2012年02月29日

里芋とホタルイカの味噌和え

東京の雪のニュースに心痛んだ一日でした。
雪の大変さ、よ〜く分かっていますもの。。。
いつもの私たちですら・・・なのですから、不慣れな大都会の方たちはさぞ、お大変でしょうに…。心からそう思っていました。
明日は、10度以上も今日より気温が高くなるんだそうですから…。もうオーバーは脱ぎ捨てて・・・〜♪でしょうか?

さて、今日は、ボイルしたホタルイカをやはり茹でた里芋と味噌だけで和えた簡単一品にございます。

12-02-29.jpg
  (付け合わせ:プチヴェール、 ミニトマト)


【材料】
 ボイルホタルイカ・・・100g
 里芋・・・5個
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1/2

【作り方】
 1. 里芋はたっぷりのお湯で皮をむいて一口大に切って竹串がスーッと通るくらいまで茹でる。
 2. @をざるにあげたら、ボイルホタルイカとコシヒカリ糀味噌「豪農」 を和えたら出来上がり☆

こんな簡単なのにめっちゃおいしいんですから^^
里芋のぬめぬめとホタルイカのおいしいのが、さっぱりと味噌味だけにコーティングされて、うぅ〜〜ん、おいしいんですよ!
貧困な説明で、心苦しいのですけれどね・・・(^^ゞ ま、そこはオオメに見てくださいませ<(_ _)>


太平洋側が荒れると日本海側には、太陽が顔をのぞかせてくれるのが常です。
だからでしょう。とっても素敵な夕陽を今日は見ることができました。

12-02-17-2.jpg
本当の太陽は、もしかするとまだ雲の中のくっきりの方なのでしょうか…。
最後まで見届けずに、真実は雲の中なり〜~<(_ _)>



posted by まさ at 21:47| 新潟 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

揚げ里芋_味噌ヨーグルトソース

今日は、11.11.11(2011.11.11)のとってもゴロのいい日で私は勝手に
「JJことJっぱJ、JJひ」なんて、名付けてみましたが、
今日はどうだったかというと

上がってくるデザインのチェックから始まり、全くうまくことが回らない…。
せめて2つの原稿を終えたかったのに、完成したのは1つだけ…。
週末にメドを立てないと、来週が苦しい週になってしまいそうです。

そう、こういう時は端から『ソクソク』って思うんです。
『ソクソク』って言葉の意味はよくわからないのですが、子供のころから
そう言われて育ちました。

たとえば、ご馳走を頂く時は「端から、ソクソク食べなさい!」そう教えられました。
真中から食べ散らかしちゃだめよ!ってことです。
大皿から何かを取る時も、「端から、ソクソク」です。
他の人のことを考えなさい!ということです。

食事の時に、箸の上げ下ろしから細かいこと、母にうるさく言われて育ちました。
私は子供たちを育てる時に、こんな細かく言ったかしら…。言わなかった気がします。
いいのか悪いのか、しつけのできてない子に育ったのでは・・・。なんて、
いい日で終われそうにないから、今更ながらのことに気が廻っています。




11-11-11-1.jpg

皮つきのまま、ゆっくり煮た里芋。
すっと竹串が通れば、 皮はぺろりと簡単に 剥けます。
170度に熱した揚げ油で表面がきつね色になるまでほんの数分。からっと 揚げて

味噌:ヨーグルト(無糖)=1:2 (お好みでほんのちょっぴりだけ蜂蜜を…)のソースで!

実は、味噌とマヨネーズでこってりさせようかしらと思ったのです。
いや待てよ! 揚げてカロリー高くなってるしさっぱりがいいわ、きっと
そう思ったら、即、冷蔵庫に入っていたヨーグルトを合わせてみます。
さっぱりソースの出来上がり〜♪



