2010年08月31日

アサリのガーリックトマト煮_忍味噌

暑い暑いと言い続けた8月も今日で終わりです。
8月が終わるということは、8/12=2/3 一年の2/3が終わってしまいます。
今年の初めてにこんなであってほしい…。とささやかに掲げた思いは未だ達成できずにいます。
心引き締めて、残り1/3を過ごしたいものです。

10-08-31-1.jpg

ささやかな夕べです。
いつもなら一品をドカァ~~ン!!と写真撮りするのですが、こんな感じもいいかと思って…(笑)

今日のメインに作ったものは、
なんという命名なのでしょう。。。。
『アサリのガーリックトマト_忍(ぶ)味噌」です(^^ゞ

私の得意のトマト+味噌バージョンです。
10-08-31-2.jpg


【材料】
 アサリ(大粒)・・・1パック
 玉ねぎ・・・1個
 にんにく・・・1片
 インゲン・・・18本
 アンチョビー・・・適量
 豪農味噌・・・大さじ1.5
 トマトホール缶詰・・・1缶

【作り方】
 1.オリーブオイル大さじ1にニンニクの香りを移したら、千切り玉ねぎをしんなりするまで炒める。
 2.全体に火が通ったら、 ホールトマトをつぶしながらジュースと一緒に加える。
 3.よ~く洗った、アサリをAに投入したら、口の開くのを待って、インゲン、アンチョビーを加え
    豪農味噌で味を整えたら、出来上がり。

これを煮込んでいる間に、じゃがいもと豚バラのブラックペッパー炒めで、つまみがもう一品。
10-08-31-3.jpg



しつこいようですが、どうしてこんなに暑いのでしょう。
真剣に考えると、背筋が寒くなってきます。
私たち、こんなにのほほぉ~~んとクーラー付けたり、車で出かけていいのでしょうか?
以前は、こんなにクーラーは絶対つけませんでした。
室外機の脇を通る時の不快さ…。
(冷たい空気を作る脇であっつい空気を排気していることをついつい忘れがちです)
車の排気ガスだって同じこと・・。
こんな支離滅裂なこと、実行が大して伴っていないのに…と思うのですが…・・(-_-;)
ちょっと、こんなことも思う女将まさにございました。







 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


posted by まさ at 21:50| 新潟 ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

豚ロースの味噌屋風イタリアーノ

今日は処暑。
まだまだ猛暑日の新潟にございます。
とはいえ、2〜3日前に夜細々した虫の音を聞きました。
少しずつ、すこしずつ秋に向かって進んでいるのですね。

トマトで味噌屋風のソースを作って、ポークソテーにタップリつけていただきました。

10-08-23-1.jpg


【材料】
 玉ねぎ・・・1.5個
 にんにく・・・1片
 オリーブオイル・・・大さじ1
 トマト(中)・・・3個
 豪農味噌・・・大さじ1
 胡椒・・・少々

【作り方】
 1.玉ねぎとにんにくはみじん切りにして、オリーブオイルできつね色になるまで炒める。
 2.トマトは、フォークにさして、コンロにかざして皮をむいたら、ざく切りにして@に加える。
 3.Aのトマトに火が通って、しんなりしてきたら、 豪農味噌、胡椒で味を整える。
 (トマトの酸味や玉ねぎの甘みに応じて、豪農味噌の量、あるいはレモンの搾り汁を加えてもいい)

10-08-23-2.jpg

レストラン塩・胡椒してソテーしたポークにたっぷりかけていただきます。
  トマトと豪農味噌の相性は抜群!!!トマトには、酸味と甘みが同居していますから
  豪農味噌の味わいがトマトの酸味を押し上げてくれたり、加える塩味とともに味噌のアミノ酸成分が
  うまみとして相乗効果をしているのでしょう。


今日、1つこの秋に向けて決定したことがあります^^
これを励みに今、滞っていた仕事を一挙に片づけて弾みをつけようと意気揚々としているところです。
ずっと休暇を取っていたスタッフも戻ってきました。自分の仕事にテリトリーを移行できます。
少しずつ、今までのペースに戻していけそうです。







 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


posted by まさ at 21:28| 新潟 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月05日

きゅうりのリボンサラダ

ここ連日仕事を終える時間が遅くなっていて、買い物に行って帰ってくると夕食準備のスタートが遅め・・・。
だからと言って、急いでみても最近はマイペース。
連日夕食の開始時間が遅くなっています。

「できました~~♪」の掛け声の前に
一人撮影会してからでしょ!!
ははは。。。
昨日も今日もたかがのメニューなのに数枚ずつのUPです。
(笑ってやってください、見てやってください^^)

10-08-05-1.jpg


《手羽元の酢・醤油煮》

まるさんの豚の角煮+卵煮 を見てたら、ほっこほこする卵を食べたくなって・・・

10-08-05-2.jpg


これに野菜が必要でしょ!!

