2008年12月01日

のっぺい

新潟の郷土料理といわれている「のッぺい汁」です。
といっても、この時期に収穫されたものの集まり料理といった感が否めません。
P1000187_s.JPG
【材料】
 里芋(これは絶対入ります) 人参(これもです) こんにゃく しいたけ 油揚げ
 車麩 なめこ が入りました。 
 時に、水煮の竹の子 鶏 鮭 かまぼこ(たんぱく質が何か・・)が入ります。
【作り方】
 1.材料は、拍子切りです。
 2.里芋を一度湯でこぼして、そこに他の切った材料を入れて煮るだけです。
 3.火が通ったら、山田屋の「料理人」で味付けするだけ。色も薄く、特に加えるものもなくおいしくできます。

今日は、船場汁でした。
P1000174_s.JPG
私は、子供の頃から、魚の目を父が「食べなさい」と
私のお椀の中にいつも入れてくれていました。

私としては、大好きだったという記憶がありませんが、
魚の目は、私が食べることになっていたように思います。
ところが、連れ合いは、「魚が見てる!!」と言って、
絶対、魚の尾頭付を良しとしません。(変でしょ!)
未だに、私は、一番おいしいところ(そういわれて育ちました)を頂く係り(?)です。

【材料】
  鯵 長葱 越後米味噌「天然醸造」
【作り方】
 1.さばいた魚は、煮立ったお湯でさっと火を通しお湯は捨てる。
 2.新しく水を茹でて、@の魚を入れて、半量の味噌と一緒に煮る。
 3.頂く少し前に、葱と残りの味噌を入れて、熱々を供す。

今日は、月始めの月曜日で銀行がとっても混んでいました。
豊栄は、5-10(ごとう)の市で街も混んで、活気にあふれた師走の始まりの日でした。



レシピブログ         次項有蔵元 山田屋 
ボチッと応援よろしくお願いします♪


posted by まさ at 22:32| 新潟 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
のっぺ!!
お正月にも頂くのよね?
中に入る材料からすると、秋田の「芋の子汁」にも似ていますね。
九州で言うと、「だご汁系」かな〜?
田舎の味がして美味しいわ〜。

今日は私もスポーツクラブへ大事な忘れ物して焦りました〜〜〜何をって?
言えない言えない〜ココじゃ言えないぃ〜〜笑
Posted by きりちゃん at 2008年12月02日 17:03
各家庭で 微妙に違いますね〜〜〜
うちは かまぼこは 赤いのを入れます。
彩りで。
油げは 入れないわ〜〜(お雑煮に入れることもあり)
のっぺに 鮭は入れるけど、鶏肉は入れない
(いつも お雑煮には 両方入れます)
あと、レンコンが必ず入ります。
暮れに 大量に作っていると
お雑煮のしると のっぺと 具が 
わけが わからなくなるので
私は『河内さくら』さんの本をいつも
参考にしてるの!!

これも群馬生まれの私の・・・悲しさよ!!
Posted by たぬちゃん at 2008年12月03日 07:27
◆きりちゃん
「芋の子汁」に、「だご汁系」ですねφ(・・。)ゞ
それぞれの土地に、おふくろの味ありですね!

あれれ???
なにかなぁ〜〜、言えないものってあるわよね(ニタ)

◆たぬちゃん
池や潟の近くのお家はレンコンが入るわね。
具は臨機応変。
今年のは○○が入ってなかったね。
とか、□□が入ってないと、どうも物足りないね。
なんて、みんなが批評しながら元旦の朝のお雑煮です。。。
Posted by まさ at 2008年12月03日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。