11-11-11-2.jpg

味噌あじのヨーグルトソースで、ホックホクねっとりがあっさり、コクありに完成です☆








11-11-11-F.jpg
もうけもののお天気の日(11/10)の公園で撮った銀杏の葉。
丁度、光がさしてくれてくれました。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村




posted by まさ at 23:28| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

サツマイモと蓮根できんぴら

立冬の今日は、ダウンのベストを一日中着ていました。
11月もそろそろ1/3が終わろうとしています。仕事が山になってしまってヒィーヒィー。
端から順々に計画的に手際よくやって行けたらいいのに…(^^ゞ
もう半月もしたら、ジングルベルも聞こえてくるでしょうし、私は猫の手も借りたい状態になるはず…。
そうそう、この時期にしか行けないスペシャルイベントに私の友人だけでも3組ほど外国に出向いています。
あぁ。。。。いいなぁ〜って思います。この時期の猫の手状態は、例年のことで
クリスマスにザルツブルグに行きたいとか、ニューヨークでカウントダウンしたいとか
ずっと遠い昔からの夢は、きっと夢で終わるのかしら…。なんて思う立冬の夜です。


忙しさにかまけてこんなんと、昨晩の残りで芋づくし…
11-11-08-2.jpg

【材料】
 サツマイモ・・・2本
 人参・・・ 1本
 蓮根・・・中1節
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ2

【作り方】
 1.サツマイモをスティックに切ったら、水に晒す。 
 2.人参、蓮根もスティックに切り、大さじ2のサラダオイルでサツマイモを炒める。
 3.全体に油が回ったら、人参と蓮根を加え、サラダオイル大さじ1を廻し入れて中~弱火で全体に火がよく通るように炒める。
   大さじ2のお酒を廻し入れて蒸し煮にするのもありでしょう。
 4.全体に火が入ったら、だししょうゆ「料理人」を廻し入れたら、出来上がり。


11-11-08-1.jpg
サツマイモの甘みと、蓮根のシャキシャキが思いのほかいけますよ~~♪







銀杏拾いや、落ち葉をカサコソいわせて歩く…季節です。
冬の入り口からスキップで冬が過ごせたらいいけれど、ほらもう突っかかっています。
11-11-08.jpg

残された今年、駆け足で過ぎないようにと思う今日、立冬でした。
















ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村


posted by まさ at 20:35| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

ホックホクのポテトを楽しむ

北海道から送られてきた男爵とメークイン。それにご近所から頂いたじゃがいも。
根菜は、長持ちするから、ほんとうにうれしい頂き物です。

最近は、ちょっと黄色っぽい『インカの目覚め』とかいうものほっこりしておいしいですよネ。

今晩は、帰ってから後片付けをしていたらキッチンに入るのがとっても遅くなってしまったし、
買い物に行く時間もなかったので、お納戸・冷蔵庫にあるものでこれがメインです。


11-11-07-1.jpg

あっという間にできちゃいますよ~~♪

【材料】
 じゃがいも(大)・・・3個 
 玉ねぎ・・・1個
 モッツァレラチーズ・・・100g
 豆乳・・・100cc
 プロバンスハーブ・・・適宜
 味噌・・・小さじ1
 塩・・・適宜


【作り方】 
 1.じゃがいもは皮をむき半分に切って、電子レンジで加熱したら、7mm幅に切っておく。
 2.玉ねぎスライスし、大さじ1のサラダオイルでしんなり炒めておく。
 3.耐熱容器にAの玉ねぎを敷いたら@のじゃがいもを並べ、豆乳と味噌と
   スライスしたモッツァレラを並べ、塩+プロバンスハーブで味を調える。
 4.220℃に熱したオーブンで10分。いい感じに焦げ目が付いたらアツアツを召し上がれ~♪


11-11-07-2.jpg

このお皿は、アビニョンのメインストリートで考えに考えて買ったちょっと大きめのお皿です。
奥にあるスプーンとフォークのサーバーは、グラースのフラゴナールで購入してきたもの。
プロバンスハーブは、アビニョンのマダムから頂いたものが重宝しています。

11-11-07-3.jpg

ふうふう、アツアツがおいしい季節になりましたよね^^

11-11-07-4.jpg

冷蔵庫の中のものだったので案外早くできて、今晩は夜長を楽しめそう~♪





これは、庭の唯一赤くなった葉っぱ君です。
11-11-07.jpg
これから我が家の庭も少しずつ色づいていくのでしょう。
最後は、お掃除が大変というおまけつきですけれど…(^^ゞ














ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 21:14| 新潟 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