《きゅうりのリボンサラダ》です。

10-08-05-3.jpg



【材料】
 きゅうり・・・2本
 ズッキーニ(小)・・・1個
 サラダ用海老・・・10尾 (ボイルしてサラダ用として販売してあります)
 ミックスビーンズ・・・1袋
 マヨネーズ・・・大さじ1
 レモン汁・・・大さじ1
 
【作り方】
 (そんなもの恥ずかしいのですが…)
 1.きゅーりとズキーニはピーラ―でリボン状にpillする(こういう言い方でよいのでしょうか?)。
 2.@は一つまみの塩でしんなりさせてたら、洗ったビーンズと海老を一緒に盛り合わせて
 3.マヨネーズとレモン汁を合わせておいたソースをつつつーーーーっとかけたら、出来上がり^^

これは、ichliebeesさんのサラダ にヒントを頂きました。

10-08-05-4.jpg


きゅうりがまるで新体操のリボンのようでしょ!!
長~~いのを半分にカットしたんですよ。
ちょっともったいない気がしました。だって、長~~いほうが、
どうしたのこれ??って聞かれそうな  豪華そうな・・・
ちょっとやったぁ~って感じがうれしかったんです。
(そんなん誰も思わないことの方がいっぱいですよね、きっと。
 私って、そういう変なこと思いながらキッチンに立って一人の時間を楽しんでいるのです…)


スタッフがまだ若いのに昨日手術で入院中です。
彼女の仕事をほとんど私が一手に引き受けてて私の仕事は全く進みません。
滞っているのですが、日々の仕事をしっかりこなす方が先決の現在です。









 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:25| 新潟 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

豆乳ぜりー_じゅんさいスープ

今日は私が料理を作る時になくてはならない『料理人』がいきた2品。

私は、今となってはだしを取ってまで煮ものをしたり、
難しいだしの種類と相性はすっかり忘れてしまった感ありです(^^ゞ

こんな私にしたのは山田屋の『料理人』!‼

みりん入れたらいいの?お酒?何を足したら美味しくなるの??わからない・・・そんな経験ほとんどありません。
私にはいつも『料理人』という強~~い味方がいるからです。

で、

今日はその、色白仕上げのスゴ味の『料理人』を生かした2品を作りました。

〜・その@・〜
ウニとアスパラ on 豆乳クリームゼリー―じゅんさい入り料理人スープ
10-08-04-2.jpg


【材料】 5C分
 ゼラチン・・・大さじ1
 豆乳・・・400cc
 生クリーム・・・100cc
 ウニ・・・10〜15ピース
 アスパラガス(細)・・・5本(上部1/2)
 じゅんさい・・・大さじ5
 料理人・・・大さじ3
 酒・・・大さじ3
 水・・・300cc

【作り方】
 1.ゼラチンを少量の水でふやかしたら、豆乳でゆっくり溶かし、火からおろしたら生クリームを加え、
   器に流し入れ、荒熱がとれたら冷蔵庫で冷やし固める。
 2.酒を煮切って、料理人とじゅんさいと水を加えて、冷蔵庫で冷やしておく。
 3.アスパラガスは、電子レンジで加熱して3等分に切っておく。(1本の半分を3等分して1カップに使用)
 4.@が十分冷えたら、カットしたアスパラとウニをトッピングし、Aのじゅんさいスープを注いだら出来上がり。


レストランきゃほ~~!!
  3%のゼラチンのウドは絶妙でした*^^*
  豆乳に生クリームをプラスして、深い味わいに^^




〜・そのA・〜
酒の焼き漬け 白髪ねぎと針生姜を添えて・・・
10-08-04-3.jpg


【材料】
 鮭・・・4切れ
 オクラ・・・8本
 料理人・・・大さじ3
 酒・・・大さじ3
 水・・・300cc
 ネギ・・・1/2本(白髪ねぎ用)
 新生姜・・・1片(針生姜用)

【作り方】
 1.生鮭は、縦横にカットして4切れにし、魚焼きで焼く。
 2.酒を煮切って、料理人と水を加えておく。
 3.@の焼けた鮭をAの漬け液に漬け込み、冷蔵庫で冷やしておく。
 4.茹でたオクラと白髪ネギ、針生姜を添えて出来上がり。

レストラン魚の臭みが漬けておく間にとれたような気がします。
  それに冷蔵しておけば、1週間くらい保存期間が延びるってのもうれしいです。
  1つ反省…・鮭の骨と白髪ネギが見間違うのです。口の中でも識別できなかったり…。 
          鮭と白髪ねぎは併用すべきでなかった…・(大きな反省)



10-08-04-1.jpg

 
明日も今日より暑くなると予報です。
しっかり風邪を治して、8月を楽しまなくっちゃです。
楽しめるからだでいれるよう、正しい生活しましょうね^^
(正しい生活ってどんなもんだ?)








 

ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ




posted by まさ at 23:35| 新潟 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

トマトでメキシカンソース☆

今日はいただき物がたくさんあって・・・。
うれしいことです。

きゅうりとトマト
そして、私にとっては今シーズン初の枝豆\(^o^)/

10-07-13-1.jpg


舌平目のムニエルにトマトでメキシカンなソースを作ってみました。


10-07-13-3.jpg



きゅうりは生姜と塩と華で漬けた浅漬けです。
向こうの枝豆は撮影用にちょっぴりですが、この3倍…、いえ5倍は食べましたね。
うぅ〜〜ん、美味しかった!!!!


