2013年04月11日

定例会〜女子会なんて言葉のある前からの…

かれこれ15年も続いている私たちの女子会です。いまどきのママ友です。私たちは、定例会と言って、ママ友が15年も女子会を継続しています。ずっとずっと一番の友達です。それぞれ忙しく、なかなか時間が合わず、各々で会うことはあっても、4人全員でというのは、半年ぶりくらいでしょうか?!

13-04-11-1.jpg

いつものあのお店で、さぁ〜〜、はじまり、はじまり〜〜♪♪♪です〜〜^^ このお店久しぶりなんです。以前の例会はここ!! に決まっていたくらいよく利用していたお店だったのですけれど・・・。 いつも忙しいRさんのご希望で、このお店をチョイス。予約の係、オーダーの係、取り分ける係、会計の係、。。。。それぞれの役割分担は言わずと知れたもの。もう長年ですから阿吽の呼吸で時間は過ぎていきます。

T2ちゃんが切り出して、近況報告開始です〜☆
お嬢さんのこと、イタリア旅行のこと、新しい息子のこと、ステップアップした新しい生活のこと・・・、アルコールがずいぶん進んでしまっています。勝手にワイワイ好き勝手なことを話しているようで、話はちゃんと元に戻ってくるのですから、私たちって大したものです<(`^´)>エッヘン  

13-04-11-2.jpg

このほかに、デザートもつけて〆て¥3,500なり☆(アルコールの量は想像にお任せで〜〜す) なんてリーズナブルなんでしょう。当然裏技を駆使してのこの価格ですけれど…。
楽しい時間は、あっという間に過ぎていきます。会っていなかった間の気持ちのすき間を埋められたやっぱり、いい時間でした〜〜♪ やっぱり仲間はいいです。大切な朋に、出会わせてくれた子供たちに感謝です<(_ _)>
posted by まさ at 18:23| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

日曜日はお店番

日曜日は、山田屋のお店番で一日PCに向かって仕事をします。お客様がいらっしゃると接客ということになるのですが、お客様とのおしゃべりが案外楽しくって・・・。いつもより、仕事をこなす量が少なくなりがちです。ま、ほぼ一人ですから、お天気の良い日などは遠方からのお客様が多いので、ゆっくりなさっていかれますし、珍しい方がおいでになるので、本当に私の予定している仕事は、ほとんど進捗状況がフリーズした状態になってしまいます。
今日も珍しいお客様がいらしてくださって、外の陽気や、咲き始めた花にも負けじと、話に花が咲いた楽しい日曜日でした。

車での待ち合わせだった従姉とお夕食を一緒に食べた報告です。
12-04-15.jpg

以前からよく行くお店ですが、夜に行ってAlcoholをいただかなかったことってあったかしら…。

●ビストロ・DE・またのり
  〒950-0917 新潟市中央区天神2丁目1−20
  TEL:025-244-0221

 ・牡蠣の香草バター
 ・子羊と米茄子のムサカ
 ・ウニのスパゲティー トマトチーズ焼

 をいただきました。
 アルコールがないとちょっと 塩辛かったかしら…。


少し時期が遅くなりましたが、水芭蕉が咲き始めました。
12-04-15.jpg

あたたかい陽の光がやわらかく、やさしく注いで春の花が次々と咲き始める季節がやってきました。 
posted by まさ at 21:31| 新潟 | Comment(1) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月07日

イケメン男子と居酒屋へ…

お世話になっているO君は新潟に来たことがないという。「いらっしゃい、いらっしゃい。新潟はおいしいものがあるわよ~~♪」と軽く誘っていた彼が、切符らとれたから来るという。
現実味を帯びたら、実際、新潟はどこを案内すればいいのだろう。。。悩みました。

せっかくだったら新潟をよ~く知ってほしいし・・。この雪解けの時期にどこがベストだろう。。。。
「港としての新潟」もあり、「新潟平野ど真ん中の米どころ新潟」もあり・・・・。頭の中で、いくつか候補を挙げて待っていたのに…。
なんと、私の携帯番号を控えてなかったって!!!!@@; はぁ~~???でしょ!とりあえず知らせてあった夕食の時間と場所で会うことはできたのですけれど・・・。仲良しのY君と一緒の来訪でした。
ご一緒した居酒屋「葱ぼうず」は、たぶん心底だと思うのですよ…。とっても喜んでくれていました。

12-04-07-1.jpg

私もいろいろと勉強になる話を聞けましたし、息子のようなイケメン男子に囲まれてですもの、そりゃ~~楽しかったですよ。
一流企業に勤めている彼らですから、まぁ、礼儀正しくて、やさしい心遣い。。。こうでなくっちゃですよね。「できるやつ」って感じでしたよ!
ついついおばさん風吹かせて、お母さんじみたことしゃべってしまった気もしています。。。。(反省)

12-04-07.jpg

ご一緒のY君、翌日(日曜)の観桜会の場所取りで翌朝早々に帰らなければならないそうで…。なんともかわいそうな新潟訪問だったんです。翌朝、寒い新潟にサヨナラして、桜の温かい東京サァ〜へ帰っていきましたとさ。


posted by まさ at 23:15| 新潟 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月28日

2月の定例会(東京マラソン祝勝会)

いつものメンバーの定例会です。今月は、ひとりかけて、我を忘れておしゃべり止まらない三人組です。
欠けたひとりが「あんたたち、声大きいよ!!!」と注意してくれる係なのですが…。さて、どんなにうるさくなりますことですやら...!

今回のお店は、私が一足先に行った折、以前よ〜〜く行っていたお店にいたY君と久々の再会。みんなに話したら、会いたい会いたいとただそれだけでこのお店に決定したのでした。
そして、前にちょっと紹介したたぬき先生の東京マラソン完走報告会もBig theme だったのです。

そうそう、お店に入る前の暗闇でばったりY君と会ったというのもびっくり@@だったんです。
彼とは何度偶然に再会したことがあったでしょうか・・・。また会えたことって、必然だったのでしょうか?^^V


12-02-28-1.jpg

お店は : ワインビストロ・トーレス酒場 hue
       新潟市中央区弁天3-1-9 サヴァビアンハウス2F
       025-249-1720

最初は当然、Y君との2ショットの撮影会(カメラマンは被写体になれません??…(-_-;) )
次は、東京マラソンのバスタオルとメダルをかけての撮影会
自分がもらったかのようにはしゃぎ廻る私たちって、どんなふうに映っていたのでしょう。
ま、そんなことを気にするような乙女ではありませんけれどね(^_-)-☆


 ここ↓でビールを注いでくれているのはY君ではありません(一応・・・)
12-02-28-2.jpg


まぁ〜
よく笑った
よく喋った
よく食べた


どれもおいしかったのですが、メニューのカタカナ文字がすっかり頭の中から消え去っている(-_-;)
おいしかったこと
楽しかったこと
終電まであと5分@@;  どんだけの思いで走ったことか…。

覚えているのはそれくらいなのです…(^^ゞ



12-02-27.jpg
雪の華が咲いている。六花とは、美しい和語である。そして、科学である。
名も知れぬ先賢が、雪の結晶に、六弁の花を見いだした。
花暦の途絶える冬。侘びた心の花入れにひとひらの雪を生けた・・。
わずかな雪に、どたばたの東京。都会の柔弱をせせ笑う豪雪の地から、「お花」を拝借いたします。

私の写真にすてきな意味を添えて頂きました。
小島さま、ありがとうございます。せせ笑ってなどおりません。
雪がどんなに大変かよ~く分かっておりますもの…。

posted by まさ at 23:39| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

One wonderful day

さてさて、一日早く訪阪できたのですから、朝から始動しなければ!!
10時からという京都文化博物館で開催されている、葛飾北斎の生誕250年記念展「北斎展」はもう一つの目的です。
京都文化博物館というところ、行ってみてびっくり@@その建物は、旧日本銀行京都支店【重要文化財】で辰野金吾氏によるものなのですが、
新潟「みなとぴあ」にある「旧第四銀行住吉町支店」と印象が重なる。明治後期から昭和初期の銀行建築だからかもしれませんが…。
初めて訪れた気がしないのは、東京駅にも似た気がしたからかもしれない。。。

12-02-09-2.jpg

お待ちかねの「北斎展」は、有に2時間を行ったり来たりしながらのゆっくり鑑賞。
知ってました? 無知な私は、葛飾北斎と言えば、浮世絵版画!つまり版画家さんとばかり…。いえいえ、そうではなかったのですね。
肉筆浮世絵も数々あっての美しさ、力強さ、繊細な感性は感動もの!これだけのために行く価値ありでしょ!「桔梗に蜻蛉」好きな一枚でした。
「冨嶽三十六景」、「詩哥写真鏡」の好きでしたし、摺り物や肉筆画見応えのある楽しい時間でした。

12-02-09-1.jpg


気づいたら、ランチタイムも終わりそうな時間辺り。歩いていて足に引っ掛かった?お店でランチです。
京都・丹波牛いづつ家(お肉屋さんのやっているステーキのお店でした)
TEL:075-222-2901
京都市中京区堺町通姉小路下ル大阪材木町690番




12-02-09-3.jpg

北の天満宮の梅をどうしても見たくて、足をのばしました。
学生の頃、大宰府の「飛梅」の菅原公のこの句に
東風吹かば にほいおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ
やたら感心した思いがあったので、是非と思っていた北の天満宮でした。

12-02-13.jpg


大阪に移動して、メインの中島みゆきの夜会にちょっぴりだけドレスアップして
夜会カクテルなんぞを傾けてから「夜会」の夜が更けていったのでございます。

12-02-09-4.jpg
 

posted by まさ at 23:06| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

Escape much snow

中島みゆきの「夜会」の誘いを頂いていたのが去年のこと。
飛行機のチケットを取ったり、ホテルを予約したり…。そんなことも楽しみのうち^^
その日が近づいてくると、新潟近圏の雲行きならぬ雪ゆきの様子がただ事ではない模様(◎o◎;)!
予定した飛行機の運航が怪しそうなので空港カウンターに問い合わせをしてみたところ、
予定の前日(お願いしたその日)の夕方の便に変更していただけることに^^V と思っていたらその便も難しそうで、お昼の便はとりあえず(未確定)飛ぶかもしれない!その後の予報は悪化の一途との連絡を頂戴し、だったらでしょ!!!
あわてて準備をして、横風強い吹雪の中、空港に着いたのはチェックインギリギリの時間(ふぅ〜〜)。