ジャーマンポテトの豆乳スープ

何これ?!っていうタイトルでっしょ!
さんざん悩んだのですが、わかんない・思いつかない!
わかりやすさで勝負です^^(笑) ←何と勝負するかよくわかんないけれど(^^ゞ


今日は、工場の電気系統の点検で、お昼休み12:00〜1時間停電。
となると、ガスとはいえファンヒーターのように電気を使うストーブも
電子レンジも、湯沸かしポットも、エアコンも・・・使えません。
自動ドアも、レジも、冷蔵庫も!
電話だけは停電モードで対応可…。

お昼休みは、実質臨時休業でした。
それでも手動でドアを開けていらしてくださったお客様は、レシートなしで了承してもらいました。



そんな折、新潟の月刊情報誌「CARREL」のお店紹介?
読者の方が紹介の投稿をしてくださったそうなのです。
その取材が今日ありました。5月号(4月20日発売)にお目見えする予定です。


そんな停電と、取材の前に風邪引いて朝からずっと寝ている母に
やさしい食べるスープ? うぅ〜〜ん、ジャーマンポテトのクリームソース絡め?を作りました。

11-03-10-1.jpg

今日、こんなにたくさんの冬菜(甘みがたっぷりの新潟特産の青菜です。)を頂きました。
で、それも使って・・・。

【材料】 
 じゃがいも(メークイン)・・・3個
 ベーコンブロック・・・150g
 冬菜・・・3本
 豆乳・・・50cc+150cc
 コシヒカリ糀味噌「豪農」・・・大さじ1

【作り方】
 1.皮をむいてスティックに切ったじゃがいもを鍋で50ccのお湯で茹でる。 
 2.冬菜はさっと茹で、茎の部分はざっくり切って豆乳50ccてフードプロセッサーでペースト状にしておく。
 3.火の通った@に豆乳150ccとスティックに切ったベーコンを加える。
 4.Bが火の通ったところでとA冬菜ペースト(とろ〜〜りしています)とコシヒカリ糀味噌「豪農」を溶かし味を調える。
 5.葉のカット部分にCを流し入れ、パン粉を散らしてオーブントースターで表面を焼いていただきます。

11-03-10-2.jpg

レストランじゃがいもを茹でた少量の水分もじゃがいもからのでんぷんでトロ〜っとしていますし、
  冬菜は太い茎だをペーストにしたら片栗粉でとじたようにとろみがついています。
  この二つでトロ〜〜ンとしたソースの出来上がり^^
  ベーコンのうまみがじゃがいものホクホクを包んで母はこれを一皿食べてまた、眠っています。



今日は真冬に戻ったように寒い一日でした。
実は、新潟に出かけた帰り、とろとろ〜zzzっとしたんです。。。。。
あぁ、居眠りしたら大変!と思って信号機の赤を見てたのはわかるのですが
次の瞬間、ガツン! 

え??

ぶっつけた??


まさか! いや、やっぱり0.5秒くらい眠った??


はい、前の車にコツン?と当たったようです。



なんといい人だったのでしょう。
車から降りてきて、ご自分のバックを確認すると
「今度から気をつけなさい!!」とおっしゃっただけで
許していただきました<(_ _)>
どなたか存じませんが、申し訳ございませんでした。
よい一年になるますようにと、心新たにスタートさせた矢先です。
心引き締めねば!!!!と思いなおした大失態でした。











ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村



posted by まさ at 19:12| 新潟 ☁| Comment(20) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

里芋_味噌ソース

ここ連日の夜のお出かけ続きなので
外の気温を敏感に感じます。
温んでいる日もありましたが、ビンビンに冷えてて、道路がつるんつるん‼
歩いていると、おでこも鼻もツンツンしてきて凍りそう?・・・。
今年の寒さは、子供の頃のように「雪国‼」に戻った感じです。

**********
そういえば・・・、

お正月に、子供たちと祖母と白山様に初詣でに行ったことがありました。
(白山様は、新潟市の真ん中にある大きな神社です。)
我が家の2年詣りは、裏の鎮守様にお詣りするのが恒例です。
それも雪の中・・・そんなイメージなのです。
その年は、白山様の脇の公園で暖かい日差しの中
何かを食べながら家族で日向ぼっこをしている写真が残っています。
お正月には似つかわしくない暖かそうな写真です。