10-07-13-2.jpg


舌平目は近海で上がった新鮮もの。
うろこを取って頭を落として内臓取ればいいだけでおいしさ抜群です。

付け合わせは、ポテトとインゲンとマイタケと椎茸です。






ブログランキングに参加しています          
レシピブログ      


にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:09| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

トマト醤油

私の体の中はまだまだワールドカップ真っ只中です。
日本が負けても、その後の情報を追っかけたり
(海外の日本に対する評や、先週の動向が気になるのです…)
他の国の対戦様子だってもちろん大いに気になりますよ!!!
以外にも簡単だった強豪南米チームたち・・・・。

でもでも、パラグアイだけは違っていましたよね。
パラグアイの善戦をみると日本もひょっとしてひょっとしたら
ベスト4は夢ではなかったかもなんて、夢のまた夢を追いかけたりしてしまいます。

あのPKでの敗戦は、力の差と、私なりにあきらめがついていたのですが…。
パラグアイとスペインの試合を見たら、うぅ〜〜〜ん、パラグアイもなかなかやるじゃない!!!

・・・・・・

「賽は投げられた。もう日本は次のステージを見据えているのです。」

と、わかっているのですが
まだまだ、わたしのなかのWCは盛り上がっているのです〜〜〜!!!!!(イエ〜〜ィ!!)



さてさて、我が家の夏の定番ソースです。

10-07-04-1.jpg



【材料】
 トマト・・・半分
 レモン汁・・・半分
 華(塩分ひかえめ醤油)・・・100cc

 ●ポン酢の代わりにも
 ●ドレッシングの代わりにも
 ●醤油としても

10-07-04-3.jpg


鮭のムニエルに大根おろしをたっぷりかけて
トマト醤油をかけてさっぱりと!!

さらにサラダには、オリーブオイルをさらにプラスして…。


10-07-04-2.jpg



これから冷製ディッシュに色々幅広く使えます。
トマトが甘くおいしくなって、トマト醤油の美味しい季節がやってきます〜〜♪






ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 23:09| 新潟 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

柳カレイ_ニラ醤油

以前、このブログに引越す前に紹介したことのあるソースです。
何に付けて紹介したかも忘れちゃいましたが…。

ちょっと香りを消したい!
なかなか強烈なのですが、香りづけにはもってこいです!

10-06-07-1.jpg

実は昨日買っておいた柳カレイです。
昨日は、夕方出かけたのでアジのお刺身を取るので精いっぱい…。
そのガラでみそ汁も作ったり、付け合わせを…なんてうちに  
はい!時間切れ!! もう、ビールの栓を抜いている人がいます!

えぇ〜〜〜!待ってよ~~~.。.:*・゜(´^`)゜・*:.。.

そんなんで、今日に持ち越したチルド入りの柳カレイです。

【材料】
 柳カレイ・・・4尾
 ニラ・・・1/2束
 塩分ひかえめ「華」醤油・・・20cc

【作り方】
 1.柳カレイは頭と内臓を落とし、うろこを落としたら、塩コショウ・小麦粉をまぶして、
   サラダ油で両面焼く。
 2.ざっくり切ったニラをフードプロセッサーに入れ、カッターを回したら、
   最後に を加えてペースト状にする。
 

レストランこれで、もしかして、ちょっと匂いがついたかしら・・・?なんていうときにもOKです^^
  ニラの香りが魚臭さをマスクしてくれます。
  この「ニラ醤油」って、お湯を注いでスープなんかにもなっちゃいますよ!
  +ごま油で中華風スープの出来上がり! 下手なラーメンスープ以上です。
  2~3日は冷蔵庫でも保管可能ですから、インスタントスープにもってこいです。

10-06-07-2.jpg

今日は、スチームケースでの温野菜を付け合わせにしました。








ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ
posted by まさ at 22:29| 新潟 | Comment(9) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

豚ロース_トマト味噌ソース

10-05-23-01.jpg


チーズ
+
豚ロ−スのソテー
+
蕪のソテー
+
トマト味噌あじソース


●つけ合わせ
 ブロッコリー
 じゃがいも


【材料】
にんにく・・・1片
玉ねぎ・・・1個
オリーブオイル・・・大さじ1
ダイストマト缶・・・1/2缶
アンチョビー・・・少々
新潟米仕込味噌「延齢」・・・小さじ2
だししょうゆ「料理人」・・・小さじ2
ローリエ・・・1枚


【作り方】
 1.みじん切りにしたニンニクと玉ねぎをオリーブオイルできつね色になるまで炒める。
 2.トマト缶、アンチョビーと新潟米仕込味噌「延齢」だししょうゆ「料理人」を@と一緒に
   フードプロセッサーにかけ、ローリエを加えて、ちょうどよい硬さになるまでつめたらソースの出来上がり。




10-05-23-02.jpg

ソースの上に、

輪切りにした蕪をソテーしたものを(薄く塩コショウして・・・)

その上に豚ロースをソテーしてチーズをとろけさせたものをのせて



レストランちょっぴりご馳走風に見えちゃって
  ナイフとフォークでうれしいディナータイムでした。
  


父のレンズを使って撮った庭のシャクナゲです。

10-05-23-03.jpg

レンズで写真が変わるというほど素敵な写真を撮れるようになりたいものです。







ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋
posted by まさ at 22:59| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

ギンバソウに海鮮ソースをのせて

「ギンバソウ」という海草をいただきました。
佐渡の海草だそうで、
サッと湯がいておひたしに・・。

でチョコット、トッピングソースに懲りました。

09-11-23.jpg

【材料】
 ホタテ・・・3こ
 スモークサーモン・・・スライス2切れ
 長いも・・・5センチくらい
 明太子・・・1センチくらい
 とんぶり・・・大さじ2
 マヨネーズ・・・大さじ1
 ・・・大さじ1

