2013年03月31日

大豆入りひじき

結婚してそろそろ、5か月。仲良くやっているような二男夫婦が帰ってくるというので、彼の好きなひじきを煮て待っていましょう。Villeにとっても初体験の日本食ひじき one of  Japanese foodsです。

13-03-31.jpg

〜〜・・大豆の水煮を使ったひじき煮・・〜〜
【材料】
 乾燥ひじき・・・1袋
 にんじん・・・小1本
 ごぼう・・・1/3本
 水煮大豆・・・200g(1袋)
 干椎茸・・・3枚
 乾燥海老・・・50g
 油揚げ・・・2枚
 ワンランク上の「つゆ」・・・大さじ2
 酒・・・小さじ2
 サラダオイル・・・大さじ1

【作り方】
1.ひじきはたっぷりのぬるま湯につけ、十分膨潤したら細かい沈殿物を取り除くように数回よく洗う。
2.干し椎茸は戻したら千切りに、乾燥海老はざっくり切ってぬるま湯に戻しておく。
3.にんじん、油揚げは細い千切りに、ごぼうは細くささがいて水に放してあくをのぞいておく。
4.サラダオイルを熱したフライパンにBを、そしてAを炒めたら。、水を切っておいた@を加える。
5.Cに「つゆ」、酒、干椎茸・乾燥海老の戻し汁を一緒に入れて煮含めたら出来上がり。



なかなかの評判^^V 醤油味よりは、塩コショウの方が好きなようなフィンランド人君ですが、Nice~~♪との評価(ほぉ=3)。

13-03-31-2.jpg

息子に用意したお刺身を生はサーモンだけと言っていた、Villeが喜んで食べてくれたのはうれしいことでした。西側をずっと海に囲まれ、湖の多い国柄ですもの、やはりお魚好きなようです。息子夫婦と楽しげに話している様子を見ていると、やっぱり若者は若者同士の方がずっと楽しそうです。
別れ際に、「モイモイ!」。。。@@ フィンランド語の挨拶を調べていたようでした。
では、今日はこれにて・・・モイモイ~~^^



posted by まさ at 16:15| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

「もずく」を使って…

今日は、いよいよ念願のスノータイヤをノーマルに換える決心を実行に。
といっても、自分でやるわけじゃないのですが…。
車屋さんにもっていって、履き替えてもらうのです。

かかりました、時間が。
午後1時にもっていって、2台終わったのが6時半チョイ前。
2〜3時間待ちですと言っていたはずなのに…。
ま、無事終わってよかった…。まだタイヤは積みっぱなしですが。
車屋さんからの帰り、車がずいぶん軽くなった気がしました。
「スピード出しすぎないように注意しよう!!」自分で戒めて運転して帰ってきました(^^ゞ


「もずく」のワークショップに行っていくつかレシピーを思い描いていたのですが
そのうちの2種を今日やってみました。

10-03-22-1.jpg

1つは
「乾燥もずく」を使って…。


かぼちゃコロッケをもずくでポックポク!
10-03-22-2.jpg

10-03-22-3.jpg【材料】
 かぼちゃ・・・450g
 プロセスチーズ・・・80g
 乾燥もずく・・・4g
 塩・・・一つまみ
 小麦粉、溶き卵、パン粉、揚げ油

【作り方】
 1.かぼちゃは電子レンジで加熱したら、皮をむき、マッシュする。
 2.乾燥もずくを細かく切ったら、一瞬水にくぐらせる。
   (かぼちゃがホクホクなら、30〜60秒水に戻す)
   乾燥もずくにかぼちゃの余分な水分を吸ってもらうのが目的です。
 3.もずくと一つまみの塩を加えてかぼちゃに混ぜ、
   親指の頭大に切ったチーズを中央にくるように成形する。
 4.小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて180℃の油で、表面をカリッと揚げて出来上がり。

レストラン乾燥もずくが余分な水分を吸ってくれたおかげで、ホックホクのかぼちゃのコロッケです。
  チーズがコクを出してくれていて、お肉が入っていなくとも、ウン!いけますよ^^