あまり大きくない飛行機のときは、自分で滑走路を歩いて行ってタラップを昇ります。横殴りの吹雪ですから、すぐそこなのにバスに乗っての移動 @@;です。ちょっと小さめの飛行機というのも不安材料ではあるんです。

そう大きくもない飛行機はガラガラ滑走路を必死に走ったかと思ったら、ふわぁ〜っと離陸。あっという間に街は吹雪に掻き消され、雲をぬう揺れのあとには、眩しい太陽と雲の絨毯が待っていた。
アットホームな人数の飛行機なのに、Flightが心地よいと思ったのは初めてのこと。折しも出張で、誰もいないからとこの夜のBedを提供してくれた息子の出張先の松本辺りから雲が切れ始め、その街が姿を覗かせ始める。「頭を雲の上に出し・・・」遠く左手前方に富士の霊峰を望み、前方後円墳だっていつものように発見し、お茶の段々畑、大阪のビル群を抜けたらあっという間のFlightももうおしまい。真っ青な空と強い光が勝手にテンションを上げてくれる。

12-02-12.jpg

気がついてみたら、お腹が相当すいていることに気づいて空港のお気に入りのあのお店に直行。
Pepper Mill (お勧めのイタリアンです)
大阪国際空港北ターミナル4F
06-6845-0880 
生春巻きの前菜 と スープ仕立てのジェノベーゼにちょっと早い赤を一緒に頂いて…。

息子の部屋で、一宿一飯(勝手な一飯)の恩義の母業をやって、雪の新潟からの移動日はくれていきました。

12-02-02-1.jpg

音をもとり込んでしまう雪が
何の前触れもなく
たわんだ木を跳ねのけて
静寂を掻き消す瞬間こそ
... 地上に落ちる最後の舞
 
 
 
posted by まさ at 23:44| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

リストランテささき

この繁忙期、猫の手も借りたい状況なのに、ちょっとお願い~♪の一言で
仕事を早く切り上げて、市内にお手伝いにいってきました。
いつもお世話になっている方からのたっての頼みということもありましたし、
今まで一度も足を踏み入れることのなかった興味津々のエリアと言うのもあったのです。

本当だったらその状況を写真でお見せするべきなのですが、それができないところなのです・・・。
こんなインチキな記事ってありませんよネ!まったく意味不明☆"  どうかお許しを…<(_ _)>

お手伝いが終わったら集中していたその分、お腹がペコペコで…。
ご褒美にご馳走になっちゃったそのことが今日のメインディッシュです。

連れて行っていただいたお店が

洋食・南欧料理Ristorante ささき
新潟市中央区西厩島町2338-1
TEL:025-222-6686

11-12-21-1.jpg

ノンアルコールのカクテルを頂きながら、「牛ほほ肉の赤ワイン煮」」はマッシュポテトと赤ワインのソースがたまりません。
ペコペコのおなかにしみます。こんなに?って言うくらい食べちゃたんですから…。

11-12-21-2.jpg

左上から時計回りで・・・
・コーンスープ
・いろいろの野菜ホットサラダ
・広島産大粒牡蠣ときのこのクリームスバゲッティ
・ペスカトーレロッソ

S家ご夫妻といつか一緒に食事したいね…。と言っていた念願のお食事でもありました。
このボリュームは、お腹にグッツリきました。N子夫人が食べなさすぎ!!!
私とパパでガッツキ競争のよう(-_-;) あぁぁ。。。。もっと品よくご馳走になるんだった…(後悔、後悔)。


11-12-20-1.jpg

夜来の風に吹かれ
落ちてしまったのでしょう
また会える日まで
隣の緑がそっと言ってます

ほんとうの気持ちは
雪の中に埋めてしまいましょう
その頃には土に還っています







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:50| 新潟 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月18日

12月の定例会―H's birthday

昨日は、いつものメンバーの定例会ではありましたが、
HさんのBirthadayを兼ねた大切なずっと前から決まっていた私たちのお楽しみの会。

和食党のHさんが、行ってみたいと言っていたPassioneがリクエストだったからあっという間に会場は決定!!!
最初っからこのショットと言うのも何なんですが、HさんのBirthdayにお店側で特別にアレンジしてくださったアントルメでスタートです。
11-12-18-1.jpg

隣にいたカップルに成人式のお祝いですね^^と言われた理由が、今この写真を見てやっとわかった☆゛
蝋燭が2本だったのですね! うぅ〜〜ん、これはどういう風に理解したらいいのだろう。。。。。
これは最後のパフォーマンスを兼ねたショウで、私たちの脇で液体窒素を入れながらつくるソルベはおいしいし楽しい☆
名前も「活火山『エトナ』」って言うから凄いでしょ!口の中でふわぁ~っととろけていくソルベはできたてだからでしょう。


さてさて、最初に巻き戻しましょうね。

生ハム・サラミ・チーズの盛り合わせとウエルカムドリンクでかんぱぁ〜〜い♪♪♪した後は
お待ちかねバーニャカウダーで始まりです。たっぷりお水を含んだビーツもサツマイモも私は好きだったなぁ~~☆

トリッパーのトマト煮込みは辛いトマト煮込みという名前なのだそう。でもね、辛かったかはちょっと記憶がない。
おいしかったことと、トリッパーって何??なんて説明会をしていたら、私はしゃべっていた記憶しかない。…(^^ゞ

11-12-18-2.jpg

そして、出てきたスズキのソテーにはびっくり\(◎o◎)/!
以前日比谷の松本楼でシェフお任せのスズキのソテーを頂いた時のことを思い出したくらい!
皮がパリッパリで、このほんわりほわぁ~~っとした身は…、何??
シェフの火加減と素材で決まるのではないかしらと思うからです。
この日のソテーは生姜の馨りがそこはかと漂い、美味しいソースも手伝って、絶品のお魚料理でした。


そして、お肉が問題だったのです。
おしゃべりに花を咲かせている私たちいつものメンバー。そう、いつもHさんに
「あんたたち、声が、声がおおきいよ!!」ってついつい夢中になってくると自分たちの声のこと
その大きさを周りにはばかることもなく、どんどんエスカレートしてくるのです。
(昨日言われなかったのは、もうあきれられていたからでしょうか…??それとも忘れてしまった?)

はい、お肉に話しを戻して…。
説明を聞かないということもよ~く分かりました。何のグリルかが話題になったのです。
サーブされて、説明を頂いたにもかかわらず、何のグリルか誰もわからない!

このお肉なんだとお思いですか?
のグリルレモン泡ソース添え」

このの中に何が入るでしょう? 「豚?」それとも「牛?」  さあ、どっち?!
11-12-18-3.jpg

正解は「豚」でした
まったく、わかんない。牛なのか、豚なのか・・・。そんなのどうでもいいって感じ! おいしかったらそれでOKです!
最高の豚のグリルの後は、

ペンネクアトロフォルユ(左下)
しらすのペペロンチーンノ(右下)

そして最初にご紹介した「活火山『エトナ』」でおいしいDishesはピリオドとなりました。


帰り、電車を降りて家までの道がなんと凍っていて大変大変…。
雪道は馴れているはずなのに、何度足元すくわれるような転び方になりそうになったことやら…。
実際はなっていませんからね。転んでいたら本当に今頃お尻のあたり真っ青になっているでしょう
雪がある上をガシガシ歩けば、歩きやすいのですが、アスファルトの上は本当にツルンツルン状態。
冷え込みがしばらく続くようです。


11-12-17.jpg

南天の実も雪をかぶって寒そうです。
みな様もお風邪など召しませんよう…。

ちょっとブログおさぼり気味ですが、
時間が作れる限り、更新してまいります。
時々覗いてくださいませ_(._.)_






ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 20:25| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月30日

舞妓さん・芸者さん

今年の春、京都の修学院離宮に行った折、祇園辰巳神社前にある 
LE SARMENT D'OR  (ル・サルモン・ドール)しました。⇒その時の記事はこちらから 

今回はランチでのリピーターです。
お席は、辰巳神社脇を流れる川の橋と並行したお席。
窓ごしにその橋を渡る人たちや辰巳神社にお参りしている人ウォッチングに
最適の場所をしつらえてもらいました。

お振袖を着たかわいい姉妹のお嬢ちゃん、その橋からキラキラ光る川を
覗いてキャッキャと喜んでいるのがよ~く伝わります。

そんなこんなしているうちにうそでしょ~~~
舞妓さん芸子さんがその橋の上で撮影会でも始まったのでしょうか?

11-11-26-M7.jpg

11-11-26-M2.jpg

11-11-26-M3.jpg

11-11-26-M4.jpg

11-11-26-M5.jpg

11-11-26-M6.jpg

お食事にもれなく、きれいどころが付いてきたという感じです。
お食事のレポは別にしっかり載せますけれど…。
こんなチャンスって本当にないでしょ!