【作り方】
 1.ホタテ、 スモークサーモンは小さいサイコロに切って、明太子は皮を取り除いておく。
 2.
長いも
は、
はすりおろす。
 3.マヨネーズに
明太子、とんぶりを混ぜいれ、Aに入れ混ぜ合わせる。
 4.Bに@を加えいれ、ザックr混ぜたら、ギンバソウにトッピング。
 


レストラン コリャおいしいと絶賛でした^^
   というのはお客様がいらしたから・・・。
   その方のおもたせのギンバソウです。
   こういう食べ方もあるのか! と誉めていただきました。
   サーモンのスモークの香りが効いたちょっと贅沢な箸休めになりました。

 





 ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋

posted by まさ at 23:11| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

味噌ごまだれ

09-11-16-3.jpg

今朝、ドッサリのほうれん草をいただいて
それも、ただのほうれん草じゃなくって、
こんなに立派に育ったほうれん草です。

09-11-16-1.jpg  09-11-16-2.jpg
ほうれん草との豚しゃぶです。

で、用意したものは、「味噌ごまだれ」だけ。

【材料】
 胡麻ペースト・・・大さじ2
 豪農味噌・・・大さじ1
 料理人・・・大さじ1
 味醂・・・小さじ2
 お湯・・・大さじ2

【作り方】
 1.フードプレセッサーでお湯以外混ぜ、最後お湯を少しずつ加えて伸ばす。
 2.お湯:酒=2:1で沸かしたたっぷりのお湯でしゃぶしゃぶする。

09-11-16-4.jpg

庭でたわわになった柚子を絞ったり、

濃厚ダレで熱燗も進みました。

年末の仕事が迫っています。
忘年会のお誘いも今いくつかあります。
現在忘年会は一つも入れていません。

でも、一年のお楽しみですもの
仕事の山を越えて、12月の風景が見えてきたら
空っぽの予定表に書き込んでいきましょう〜〜♪




 ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋
posted by まさ at 23:50| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

牡蠣と蕪の和風グラタン

今日は、急な雨で、びしょぬれになったり、
母が、薬を頂きに行ったお医者さんから帰ると、時折咳き込んでるし・・・。

あったかいグラタン、久し振りにふぅ〜ふぅ〜したくって

これにしました(*^^*)

09-11-14-1.jpg
【レシピブログの「サントネージュワイン」モニターに参加中です】


レシピブログの、サントネージュワインモニターへ参加中♪【材料】
牡蠣・・・1パック(9粒入っていました)
ブロッコリー・・・1/3房
蕪・・・1個
バター・・・大さじ1
小麦粉・・・大さじ3 
牛乳・・・200cc 
白ワイン・・・100cc
とろけるチーズ・・・大さじ1 
味噌・・・大さじ1 
パン粉・・・適量 
パルメザン粉チーズ・・・適量 

【作り方】
1.フライパンにバターを熱し、小麦粉を混ぜながら炒め、牛乳を少しずつ加え
  手早く泡立て器で混ぜ、白ワインを加えて詰める。
2.もう一つのフライパンに櫛切りにした蕪、房を分けたブロッコリーを炒め@に加え、
  とろけるチーズ、味噌で味を調える。
3.空いた方のフライパンで牡蠣をサッと表面だけ炒め、Aと共に器に移し、
  パン粉とパルメザン粉チーズを振ったら、250度に熱していたオーブンで5分焼いたら出来上がり。


09-11-14-2.jpg
レストラン 熱々を白ワインといっしょにいただきました。
   ふぅ〜ふぅ〜、いってのグラタンは久々です。
   ちょっと忍ばせた味噌がチーズといっしょに発酵の妙を醸し出してくれています。
   明日も雨そう・・・。
   その辺散歩に出かけたかったのに・・・。
   日本海側特有の日が続くのでしょうか・・・。
   またインディアンサマーが待ち遠しいわ〜〜♪



 ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋
posted by まさ at 22:22| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

「デミグラスソース」タンシチュー_味噌がみそ

ようやく我が家の定番『タンシチュー_味噌がみそ』 の登場です。
わが家は「デミグラスソース」シチューには必ず味噌を入れます。

タンシチュー味噌がみそ-1


味噌の仕事は、コクと酸味!
味に深みと〆る最高の調味料、よきパートナーです。

タンシチュー味噌がみそ-2 【材料】
 牛タン・・・1.2Kg
 胡椒・・・5粒〔傷を付けて〕
 ローリエ・・・3枚  パセリの茎
 にんにく・・・1片
 人参・・・1片
 玉ねぎ・・・1/3
 
 〔HEINZ〕デミグラスソース・・・1缶
 赤ワイン・・・100cc
 みそ・・・大さじ1
 煮込んだタン1cm強厚・・・4枚
 
 じゃがいも・・・中2
 人参・・・1本
 玉ねぎ・・1個
 パプリカ(赤・黄)・・・各1/4
 インゲン・・・8本
 ズッキーニ・・・8cm

【作り方】
 1.タンは、たっぷりのお湯に香味野菜を加えて2時間煮、タンの皮をむく。
 2.@のタン約5cmとスープ1/3と野菜を煮る。
  〔残りのタンと2/3のスープは2つに分けて冷凍保存〕
   じゃがいも・人参・玉ねぎ・パプリカ・・・櫛切り
   ズッキーニ・・・輪切り
 3.ドミグラスソース、赤ワインを加え、スープをつめる。
 4.みそを加え、最後に胡椒、塩で最後味を調える。


