2013年04月01日

豚ロースのシャリアピン的味噌ソース

新潟の北に位置する村上市。古い城下町であり、県北のお茶の産地でもあるこの地で、春を告げる「町屋の人形さま巡り」はこの三日までと聞き、来年この時期にはもういないVilleを連れて行ってきました。ひな人形をはじめ武者人形に土人形、大黒さまや布袋さまと実にさまざま。古くは江戸時代以前のお雛様にも会うことができ、風情ある街並みを眺めそぞろ歩きながら、地元の人々の語りに耳を傾け、ゆったりした時間を過ごしました。


13-04-01-4.jpg

江戸以前のお嫁入りの打掛をはおわせていただけたのは感激でした。その打掛の美しいこと!! 淡い空色の地に、今どきのピンクの刺繍が細かく施され、現代の色遣いに匹敵するビビッドな色遣い。それには、ただただ驚き。しばしお姫様気分に浸った♡ なんて言ったって誰も信じないでしょうけれど…。ホントの話☆\(^o^)/

13-04-01-3.jpg

我が家のお雛様は、かわいそうなことに、鼻の頭を鼠にかじられてしまっています・・・。
だから、こんなにも↑細かい刺繍の施されているものを、長く保存し続けようと言うことは並大抵ではないことをよ~く知っております。一軒のみならず、数十件もの町屋の方々の協力と努力、そして守り伝えようとする代々の営みに思いの深さを感じずにはいられない・・・そんな初めての「町屋の人形さま巡り」でした。


今晩は、ポークソテーに味噌味のソースを作ってみました。
13-04-01-1.jpg

【材料 [ソースの分量]】
 玉ねぎ・・・1個
 サラダオイル・・・大さじ1/2
 酒・・・大さじ1.5
 新潟米仕込みそ「延齢」・・・大さじ2
 だし醤油「料理人」・・・大さじ1/2
 砂糖・・・小さじ1

【作り方】
 1.玉ねぎを千切りにしたら、サラダオイルでしんなりきつね色になるまでよく炒める。
 2.@に調味料を加え、全体にしっとり馴染んだら、出来上がり☆

軽く塩・コショウしてソテーしたポークのソースとして召し上がれ~~♪
今日の付け合せ: マッシュポテト、ほうれんそうのソテー、マイタケのソテー、長茄子
(マッシュポテトは、豆乳とチェダーチーズ、そして塩コショウ、ナツメグを少し加えました。)
13-04-01-2.jpg

以前から是非寄りたいと思っていた鮭料理の老舗でのランチは叶わず、おいしいと評判のお寿司屋さんにVilleを連れて行った喜びと言ったらありません!!! 写真を撮ったり、おいしいの連発☆ 私の方こそ楽しいランチタイムでした^^
posted by まさ at 22:13| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。