実は、LE SARMENT D'OR に入る前に、駆け抜けていくお姉さんの後ろ姿を一枚
やっとの思いでキャッチしたのでした。

11-11-26-M1.jpg

だから、窓越しのあでやかなお姉さんたちを撮れるなんて、驚きビックリのうれしいことでした。
このあと、桂離宮までのタクシーの運転手さんにお姉さん達の写真を撮ってもよかったのかと聞いてみたら
大いに結構なことなんですよ!  と、紹介してもどうぞ!!という旨を伺って安心しました。


ピントの甘いのは。窓ごしと言うことでどうぞご勘弁を…。
京都のうれしいお土産話でした。












ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 16:57| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

神戸の街で

母より一足早く、午後の飛行機で関西入りしたのは、カナダでお会いした2岡にお会いするためです。
約束の三宮の西口でw岡さんが、待っていてくれました。丸3カ月ぶりの再会です。
もう一人のk岡さんの仕事を終えてくる時間まで、海の方向へ気持ちいい夜風と一緒にお散歩です。
11-11-25-1.jpg
阪神淡路の震災復興で続けられている光のページェントの準備会場までやってきました。
上段:ルミナリエの終点東遊園地での2枚
2年前に友人のたぬちゃんの2人でやってきたところです。⇒2年前の記事
11-11-28.jpg
今はルミナリエの準備中
陸前高田で1週間病院でボランティアしたw岡さんは
神戸での震災の実際と東北の被災地のこれからの復興がいかに大変か、彼女の実体験から語ってくれます。
それは、両方の震災を目のあたりにした者しか知りえない深いやさしさからが込めらたもので、
厳しい東北の復興への一助になるはずだからと、何かの形にしてほしいと懇願してきました。

下段:ルミナリエの期間中は人であふれる市庁舎の最上階からの夜景と、諏訪山ビーナスブリッジからの夜景

さあ、k岡さんとも合流できましたから、お二人が用意してくれたハンター坂にある料庵『有とみ』での夕食です。
11-11-25-1.jpg
さすが、神戸のお料理です。
目を見張る者の連続です。秋の演出は素晴らしい

前菜の盛り合わせからすごいことになっています。 
 自家製白胡麻豆富、下足南蛮漬、むかごの飯蒸し、柿のもろみ豆腐のせ
 リンゴの白和え、椎茸田楽、
 吹寄(銀杏南京、亀サツマイモ、紅葉もみじ、銀杏、海老霰揚げ)

器も素晴らしいし、
驚いたのはお作りに入っていた剣先イカへのやさしい配慮。
2枚の皮をむいた後に細かい包丁が入れられていて、その烏賊はお作りの器の中の
どれより、北海道のうによりも、車海老よりもおいしかったと
きっと食べた者でないと信じられないおいしさだったことは記しておかねばなりません。

↑の「天然鯛と蕪のお椀」の器もさることながら↓の「牡蠣と茸のどんぶり」の器の妙
骨董のとってもよいお品です。手彫りの地に塗ったお椀の軽いこと。
もったいなくて、早く洗って拭いてください…。片づけて位のおどんぶり。

器のこともご主人にいろいろ伺いました。造詣の深いお友達といると刺激的な会話が続きます。

11-11-25-2.jpg

左上から渡り蟹の甲羅蒸し
右下:牡蠣の湯葉巻(海老芋唐揚げ・南京天麩羅・ヤングコーン・菊花天)
鴨ローストなしのサラダ仕立て

ここのご主人、奥様からとってもよくしていただきました。
そうそう、兵庫のガツンとくるお酒もおいしかった 確か、茨木酒造純米生原酒「来楽」
ここ料庵 有とみのinformation: 神戸市中央区中山手通2-10-22 ハンター坂ヴィレッジゲート 2F 
                                            電話:078-252-1333

k岡さんは山歩きが大好き。
「これから六甲登ろか!」「ええ???」みたいたのしいな楽しい会話も美味しいを倍増してくれます。


このあと、諏訪山ビーナスブリッジまで夜景を見にドライブをし
右手の摩耶山方向から来年の大河「平清盛」へ思いをはせたり、義経の話しになったり
なんと、会って最初に話したのが確かDNAの話から始まり、歴史の話まで・・・
おしゃべりの話題は尽きない楽しい神戸滞在でした。

posted by まさ at 23:42| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

時雨時の新潟萬代橋

こんなに夜遅くなったら、本来ならは急いで家路を急ぐのですが
この日は、なぜか新潟駅まで歩きたい心境。
雨が空からこぼれてきそうな夜なのに、コートなしでも平気。
頭の中は、夕方聞いたドビュッシーの『美しき夕べ』のある部分がオートリバースしている。
出掛けに急いで調べた「ポール・ブルジェ」の詩のワンフレーズが頭の中で重なる。



Lorsque au soleil couchant les rivières sont roses,
沈む太陽が川の流れを薔薇色に変え、
Et qu'un tiède frisson court sur les champs de blé,
生温かい微風が麦畑を駆け抜けるとき、
Un conseil d'être heureux semble sortir des choses
幸せになりなさいという声が万物から湧き上がり、
Et monter vers le coeur troublé.
思い悩む心に込み上げてくるかのよう。

Un conseil de goûter le charme d'être au monde,
それは、現世の魅力を味わいなさい、
Cependant qu'on est jeune et que le soir est beau,
若く、夕暮れが美しいうちに、と勧める声。
Car nous nous en allons comme s'en va cette onde,
なぜなら我々は去るのだから、あの波のように、
Elle à la mer, nous au tombeau.
波は海へ、我らは墓へと。



夕焼け時は、とうに過ぎていたけれど
新潟の母なる大河は、すぐそこで大海原の一つのうねりになろうとしている。
長い橋の上で、しばし、音も詞も忘れて持ち合わせていたカメラのシャッターを夢中で切っていました。

頭が霞む超高層ホテル。
IMG_3938.jpg

11月の行き交う車が置いて行った光の跡

IMG_3944.jpg

石造りに旧き良き時代を感じる欄干
ここは何かが交差する場所です。
ホテルの上層階まで降りてきた低く垂れこめる雲に
この街の冬の始まりを感じます


IMG_3938.jpg

人はどんな思いを抱えて橋を渡るのでしょう
「生」を見つめることの多いこの時に
ポール・ブルジェは「現世の魅力を味わいなさい」という

IMG_3985.jpg

もうすぐ、時雨の季節を経て、白いものが空から舞い降りてきます。
辺り一面を、真っ白にし、全てを覆い隠すように・・。


人はあたたかい我が家に待つ人のもとに帰っていきます。





posted by まさ at 15:42| 新潟 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

よき新潟 in 旧小澤邸

新潟市には町屋と呼ばれる古い民家を再開発して一般の人達に開放している施設が増えています。
町をいろいろな角度から再生していこうという取り組みの一つだと思います(よくわかっていません(・・;) )。
FBでお知り合いになったKさんから、江戸時代後期から新潟町で活躍していた商家「旧小澤邸での弦楽四重奏」のお誘いを頂戴して心待ちにして行ってきました。

家を出てから急に雨が降り出して、ワイパー全開で到着したころには少し小降りになっていました。K氏は、玄関先で待っていてくださり、傘を片付ける手が心なしかうまく丸められません(・・;)

初めてこういう町屋を目にして、どこぞの観光地へ行った気分です。そしてKさんは、以前下町散策をなさった時のお仲間との話題を交えて、丁寧な説明をしてくださり、知らない新潟の歴史と文化に触れたしっとり雨のいい空間。

11-09-23-1.jpg

もうひと方、やはりFBでお知り合いになったすてきな(あら、こちらもKさん)K氏。ご一緒に奥の間での30人ほどのミニコンサートです。ブドウのすてきなお軸が迎えてくれました。
耳慣れたクラシックと映画音楽、TVの主題歌など、肩肘張らないとってもなじみ曲ばかり。外の雨もすっかりあがって、途中の休憩以降は、縁側の雨戸を開け、木漏れ日がやさしいお庭から風を運んできます。座布団の上でのコンサートはちょっぴり足が心配になりましたが、我が家にいるような(これは言いすぎ…)アットホームな雰囲気のなんともいい時間の中に浸っていられたのです。


夕方帰ると、買い物に出た母と一緒の戻り。
母がサンマを焼いてくれて、3連休の初日は幸せ気分で更けて行きました。

11-09-23-2.jpg









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




posted by まさ at 23:57| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

La Cucina Italiana Ijirushi

いつものメンバーでの女子会です。月例会というべきでしょうか…。
私が大好きだったこのお店「La Cucina Italiana Ijirushi」がみんなで行ける地区に移転したので、今回はこのお店に決まりです。

11-09-12-1.jpg
彩り野菜のバーニャカウダ(右上)   空豆とゴルゴンゾーラチーズ、自家製ニョッキのグラタン仕立て(左下)
 


メンバーの一人T2ちゃんはこの土曜日にお嬢さんがご結婚です。
その忙しい中時間を作ってくれて、ありがとう。でもいろいろ多用だからこそ、「気分転換に会いたかったのよ〜〜♪」なんてうれしいこと言ってくれます。母親がお嬢さんの生い立ちの原稿をまとめる演出なんですって! その原稿を書き終えたそうで、「もうどっと疲れたわぁ〜〜・・・・」とうれしさを隠せなさそう(^^)V 長谷川京子似のお嬢さんなんですよ! お母さん以上にしっかりしていて、やさしい今どき珍しいお嫁さんにもらいたいお嬢さんなんです。
お母さんの結婚式のお着物の話やご祝儀の話し…。( ..)φメモメモ勉強になります。

11-09-12-2.jpg
トリッパと白いんげん豆の赤ワイン煮込み ポルチーニ茸風味(左上)
甘えびのトマトクリーム/タッリアテッレ(左下)   クアトロフォルマッジ(右下)

そして、私のカナダのおみやげ話。ちっちゃいスライドショウでブログのレポの隙間を埋めさせてもらいました。
時々、FBでお友達に実況報告に余念がありません!!

メンバーの一人Tちゃんは、先月末にお誕生日だったのですが、会える機会を作れず仕舞いだったのでささやかな遅ればせながらのHappy birthdayです。隣のお席のグループの方からもたくさん拍手を頂いて祝っていただくほど…。(私たちの声、やっぱり大きかったかしら…??)