その時祖母が、
「生まれて初めて、白山様に初詣でに連れてきてもらった。。。。」
と話していたのを思い出します。

新潟で、お正月、外に腰かけたお陽様の下で写真が撮れるとは…。
とっても珍しいことなのです。

温暖化と言われ始めて、新潟でもこんなことがあったのです。
でもやっぱり、今年の寒さが新潟らしいのかもしれません。

**********

11-01-27-1.jpg

【材料】
 里芋(大)・・・2個
 
和・ごちそう味噌・・・大さじ2
 マヨネーズ・・・大さじ1

【作り方】
 1.里芋をよく洗って、皮のままたっぷりのお湯で茹で、竹串がす~っと通ったら
   皮をむき(手で簡単にする~っと剥けます、熱いのでご注意!)縦に6等分する。
 2.フランパンに大さじ1のサラダオイルを熱したら@の里芋の表面に焦げ目をつける。
   (テフロンなら、油不要です!~~♪)
 3. 
和・ごちそう味噌とマヨネーズを和え、Aの里芋にトッピングして、ソースとしていただきます。


11-01-27-2.jpg



 【食べる味噌 和・ごちそう
   味噌の中に
   干し貝柱・干し椎茸・かつお節・
   ねぎ  を詰め込んだ
   食べるタイプの味噌です。

   天然調味料がドドォ~~んと
   詰め込まれたおかず味噌を
   
   マヨネーズでアレンジ?
   (混ぜただけですが…) 
   しました。


   何もない時に本当に便利です^^
   お湯をさしてスープにGood!










ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 23:51| 新潟 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

里芋の牛肉巻

最近足のむくみが気になる母が、かかりつけのお医者様のところから帰ってくると
「太ったから足がむくんだので、減量するように!」という診断でした。

え??太ったことが足のむくみの原因??
そう思った私は、すぐお友達の
たぬき先生のクリニックへ受診に母を連れていきました。
たぬき先生は、とっても庶民的に年取った母の目線に下げて、丁寧に説明してくれます。
最近の運動不足と老化、脚の位置が静脈の心臓への静脈還流の原因であることを
静脈弁や人間の個体差の話を出して砕いて分かりやすく丁寧に話してくれます。
浮腫で重篤なのは、心臓より上であることも付け加えて話してくれました。
生活姿勢を見直すアドバイスいただいて、心軽やかになってクリニックを後にしました。

たぬき先生ありがとうございました<(_ _)>
きっとまた、今頃PCに向かって、楽しい夜の時間を過ごしていることでしょう。

今日は、里芋を味噌で茹でた(泡が吹きこぼれないようにするために…)後
牛肉で巻いて、甘所っぱく味付けた「里芋の牛肉巻」です。

11-01-19-1.jpg


【材料】
 里芋・・・5個
 牛肩ロース・・・200g
 味噌・・・大さじ2
 塩分ひかえめ醤油「華」・・・大さじ2
 酒・・・大さじ2
 みりん・・・大さじ2
 糸唐辛子・・・適宜
 
【作り方】
 1.皮をむいた里芋を縦に4等分したらたっぷりのお湯に味噌を溶かして、
   竹串がすぅ〜っと通るまで茹でる。
 2.@を肩ロースで巻いたら、巻き終わりを下にしてテフロンのフライパンで
   コロコロころがしながら炒め、肉に火が通って色が変わってきたら調味料を加え
   全体に調味料をに炒め煮する。
 3.Aを器に盛り、糸唐辛子をトッピングして出来上がり。
   (長ネギを焼いて付け合わせにする。)

11-01-19-2.jpg

お昼の味噌汁とあったかご飯のおかずです。

11-01-19-3.jpg


「乙女の北陸の旅」で買ってきたお気に入りです。
ひがし茶屋街で購入したものです。
11-01-19-4.jpg  11-01-19-5.jpg
金箔のお店で金箔入りのグラス         浅蔵一華さんの九谷焼
いずれも私のワイン用。これからどんどんブログに登場しますよ^^

11-01-19-6.jpg
九谷焼の急須は番茶、紅茶の普段使い用に
「緑ツバキ」です。








ブログランキングに参加しています。          
レシピブログ      
ポチッと応援していただけると励みになります。




にほんブログ村 料理ブログ 季節家庭料理へ
にほんブログ村

posted by まさ at 22:10| 新潟 ☁| Comment(14) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

アボガディック里芋 on しいたけ

こんなタイトルってあり?
ま、想像してみてください。

10-04-20-1.jpg

里芋にアボガドと味噌をミックスしたものを椎茸にのせて焼きました。
色もちょっとかわいくって、来客のときの一品になると思いません?!


