2010年09月14日

初めて鮭一匹卸した‼‼

北海道の石狩の母の友人から大きな、大きな大きな鮭が届きました。
いつもなら、母が卸すのです。
10-09-13-1.jpg


ところが、「解体新書」ターヘルアナトミアをしたのは杉田玄白ならぬこの私‼‼‼
初めての体験です。
いっつも脇で(いいえ、見ていません)、私のすることではないと思っています。
正直近くの魚屋さんにもっていってお願いしようかとも思いました。
失敗してもなんとかなる!(母もいるし…)

ただ、カンカンの冷凍状態で届いたので、半解凍〜解凍気味で卸すのが一番仕事がしやすい
それはわかっているのです。

はい!初めての体験。右に左に向こうにこっちに…ひっくり返したり
はぁはぁ、ふぅ〜ふぅ〜言いながら、
中々ひどい、成仏できたかしら?この鮭さん。「解体新書」にございました。

骨に付きすぎたお肉は、スプーンでかきだして、明日へのお楽しみ。
いくらは、ほぐしてイクラの醤油漬が、大瓶一本(インスタントコーヒーの大瓶)。
骨と頭と内臓は、胴ガラナワタ汁と言って、味噌汁に。(熱湯で臭みを取ってから、味噌汁にします。)

10-09-13-2.jpg


鮭の切り身は最初は、ブラックペッパーとローズマリーの香りを付けてたっぷりのレモンで頂きました。
10-09-13-3.jpg


オーブンには、皮つきのままのじゃがいもを一緒に焼いて…。


5時半過ぎてからの解体ショウでしたので
イクラの醤油漬まで作ったので、お夕飯がうんと遅くなりました。

母は、祖母のを見て私はうまくなってといつも言うのですが、
私はこれ以上、上手になりそうになりません。
それにこんな大きな鮭を頂く機会もないでしょう。あっても私は魚屋さんに直行です!!

とってもいい経験でした。
私に卸された鮭は、実験台でとってもかわいそうでしたが、
その分、美味しく作りますから、許してね(^_-)-☆

今日は、わたしの「解体新書」の巻にございました。







 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ



ラベル:
posted by まさ at 22:38| 新潟 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えええ゛?意外や、意外!
こんなこと、お茶の子さいさいかと思ってましたわ〜〜。

普通じゃそうはなかろうけど、薔薇さんちなら当たりマエダのクラッカーかと。

パリではなるべく一匹丸々買って、あれこれ切り分けて冷凍したり即食べたりでどこも余すことなく、重宝してましたお鮭さまです。笑  あ、冷凍じゃなくって生のです。

いつだったか、近所のワインバーのマスターに鮭一匹云々の話をしたら、お向かいの魚屋さんに頼めばって。昔ながらのいつ店じまいしてもOKな魚屋さんがその向かいにありまして、でも、まだ頼んでません。笑
Posted by ぴーたろー at 2010年09月14日 23:26
偉い!!
解体新書やったんですね☆
ターヘルアナタミア・・・杉田玄白・・・オマケにそれを描いた小田野なおたけ(角館)
お疲れ様でした。
私もお魚の解体はちょっとぉ〜〜〜無理。
うちもお義母さまの係になってます。

一匹まんまの鮭は、いろいろとお料理にされてたっぷり〜頂けそうですね!!
Posted by きりちゃん at 2010年09月15日 00:06
すごいすごい^
力もいるし道具も大事ね。
昔は 塩引き 1本のお歳暮も
多かったわ=

私も 格闘した経験あり、、、なんどか。

ブログ参照(^_-)-☆
もう、やけ食い、やけ酒、買い物依存症だわ〜〜
(冗談ですよん)(__)
Posted by たぬちゃん at 2010年09月15日 08:54
おはようございます〜。
鮭の解体お疲れさまでした♪
魚体が大きいので女性の細腕には無理!
と腕は太いですが鮭の解体は放棄している私です。
過去にマコトの指導を受けたこともありますが、
鮭の血合いは強烈で真っ赤になったまな板にクラクラ(@_@)
ちゃちゃっと解体するマコトを見て「男の仕事!」を実感です。
骨と頭と内臓までしっかり食べてもらえれば鮭も成仏するでしょう。
最高の供養だと思います〜(^^)v
Posted by いづみや女将 at 2010年09月15日 10:25
◆ぴーたろーさん 
 いえいえ、そんなぁ〜家に母が今いるもので…。
 かかりは係です。まだ依存しています。
 私のできる魚はちっちゃい系のみ…(^^ゞ
 途中でヘルプ〜〜と言ったのですが
 上手、上手とほめあげられた揚句、
 ズドォ〜〜ン!!と落とされました。
 「こりゃ、下手だわ!!」
 あぁ〜〜、しょっく。。。。。

 はい、私もお魚屋さんに依存という奥の手を持っています^^
 北海道から送ってくるのに冷凍してから送るのでしょうね。たぶん、今の新しいとれたてのはずです。
 
Posted by まさ at 2010年09月15日 16:36
◆きりちゃん
 大変なことにございました。
 お宅もお母様??
 係はいつまでも元気じゃないとちょっと出しゃばったのです。
 ま、好奇心ってものがね、ウズウズしたのでした。
 もう、凝りましたけれど…。
 そうですか、角館の方なのね。小田野 直武氏( ..)φメモメモ
Posted by まさ at 2010年09月15日 16:39
◆たぬちゃん
 塩引きは輪切りにして骨外すという奥の手があるのでした。
 生は、滑って、ヌルヌルしてこりゃもうお手上げです。
 すてきなワンピー楽しみだわ〜♪
 ネックレスもトータルで…。
 この前のピンクもかわいかったけれど。See you!
Posted by まさ at 2010年09月15日 16:41
◆いづみや女将さん
 そう、私のような細うでには無理無理(にまぁ〜〜)
 >過去にマコトの指導を受けたこともありますが、
鮭の血合いは強烈で真っ赤になったまな板にクラクラ(@_@)
 血合は傷つけずに済みましたが、敷いた新聞紙はボロボロ、新しいまな板を使わなければよかった…。
 マコトさんと言う強〜〜い味方がいて、うらやましいです。(プロですものね)
 
 最高の供養だなんて、うれしいお言葉!涙が出ます。
Posted by まさ at 2010年09月15日 16:45
我が家には母も頼もしい料理人の夫も居ないので
自分で頑張りますよぉ〜(T_T)
でも「3枚おろし」とやらをすると身も骨も均等な
3枚になっちゃいますけどね(爆)
Posted by まる at 2010年09月16日 23:02
◆まるさん
 えらい!!
 がんばれ、まるさん!
 人柄ですよ!
 3枚平等の厚さに…(はは、それとは違うか…)
 謙遜なんでしょうに、失礼しました(^^ゞ
Posted by まさ at 2010年09月19日 15:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。