私はここにちりばめられているハートばっかり狙ってゴチになりました(私は、ハートでいっぱい!!!!)←何の意味もない(^^ゞ
11-09-12-3.jpg

ここ●○ La Cucina Italiana Ijirushi ○● の情報は、
住所:中央区東万代町1-5 ドゥークスビル1F
電話:025-255-1464

帰りにシェフと奥さんが挨拶に出てくださいました。
そうそうフロアーの男性は、フジTV「とくダネ!」でプレゼンターをしていた(最近見かけない…)大村君(小倉さんがそう呼んでいた)似の青年だと思ったのは私だけだったでしょうか…。

お疲れ気味のTちゃんは、車で来ていたので今回はアルコールはT2ちゃんと私だけ…。美味しいイタリアンに舌鼓をした後は、早いお別れ。(といっても2時間以上はおしゃべりに興じていましたけどね…)

11-09-12-4.jpg

電車を降りてなぁ〜んにもない家路に仲秋の名月を記念に一枚。









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:57| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月08日

Happy Birthday~♪

母の78回目のお誕生日、 昭和8年8月8日生まれ。
パ・パ・パの末広がりのおめでたいお誕生日です。

お花やワインが届きました。

母は、今晩は、母のお友達と3人でお誕生会です。

母は、妹を産んだ時の後産が悪くて、幽体離脱までした人です。
その後の回復が思わしくなくて、母がまだ小さかった私宛に書いた手紙を
10代の頃、箪笥の奥から見つけて、一人涙にくれたこともありました。

それが今はどうでしょう。
PC教室が今一番の楽しみです。
時にはそれがカラオケ教室に代わるらしく、小さなDVDで演歌の練習しています。
2年前に膝のお皿を割って以来、ゴルフからはすっかり遠のいていますが
気持ちは、池田君!遼ちゃん…。と若いゴルファーのTVおっかけしたり、
ジム用の水着だって、すてきなのを何着かとっかえひっかえ…。

私にはまねできないパワフルおばあちゃんです。
急に、やっぱり私って、年だわぁ〜〜〜。 滅多に気付かないのが腹立つくらい
あっけらかぁ〜〜〜んと、どこが私と同じA型?? まったく信じられません。
違う星からやってきたスーパーおばあちゃん・・・とはうちの母のようです。

11-08-08-1.jpg

初めて新発田にあるOrga(オーガ)に行ってきました。
新発田市豊町4-8-12
電話:0254-26-6678

11-08-08-2.jpg

当初コースをお願いする予定でいましたが、アラカルトからいろいろ選んで
シェア―していただきましょ!美味しいいろいろがいいでしょということに^^

11-08-08-3.jpg

いろんなところで、美味しいとの評判はウソではありませんでした。
新発田だと侮るなかれ!
私の中でなかなか上位にランクされていますぞ!!


帰りの代行は、高校の同級生の友達!@@
車の中から、高橋君〜〜♪と電話をして久々に懐かしい声が聞けて(^^)V


11-08-08-4.jpg
母のところに送られてきた花束です。
とってもパワフルカラーの元気の出る花束でした。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



新潟県新発田市豊町4-8-31
posted by まさ at 23:06| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

La Gemma (新発田市)

今日夕方、急にお腹がすいてきて…。
友人にパスタでも食べに行かない?と誘ってみたけどふられてしまった…。

連れ合い君にお願いして、しつこくお願いして…
(そう、彼は、私と出掛けるより、家で飲んでた方が簡単でいいと、
私のリクエストにはなかなか応えてくれません。)
なんと、私の懇願に根負けしたのか、「いいよ!」のOKサインを頂きました\(^o^)/
二人で夕食だなんて久しぶり…。
(ただし、私はノンアルコールデーですけれど…)
やったぁ〜〜〜〜!!!!!

いつもだったら新潟方面に向かうところ、
反対新発田の入口付近に地の野菜を使ったイタリア料理のお店ができたと
雑誌で見たので、そこに向かうことに=3==3

11-07-01-1.jpg
今回は白黒の中にカラーを際立たせてみました。
@A
BC

@:地野菜たっぷりのバーニャカウダー          
A:新発田産アスパラと半熟玉子・モッツァレラチーズのオーブン焼き
   トリフ風味
B:新発田さんのたつばあちゃんの平飼い卵のカルボナーラスパゲッティ
C:みゆきもち豚・カモ・越の鶏・白レバーの田舎風バテサラダ添え


Bのたつばあちゃんちの素敵なお孫さんがさわやかな笑顔でサーヴィスしてくれました。
とってもいい感じの、言葉かけとお店の雰囲気です。

パテも美味しかったし、バーニャカウダーも美味しかった。
カルボナーラもパルンジャーのレッジャーノの香りも高く、うん、これも美味しかった!
オーブン焼きのアスパラは、若干卵がやわらかかった、トマトが勝ち過ぎてた気がするな…
トリフも私の貧困な舌と鼻では、キャッチできなかった(うぅ〜〜ん、残念)

ワインも飲んでいない癖に、1時間ほどの気軽なゆったりした夕食を楽しむことができました。
「La Gemma」のスタッフさんたち、ありがとうございました。

11-07-01-2.jpg
  ちなみに「La Gemma 」の情報
  〒957-0063 新発田市新栄町3-3-28
  電話:0254-27-8080
  定休日:月曜日・第2火曜日


きょう、庭で見つけた毛虫君です。
蝶になるのか蛾になるのか…。
すっごい勢いで私に迫ってきました。

11-07-01-3.jpg








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 22:06| 新潟 🌁| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

たらふくうなり

いつものメンバーでの定例会。
今月は和食です。

最近は居酒屋さんというより、ちょっと落ち着いた和食を食べたいお年頃。
でも、今回はがっつり和の居酒屋さんでした。
初めてのおじゃまで行ってきました。 
古町新道に昨年暮にオープンしたばかりの「たらふくうなり」へ
情報:新潟県新潟市中央区古町通8-1437
Tel:025-201-8429

先日取材に来てくれた月刊新潟の記者さんに話したら
「五郎」「十郎」さんの姉妹店なら美味しいでしょ!と太鼓判を頂いたお店です。

11-05-22-1.jpg

     ●金鯵のお刺身(本日のイチ押し‼)
     ●鬼カサゴのイタリア煮
     ●ズッキーニの酒盗チーズ焼
     ●新発田の焼ナス
     ●ベーコンの炙り焼き
     ●枝豆の初物〜・弥彦娘・〜      等など

どれもおいしかったけれど、
たぬちゃんのマチュピチュの話とお土産が楽しかった^^

そして、
11-05-11-2.jpg

どっぷり3時間もカラオケを楽しんだのでありました。
去年の10月以来の2度目のカラオケです。
出るは出るは、古い演歌が…・(笑)

なんと、「あんこ〜〜、椿ぃは~~♪」
都はるみのデビュー曲??初めてのヒット曲??も飛び出しましたよ@@

今回は、いつものメンバーを紹介です。
皆な、美人でしょ^^ 
友は類を呼ぶんです???

左からたぬちゃんです!なんと誰も知らない「雪の十日町」を歌いきったカラオケの女王です。
でも、カラオケしながらFBで実況情報提供も同時進行のすごい人!

真中は、私たちの「道しるべ」?のRさんです。
彼女の教えで私たちのややもすると忘れそうなことを母のように導いてくれるありがたい人なんです。
彼女の歌う姿を大好きなT2ちゃんは、一番右側。

T2ちゃんのことをたぬちゃんは、今井美樹の「プライド」、本物よりもうまい‼と太鼓判です。
演歌歌わせても、デュェットしても・・・何歌わせてもすっごく上手! 気働きのT2ちゃんです。

素敵な女性がいつものメンバーなんですよ!
気の置けない楽しいおしゃべりがまた楽しみです。
明日のゴルフが心配とたぬちゃんの一言で会はお開き・・・。
私は、もう駅へのバスがなくなっていました(-_-;)









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 12:03| 新潟 ☔| Comment(16) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

仁和寺〜竜安寺

この時期は、そろそろ京都の桜は仕舞い桜です。
でも、時期の遅い桜は、調査済みです^^
そう!「仁和寺の御室桜」がきっとon timeでしょう。

11-04-17-6.jpg

仁和寺と言えば、高校2年生の修学旅行に忘れられない思い出があるのです。

長くなるので飛ばしてください。  ⇒************印以下へ

古典の時間に徒然草の「仁和寺にある法師」を思い出し
ここがその仁和寺だ!と皆で仁和寺の前で廻れ右をして帰ったのでした。
今思えば、私たちも清水寺に行った仁和寺のある法師と同じことをしたことに気づいていなかった…(^^ゞ

本題はここから、
で、ぼぉ〜と歩いていたのでしょうか…。
初老の男性に声をかけられて、
君たちは修学旅行のようだが、「山之内一豊」を知っているかね?
その奥さんは内助の功で有名な千代さんを知ってるかね?
・・・ 確かとっても優秀だった佐藤君が知っていると言ったのかどうか…。
少なくとも私は、聞いたことがあるような、ないような…。

話しながらあるお寺に連れて行かれ、このお墓が山之内一豊と奥様のお墓だとおっしゃるのです。
世が世なら、君たちは、この墓前までは来れず、向こうの門のところに膝まづかねばならないとか。
明治維新のころ、土佐藩の○○(誰か名前を伺ったのでしたが、忘れました。坂本竜馬かな??)は、
ここより前には入れず、ここでご報告したんだよ! 後方の水路の蓋のような石の印を指差したのです。
そして、昔なのに殿様と奥様はこうして、お墓を並べているのはとっても珍しく、
それは、千代さんの内助の功が素晴らしかったからで、こうしてそばに並んで祀られているのだ。
と教えてくださったのです。

今回、あのとき連れて行かれたのが、妙心寺にある大通院だったということを知り、現在は非公開。
まして数十年前も非公開だったに違いない。とタクシーの運転手さんのお話でした。

