2009年01月17日

ほうれん草と明太子の炒飯

今日は1人でお店番でした。
当然お昼は、残っていたご飯を炒めて・・・

ほうれん草と明太子の炒飯

【材料】
 ほうれん草・・・2本(根っこ2つ分)
 長ねぎ・・・2本
 明太子・・・1本
 残りご飯・・・茶碗3杯
 ・・・大さじ2
 白ごま・・・適当量

【作り方】
 1.ほうれん草はみじん切りに、長ねぎは縦1/4に切ってみじん切りにする。
 2.明太子は、包丁の背で皮を除いておく。
 3.フライパンにオリーブオイル大さじ1で@、Aを炒める。
 4.電子レンジで温めたご飯をBに加え、混ぜる。
 5.フライパンの鍋肌にをジューとさせ、全体に混ぜ合わせ、出来上がり!
 6.ごまをトッピングしました。

レストランなめこの味噌汁と漬物でお昼はおしまい!
  残った炒飯jは、おにぎりにしました。

炒飯のおにぎり

今日、お店に来てくださった片瀬那奈似のお嬢さん。
宮崎から行らしたとのこと。

彼女と色々話をして、とっても一生懸命なものの考え方、感じ方。
そして、とっても明るくチャーミングな女性でした。
その彼女が言っていたこと。
「仕事の9割は大変なことばかり。
 1割の楽しみがあるからほとんどの大変を乗り越えられます(^^)」
魅力的な女性が背中を押してくださったような素敵なお客様でした。

17時の伊丹行きの飛行機で帰られると急いでお帰りになりました。
今日、一番うれしい出会いでした。



              
 
レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします。



ラベル:炒飯
posted by まさ at 21:44| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ごはん・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すっご〜〜〜い!宮崎からわざわざ。30分の距離を苦にしていたら、罰が当たりますね。

今日のお昼は、シンプルにペペロンチーノにしました。
にんにくを焦がさないようにして炒めているときの、あのいい香り〜〜〜。幸せな気分になりますね。辛いのが好きなので、鷹の爪は種を出さないで作ったら、結構好みの辛さになりました。(激辛という程ではなく)しかし、乳化がもう一つなんですよ。料理の道に進んだ教え子に教えてもらおうかと思っています。
だらみも美味しそうでしたね。私も、全く同じ食べ方です。
Posted by きたきつね at 2009年01月18日 12:48
◆きたきつねさん
 そうなんですね。
 私が1人出なかったら、空港まで送っていってあげたかったです。
 
 ペペロンチーのでしたか・・・。
 そ!にんにくは、豊かな香りです。
 中々辛いのがお好きなのですね( ・v・)σ
 乳化は、理科の時間を思い出して!
 コショウだってとりあえずの乳化剤になりますよ!
 「だらみ」は、ほとんど男に食べられてしまいました。。。。
Posted by まさ at 2009年01月18日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。