もずくのテリーヌ
10-03-22-4.jpg

【材料】
 もずく・・・180g
 アスパラガス・・・5本
 ウド・・・1/2本
 オクラ・・・8本
 パプリカ(赤)・・・1/4個
 レタス・・・2枚
 ゼラチン・・・20g(5%ゼラチン液を作る)
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ1
 かつお・昆布だし液

【作り方】
 1.アスパラガスは下部を切り落とし半分以上下部の皮をむく。
 2.オクラと@アスパラは、火を通し、料理人の希釈液に漬けておく。
 3.パウンドケーキの型にアスパラ+オクラ+ウド+生もずく+パプリカ+レタスをおき、
   だし汁と料理人の5%ゼラチン液を流しこんで冷蔵庫で固め、カットしてサーブする。

 参照:http://e-misoya.seesaa.net/archives/20100307-1.html

レストランもずくからのなにか成分が出るせいか、もずくのあたりは、ゼラチン質がずいぶん
  しっかりしている気がします。さっぱりと和風のゼリー寄せも美味しかったです。

  海でのお友達、寒天の方が、もっと興味深いものになったかもしれません。
  

黄砂で汚れた車は、汚れっぱなしです。
まだまだ、黄砂が続くそうです。
今年は、中国から化学物質がどんどん飛来して、日本、大丈夫???@@





ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋

 



posted by まさ at 21:01| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

ひじきとごぼうのサラダ

今日は、お盆に帰ってこれない息子が帰ってきました。
義父の新盆のお参りにと、この連休を利用しての帰省です。

母は、ちょっと腕を振るわないとだめでしょ(^-^;
新潟にきたら岩牡蠣が!!!!と、岩船漁港まで出向いて買って来てくれました。
牡蠣のから開け、自分で志願してやってくれましたが、ヾ(;´▽`A``

今日のメニューの中でイチバン素朴な、あっさり系が今日のレシピに登場です。
ひじきとごぼうのサラダ

【材料】
 ごぼう・・・1/2本
 人参・・・1/2本
 ひじき・・・大さじ3
 枝豆(茹でたもの)・・・20(鞘から豆を取り出しておく)
 A : マヨネーズ・・・大さじ1
 A : ・・・大さじ1
 A : レモン汁・・大さじ1

【作り方】
 1.水に戻したひじきは、よーくよーく洗い、熱湯を通して水切っておく。
 2.ごぼう、人参は千切りにして、熱湯で湯がいて、水を切る。
 3.@とAと鞘から出した枝豆を混ぜ、Aの調味料と和えたら出来上がり^^

レストランなんてことない簡単メニューですが、普段外食の多い息子にとっては
  こんなあっさりも喜んでもらえるかもと思ってです。
  ミネラルたっぷりのひじきでZnの補給もしてほしいし・・・。 
  ごぼうは母の味的には外せませんものね^^
  新潟の枝豆、味わってほしかったし・・・。
 



ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
posted by まさ at 23:40| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

ひじきキンピラ

昨日の夕方から玄関近くで小鳥の鳴き声が・・・。
きっと、屋根うらにでも迷い込んだのかな?
とやっと泣き声からたどり着いた昨夕の結論だったのです。

今朝も朝そうそう日が昇る前くらいから、案の定ピチクパーチク鳴き始め
玄関辺りをうろうろすると泣き声が ピタ!!っととまるでしょ!(‥ )ン?
天井見上げても穴らしきものもないし・・・。
外に行っても何にも見えない・・。

あぁ!!!!!
いました。いました。
玄関の戸と籐の椅子のわずかな間に・・・。
誰が床にいると思ったでしょう。
声は、上からとばっかり、天井ばかり見ていました。
あぁ〜、よかった!
戸を開けて外に出してあげました。
まだ、まだ羽根の生え揃わない小鳥でした。
すぐには飛べなくて、道路の方向にピョンピョン♪゚。°。°。°。°。

車に轢かれないか心配してるうちに、飛んでどこかへ行ってしまいました^^



ひじきキンピラ

【材料】
 ひじき・・・1袋
 ごぼう・・・1本
 人参・・・1本
 豚肉・・・100g
 とうがらし味噌・・・大さじ1
 つゆ・・・大さじ2
 砂糖・・・小さじ1