今も、そのお墓に行った時の様子は目に焼き付いています。周りの様子もくっきりと覚えているのです。
忘れられない数十年前の修学旅行の一場面をまた思い出したのでした。

ここまで、お付き合いありがとうございました。

************

11-04-17-1.jpg

仁和寺の桜たちは、少し早いものもあり、五感をそそるような香りもプラスされています。

11-04-17-4.jpg

ようやく恵まれた青空! やっぱり花は、青空がよく似合います。

竜安寺のモノクロの石庭がしだれ桜で華やぐ一年にわずかな貴重な瞬間でしょう。

11-04-17-2.jpg

しばし、しだれ桜のピンクの重なりをお楽しみください。
11-04-17-3.jpg

夕方のフライトでいつもとは違うコース。
琵琶湖の脇から能登半島の先まではっきり見えて、
大佐渡小佐渡を眼下に見ながら新潟空港に無事帰ってきました。

11-04-17-5.jpg

母は、冥土の土産がたくさんできたと繰り返すことしきり。
ま、ちょっと贅沢旅行でしたし、母にとっても、とってもたくさん歩いた3日間でした。
従姉のお陰で、楽しく過ごせたことは言うまでもありません。

長いレポにつきあってくださって、ありがとうございました。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:37| 新潟 ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

東寺〜修学院離宮〜祗園

東寺は、国宝の仏像がたくさんあって、土門拳の写真を見てから一度行ってみたいと思っていたお寺です。
11-04-16-1.jpg

とっても風の強いこの日は、雨が落ちてこないだけでももうけものなくらい肌寒く感じます。
しかし、新潟者にとっては、温かい関西です。
なんと、仏像は、撮影禁止‼ そっか。。。。そういえばそうかも(納得しきれない妙な気分)
しつこいですが、土門拳の写真展のあの力強かった印象が忘れられずに一番にやってきたのに…。

この日は、ずっと前に許可証が送られてきた「修学院離宮」に行ける日なのです。
タクシーの運転手さんに、「予約してたんですか?この時期はなかなかとれないんですよ!」
なんて声をかけてもらえると、ますますうれしくなってしまいます。
11-04-16-2.jpg

歴史的なことから現在の存続にまでユニークな説明に引きつけられながら
広大な敷地の離宮内の中を、3Kmの散策コース。総敷地は、東京ドーム12個分くらいとか…。
その中に、今回ご一緒した(応募はがき持参)人たちしか人が見えません。
一般住宅だってないんですもの。 あちらに見えるお山のこっちの面は敷地内なんですって。
背後にそびえる比叡山をも庭の一部にとりこみ、京都をとり囲む山々と眼下に見る京の町
そんな風景が魅力的な離宮でした。


この日の夕食は、祇園辰巳神社前にある 
LE SARMENT D'OR  (ル・サルモン・ドール)
        京都市東山区新橋通辰巳神社前
        TEL:075-531-3606
        http://www.le-sarment-dor.com/

11-04-16-3.jpg


 ●春キャベツのスープ〜卵黄とウニと生クリームのムース〜
 ●前菜:フランス三歩愛とアスパラとオマール海老
 ●三重産鯛のポアレ小松菜ソース〜菜の花・たけのここごみ・黒米リゾット添え〜

11-04-16-4.jpg

 ●カモのグリル(奥にグリルでグルグル廻っているカモが見れます)マッシュポテト添え
 ●チーズの盛り合わせ(お好みのものを・・・) 
 ●ブラマンジェ〜イチゴのソース
 ●プチスイーツの盛り合わせ

京都オークラホテルでシェフを務めた上島康二さんは物腰も柔らかく
にこやかにお料理の説明をしてくださるし、外まで丁寧にお見送りしてくださり
一緒に写真に収まってくださったのでした。

お店の窓ごしに白川が流れ、そこからはライトアップされた
あと少しで今年の時期が終わらんとしている桜がそよ風になびいていました。
外の夜桜もタイムリー。一度は祇園で!なんて夢の夢かと思っていたのですが
母の「冥土のみやげ」なんて言葉に甘えて、思いがけずに素晴らしい好機の晩餐が楽しめました。


そうそう、急いでいる舞妓さんを見かけました^^V  ←これおまけ!









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 23:37| 新潟 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

大阪造幣局〜北新地

朝、一番のフライトで伊丹入りです。
母と従姉と私の昭和の女3人、御一行様にございます<(_ _)>

お天気が午後から雨という予報なので
今回の旅行の第一の目的「大阪造幣局」の桜を一番に見に行くことにしましょう。

ほぉ〜ら、造幣局の脇を流れている大川沿いの桜にもう感激して、シャッターばっかり…。
おいおい!、本番はこれからなのですぞ!もっとすごい桜が待っているというのに…。

11-04-15-1.jpg

私は、2年前に一度造幣で観桜しています。
その時の桜に、驚かされるほどの感激で、2人を連れていく約束。
それが今回叶ったったというわけなのです。

去年は、「この日くらいに通り抜けできるだろう」と「つもり」で計画した関西入りでした。
滞在期間翌日から、「桜の通り抜け」が・・・。  よ、よ、翌日からですよ…。
早めに計画しすぎたこと反省。。。。。目的成就できずに、苦い涙を飲んだのでした。 

11-04-15-2.jpg

今年の桜は、「妹背」。残念ながら、今にも雨が落ちてきそうな雲行きですし、
まだ蕾やこれからといった木がたくさんです。(やっぱり今年は、寒いのでしょうか…。)

出口に近づいたころから雨がポツリポツリと当たり始めてきました。
シャッターに夢中で遅くなり気味の歩みもスピードUP・UPです。

初めての2人は、もう大満足だそうで降ってきた雨も、
「雨に当たられる前にほとんど見れてよかったねぇ〜〜♪」 なんと麗しいプラス思考(^^)V

今回、大阪の美味しいどころをいくつかチョイスしてくださったまぁリさんのご提案の中にあった
ねぎ焼きの「やまもと」(以前、たぬちゃんとも行っておいしいことは確認済み^^)で
大阪の粉ものに挑戦。ちょっと甘めのソースがうまい! やっぱここ一押しのすじネギ」はいい!!

雨の梅田あたりでぶらぶらしていると、まぁリさんからの電話。
「今晩の大阪フィルの定期演奏会のチケットがあるけれど行かれます?」
11-04-15-5.jpg

サプライズの大阪でのコンサート!!

ちょっと長くなりますが、お付き合いください<(_ _)>
このコンサートの最初に指揮者小植英次氏からのメッセージが
・・・・・・・・・・・・
多くの作曲者が災害、被災者に曲を捧げていますが
演奏者が曲を捧げたという記録は、私の知る限りでは、ひとつしかありません。
99年前の4月15日(今日)、タイタニック号が沈んでいく時に
楽団員たちが船上でした最期の演奏が、演奏者による唯一の鎮魂です。
・・・・・・・・・・・・
そんな内容だったと思います。

そして、あの 『賛美歌320番「主よ御許に近づかん」』 を
コンサートマスターが、そして+バイオリン1台+ビオラ1台・・・・
演奏する人が一人二人と増えて、最後には大きな演奏となったのでした。

考えてみれば、東北の津波も
タイタニック号の沈没も海の脅威にたくさんの命が飲みこまれたのですね。
冷たい、冷たい海にと思いながら、静かな気持ちで祈りをささげました。


それから、ジャズテースト(これはアンコールで)のすてきな小曽根真氏のピアノとの
ピアノコンチェルトがプログラム通り始まったのでした。
ゲネプロの様子ですが、こちらからご覧いただけます。

ハートを大きく揺り動かされた素晴らしいコンサートを、まぁリさんありがとう❤

さ、それから急いで向かった先は、
MODO DI PONTE VECCHIO 
 大阪市北区梅田3-3-20 30F
 TEL:06-4795-8888
 http://www.ponte-vecchio.co.jp/

11-04-15-3.jpg


シェフのおまかせコースです。
 ●アーモンドと野菜のミルクのスープに水牛のモッツァレラチーズ生ハム添え
 ●炭火焼のカツオ姫ネギ添え(ホタルイカ、ロマネスコ、新玉ねぎ、アボガドのオランデーズソース)
 ●タリオリーニ(しらす、ウニ、菜の花、カラスミをたっぷり振りかけて…)
 ●ラビオリ(メッツァルーナのラビオリ アスパラのソース、トリフとグリーアスパラの穂先を添えて)

11-04-15-4.jpg


 ●メイン:鶏とフォアグラの紙包み焼き(軟らかいのなんのって初体験テクスチャー!!)
      三種のキノコ添え(あわび茸、白霊茸、ジロール茸)
 ●デザートの前にお口直しにモスカート・ダスティーのソルベ
 ●3人それぞれ好きなドルチェ

あぁ〜〜、美味しかった‼ 食材の豊富さ、発想豊かなイタリアン
サーブしてくださったU氏のうれしい心遣いの数々に心なごむ楽しいディナーでした。

私だけ、北新地「Dining & Bar Beso」でまぁリさんとカクテル頂いて…
 Informetion:大阪市北区曽根崎新地1-2-12 橘ビル 4F
                     TEL:06-6345-3838

表現しきれない濃厚な一日目が終わったのでした。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:37| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

Restaurant Bar 町田_Again

私の年に一度の日を友人がお祝いしてくれるというので
お気に入りの新潟 鍋茶屋横の「Restraunt Bar 町田」でお食事会です。

11-03-08-1.jpg

ここは以前に伺って、お料理の丁寧さとおいしさが気に入って再訪です。
●そのときの情報は こちら⇒
●情報はこちらから⇒Restaurant Bar 町田
              〒951-8063 新潟市中央区古町通8番町1444番地
              TEL 025-229-3144  FAX025-229-3153
              http://www2.ocn.ne.jp/~bmachida/HOME.htm



昔の置屋さんだった民家をほとんどそのままの風情で改築したレストランバーです。



おしゃべりを楽しみながらお料理のこともいろいろ聞けるようにと気を使ってくれて
カウンター席を T2ちゃんが予約してくれていました*^^*

案の定、しつこく?お料理のことを伺えてとっても嬉しいお食事会です。
cuisinier(調理人ってこと?)のS氏は、カメラのことも詳しくて
カメラ小僧談義に花を咲かせたり、お料理のことを根掘り葉掘り(^_-)-☆伺ったり…
とっても素晴らしい時間だったんです。



