2010年03月16日

大豆つながりネバネバ丼

明日朝早々に出かけて2日間東京です。
東京の今日のお天気は、20度を越えたとか…。
なのに明日は、また寒くなるそうで…・。何を着ていったらいいのでしょう??

「東京は何でもOK! 何着てても恥ずかしくないところよ!」とよく聞きます。
最後の決断には、いつもこの言葉が背中を押してくれます。
まだ何も準備していないのですよ(;^ω^)

ミツカンさんの「金のつぶ あらっ便利! ほね元気3P」の
☆ネバネバ丼のレシピコンテスト挑戦中☆  です。

     
10-03-16-1.jpg

味噌風味きんぴら※1 + 合挽きそぼろ※2 + ネバネバ納豆 +  菜の花のお浸し 
きんぴらごぼうとそぼろには、味噌をしのばせて味噌風見にしてあります。
納豆の主原料大豆は、「畑の肉」と呼ばれているでしょ!
大豆を使った味噌風味にして、大豆で仲良く『友達の輪(^^)V』…そんな丼をめざしました。

味噌風味きんぴら》※1
 【材料】
  ごぼう・・・1本
  人参・・・1/3本
  つゆ・・・大さじ2
  味噌・・・小さじ1
  砂糖・・・小さじ1
 
 【作り方】
  1.ごぼうと人参はできるだけ細い千切りにし、ごぼうは水に晒しておく。
  2.フライパンにサラダオイルを大さじ1熱し、水を切ったごぼうに火を通す。
  3.人参を加え炒めまったらつゆ味噌・砂糖で味を調え、蓋をして煮含める。 
  4.全体がしんなり、水分がごぼうと人参に移行したころが出来上がり。
    (お好みで砂糖、味噌の分量を調整あれ!)
  本邪魔にならないきんぴらに仕上げるため、細く切ることと、しんなりさせることがポイントです。

合挽きそぼろ》※2
 【材料】
  合挽き肉・・・100g
  つゆ・・・小さじ1
  味噌・・・小さじ2
  砂糖・・・小さじ1
  とうがらし・・・少々
 【作り方】
  1.ひき肉に、つゆ味噌・砂糖をまぜておく(そぼろになりやすい)。
  2.テフロンのフライパンに@を入れ中火で混ぜながら加熱する。
  3.十分に火が通って、水分がなくなる一歩手前でとうがらしを少々振る(香り付け)。
    (辛いものが苦手なら、生姜のしぼり汁を小さじ1/2を@に加えるとよい)


10-03-16-2.jpg


レストラン軟らかく煮含めたきんぴらごぼうとそぼろの味が懐かしい味噌味でしたので
  納豆に添付してあるゼリー状の醤油は2/3に。
  分量を変更することがとっても簡単で「あらっ便利!」
  お醤油をカットするときに手に付かないだけじゃないのですね^^
 
  菜の花のお浸しも季節限定ですから、
  白ゴマで風味豊かにするっというのも、いいかもしれません。


これから準備して、明日、東京サお上りしてきま〜〜す!




ネバネバ丼レシピコンテスト参加中!



ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋


posted by まさ at 21:00| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん・餅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。