2010年11月19日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part3

楽しみに寝て、めったに見れないものだそうなのです。
もしも見れたら起こしてくださいとお願いして、朝6時に起こされました。
「今日は 見れるようです!」
あわてて、起きて身支度して大急ぎで出発です‼


それって、「風伝おろし」
10-11-15-1.jpg
私の見たのは、まるで龍が山からの谷間に向かって下りてくるよう!
想像していた靄のような朝霧とは全く違うド迫力なものでした。

本来「風伝おろし」とは、天気のよい晩秋の朝、
熊野古道の通り峠方面から、
まるで雪崩のように朝霧が下りてきます。
雨の後、翌日が晴れになる時に多く見られ、晩秋から冬にかけてが一番きれいだそうです。

こういう自然現象は、いつでも見れるというものではないですよね。
昨日までの黄砂はようやく晴れ、やっとの青空です。
といっても、地元の方に言わせると、まだ、黄砂が残っていてはっきりした青空ではないそうです。

今日は、熊野本宮と千枚田を廻って、吉野経由で、大阪に向かう予定です。
10-11-15-2.jpg
八咫烏の黒のポストがありましたよ^^
ここで郵便物を出すと八咫烏のスタンプを押してもらえるのかしら?

吉野の山は、丁度紅葉の見ごろ。
ところが雨がぽつぽつ当たってきて、せっかくの青空は、涙にぬれてしまいました。
10-11-15-3.jpg

思いのほか大阪に戻るまでの時間がかかってしまい飛行機に間に合うかドキドキもの。
それでも、ちゃんと間にあって、無事帰宅できた花丸の関西紀伊半島の旅でした。

訪れて初めて知った今まで知らなかったこと!
南方熊楠のことだってもっと知りたかったのに…。次回へ気持ちが膨らみつつも
飛行機の中では爆睡でした。

posted by まさ at 23:45| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170157324

この記事へのトラックバック

伊勢神宮、そして熊野古道...
Excerpt: 友人から伊勢神宮には詣でるべき... と言われていたので、 超ハードスケジュールの中、伊勢と南紀州へ。 南紀は東京からもっとも移動時間がかかる場所のようで、 そんな中、慌ただしい旅を楽しんできた。 h..
Weblog: Guess Donata ?
Tracked: 2010-11-25 19:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。