2009年02月17日

大根菜の粕煮

立派な葉っぱのついた大根
葉っぱを捨てるのもったいなくって・・・。
葉っぱを湯がいてから、冬の定番「粕煮」を作りました。

大根菜っぱの粕煮

【材料】
 大根菜・・・2本分
 大根の皮・・・1/2本分の皮
 人参・・・中1/2本
 ごぼう・・・1/2本
 油揚げ・・・2枚
 しいたけ・・・2枚
 「豪農」みそ・・・大さじ2
 酒粕・・・大さじ2
 料理人・・・大さじ1

【作り方】
 1.大根の葉をたっぷりのお湯で茹で、5p位長に切る。
 2.大根の皮、人参、ごぼう、油揚げは細く千切りに、しいたけも戻して千切りにする。
 3.大さじ2の油を熱して、@Aを炒め、調味料で味付けをして出来上がり!!

レストラン祖母がよく作ってくれた「煮菜」を思い出します。
  冬季用に干してとっておいた大根菜を戻して作るものです。
  必ず打豆が入っていました。もっと、粕、みそをたくさん使っていた記憶があります。
  子供達が粕をあんまり・・・。だったので、だんだんこんなあっさりに変化していきました。
 
  そういえば、鮭が入っていたような気もします。。。。

  今日は、とっても冷え込んだ寒い寒い日でした。
  凍えていました。
 



 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします


ラベル:粕煮
posted by まさ at 22:05| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
煮菜・・・懐かしいな。

干してあった菜で作る。 結構塩辛い思い出が
あります。そうそう〜打ち豆は必須。
油あげ、しらたき、しいたけ、たけのこ など入れて。
これは 越後のお料理です。

亡き義母のお料理でしたが 自分では
作ったことがありません。

新鮮な青菜が お店に各種 出ていますね〜〜
我が家は ゆでただけで
ポン酢、鰹節でも いただきます。
カルシウムが 多いので、骨粗鬆症にいいしね。

硬めにゆでてから 『煮菜』風に 他の材料と 炒め煮を 作ることもあります。
さつまあげも 細めに 切って入れると結構おいしい。
Posted by たぬちゃん at 2009年02月18日 17:15
◆たぬちゃん
 うれしい!!
 そうそう、いろんなのが入ってた・・・。
 干したのでなくて、塩漬けよ!
 塩漬けにして保存してたのもあったみたい。
 塩出し加減で塩辛かったりもしたわよね。
 
 酒粕を加熱するといいとか何かで言っていたわ・・・。
 硬めに茹でた「煮菜」風…私のもそういう名前に変えないとね。
 たまに新鮮より老ねた味わいもいいかも(゚_。)?
Posted by まさ at 2009年02月18日 20:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。