ハインツさんのソースを使った、洋食アイデア・レシピコンテストへ参加中♪      09-09-13-3.jpg

レストランタンシチューは、暮れに家族が集まるとちょっと手間が掛かりますが、
  みんな大好きで楽しみに待っていてくれる一品です。
  みそのお陰で味を深く、きゅっとまとまったシチューが我が家では好評です。
  庭の月桂樹を雨の中取ってきて、今日は使いました。
  赤ワインに合う、最高の一品です。


ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋

   
posted by まさ at 21:27| 新潟 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

「デミグラスソース」デミトマポークのチーズ焼

今日も昨日に引き続きハインツさんのアイディアレシピです。
「ちょっとだけデミ」を使った簡単、でもちょっとリッチな一品です。デミトマポークのチーズ焼き
【材料】
 豚ロース・・・2枚
 トマト(中)・・・1個
 とろけるチーズ(キッキング用)・・・適量
 パルメザンチーズ(生)・・・適量
 
 ◆ソース
  ちょっとだけデミグラスソース・・・1袋
  赤ワイン・・・70cc

 ◆つけ合せ
  なす・・・2本
  カボチャ(小)・・・1/4
  ズッキーニ・・・輪切り4枚
  エリンギ(小)・・・10本

【作り方】
  1.豚ロースに塩コショウ・ナツメグをしたらスライスしたトマトを並べ、
    とろけるチーズ、パルメザンチーズをのせて、220度に熱したオーブンで5分焼く。
  2.小鍋にワインとちょっとだけデミグラスソースを加え2/3弱になるまでつめる。
  3.付け合せはソテーして準備しておき、焼きたてのロースにソースをかけて供す。

ハインツさんのソースを使った、洋食アイデア・レシピコンテストへ参加中♪ レストラン ポークがビーフみたい!!に感じたのはソースのせい?
    ワインにぴったりの、リッチな一品です。
    なのに、こんなに簡単にあっというまにできて\(^o^)/
    Heinz 常連ですが、ワインとつめるという一手間をしたのは初めて!!
    ポークがビーフに変身するなんて嘘だと思ってません?
                 だったら、是非試してみて!!
デミトマポークの断面ショウ



ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
posted by まさ at 20:56| 新潟 ☀| Comment(9) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

キャベツメンチは味噌ケチャップソースかけて

30℃越えの暑い暑い日が急にやってきたかと思ったら、
今日は、梅雨前線の影響で長袖なしではいられないくらいの寒さです。
この前もそして今日は千葉で・・・
日本近海所々で鯨が沖に帰れなくなったり、
ミツバチが極端に少なくて受粉ができなかったり・・・。
7月は、どんな月になるのでしょうか?

キャベツメンチ
《材料》 
【A】:
 ・豚挽き肉・・・200g
 ・キャベツの葉・・・2枚(粗みじん切)
 ・ナツメグ・コショウ・・・少々
 ・卵・・・1個
 ・豪農味噌・・・小さじ1      
【B】:
 ・小麦粉・・・適量
 ・溶き卵・・・1個
 ・パン粉・・・適量
 ・揚げ油
【C】:
 ・ケチャップ…大さじ2
 ・豪農味噌…大さじ1
 ・ハチミツ…小さじ1

《作り方》

(1) Aの材料をボールに入れ、粘りが出るまでしっかり混ぜ、5〜6等分して丸める。 
(2) Bの小麦粉・溶き卵・パン粉の順につけていき、170度の油で狐色に揚げましょう。
(3) 揚げてる間にCの調味料を混ぜてソースとします(これが味噌ケチャップソースです。)

レストランキャベツからの水分もあってか、益々ジューシーなメンチです。
  甘めのソースは他にも遣いまわしできそうです。熱々を是非どうぞ!!



ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
posted by まさ at 21:53| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月30日

田端でフレンチ

今、東京の妹宅。
PCもって来るべきだったと悔やまれます。
少なくともSDが入らない!!
今日の夕食姉妹水入らずでの夕食は姪をおいてきぼりで2人でフレンチでワインを楽しんだのです。
(瞭ちゃん、瑛ちゃん、ゴメンm__m)

明日このページに写真をUPします。
新潟に帰ってから・・・。 乞うご期待^^

急遽私用ができて上京したのでありまする。
明日の朝、早々に帰宅する予定です。

取りあえず、TVのない家です。
姪たちはそれぞれの部屋で勉強している様子。
妹は、もうzzzzzzz。。。。。。。
私もそろそろ・・・・・・・・。  Good Night!!


ル・ボォータン    アンティパスト
フレンチ「ル ボォータン」で・・・        豚と鴨のリエット

◆前菜は
うにのフラン  江戸前穴子の温製サラダ
妹は「ウニのフラン」               江戸前穴子の温製サラダ

◆メイン
牛タンのグラチネ  牛フィレステーキ
柔らか牛舌のグラチネ ブルギニオン    牛フィレ肉のステーキ

あぁ~、満腹リン!! デザートもお茶ももう入らな〜〜い。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

姪っ子たちはこんなミスタードーナツのコラボ商品(モスとのコラボでしたっけ・・・)
かわいいおみやげ 初めて本物見ましたかわいくって
 ついついパチリ!!
 