●野菜スープ(野菜の甘さがたっぷり溶け込んだやさしいスープ)に始まって
●自家製サーモンのマリネ
  これはですね、
  エシャロットと小葱の入ったクリームチーズのソースが添えられてあります。
  そして味を〆るためにバルサミコ酢が左後ろに少し…。キャロットラッペも甘くて^^(ムフフ)
●子牛のポアレ_粒マスタード添えは子牛の話を聞いてびっくり\(◎o◎)/
  子牛って、まだミルクしか飲んでいない(草を食べる前の)子牛ちゃんなんですって!
  かわいそうに…と言ったら、美味しく食べてもらえて成仏するのだそうです(人間サイドの理屈でしょうけれど…)。
  でもこれが、脂肪もなくて軟らかくってまるで煮込んだような、でもしっかりしているのです。
  一口ずつ味わいながら、本当に美味しい‼お肉です。菜の花で季節をあしらって・・。

 
それで足りなくって・・・。
今日のレコメンドから一つ…。
●蛤のエスカルゴ風焼き?・・・(忘れた。もうこの辺は記憶が怪しいです。…)
  T2ちゃんは、エスカルゴと聞いただけでもう拒否反応!
  大丈夫、蛤だから!と2つずつシェアーです。
  ほぉ~ら!美味しいでしょ^^ パセリとパン粉とにんにくのトッピングで焼いたもの。
  二人とも大満足^^


11-03-08-2.jpg

最後のデザートは、気遣ってくれて、Happy birthday用にろうそくが一本~~かわいい❤
そういえば、もう何年もろうそくを吹き消すなんてしたことがない気がします。
子供たちや父にしてあげたことがあっても、自分が吹き消した記憶が…ない!
「私のためのロウソク」って思ったら、とってもうれしくって感激なものですね^^
朝から、いろんなメッセージを頂戴していて、それにロウソクの演出。幸せな誕生日でした。

最後にカラオケに行って歌いました、歌いました‼ 2時間くらい歌ったでしょうか…。
降っていた雨はすっかりやんで、初めて買ったビニール傘は右手に用済み。
みんな寝静まった家に帰りつきました。



メッセージをくださった皆様、ありがとうございました<(_ _)>









ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 17:56| 新潟 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

ワイン食堂_Again

今月の女子会です^^
先月雪の福井~金沢に行った「はんばき脱ぎ」です。

「はんばき脱ぎ」とは、
新潟県も中越・下越地方で旅行の打ち上げ、お疲れ様でした会など
再び参加したメンバーで、思い出話をしたり、それを肴に楽しい会をというものです。
その謂れは、昔の旅は命がけで出たわけで、無事に旅を終えることができた、
旅の終わりに、足に巻いた「はんばき(脚絆)」を外す(ぬぐ)ことができた、
その無事を祝ったものが、今「はんばき脱ぎ」≒旅行の打ち上げと転じたようです。
(母に聞いたものです。)

この旅行を計画した「ワイン食堂」で2度続けての定例会です。
(同じお店で続けてというのは、私たちにとってはとっても珍しいことなんですよ^^)


11-02-15-1.jpg


今回は、煮込みを一品是非!とリクエストをして
前菜の盛り合わせをいくつかご用意してくださる
というオーダーでの予約を入れて伺いました。

前菜の盛り合わせは、
 ●玉ねぎのキッシュ
 ●サツマイモとマスカロポーネチーズのサラダ仕立
 ●フォアグラ・蓮根・ナッツのテリーヌ
 ●ピクルス

村上牛ネックの赤ワインの煮込み
 ●じゃがいものドフィノワ
  (フランスのドフィーネ地方の郷土料理だそうで、生クリームのグラタン風) 
 ●白菜のブレゼ
  (白菜を鶏の少量のブイヨンで蒸煮したもの)



11-02-15-2.jpg


前日にご夫婦のフルムーンから帰ったばかりのTちゃんは、ご馳走疲れながらも
こういう洋食が食べたかったと気を使ってくれて、Tちゃんにしたら若干ひかえめのローペース。

彼女が、PCとご主人との旅行で撮りためた写真をスライドショウを見ながらという
なんとも姦しいDinner timeなのです。

この他に、
 ●帛乙女(きぬおとめ)のコンフィー
  (新潟市の五泉に採れるブランド里芋をコンフィーにしてパルメザンをふりかけたもの)
 ●金美人参のムース
  (庄内の黄色い人参・・・手タレは、Tちゃん)


雪の熊野〜二見〜伊勢〜セントレア空港
楽しいスライドショウは、片足だけでも行った気分になれたのでした。
だったら、福井〜金沢の乙女のカニ三昧旅のスライドショウもすべきだったかしら・・・
今頃そう思ったんじゃ遅いのに…(ぶいぶい!)

帰りの電車の中でもらったT2ちゃんからのメールです。
「いつもより落ち着いたトーンでおしゃべりしていた私たちって、
大人の女性って感じだったよね!! 珍しく今日は手(チョキ)

「え?!声が大きかったと思うんですけど…(^^ゞ」 と返してしまいました。
だって、楽しすぎたんですもの。美味しいものと姦しい昔のお嬢たちが集えば
こんなもんでしょ! ワイン食堂のオーナーは、きっと驚いていたことでしょう。
忘れ物の無いように…。 なんて注意されたんです。オヨッパ軍団に見えたのね…(笑)。

本当に楽しい仲間なのです。
私とT2ちゃんはスイーツは、別腹と思って期待していましたが、
Tちゃんの一言で、次回へのお預けとなってしまいました。
当然昨日までのお疲れと今週の初めですものね。
来月は、どこで定例会でしょうか? ・・・楽しみ、楽しみ~~♪



●ワイン食堂の情報
新潟市中央区東堀前通7番町1075−2
025-222-0117
第四銀行本店の裏ですよ!










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 17:01| 新潟 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

兼六園〜ひがし茶屋街

いつの間にか乙女の旅へと化した「蟹満喫のツアー」も金沢へと向かいます。
朝、やさしい男性からの連絡で途中の高速は通行止めになっているって・・・Σ(゜ロ゜;)!!
車は、夜積もった雪が凍ってしまっていて、お湯を分けていただくほど…。

ま、いざ今日も出発ぅ〜〜‼‼
まずは、なぎさハイウエーの冬の様子をチェック!
11-01-16-1.jpg

ギョ!! 「なぎさハイウエー」なんてどこにもありません。
夏の砂浜を走れるという砂浜は、ほとんどなく
すぐそこまで次から次へと波が押し寄せてきます。
一番若いT2ちゃんは、何をしたと思います?
海に向かってバックダイブ! わかりづらいでしょうけれど、
海を背にしておっかかろうとしても
背中から吹いてくる風に強く押されて、バックに倒れることができません!
風の壁におっかかる感じとでももうしましょうか…。さすが日本海です。

凍った道路を一路兼六園へ!
(そういえば、隣の金沢大学では、共通一次の真っ最中だったはず…)

駐車場を探すのに兼六園を3周もしたんですよ。
そのおかげでとっても近い駐車場に停めることができてラッキー‼
11-01-16-2.jpg
ほんの一瞬でしたが、太陽が光をくれました‼
わずか5分くらいだったでしょうか、ラッキーです。
雪つりのロープが金色に輝いているように見えます。

11-01-16-3.jpg

兼六園には何度か行ったことがあるのですが、
雪吊りの そして、雪のある兼六園は初めてです。
なのに太陽のご褒美と 雪もちらつくとは、最高の演出を用意してもらったようです。
お殿様のお庭という感じ満々です。雪の兼六園の方が断然きれい!


さあ次は、ひがし茶屋街で、女子お得意のぶら歩きショッピングタイムです。
11-01-16-4.jpg

皆、ご主人ときたら、こんなにゆっくりは見れないわよね〜〜♪なんて言いながら、
心はうきうき少女のおばちゃん4人です。
和風のグッズ、陶器、金あしらいのグラス・・・思い思いのお土産をゲットして
〜〜 気分はもう、大満足((o(^-^)o)) 〜〜

洋食屋さんでランチして、まだ少し早いけれどといいながら
帰りが予測できないからと、後ろ髪をひかれながらも、新潟へと高速をひた走ります。
この日は、いくつかの区間で通行止めがあったようでしたが、
一度も高速を降りることなく、無事新潟に到着。
有名ラーメン屋さんで、夕食と一緒に清算を済ませて、
みんな明日の日常へと別れたのでありました。

なんて満足の旅だったことでしょう。
気の合った仲間と乙女話に花を咲かせた楽しい充実の2日間でした。



最後までお付き合いくださって、ありがとうございました。
「蟹を食べに行く!」のTabi+blogは今日まで。の
明日から、また「食べる」の方の「Tablog」にシフトいたします。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 23:16| 新潟 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

蟹づくしのお宿

お待たせしました。お宿には19:05に到着。
ナビは、19:40に到着といっていたのに、Tちゃんが
「7:05に着く!!」と言いきってくれました(心強〜い‼)。

この日のお宿は、
 ●
ちりはま ホテルゆ華  TEL:0767-22-7500 
 コテージの素敵なお部屋を準備していただいていたのですが、
 強風で、お部屋に行ったり来たりに寒い思いをしたくなくて同じ建物内に変更して、
 少しでも早く、 「あぁ〜〜、お腹すいたよ〜〜‼‼」

11-01-15-5.jpg

テーブルの上で、もうビックなカニが鎮座してお待ちかねです。
最初は、蟹のお刺身から・・・ とろ〜〜んと甘くって、うぅん!うまっ‼

11-01-15-6.jpg

甲羅焼き、茶碗蒸し、蟹すき 〜〜〜カニ三昧です。
〆には、食べきれなかった蟹の身を全部ほぐして、たっぷり身の入った雑炊(*^^*)V
別腹に入っちゃいました。

蟹をむく手が蟹の汁でべしょべしょ!
蟹味の手になって必死に食べたり飲んだりでしたよ*^^*



お部屋に戻った後は、今日の疲れを流しに温泉へ〜〜♪
11-01-15-7.jpg

露天ぶろは、雪が舞う中寒ツバキの赤がきれいでした。
(お風呂を出てから、急いでお部屋にカメラを取りに戻っての撮影でした。)

