2008年12月31日

ぜんまいきんぴら

今年最後の日。
「お年始」 or ご自宅のおせちの準備――当然「料理人」のお客様がダントツ!

今日のお昼は、お隣からおこわを頂いて
(いただけることは、予告があったので知っていました^^)
息子の好きなぜんまいのきんぴらを作りました。

ぜんまいのきんぴら

【材料】
 水戻しぜんまい・・・300g
 こんにゃく・・・270g(一袋)
 人参・・・8~9センチ(太め)
 山田屋ワンランク上の「つゆ」・・・大さじ3
 砂糖・・・大さじ2
【作り方】
 1.こんにゃくは、千切りにして水煮し、よく洗っておく。
 2.水にぜんまいは、一度沸騰させてよく洗っておく。
 3.熱したフライパンにぜんまいと千切りにした人参を炒める。
 4Bに@を加え、調味料を加え、炒め煮含める。
レストランいつもなら、乾燥ぜんまいを2日かけてもどすのですが、
  冷蔵庫の野菜室の下に買い置きの「水戻しぜんまい」を発見!!(ラッキ~~♪)
  なんと!!堅い!。中々柔らかくならない。。。。
  見たら、中国製。日本も揉んで揉んで作るぜんまいとは、ランクが違うことを実感!
  つまり、やっぱり「日本製」だわ!!!
  ごまをトッピングしました。


これと時間のあるときに刻んでおけばOKの「のっぺい」を作る。
今日の「のっぺい」は、里芋を一度拭きこぼしてぬめりを取り、さらっとタイプのものにしました。
大晦日だから、銀杏といくらをトッピングしました。

のっぺいと赤飯

それに味噌汁は、シジミ汁。
シジミ汁

水からよく洗ったシジミをいれ、 あげ際に味噌をざるでこして、
ねぎの小口切りを浮かべました。
使用した味噌 : 新潟米仕込「延齢」 とコシヒカリ糀みそ「豪農」のブレンド。

本年一年お世話になりました。
どうぞよいお年をお迎えください。

              
 
レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします。


posted by まさ at 22:24| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しじみは、年に2度旬があるのだそうですね。阿賀野川にもいるという話なので、「じょれん」を持って行って、探ってみようかな?と、ときどき思います。

そろっと、娘が帰って来るようです。
3月には満29歳ですよ。薔薇さんがその年のときには、どうしていらっしゃいました?(失礼でなければ)家内は、22・24・26歳で産みましたので、末っ子も、もうすぐ幼稚園という年だったことになります。
なあるほどな、と思いました。
Posted by きたきつね at 2009年01月01日 21:54
あ〜〜〜あ、折角書いたのに、消しちゃった〜〜〜
Posted by きたきつね at 2009年01月01日 21:56
今朝、蜆の取り方をTVでやっていましたね。

29の頃の記憶はないのですが、30になった時、こんなことしてて年取っていく・・・。
何てフト思い立ち、夜習字を習いに行き始めたのを思い出します。
何にも考えなく、時間が走っていくような時期でしたよね。
Posted by まさ at 2009年01月02日 14:50
今年もよろしくですm(__)m
まさ女将の 腕前期待しています!!
Posted by たぬちゃん at 2009年01月03日 10:29
たぬちゃん
期待なんてしてないで・・・。
うぐぐぅぅぅ。。。
たいしたものなんてないし・・・。

Posted by まさ at 2009年01月05日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。