

12-02-27-3.jpg

ちょっと車を走らせたら、雪が花かと見間違えるような光景が広がっています。
早く春よ来い! もう私は待ちきれませんよ!!  しかし2月もあとわずか…
皆さんのところには、春もう、やってきましたか? 3月の足音を楽しみにいたしましょう~♫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
posted by まさ at 22:33| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月26日

春を少しだけ・・・

今日は東京マラソンの日。私の知り合いは3人も(全員新潟県在住)出場しました。
中でもとっても仲良くしてもらっているたぬちゃんこと私のブログによ〜く登場するTちゃん。
彼女も参加したんですよ!!私から見たら若干ストィックな女性ではありますが、ほんとうに頑張屋さん☆
いっつも頑張って、がんばって、いい母して、いい奥さんして、いい仕事人して、いい仲間して、いい女して・・・・
とっても素敵な女性なんですよ!!そんな強そうな彼女なんですけれど、少しナィーブになって今日の参加に心震わせていたのも親近感持てる、やっぱりかわいい女性なのです。そんな彼女は、今頃完走して疲れはてて、新幹線の中でグビィ〜〜〜ってビールに酔わされて夢のなかかもしれません。

さてさて、斯く言う私は、新潟の銘酒「梅チャンマーク」の日本酒を久々に冷で楽しんだのでございました。
12-02-26-1.jpg

この季節限定の佐渡の海で採れた@ギンバソウとA山形のうるい、そして大好きなおいしいBお浸しオータムポエムです。

@:よ~く洗って、さっと湯がくと、鮮明なグリ―ンに代わるんです^^生姜をトッピングして、ちょっとだけ塩分ひかえめ「華」しょうゆをかけて・・・。 
A:クリームチーズとコシヒカリ糀味噌「豪農」を1:1で合わせたクリームチーズ味噌で。
B:さっと湯がいたおひたしは、この季節活躍する塩分ひかえめ「華」しょうゆをかけていただきます。


今日は、また雪がやってきました。
本音は、庭でふきのとうでも探そうかと思っていたのでございます。朝の雪のボサボサを見たらその気も失せてしまいました。。。春がすぐそこまで来ている気がする日も多くなりました。ところが、今日、車を少し走らせてみたら、銀世界がまたまた広がっているではありませんかもう結構です~~~、雪はもう許してください<(_ _)>そんな心境の一枚です。

12-02-27-1.jpg
これ、白黒写真では決してありません。陽の光がないと言うことはこういうことになるのです…(新潟の冬とは・・・)。
まだ明日も雪マークの新潟にございます<(_ _)>

posted by まさ at 22:37| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

One wonderful day

さてさて、一日早く訪阪できたのですから、朝から始動しなければ!!
10時からという京都文化博物館で開催されている、葛飾北斎の生誕250年記念展「北斎展」はもう一つの目的です。
京都文化博物館というところ、行ってみてびっくり@@その建物は、旧日本銀行京都支店【重要文化財】で辰野金吾氏によるものなのですが、
新潟「みなとぴあ」にある「旧第四銀行住吉町支店」と印象が重なる。明治後期から昭和初期の銀行建築だからかもしれませんが…。
初めて訪れた気がしないのは、東京駅にも似た気がしたからかもしれない。。。

12-02-09-2.jpg

お待ちかねの「北斎展」は、有に2時間を行ったり来たりしながらのゆっくり鑑賞。
知ってました? 無知な私は、葛飾北斎と言えば、浮世絵版画!つまり版画家さんとばかり…。いえいえ、そうではなかったのですね。
肉筆浮世絵も数々あっての美しさ、力強さ、繊細な感性は感動もの!これだけのために行く価値ありでしょ!「桔梗に蜻蛉」好きな一枚でした。
「冨嶽三十六景」、「詩哥写真鏡」の好きでしたし、摺り物や肉筆画見応えのある楽しい時間でした。

12-02-09-1.jpg


気づいたら、ランチタイムも終わりそうな時間辺り。歩いていて足に引っ掛かった?お店でランチです。
京都・丹波牛いづつ家(お肉屋さんのやっているステーキのお店でした)
TEL:075-222-2901
京都市中京区堺町通姉小路下ル大阪材木町690番




12-02-09-3.jpg

北の天満宮の梅をどうしても見たくて、足をのばしました。
学生の頃、大宰府の「飛梅」の菅原公のこの句に
東風吹かば にほいおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ
やたら感心した思いがあったので、是非と思っていた北の天満宮でした。

12-02-13.jpg


大阪に移動して、メインの中島みゆきの夜会にちょっぴりだけドレスアップして
夜会カクテルなんぞを傾けてから「夜会」の夜が更けていったのでございます。

12-02-09-4.jpg
 

posted by まさ at 23:06| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

Escape much snow

中島みゆきの「夜会」の誘いを頂いていたのが去年のこと。
飛行機のチケットを取ったり、ホテルを予約したり…。そんなことも楽しみのうち^^
その日が近づいてくると、新潟近圏の雲行きならぬ雪ゆきの様子がただ事ではない模様(◎o◎;)!
予定した飛行機の運航が怪しそうなので空港カウンターに問い合わせをしてみたところ、
予定の前日(お願いしたその日)の夕方の便に変更していただけることに^^V と思っていたらその便も難しそうで、お昼の便はとりあえず(未確定)飛ぶかもしれない!その後の予報は悪化の一途との連絡を頂戴し、だったらでしょ!!!
あわてて準備をして、横風強い吹雪の中、空港に着いたのはチェックインギリギリの時間(ふぅ〜〜)。