 数学の勉強してました。



ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします

 

posted by まさ at 22:36| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

そら豆のたらこソース和え

そら豆のタラコソース和え

そら豆の鞘から出して皮を剥いて
サッと水をくぐらせて、電子レンジで加熱~~チン♪

マヨネーズと生たらのこのソースで和えました。
玉ねぎのスライスに載せて
かつお節をのせて(ついつい玉ねぎスライスに載せたくなる・・・)

」とレモンをたっぷりかけていただきました。

そら豆がちょっぴりおしゃれになって、おいしく変身しました^^



ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします  
posted by まさ at 23:00| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

新玉をレモンでソース

柳カレイの新玉とレモンのソース添えでございます。
新玉とレモンのソース添え

【材料】
 新玉ねぎ・・・5/4個
 レモン・・・1/2個
 ・・・小さじ2
 パプリカ(赤・黄)・・・各1/5個
 柳カレイ・・・3尾

【作り方】
 1.柳カレイの内臓を除き、鱗を取っておく。
 2.塩コショウを軽くしたら、小麦粉をまぶしてムニエルにしておく。
 3.擂った新玉をフライパン詰め、レモン汁とをくわえてソースを作る。
 4.サイコロに切ったパプリカを電子レンジで加熱したら、Aの上に散らし、Bのソースをかけてできあがり。

レストラン新玉ねぎの甘味とレモンの酸味にやさしいしょうゆ味の調和をお試しあれ!
  レモンを1個丸ごと使ったら、それはそれでパンチの効いたソースができあらること間違いなし。
  フランス料理にも醤油の出番が増えているとか。
  甘味と酸味を調和させる効果でもあるのかしら(醤油は調停委員のようです^^)




ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
posted by まさ at 21:46| 新潟 | Comment(7) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月31日

温野菜の味噌ソース焼き

【ソースの分量】
卵黄…1個 酢…大さじ1 サラダオイル…150ml 延齢味噌…大さじ1

DSCN1100.jpg
じゃがいも 人参 パプリカ チンゲン菜 エリンギ・前者(根菜):面取りして電子レンジで柔らかくしました。・後者(3種):フライパン上で軽く熱を入れました。

温野菜の味噌ソース焼き

味噌ソースをつるつる〜〜っとかけて、オ−ブンで5分ほど焼いて熱々を
召し上がれ!!
 (↑焼く前の写真です)

レストラン
味噌の香りがこんなにやさしいの〜〜って感じのソースです。
  じゃがいものホクホクも、人参やパプリカの甘味も、エリンギのしゃきしゃき感もみんな、
  味噌ソースに包まれておいしく微笑んでいます。
  
丁寧に作ればマヨネーズになるはずの分量。 
  
サラダオイルをちょっと多くしたらあっという間に分離してしまいました。 
  
ちょっぴり市販のマヨネーズを加えると分離も直っちゃうんですよ、本当は。  3月の末に急に寒の戻りがあって春の花々が驚いて、首を引っ込めてしまいました。DSCN1119.JPG 
季節を感じられるものにあふれてよい国だわ!!と実感させられます。
日本人に生まれたこと宝くじに当たったようなものですね。




 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします

posted by まさ at 22:01| 新潟 | Comment(7) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

かぶらの葉っぱのジェノベーゼ

きたきつねさんが届けてくださった「かぶらの葉っぱのジェノベーゼ」で
昨晩の残りの葛きりを和えました。

かぶらの葉っぱのジェノベーゼ

ちょうどヒスイのような葛きりに変身しました。
右隣は、ポテトサラダ、奥は、味噌味きんぴらです。

それと今日は、今年初物の「ほたるいかの酢味噌和え」です。

ほたるいかの酢味噌和え

からし酢味噌をかけていただきました。
こういうものは、祖母がお得意だった料理です。

ほたるいか ⇒ 富山 ⇒ 蜃気楼 ⇒ 父の青春の思い出

私の勝手な連想ゲームです。
中学校(旧制中学)の頃、新潟の浜で蜃気楼を見たそうですよ!
浜でお昼寝してたそう・・・。
なんと、のどかな学生時代だったことでしょう。
いいえ、学徒動員にも行ったのですから、今時から見たら随分緊張して生きていたでしょうに・・・。



 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします


posted by まさ at 19:54| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ステーキの大根ソース

おいしそうな国産のヒレが私を呼んでいた!!

えのきと大根おろしのソース

オリーブオイルににんにくの香りを移したら
塩コショウしたお肉を焼きます。

フライパンからお肉をちょっと脇に置いといて・・。
にんにくとオイルにえのきの根っこの細切れと大根おろしを加える。
えのきの頭の部分はちょっと長めに切っといて。
お酒大さじ1と大さじ2で味付けて、
フラインにもう一度ステーキを戻してで香りをつけたら
お皿によそって、ソースをかけて、さぁ〜♪ 。いただきましょう!!!