【材料】
 しいたけ・・・5枚
 里芋・・・2個
 豆乳・・・100cc
 アボガド・・・半分
 豪農・・・小さじ1
 だししょうゆ・・・小さじ1/2

【作り方】 
 1.里芋の皮をむき電子レンジで軟らかくしたら
  100ccの豆乳と材料全部フードプロセッサーで混ぜ合わせる。
 2.椎茸は軸をとっておく。
 3.Aの椎茸に@を塗って、オーブントースターで焦げ目をつけたら出来上がり。

10-04-20-2.jpg


レストラン難はといえば(^^ゞ
 歯ごたえがない…

 コツコツとか、何かもっと歯ごたえを
 椎茸の軸を忍ばせるとか、
 ごまをトッピングするとか、
 もうひと工夫ほしかった代物です。


新潟は、花曇り…。
お花見が最高です。ブルースカイと桜とはなかなかいきません…。





ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋 
posted by まさ at 23:34| 新潟 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

里芋のクリーム衣

以前から気になっていた鳥骨鶏の卵で作るプリンを
お誕生日のプレゼントにと自分で買ったものが今朝届きました\(^o^)/

10-03-10-1.jpg

10時に3時に2度も食べちゃいました。
カラメルの量も私にはぴったり(カラメル大好き人間はもっと…といっていたけれど・・・)
なめらかで、濃厚で、十分満足させてくれるソフトタイプのプリンでした。
メルシーノグチさん、とってもおいしかったです<(_ _)> 
さいたま市見沼区大谷1774-1
http://merci-noguchi.jp

今日の冷え込みは、冬に逆戻りです。
こんな日は、やさしい味が恋しくなります。

10-03-10-2.jpg

焼き麩を2等分して、丁寧に取ったおだし(鰹節+アゴだしのWだし) に料理人少々で
うす〜い、おだしたっぷりの味で煮含めました。(スープも美味しくいただけます)
みつ葉をどっさり、トッピングです。


・・・● 里芋のクリーム衣 ●・・・
10-03-10-3.jpg

【材料】
 里芋(大)・・・7つ
 ハインツホワイトソース・・・1/2缶
 豪農・・・大さじ2
 キャビア・・・大さじ2

【作り方】
 1.たっぷりのお湯に豪農味噌を溶かし入れそこに皮をむいて一口大に切った里芋を煮る。
  (以前ご紹介しましたが、里芋を煮る時に味噌を入れると吹きこぼれません!)
  下味をつける意味でも、今回は美味しいお味噌を使いました。
 2.@が柔らかくなったら、フライパンにホワイトソースを温かくしておいたところに
   里芋(スープを切りながら…少しくらいはいってもOK!)を入れて、
   ホワイトソースで里芋を包むようにする。
 3.お皿に盛りつけて、今日はあったのでキャビアをトッピング*^^*


レストランキャビアの塩味とうっすら付いた里芋の味噌あじが単純なホワイトソース衣にならず
  あぁぁぁぁ。。。食べすぎです(^^ゞ 
  やさしい柔らかい里芋とホワイトソースがとってもマッチの一品に仕上がりました。








ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋
posted by まさ at 21:43| 新潟 ☔| Comment(11) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

里芋のとうがらし味噌煮

今日は、2泊3日で済州島に行っていた母が帰ってくる。
キムチ漬けで閉口しているといけないからと思って
いくつか夕食を用意。

なんと帰りの飛行機の中で夕食が出たそうで・・・。

私は自分が食べたくてとうがらし味噌で里芋と豚肉を煮てみました。

09-12-09-2.jpg


【材料】
 里芋・・・8個
 豚ロース肉(薄切り)・・・8枚
 長葱・・・1本
 とうがらし味噌・・・大さじ1.5

【作り方】
 1.里芋は皮をむいたら一口大に切り茹で、一口大に切った豚も一緒に煮る。
 2.里芋に竹串が通ったら、とうがらし味噌と2cm長に切った長葱を加え、火を通して出来上がり。