【作り方】
 1.ひじきをぬるま湯で戻し、(何度か水を替えて、戻したらよく洗う)水を切っておく。
 2.ごぼう、人参、豚肉は千切りにして、油大さじ1で炒めたところに@のひじきを加える。
 3.とうがらし味噌つゆ、砂糖で味を調えたら出来上がり^^

レストランごはんのお供です。
  ほうれん草とえのきと人参のおひたしと一緒で
  野菜生活!! (豚がちょっぴり混入してますが・・・)
  まだまだ冷蔵庫の野菜室はいっぱいです。
  一生懸命野菜を食べないと・・・。
  明日はもう10日。市日です。また野菜が増えそう・・・。




ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
posted by まさ at 21:30| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

ひじきでサラダ

ひじきでサラダ

【材料】
 ひじき(乾)・・・10g
 料理人・・・大さじ1
 春菊(葉の部分)・・・15g
 人参・・・15g
 
 ・・・大さじ1
 オリーブオイル・・・大さじ1

【作り方】
 1.乾燥ひじきをぬるま湯で戻し、よく水で洗う。
 2.熱湯に@を入れ、2〜3分で火を止め、5分ほど留め置く。
 3.Aの水を数回替えた後、ザルにあげて水をよく切る。
 4.水のよく切れたBに料理人を振りかけるようにさらに水分を落とす。
 5.細く千切りにした人参、葉の柔らかい部分の春菊と水分をよく切ったひじきをあえる。
 6.華とオリーブオイルのドレッシングでいただきます。

レストラントッピングにごま、ナッツの細切り、などをトッピングをしてもよかったかな・・・。
  生の春菊でもおいしくいただけます。
  オイルがまろやかにコーティング下味にしてくれます。
  洗った春菊、水を切ったひじきの水分が下に落ちるようでは大変!!
  だから、少量の「料理人」でひじきを洗う(?)感じで水分を落しました。





 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
タグ:サラダ
posted by まさ at 21:12| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

切り昆布の炒め煮

切り昆布の炒め煮
【材料】
 切り昆布・・・1シート  《水に戻し、ザルにあげておく》
 ごぼう・・・1本      《千切りにし、水にさらしてあくを抜く》
 人参・・・1/3本      《千切り》
 油揚げ・・・2枚      《千切り》
 干ししいたけ・・・3枚   《ぬるま湯で戻し、千切り》
 干しえび・・・20尾くらい   《ぬるま湯で戻す》
 茹で大豆・・・40粒くらい
 料理人・・・大さじ3
 酒・・・大さじ1
 砂糖・・・大さじ1(なくてもよい。甘めにしたかったので)

【作り方】
 1.フライパンに油大さじ1を熱し、昆布を除いた材料を炒める。
 2.火が通ったところで、昆布をほぐすように入れ、熱を通す。
 3.調味料を加え、味見をしておいしかったらOK!!
    (具材の量によって、またお好みにより、調整してくださいね。)


レストランヨウ素(I)の補給に昆布はいいでしょ! たまに食べないとね・・・。
  干ししいたけや干し海老がいい仕事をしてくれます(^^)V
  こういうお袋の味は、祖母、母のを見よう見まねで作っているものです。
  かまぼこや筍が入ってもいいかもしれません。    




 レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします
posted by まさ at 22:09| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

えごねり

胃が疲れている時には、こういうものが恋しくなります。

えごねり

佐渡の「えご」です。
越後人のくせで「え」と「い」がはっきり発音できません。
「えご」なのか「いご」なのかよくわかりません。

私は、「えご」だと思っていましたが、
この商品には、「佐渡名産 いごねり」と書いてありました。

●早助屋の「いごねり」です。
 佐渡市根炭町37番地

焼き葱といっしょに「からし酢味噌」をつけていただきました。


   
           
 
レシピブログ
                  
        次項有
蔵元 山田屋
ボチッと応援よろしくお願いします。

posted by まさ at 00:00| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。