そして付け合せに作ったもの
ブロッコリーとしめじのアンチョビー炒め
ブロッコリーとしめじのアンチョビー炒め
フライパンで直接炒めてアンチョビーと少量の料理人で味付けしました。

そしてもう一つ
レンコンとごぼうのおせんべい
レンコンとごぼうのせんべい
たっぷりの油で泡がたたなくなるまで
中火でゆっくり揚げます。

ワインのおいしい夕食でした^^





 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
posted by まさ at 23:35| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

春の香味噌風味にのせて・・・

大学に勤めてた頃、
先輩が味噌マヨネーズを研究してたっけ・・。
私は内心、どっちも食塩あるから、ソースとしては駄目でしょ!!
言えなかったけど、そう思ってみてた(だって、講義をもつほどの方でしたから・・)

私は、祖母たちの受け継いできた物の中から
とってもいいヒントを頂いて、時折試すソースです。

ウド・きゅうり・わかめの平切りにかけました。
味噌マヨネーズに近づけたい

【材料】
 絹ごし豆腐・・・1/3丁
 延齢味噌・・・大さじ1
 料理人・・・5滴(微妙)・・・これがないとしまらない。

【作り方】
 そんなものあったもんじゃない!(すみません )
 ただ滑らかになるまで、すりこ木でするだけ。 案外すぐです。

レストラン マヨネーズほど濃厚じゃない。
   レモン絞ったり、または、練りごま入れてもいいかもしれませんが、
   春のほろ苦さを味わいたかったら素直にこの分量がいいです!!
   乳化の材料としては味噌は有効な食材ですが、
   できたマヨネーズに味噌を入れてた先輩は絶対変でしたよ!
   市販のマヨネーズにクリームチーズ入れたり・・・。
    
   おかげで、白和えの延長から新しいソースが思いついたわけです。
   豆乳とのコラボも大豆のお友達同士。まだ引き出しは残っています。  乞うご期待!!^^




 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします

posted by まさ at 22:02| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

ごま味ソースon ムニエル

身厚の柳カレイを見つけました(^^)
私を買って~~~って、柳カレイが私を見ていたの。。。

「よっしゃ===3 私がおいしく作ってやろ〜じゃないよ!!!」(ちょっと意気込みすぎ?(^^;;)

柳カレイ_ごま味ソース

【材料】
 すり白ゴマ・・・大さじ2
 レモン絞り汁・・・ 大さじ2
 ヨーグルト・・・ 大さじ1
 料理人 ・・・大さじ1

【作り方】  
 1.柳カレイは、内臓を取り出し、鱗を取って塩コショウをし。小麦粉を振っておく。
 2.@をオイルで、中火でゆっくり、ふっくら焼き上げる。
 3.分量の材料をよーく混ぜて焼きあがったムニエルにかける。

レストランヨーグルトとごまの味がさっぱり、こくをだして、「いい仕事してました」よ(^^)
  やっぱり、日本人は、「醤油」の味がしめた味を好む民族性なのでしょうか?!
  ちょっと、和っ風なソースが出来上がりました。

今晩は、豊栄の北親会(銀行)の新年会でした。
新潟は、今時、「直江兼続」ブームで長岡市中央図書館で史文書の研究を
していらっしゃる田中氏の飽きさせない直江兼続かかわり論の入り口を伺った。

最後にちょこっと触れておられた常盤貴子さん演じるお船の政に及ぼした内助の功。
私が修学旅行で偶然に連れてって頂いた山内一豊の墓前・・・・。(未だに忘れられない・・・)
その妻千代、より、以上に熱く、強く、深い内助の功の持ち主だったと想像させられる。
これからの「天地人」がたのしみ。

今日のお昼の味噌汁(変り映えなく)
'09_01_26_味噌汁 

材料は、白菜、油揚げ、大根、じゃがいも
使用した味噌 : 
新潟米仕込「延齢」  でした。

              
 
レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします。
posted by まさ at 22:14| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

湯豆腐

あは! これを料理といっていいやら・・・・(゚_゚i)・・・
湯豆腐

【材料】
 豆腐・・・1丁
 重曹…小さじ1/2(これはまだ研究の余地あり)

 長葱…20センチ
 かつお節(削り節パック)…1袋
 山田屋『』・・・100ml
 山田屋『とうがらし味噌』・・・味のバリエーションとして

 本実は、谷川岳の水で湯豆腐をすると、豆腐がとろとろになって
   まったりとおいしかったことを思い出したのです。
   
   そこで、もしかして豆腐の凝固剤MgCl2(塩化マグネシウム)の
   Mg2+(マグネシウムイオン)がカルボキシル基から離れたら、
   元の豆乳に戻ってとろとろ現象が起こるのかな?! と Let's try!! 

      台所にあるお手軽なアルカリ性は、重曹(NaHCO3)
      耳かき1くらいから加えて、結局小さじ1/2位でも谷川岳にはまだ遠い・・・。

薬味(長葱・おかか)醤油  とうがらし味噌をつけて

【作り方】
 1.長葱は、縦に6等分くらいに切り目をいれ、みじん切りにする。
 2.@と削り節に、山田屋『』を注ぎ、つけだれとする。

 レストラン今季初の湯豆腐です。
   昆布だしをとることなく、あくまでもとろとろ豆腐を目指しました。
   谷川岳の水と重曹水では、やっぱり影響するミネラル成分の違いが。。。
   もしかしたら、塩水(NaCl sol.)の方がゲルを解除できるかもな・・・???