09-12-09-1.jpg



ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋

posted by まさ at 22:28| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

素揚げ味噌里芋

もう亡くなった義母から教わったのですが、
「里芋を煮る時は『味噌』をいっしょに入れると泡で吹きこぼれないんだよ!」
私も、母も知らなくて・・・。
それ以来、里芋の味噌汁は、先に予定の半分くらい味噌を入れてから材料を煮ます。

里芋の煮っ転がし・・・
味噌味で作って、もっとコクをだして・・・。
てな具合で思いついた一品です。

09-11-08-1.jpg

 レシピブログの、サントネージュワインモニターへ参加中♪【材料】
 里芋・・・400g
 味噌・・・大さじ2
 春雨・・・10g
 銀杏・・・10粒
 マヨネーズ・・・大さじ2
 明太子・・・皮を取り除いて大さじ2
 揚げ油

【作り方】
 1.里芋は皮をむき、茹で、沸騰してきたら、味噌を溶かし入れる。
 2.竹串がス〜っと通るようになったら、ざるにあげ、水気を切る。
 3.熱した揚げ油で、春雨、銀杏、Aの水気を切った里芋を揚げる。
 4.同量のマヨネーズと明太子を混ぜたソースをかけていただきます。

【レシピブログの「サントネージュワイン」モニターに参加中です】
09-11-08-2.jpg
レストランうっすら味噌あじのついた里芋はコクがあって、油で揚げているのにしつこくないのでびっくり!
  いっしょに揚げた春雨の触感が、里芋のモッタリを刺激して、思いがけない発見でした。
  フルーティながらもしっかりした白だから、里芋の粘りと明太ソースをおいしく、
  次の一口を楽しみにしてくれています。あとを引くおいしさです。

この銀杏、昨日山の帰りに「道の駅」で見つけたものです。
とっても小粒の銀杏は、いつもの銀杏割りでは小さくて、
発見!!!!
うちのキッチンバサミ、握りの前に丸いくぼみがあって
そこに銀杏をはさんで、切るように握ると、ピチッっといって殻が割れました\(^o^)/
道具って大切だけど、代わりが見つかって万々歳でした(^-^)





 ブログランキングに参加していますレシピブログ
           次項有蔵元 山田屋
posted by まさ at 22:17| 新潟 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

ポテトカレー風味でほっくほく^^

週のはじめは、それなりにばたばたします。
企業が休み中で処理できなかったことを端から片付けているとあっという間にお昼です。
山田屋は、味噌汁だけは毎日工場で作ってくれます。
お休みのときに味わえなかった大なべの味噌汁で心も身体も温まってから午後がスタートします。

ポテトカレー風味でほっくほく

【材料】
 じゃがいも・・・大3個
 豚バラ・・・3枚(残り)
 カレー粉(SB赤缶)・・・小さじ2
 つゆ・・・大さじ1
 インゲン・・・5本
【作り方】
 1.じゃがいもは、皮のつイたままよ~~く洗って、一センチ幅のスティックに切り、水洗し水を切っておく。
 2.豚バラは千切りにしておく。
 3.テフロンのフライパンに豚バラを熱し、脂を出したらそこに@のじゃがいもを入れ、炒める。
 4.全体に火が通ったら、カレー粉とつゆで味を整える。
 5.斜めに切り、電子レンジで加熱したインゲンをトッピングしたら出来上がり。


盛り合わせ10-05
手前は、
 きんぴらごぼう
時計と反対周りに
 梅干しの海苔おにぎり
 ポテトカレー風味 
 枝豆

レストラン 枝豆が季節の終わりが近づいているせいか、おいしかった*^^*
   こうしてみると、塩分の取りすぎに注意せねば・・。
   海草も少ないので、MgとKがClを取り込んでくれそうにない・・。
   お昼の味噌汁にばかり頼っていてダメなのかしら・・・。
  


ブログランキングに参加していますレシピブログ
               
        次項有
蔵元 山田屋
ラベル:じゃがいも
posted by まさ at 21:52| 新潟 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 芋類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。