外は、日本海を渡ってきた冷たいきたかぜがゆきをつれてきているようです。
明日は、雪つりの兼六園が見れるでしょうか…。

明日の朝の頭痛としゃべりすぎの喉が心配…zzzz。。。。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:53| 新潟 ☁| Comment(12) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

永平寺〜越前岬

いつもの仲間4人で、一番の目的は「蟹食べツアー」にに行ってきました。
こういうのをやる時の計画係は私。Hさんが車を出してくれることになって、
ホテルやコース担当は私です。
TちゃんとT2ちゃんは、昨年いずれも行ったことのあるコース。
酷寒の大雪の予報のど真ん中に、誰かがキャンセル!を言いだすだろうと
結局誰もその一言が言えずに、土曜日の朝7時にTちゃん宅に集合して、出発です‼
この吹雪の中では変更十分にあり!のつもりで、なんたって「蟹食べツアー」ですから…。

11-01-15-1.jpg

富山県に入って最初にお休憩した有磯浜SAでは、並んでいた生姜飴と迷って、
買った「甘金丹」は、「萩の月」の富山バージョンです。SAのお煎茶で休憩です。

ぼそぼそ雪の降っているところもあれば、全く雪のないところもあります。
日本海の荒波を右手に見たり、竹林の雪景色を見たり最初の目的地は、永平寺です。
永平寺の身を切るような冷たさで、精神の修業しましょう!とHさんのアドバイスでしたが
入山前になめこそばとごま豆腐で心も体もぬっくぬく(*^^*)


11-01-15-2.jpg

修行僧の声の響き渡る永平寺に入山です。
やはり山の中のお寺だけあって、雪下ろしも修行のうちのようです。
都会から来てる若いお坊さんもいるでしょうに…。
新潟のおばさんの方が雪のけはうまいものです。

11-01-15-3.jpg

山門の両側に祀っている四天王
永平寺用に厚手の靴下を持参したのですが、その必要はありません。
観光客用にスリッパも用意してありますし、寄進のお勧めもありました。

さ、永平寺の次は、越前岬の水仙の群生を見に行って東尋坊へ行く予定です。
この雪と日没を考えると丸岡城か?と思いきや、元気なお姉様根性で越前岬へGO!GO!

11-01-15-4.jpg

荒波日本海ノ岬に広がる水仙の群生は、霰と強風の一瞬のすきをついて撮影です。
本当に一瞬でした(仏様のご加護だったのでしょうか…)

この日の蟹づくしが待っているなんて、知らずに
千里が浜まで今から行ったら、何時に着くのやら…。
暗くなってくるし…・。心細くなる一日目ですが、今日はこの辺で…。

姦しおしゃべりが続く車内で時間は楽しく過ぎていきます。










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:51| 新潟 ⛄| Comment(6) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月03日

我が家の新年会in_Niigata

家族がそろうと、ついつい、頑張ってしまうのは当然でしょうか。
中々胃袋もタイトになってはいますが、
この時ばかりはと、ついつい頑張ってしまいます。
かといって、私も休みたいし、ご馳走も食べたい。

全く見えない去年、家族が必ず揃っている日を選んで
予約しておいたお店です。
去年もお正月早々にお店を開けてくれるこのお店で新年会です。

●モンドール
新潟市中央区東堀前通5番町403 コア東堀 1F
025-229-9508

11-01-02-1.jpg

この日開けていただいた赤は、プロバンスの赤。
今年はプロバンスにすべきでしょ!!

プロバンスのワインは果実味が豊かで・・・そんな話しを聞いていたのですが 
COTES DE PROVENCE ”DRAGON" 
しっかりした赤でした。硬い感じでも、しっかりですき^^
なんたって、「プロバンスの」それがいい!
ま、それだけでセレクトでしたけど、正解!!でした。

新年早々、ウサギちゃんがサイドでお出迎え。
さすが新年の気遣いです。

11-01-02-2.jpg

パリで牛ヒレのタルタルが食べたかったのを思い出しました。
初めて、牛のタルタルも堪能しました(ウサギちゃんの右下)。
実はね、パリでは、2晩同じお店にお夕飯を足しげく通ったんです。
本来だったら、新しいお店を開拓するでしょ!
でも、あんまり、あんまり美味しかったんでもう一度あそこにしましょ!
そう言って毎晩足しげく同じお店に通ったんでした。
でね、私は、ヒレのタルタルを頼もうとしたらそこのウエイターさん、
日本人とみてからか、 BLOODとかちぃ〜〜(血)とか言うんです。
それでも食べるのか?というので、ついつい、サーロインステーキに変更したんです。
翌日、隣のロシア人夫婦がそのタルタルを注文してて、ずっと気になっていたんです。
私が気にしてる様子を察して、サーブされて即、
GOOD!と親指たてて、あんたも頼みなさい! そういうのです。
ところが私たち、もうすでに満腹リン。パリでの残念は、そのタルタルを食べれなかったこと。
後で考えたら、ユッケってことだったよね^^そんな風に思って納得はしていたのですが、
そう!だからフレンチのタルタル、初体験で〜〜す\(^o^)/

私ひとりでフランスを思い出し楽しさ倍増です。カモの赤ワインソースだって、
なんだかよ〜〜くわかんなけど、赤ワイン煮込みより甘口のまったりソースは手をかけた感じ。

デザートまで十分楽しんで、美味しいディナー。
若者がいると話題が広がって楽しかった〜〜♪

あっという間に皆それぞれの日常に戻っていきました。
も〜いくつ寝るとお正月〜〜♪なんて言っている時の方がいいのかもしれませんね。
あっという間に、日常が始まってしまいます。夢は後先になりながらあっという間に行ってしまいます。







ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:50| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月21日

ワイン食堂


いつものメンバーで定例会です。
今回は、今月のお誕生日の人がいたのでT2ちゃんがお花の調達をしてくれました^^
そのお花を持った美しいお姉様の写真を撮ったのですけれど、
ここでお見せできないとはまことに残念。。。(お姉様のお許しが頂けませんでしたの…グスッ)

ここのシェフは、以前旬庭で(私たちも何度か行ったことのあるフレンチのお店)修業して独立なさったそう。
「ワイン食堂」という名前もさることながら、お料理の評判を聞きつけて今回はこのお店をセレクトしました。

10-12-21-2.jpg
中は赤のムードでワインの樽の中? いいえそういうわけじゃありませんけれど

カウンターにストウブがいくつも重ねられてて、
ブログのお友達のまぁりさんはストウブで味噌汁を作っててとっても美味しいよ!っていってたし
nokkoちゃんはチェリーピンクのストウブを買ったばかりだったので
シェフの奥様と、ちょっとだけストウブ談義をしたのでした^^

↑私は遅刻でしたので、着いたら皆がすでにスパークリングで2度目の乾杯を私のために!
いえ、写真撮影用に三度目かしら…・。お茶目なTちゃんが向こうでピースも出してくれています。

テリーヌには、村松の栗がコロコロ入っていましたし、自家製ピクルスは私の味とそっくり\(^o^)/


10-12-21-1.jpg

左上から、
鶏肉のビール煮  
胎内鱒のポアレon長ネギのブレイゼ
自家製ソ―セージ

あれ?これ何のワイン煮だったかしら?思い出せない・・・ワイン煮だったかも定かではない…(あぁ。。。うぐぅぅぅぅ)
たぶん、ルレクチェのワイン煮だったとくことに…。

地鶏のビール煮を教わってきましたよ!!
早速作りました(ただし私風)ので、まもなくUPいたします^^
ほろほろ軟らか〜〜い鶏になりました。ストウブで煮込むといいのでしょうね、きっと‼


いつものメンバーでの「厳冬日本海の精神修行ツアー」の計画をするはずが、
泡のワインと赤のワインでこんころもちがよ〜〜くなって、
誰の車で? 何時に出発? あぁ。。。。全く決まらずに
でもでも、気分良〜くおひらきになったのでした。

ははは、実はその後に話があって、Happy birthdayのお花ね、
お店に忘れちゃったんです。気を利かせてくれた奥さん(お花屋さんにお勤めだった方でね)が、
冷蔵庫にしまってくださったのです。
BirthdayのHちゃんが翌日取りに行ってくれたはず。お誕生日の本人がですよ、ごめんなさい。

そしてさらに、私のメガネをT2ちゃんがもってってしまって・・・。
その日3個もメガネを持っていった私が悪かったのですが、
必要性がほとんどないので今度会うまで、彼女がもっていてくれるます。

 
メンバーがこんがらがっていませんか?
全部で4人 T2,T,H
↑皆イニシャルが重なってる(^^ゞ と私。


●ワイン食堂の情報
新潟市中央区東堀前通7番町1075−2
025-222-0117
第四銀行本店の裏ですよ!





ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。





にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ


 

posted by まさ at 19:26| 新潟 ☔| Comment(10) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月11日

Restaurant Bar 町田

お休みなしの仕事で息がつまりそう…。
そんなときの女子会は、気分↑↑↑\(^o^)/
いつもより美味しいもの中心のお店をセレクトです。
お邪魔したのは、古町も鍋茶屋通りにあるRestaurant Bar 町田です。
10-12-11-1.jpg

●情報はこちらから⇒Restaurant Bar 町田
              〒951-8063 新潟市中央区古町通8番町1444番地
              TEL 025-229-3144  FAX025-229-3153
              http://www2.ocn.ne.jp/~bmachida/HOME.htm

古町通から細い小路を入った鍋茶屋の斜め前のちょっとレトロな民家を改造したレストランバーです。

この日は、お客さんが多くて、カウンターの特等席です。
カウンターの方が飲み物を作る手元を拝見できたり
お料理のこと、根掘り葉掘りと聞けますしね…。私は好きなんです。

前菜は、ほうれんそうと茸のキッシュ、+自家製のスモークサーモンでした。
さすが生クリームをたっぷり使ったキッシュは、やっぱり違う!
もう一度原点に戻るべきだと痛感です。。。。。

この乾杯の写真↑は、苦労して撮ったもの(^^ゞ

10-12-11-2.jpg 10-12-11-3.jpg
スズキのポアレアメリケンソース      深雪餅豚のグリルステーキ
さすがアメリケンソース^^ 甲殻類の香り好きの私好みです!