   
   好みをいえば、私は、とうがらし味噌の湯豆腐がおいしかった!!
   母は、絶対葱とおかかの醤油だれの方がおいしいと言っていました。
   主人は、お酒を飲んでるうちに、私達に食べつくされてしまったのです。 
      ごめん<(_ _)>    
 

ぴかぴか(新しい)今日は、すっごくうれしいニュースがありました。
    皆さんのおかげです。             
 
レシピブログ

 に参加しているのですが、

    今日、「家族と囲む、レシピと暮らし」というジャンルで  
P1000253.JPG  なんと、なんと  7位/1,050人中
  
  周りを見ると昨日の順位は、皆さん20位以内

  ところが私はというと
  昨日は、112位
  以前一度100位以内に入ったことがあったけれど
  
  皆さんの 「ボチッ」 のおかげです。
  感謝です。ありがとうございます<(_ _)><(_ _)>



今日の味噌汁は、
'08_12_15_味噌汁  
材料は、白菜と油揚げと里芋でした。
使用した味噌 : 越後味噌「天然醸造」  でした。

              
 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします。



posted by まさ at 22:00| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

鮭のホイル焼_味噌ソース

連日簡単料理ばかりで、子供達がいないとこんなにも手抜きになってしまうかとやるせない気持ち・・・。
食事とは、食べる人のことを考えて作るもの。
食べ手が条件的に偏っているというのは、それなりの偏りが出るものだと痛感させられます。
毎日、こんなに「食べる」ことを考えているのに・・・。

といいつつ、元気取り直して・・・・っと!!
スピード料理の連続です。
鮭のホイル焼_味噌ソース

【材料】
 鮭・・・4切
 玉ねぎ・・・1個 (7〜8ミリの輪切りを8枚)
 ブッロコリー・・・1/2株
 まいたけ・・・1パック
 《味噌ソース》
  山田屋「延齢味噌」・・・大さじ3
  みりん・・・大さじ2
  マヨネーズ・・・大さじ1
【作り方】
 1.カットしたアルミホイルにバターを塗り、スライスした玉ねぎを2枚、
   軽く塩コショウした鮭、ブロッコリー、まいたけの順にのせ、アルミを閉じて、
   250℃のオーブンに20~30分。
 2.味噌ソースは、味噌とみりんを軽く一煮立ちさせ、火からおろしてから
   マヨネーズを加える。
 3.熱々に、自分でソースをかけてお召し上がりください。(ふぅ〜ふぅ〜)

   レストラン味噌にマヨネーズを加えるのがミソかも・・・。
     この時期の鮭は、案外脂が乗っていないものにあたることがあります。
     そんな時に威力を発してくれるのが、マヨネーズだよ~~~ン♪
     オーブンは、ご家庭によって違うと思います。オーブントースターでも十分です。

オーブンついでに、
カボチャのステーキ_チーズ味
材料だの、作り方だの面倒なものは何もない(^^;;恥・・・
 1.洗ってカットしたカボチャを電子レンジでチンして、
 2.とろけるチーズを乗せて200℃のオーブンで焼いただけ!

  レストランほっくほくのカボチャがおいしさ引っ張ってきてくれま〜す♪
    ネーミング的には、ステーキなんて言ってすごそうだけど、
    素材の味が生きてます(*^^*)

今日は、昨日作ったFaviconのUPをトライしたのですが・・・。
いいはずなのに、未だUPされず ↓ 失敗ということでしょう。。。。
一応、作った Faviconは、favcon です。
お気に入りに入れたときや、アドレスバーの先頭にあるマークのことです。
作ったサイトがアメリカだったので明日になったらUPしていたりして・・・。
ちょっぴり期待しています。

今日のお昼の味噌汁
08_11_17_味噌汁
味噌汁の材料は、白菜、車麩、じゃがいも
使用した味噌 : 越後米味噌「天然醸造」  でした。

 
              
 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします。


posted by まさ at 21:57| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月06日

牛肉の味を引き立てるソース

今日は、今月のレシピ作りに励みました。
最初は、何にしようかからの開始 φ( ̄∇ ̄o)ゞ ウーン
といっても、冷蔵庫を開けたら
美味しそうな牛肉が (/^^)/ それといつものごとくにヨーグルト。

牛肉とミルクの愛称がいいって、当然!!
以前にいたずらしたソースに再度挑戦!
で作ったのがこれです。
牛肉のソテーと温野菜
材料】
 牛肉(薄切り)・・・240
 かぼちゃ・・・半分
 エリンギ・・・10

 ブロッコリー・・・半株
 長ねぎ・・・2

《ソース》ヨーグルト・・・1/2C
     味噌(山田屋の延齢)・・・大さじ1 

     ケチャップ・・・小さじ1
     すり白ごま・・・大さじ3
     
胡椒・・・少々
【作り方】

 1.     かぼちゃは櫛形に切り、ブロッコリーは房に切り分け、それぞれ電子レンジで加熱する。

 2.     エリンギは縦に裂き、長ねぎは34aに切り、それぞれフライパンで火を通す。

 3.     牛肉は広げながら、一枚ずつ丁寧に焼く。

 4.     全ての材料を盛り合わせ、混ぜておいたソースをかけて供す。


 レストランつまり加熱して盛り付けただけですよ!!
 ヨーグルトは、思いのほか牛肉の味をよくしてくれるのですよ!ゴマとケチャップは酸味をマイルドにしてくれてうれしいアイテムです。生クリームよりヘルシーで案外使えますよ(^^)V

ツワブキに黄蝶 最近めっきり見なくなった蝶々です。
 庭に鳥が懸命に鳴いているので覗いてみたら、蝶々がひら〜ひら。
 思わず、シャッターを押しました。

 残り少ない秋の陽射しをツワブキと分け合っているよう。。。
 




今日のお昼の味噌汁は
08_11_06_味噌汁

カボチャ たまねぎ ほうれんそうでした。
使用した味噌 : 新潟米仕込「延齢」  でした。




   本レシピブログランキングへ    次項有蔵元 山田屋
posted by まさ at 21:53| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。