2010年03月10日

里芋のクリーム衣

以前から気になっていた鳥骨鶏の卵で作るプリンを
お誕生日のプレゼントにと自分で買ったものが今朝届きました\(^o^)/

10-03-10-1.jpg

10時に3時に2度も食べちゃいました。
カラメルの量も私にはぴったり(カラメル大好き人間はもっと…といっていたけれど・・・)
なめらかで、濃厚で、十分満足させてくれるソフトタイプのプリンでした。
メルシーノグチさん、とってもおいしかったです<(_ _)> 
さいたま市見沼区大谷1774-1
http://merci-noguchi.jp

今日の冷え込みは、冬に逆戻りです。
こんな日は、やさしい味が恋しくなります。

10-03-10-2.jpg

焼き麩を2等分して、丁寧に取ったおだし(鰹節+アゴだしのWだし) に料理人少々で
うす〜い、おだしたっぷりの味で煮含めました。(スープも美味しくいただけます)
みつ葉をどっさり、トッピングです。


・・・● 里芋のクリーム衣 ●・・・
10-03-10-3.jpg

【材料】
 里芋(大)・・・7つ
 ハインツホワイトソース・・・1/2缶
 豪農・・・大さじ2
 キャビア・・・大さじ2

【作り方】
 1.たっぷりのお湯に豪農味噌を溶かし入れそこに皮をむいて一口大に切った里芋を煮る。
  (以前ご紹介しましたが、里芋を煮る時に味噌を入れると吹きこぼれません!)
  下味をつける意味でも、今回は美味しいお味噌を使いました。
 2.@が柔らかくなったら、フライパンにホワイトソースを温かくしておいたところに
   里芋(スープを切りながら…少しくらいはいってもOK!)を入れて、
   ホワイトソースで里芋を包むようにする。
 3.お皿に盛りつけて、今日はあったのでキャビアをトッピング*^^*


レストランキャビアの塩味とうっすら付いた里芋の味噌あじが単純なホワイトソース衣にならず
  あぁぁぁぁ。。。食べすぎです(^^ゞ 
  やさしい柔らかい里芋とホワイトソースがとってもマッチの一品に仕上がりました。








ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋


posted by まさ at 21:43| 新潟 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日は所用で横浜へ行ったので、中華街に寄ってお茶とか江戸清の肉まん(小さくて焼くやつ)買ってきて、なんかおなかいっぱい。笑 同發のココナッツのタルトも実は買いました。爆

里芋の写真を見て、タイカレー食べたくなった〜。鱈と里芋と竹の子、白菜なんかが入ったココナッツカレーです。よくパリの中華街で食べてたもので。

味噌とホワイトソース、やめられない、とまらないッでしょ?ふふふ。なんか判りますわ。ぶひ〜〜。

Posted by ぴーたろー at 2010年03月10日 22:27
ああ、江戸清も同發も横浜中華街の老舗です。ご存知ですよね、きっと。
Posted by ぴーたろー at 2010年03月10日 22:29
きゃ、きゃびあ♪
白いクリームの上に散った、黒いプチプチ。
コントラストが美しいですね。シンプルで。

お取り寄せプリン、いいですね。
がんばっている自分をいたわる、おいしいプレゼント。
Posted by みつみつ at 2010年03月10日 22:59
おはようございます!
美味しい卵を使ったプリン、
想像するだけでヨダレが出そうっ。
1日で2個食べちゃうのも納得です。^^
お味噌で下味を付けた里芋を
ホワイトソースで和える?
わ〜、これはいいことを教えて
もらいました〜。
シチューにすることしか思いつき
ませんでした。
キャビアの代用としてカリカリベーコン
でもいけるかな・・・。
Posted by marron at 2010年03月11日 06:50
プリン美味しそう!
私プリン大好物なんですよ〜
安いのから高いのまで何でもいっちゃいます。
昔は牛乳を入れるだけのプリンをどんぶりで
作って食べてました。

あ〜プリンが食べたくなっちまった。
Posted by 新潟米販売おやじ at 2010年03月11日 09:24
ふのお料理は良くわからなかった・・

〔新潟に来てこの大きな焼き腑初めてお目に?かかりました)

こんな使い方があったのね^^
メモメモ・・・

この感じはスペインのレストランで食べた
スープににています。魚がはいっていましたが・・・(チョット癖があります)

さといもとホワイトソースコレも目からうろこです^^;

「たかなし」のプリンが美味しいのですが最近見かけない・・・・注文品なのね・・たべたぁ〜〜い!!
Posted by もこ at 2010年03月11日 11:29
お取り寄せとはプリンだったんですね♪
なめらかで濃厚…美味しそう(*^^*)

麩も優しい味なんだろうなぁ。
みつ葉どっさり、これまた食べたい(^^;)

わっ!キャビアだー\(◎o◎)/
Posted by やんこ at 2010年03月11日 12:03
◆ぴーたろーさま
 それは意外なココナッツカレー。
 日本ではなかなか…。
 いいえ、新潟では絶対にお目にかかれません。
 鱈と里芋と竹の子、白菜なんかが入ったココナッツカレー・・・
 いつか見つけて食べたいわ!絶対!!!!
 わかってくださいました?!お腹パンパンでしたよ、昨晩は…(^^ゞ

 横浜中華街の老舗の江戸清も同發も未開地です。ドイツワールドカップの折、横浜に2度目でした。きりちゃんに連れて行ってもらった中華のお店ももう忘れちゃったもので…(恥)


◆みつみつさん
 はぁ〜い、とってもおいしいプリンでしたよ^^
 いたわりすぎて、お肉になったらどうしましょ!!
 食べたら、もう忘れる!
 次へのステップということです。
 あれ?次へどうステップしようかしら…。


◆marronちゃん
 ホワイトソースに少し熱をかけると軟らかくなったところで和えたのです。
 そうですよね。
 普段だったら、ベーコンはいいアイディアですよね^^
 その方が食品らしい色ですしねー^^
Posted by まさ at 2010年03月11日 20:57
◆新潟米販売おやじさん
 そう、森永でしたっけ?ハウスでしたっけ?
 粉が売っていましたよね。
 その味が大好きでした。
 それが一番おいしかった(好きだった)こと忘れられませんね。
 

◆もこさん
 そう!スペインにありましたね^^
 バケットらしきものをふわふわにしてコンソメとニンニクのスープに浮かせていたsopaでしょ!
 私も思い出しました。
 スペインからは5年以上も経ちます。
 
 たまに自分にご褒美ですよ!



◆やんこさん
 やんこさんの笑顔が思い出されます。
 きっといいママなんでしょうね。
 お母様から受け継いだ味覚、感性を子だもたちに伝えているんですね^^
 
Posted by まさ at 2010年03月11日 20:57
プリンは 永遠の おやつだわ〜〜
子供から老人まで。笑
鳥骨鶏の プリンや カステラ
いろいろありますね。
私もお取りよせしてみましょう!

車麩・・・両親が スーパーで見つけて
何度も『新潟は珍しいものがいっぱい売ってる』と 感激していますよ〜〜
Posted by たぬちゃん at 2010年03月13日 07:28
◆たぬちゃん
 美味しかったわよ〜〜。
 クリーミーで濃厚で…。
 「鳥骨鶏」って、違うんでしょうかねぇ。
 
 大きな山を越えてこちらにいらっしゃったんですもの、珍しいものが並んでいるのでしょうね。
 車麩は、新潟独特らしいですもの。
Posted by まさ at 2010年03月13日 16:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。