実は、電車時間を間違って、駅で30分も待ったんです。
おしゃれしていこうと思ったのに、仕事をあわてて終わらせて(お先して、ごめんゴメン)
駅に駆けつけたら、たった今出たばかり…。ぐぅぅぅうぐぅぅぅ。。。。。
本を眺めてて、気づいたのでした。
そう!私の大切なカメラ置いてきてた…・(忘れた!!!)
連れ合い君に電話して、即持ってきてもらいました(ありがと☆)〜〜あぶない、危ない。
当然いつものことながら、財布の中のSDカードに救われました(ほっ~=3 )

10-12-11-4.jpg

コース料理でちょっと物足りなかった私たちは、「ビーフストロガノフ」を単品でお願いして
大満足‼  アルコールより美味しいモノ中心のお食事を堪能できました。
楽しいおしゃべりと、美味しいごちそう‼やっぱり女子トークはいいですよね*^^*
そうそう、デザートは、たぶん栗が入っていると思うクリームブリュレ。
トッピングは、リンゴとイチゴと柿でした。

その後は、めったに来ることのないこの古町のネオン街を散策して…(むふふ)
もひとつの〆にミスタードーナツに行って、ポンデリングを食べて、お別れしたのでありました。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 旅行ブログ 女将・若女将へ     にほんブログ村 料理ブログ 調味料へ

posted by まさ at 23:55| 新潟 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part3

楽しみに寝て、めったに見れないものだそうなのです。
もしも見れたら起こしてくださいとお願いして、朝6時に起こされました。
「今日は 見れるようです!」
あわてて、起きて身支度して大急ぎで出発です‼


それって、「風伝おろし」
10-11-15-1.jpg
私の見たのは、まるで龍が山からの谷間に向かって下りてくるよう!
想像していた靄のような朝霧とは全く違うド迫力なものでした。

本来「風伝おろし」とは、天気のよい晩秋の朝、
熊野古道の通り峠方面から、
まるで雪崩のように朝霧が下りてきます。
雨の後、翌日が晴れになる時に多く見られ、晩秋から冬にかけてが一番きれいだそうです。

こういう自然現象は、いつでも見れるというものではないですよね。
昨日までの黄砂はようやく晴れ、やっとの青空です。
といっても、地元の方に言わせると、まだ、黄砂が残っていてはっきりした青空ではないそうです。

今日は、熊野本宮と千枚田を廻って、吉野経由で、大阪に向かう予定です。
10-11-15-2.jpg
八咫烏の黒のポストがありましたよ^^
ここで郵便物を出すと八咫烏のスタンプを押してもらえるのかしら?

吉野の山は、丁度紅葉の見ごろ。
ところが雨がぽつぽつ当たってきて、せっかくの青空は、涙にぬれてしまいました。
10-11-15-3.jpg

思いのほか大阪に戻るまでの時間がかかってしまい飛行機に間に合うかドキドキもの。
それでも、ちゃんと間にあって、無事帰宅できた花丸の関西紀伊半島の旅でした。

訪れて初めて知った今まで知らなかったこと!
南方熊楠のことだってもっと知りたかったのに…。次回へ気持ちが膨らみつつも
飛行機の中では爆睡でした。

posted by まさ at 23:45| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(1) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part2

2日目は、熊野古道を語りべさんと松本峠越えです。
10-11-14-1.jpg

最初に訪れた「花の窟(いわや)神社」は、
神々の母である伊弉冊尊(イザナミノミコト)をお祀りしてある日本最古の神社だそうです。

日本書記
「 一書曰伊弉冉尊火神(いざなみのみこと)を生み給う時に灼(や)かれて
神退去(さり) ましぬ 故(か)れ紀伊国 熊野の有馬村に葬(かく)しまつる
土俗(くにびと)此神の魂(みたま)を祭るには花の時に花を以って祭る
又鼓 吹幡旗(つづみふえはた)を用て歌い舞いて祭る」 
とあって、日本最古の神社なのだそうです。

左下の写真は、崖に結ばれた縄は、10月に掛け替えの神事があったそうで、
今一般に使われている紅白幕の原形だったと考えられている物だそう。

これらを説明してくれたのが↓の語りべの西さん。
ま、とってもユニークなキャラクターの楽しいおじ様でしたよ!
10-11-14-2.jpg

蓮舫議員が「2番じゃダメなんですか!」といっても絶対一番の景色です‼という
松本峠の東屋から弧を描く七里御浜の絶景です。

10-11-14-3.jpg

ところがこの日も季節外れの黄砂の影響で、一日中ぼんやり風景。
右下は、ヒヨドリバナにとまったアサギマダラ。
南への長い長い旅の途中に好物のヒヨドリバナに群れている20羽近くの大軍が乱舞。
これから、沖縄〜台湾へ行くのでしょうね。

さてさて、こうしてはいられません。
熊野の本宮大社・速玉大社・那智大社も是非行ってみたいところ…。
この地に足を踏み入れて、簡単に行けるところではないことが判明!
行けたら全部回りましょう~♪という意気込みで最初は、那智大社へ!

10-11-14-4.jpg

下の大門坂前に車を停めて、気持ちいい1時間弱のスギ林に囲まれた上り坂。

10-11-14-5.jpg
熊野那智大社・那智山青岸渡寺の三重塔 と那智の滝を望む

10-11-14-6.jpg
那智の滝!!!!!

3キロほどの上り坂の最後にこんなに素晴らしい瀧が待っていてくれたとは…。
八咫烏に導かれて、とっても爽快な山道でした。

もう時間がありません!17時のバスに乗って、駐車場に戻って、もうお宿に帰らなければ・・・。

当初の予定は、達成できず…。
那智大社を100%満喫しました^^
カナダからのEnglish teacherとおしゃべりして時間も過ぎていったのですが…。
彼は、一緒に来た日本人と会えたかとっても心配です。(あそこで、会えなかったらどうやって帰ったのかと…) 

19:00の夕食にちょっと遅刻でしたが、美味しい夕食が待っていましたよ*^^*

10-11-14-7.jpg
〜・穀雨の秋のコース・〜
 きのこのマリネ 平目の昆布〆カマスマスタード風味
 お造り
 美熊野牛のポトフ
 縞鯵の柚庵焼き・柿白和え
 美熊野牛の鉄板焼き
 白焼き鰻と松茸の煮物
 デザート

連泊したこのお宿は、
 ●熊野倶楽部 http://www.kumanoclub.jp/
  〒519-4326 三重県熊野市久生屋町1430  TEL:0597-88-2045

さあ、明日は、朝のスペシャルが見れるでしょうか?! ・・・見れたんです‼

posted by まさ at 23:45| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

伊勢神宮〜熊野古道の旅_Part1

長らくお休みしてしまいました<(_ _)>
仕事が立て込んでいて、こちらはちょっとおろそかになってしまいました。

さて、予告通り関西の旅のレポです。
今回は2泊もとっても素敵なお宿での連泊できた盛りだくさんの旅です。
どこからお話ししましょうか。

大阪からレンタカーを借りて伊勢神宮へは、滋賀県経由で行きなさいと、ナビのご命令!
新名神高速~伊勢自動車道を通って伊勢神宮へ向かいなさいという。
初めてエリアと言うものは、いろんな発見があります。
ただの通過だけなのに「甲賀」「伊賀」があるじゃありませんか!!
へぇ〜、忍者ってこの辺で修行していたのか!なんて妙に納得してみたり、
ヒノキのまな板が売っていたりします。さすが、銘木の産地ですね^^
いたるところにミカンの木にオレンジ色のものが!
ミカンの木をほとんど見たことがない北国の者にとっては、うれしい驚きです^^(木にオレンジがいっぱい!!)

伊勢神宮というところは、外宮にお参りしてから内宮に詣でるのが順序だと
尾道に住む友人に教えてもらっていたので、最初の目的地は伊勢外宮へ

10-11-13-1.jpg

お社の杜の木々の大きさに長い歴史を感じます。
「式年遷都」というものがあって、20年に一度遷都を持統天皇の代からずっと行われているそうなんです。
平成25年に62回目の遷宮が行われるそうです。

内宮への参道はおかげ横町といって、買い物好きの私にとってはうきうワクワくする通りです。
若干疲れかかっていた身体なのに、目が爛々と輝いて、かの有名な赤福のお店でぜんざいです*^^*

10-11-13-2.jpg

なんと活気のある通りでしょう。お伊勢様のお陰様を心から実践している魅力的な門前町です。
どのお店も、ただのお土産屋さんになり下がっていない感じがひしひしと伝わってきます。

ほらほ〜ら、こんなことしてるから、内宮へのお参りできる時間がもう残り少ない!!
5時で内宮のお参りはおしまいです。って放送が流れるんです。

10-11-13-3.jpg
ほら!社務所だって、もう明かりがともっています。
身を清める「五十鈴川御手洗場」だって、すっごくいい写真が撮れたと思って
PCで確認したらブレブレ…。もう暗かったんですもの・・。
すてきな撮影ポイントと思った心の隙を突かれてしまった(^^ゞ

急ぎ足でお参りして、まだ閉っていなかった酒の器「晩酌屋」さんで
北川真一郎さんの一点もののぐい飲みを買っちゃった^^(私用のワイン用です〜♪)

さあ、急がないとチェックインの予定時間はとうに過ぎています。
そこから2時間半も山道くねくね。漸く目的のお宿に到着することができました=3
posted by まさ at 23:45| 新潟 ☀| お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。