あまり大きくない飛行機のときは、自分で滑走路を歩いて行ってタラップを昇ります。横殴りの吹雪ですから、すぐそこなのにバスに乗っての移動 @@;です。ちょっと小さめの飛行機というのも不安材料ではあるんです。

そう大きくもない飛行機はガラガラ滑走路を必死に走ったかと思ったら、ふわぁ〜っと離陸。あっという間に街は吹雪に掻き消され、雲をぬう揺れのあとには、眩しい太陽と雲の絨毯が待っていた。
アットホームな人数の飛行機なのに、Flightが心地よいと思ったのは初めてのこと。折しも出張で、誰もいないからとこの夜のBedを提供してくれた息子の出張先の松本辺りから雲が切れ始め、その街が姿を覗かせ始める。「頭を雲の上に出し・・・」遠く左手前方に富士の霊峰を望み、前方後円墳だっていつものように発見し、お茶の段々畑、大阪のビル群を抜けたらあっという間のFlightももうおしまい。真っ青な空と強い光が勝手にテンションを上げてくれる。

12-02-12.jpg

気がついてみたら、お腹が相当すいていることに気づいて空港のお気に入りのあのお店に直行。
Pepper Mill (お勧めのイタリアンです)
大阪国際空港北ターミナル4F
06-6845-0880 
生春巻きの前菜 と スープ仕立てのジェノベーゼにちょっと早い赤を一緒に頂いて…。

息子の部屋で、一宿一飯(勝手な一飯)の恩義の母業をやって、雪の新潟からの移動日はくれていきました。

12-02-02-1.jpg

音をもとり込んでしまう雪が
何の前触れもなく
たわんだ木を跳ねのけて
静寂を掻き消す瞬間こそ
... 地上に落ちる最後の舞
 
 
 
posted by まさ at 23:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

いわしのトマト煮込み

とってもとっても長いご無沙汰でございました。
ずっとお休みしていたことお詫びします。新しい年になってもう一月が過ぎたと言うのに・・・。
再開を、それとなくチクリ、チクリ。。。言ってくださった方(そう、あなたですよ^^)ずっと待っててくださってありがとうございました。本当に長らくお待たせいたしました。あったことを折々にお話しできるように、無理せず、女将のキッチン覗いてください。


12-02-04-1.jpg

実は再開を決心した大きなきっかけは姪っ子の訪問でした。仙台で大学生活を昨年スタートした彼女は、震災のあとと言うこともあり一月遅れの入学式以降、父親の実家で初めて「祖父母との核抜き?家族」を経験することになりました。お手伝いさんのいるS家での生活は、当然自分で食事の用意する必要がなく、東京の実家以上にキッチンに立つ必要のない大学生活なのだそうです。
自炊をやっている友人が羨ましい傍ら、ある意味祖父母孝行を、経済面からいえば親孝行していると本人は思っているようです。彼女の本音はもう少し違うところにあるようなのですが・・・。

さてさて、彼女と一緒につくったうちの「いわしのトマト煮込み」をご紹介しましょう。

まず、頭のついた魚から何を最初にすべきかもよくわからない…。包丁の持ち方もぎこちないそこからのスタートです。
最初にね、鱗を落とすの!お魚を扱うその手は、なんともできるだけ面積少なくしたくて…と言う気持ち満々が読み取れる手つき。親指と人差し指以外はピ〜ンと指を立てて…。頭はね、このヒレとの対角線にしてね・・・。どうしてこうするかを説明した後に、さぁやってみて
あれあれ@@それじゃ包丁寝すぎでしょ! え゛゛~~~~それじゃ、頭潰れちゃう。。。。どうやったらそうできるのかしらと私も不思議なくらい。伝えることの難しさを実感(-_-;) 切ると言うより押し潰すような(-_-;) あぁぁ゛゛・・・ 
用意したいわしがちゃんと形を保って入れたことが不思議なくらいでありました。

12-02-04-2.jpg

【材料】
いわし・・・8匹
にんにく・・・2片
オリーブオイル・・・大さじ2
玉ねぎ・・・小1個
ミックスビーンズ・・・1袋
トマトソース(自家製味噌とプロバンスハーブとロースト玉ねぎetc…)・・・1ビン
赤ワイン・・・50cc

【作り方】
1.オリーブオイルに千切りにしたにんにくの香りを移し、処理したいわしに火を通す。
2.@からいわしをいったん取り除き、千切りした玉ねぎをしんなりするまで炒め、
  いわしとミックスビーンズ、トマトソースと赤ワインを加えて、ふつふつと煮込む。
3.味が染みて、全体量が1/2ほどにに詰まったら出来上がりです。

久々の来客に母も大喜びです。連れ合い君だって女の子と一緒の夕食にとってもうれしそう☆
外は除雪車が行きかう大雪の日でした。

12-01-24.jpg
朝やけの一枚






ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村
posted by まさ at 02:40| 新潟 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。