2013年04月06日

ぷりぷりホタルイカと大根のコロコロ合わせ

ホタルイカをパスタに使ってみたり、とろろと合わせてみたり・・・
何度かVilleに食べさせたんですよ。そりゃ〜、私としては旬のものでと思う気持ちありますし、お店に行ったら目につきますでしょ!そして、私たちだって食べたいですし…。ところが、感想を聞くと「目が。。。 でも、OK〜♪」・・・ついつい、その「OK~♪」にもれなくついてくる笑顔に負けてしまっているのです。
なんとか、「うん!おいしい!!」^^b と心から湧き出る笑顔をゲットしたくって…。

スーパーで売っている茹で上げのホタルイカは冷たいし、どことなく匂わないではないような(これは気にしすぎですけれど…)。で、それをカバーして (๑╹ڡ╹๑)この笑顔をみたくて、ほんの少しだけ考えて、というか、冷蔵庫に残っていた大根の甘みとゴマ油の風味を付け加えてみたんです。

13-04-06-2.jpg

【材料】
 ホタルイカ(茹でてあるもの)・・・1パック
 大根・・・10センチ
 だし醤油「料理人」・・・大さじ1/2
 ごま油・・・少々

【作り方】
 1.大根の皮をむき1p角のサイコロに切りそろえたら、テフロンのフライパンでころころ炒るように加熱する。
   (辛かった大根が甘ぁ~~く変身します^^)
 2.そこに料理人を回し入れ、ホタルイカを加えて全体をあおる。
 3.ごま油を少々香りづけに回し入れたら、出来上がり☆

お酒のあての一品に仕上がりました。ま、彼の反応はいつもの通り…。やっぱりか。。。目つきのイカはいかん(^^ゞです。

13-04-06-1.jpg

ところが、サーモンの味噌漬は、大好評!!! 2切れは多いと思ったのですけれど、ペロリ〜と食べてしまいました。大根おろしも添えて日本風なDishでした。

1日山(彼曰く丘ですけど・・・)に行ったり、福島潟を歩いたり、身体を動かせるいい1日だったようです。

13-04-06-3.jpg
posted by まさ at 11:26| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月05日

しろと白でイケてるソース

本日は、かんたん(簡単、感嘆)ソースをひとつ。。。
スーパーの隅っこで、色の白いぶなしめじ「ブナピー」ちゃんが私を呼んでいます。
この日のメニューにと思って買ったくちぼそをムニエルのソース
(ソースと言ったらちょっと大粒かもしれませんけれど…そこはあしからず。。。。)に
ブナピーと塩こうじを使っての挑戦です。

13-04-05-1.jpg

【材料】
 ブナピー・・・1パック
 塩こうじ・・・大さじ1.5
 
【作り方】
1.ブナピーの石附を取り除いたら、手で房を分け、テフロンのフライパンにそのまま(油を敷かずに)加熱する。
2.しんなりしてきたら、塩こうじをまわしいれ、ソースが出来上がり☆

13-04-05-2.jpg

いつもだったら、レモンとかタルタルソースを作ったりするのですけれど、口細の白にブナピーと塩こうじのしろ。なんとも簡単な、キノコの旨味と塩こうじの発酵の香りとうまみに感嘆のソースとなりました。あったかいご飯に直接かけても、絶対にイケますよ!!

〜〜・・付け合せ・・〜〜
 茄子とズッキーニ
 筍とピーマン
 五穀米のライスボール
 粉吹きジャガイモ

こんなものでブログにUPするのも気が引けたのですけれど…。
おいしかったし、このお手軽さ~~♪
えのきを細かく切って、作ったほうがもっとソースっぽかったに違いありませんね。
作った後の反省・・・。  今日はこの辺で・・・<(_ _)>
posted by まさ at 16:24| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

tasty Bamboo and clam (筍とアサリの炊き合わせ〜〜)

今季、初めての筍をいただきました。当然定番のタケノコご飯、そして、冷蔵庫に入っていたアサリとエリンギを一緒に炊き合わせてみました。13-04-04.jpg

【材料】
 筍・・・1/4本
 エリンギ・・・2本
 アサリ・・・200g
 さやえんどう・・・12ヶ
 料理酒・・・大さじ3
 だししょうゆ「料理人」・・・小さじ1/2

【作り方】 なんて大それたもんじゃありませんけれど。。。
 1.よく洗ったアサリに料理酒をふり掛け蓋をして蒸し煮にし、口をあけたものから取り出しておく。
 2.水にしてスライスした筍と、手で裂いたエリンギを@に入れしんなり味が染みたらだししょうゆ「料理人」をで味を整え。さやえんどうと@で取り出したアサリを入れて、1分煮たてたら、でき上がり。

今月8日はお釈迦様のお誕生日、花まつりです。その花祭りにわがお寺では、佛教讃歌お経の中に取り入れた音楽法要でお釈迦様のお誕生日をお祝いします。この際の佛教讃歌を担当するのが、私たちおばさんメインの女子コーラス隊なのです。(おばさんメインというのは、若いお嬢ちゃんもいるという意味で…)
昨年全国佛教讃歌発表大会で大絶賛(たぶん・・・)をいただき、とってもいい気になっているお調子者コーラス軍団なのですけれど、毎週地道な練習を重ねていることには、偽りありません。どのお経のどのタイミングで歌に入るのかを前もって、お経を少し覚えたり打ち合わせをしないととんでもないことになってしまうのです。私の役目、ちょっと、いいえ、なかなか責任重大でしょ! 
13-04-04.jpg

仏様から素敵な笑顔の微笑みを頂戴できますように。コツコツ頑張りませんとね。

posted by まさ at 21:14| 新潟 | Comment(0) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月03日

有頭海老にマッシュポテトとホワイトソースをのせて・・・

姪のEIちゃんが新潟の大学に入学することになったので、妹が引越しに娘たち(AKIちゃんも一緒)と来ています。お布団〜お鍋まで新しく独りで住む18歳の娘のために妹は、たのしそうに準備しているようです。AKIちゃんも新しくおじいちゃんたちの家から離れて、もうすぐ一人暮らしを始めます。娘2人そろってこの春、初めての一人暮らしスタートの母(わたしの妹)です。EIちゃんの合格のお祝いをしなくてはということで、ささやかな我が家でのお祝いパーティーです。

・牛頬肉とエリンギのデミグラスソース煮込み
・豚ロースの冷しゃぶ〜〜新玉ねぎと大葉とみょうがのスライスにのせて・・・〜〜
・春雨サラダ
・有頭海老のホワイトソース(マッシュポテト入り)のせのオーブン焼き  etc.

13-04-03.jpg


きらきら キラキラ
心きらめいて  
コロコロ ころころ
気持ち転がりながら 
若者たちのおしゃべりがとってもとってもたのしそうでした。
EIちゃんはCollegeの入学式  AKIちゃんはUniversityの専門へ  Villeは気に入ったのか?新しい制服に手を通し 
若者それぞれ新しい一年へ出発していきました。 

13-04-03.jpg

楽しいことも つらいことも  待っているたくさんのすてきなことにむかって、彼らの行く道は まだまだずっと長くつづいているんですね。幸多かれと彼らの未来を応援したくなった夜でした。
posted by まさ at 17:05| 新潟 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

豚ロースのシャリアピン的味噌ソース

新潟の北に位置する村上市。古い城下町であり、県北のお茶の産地でもあるこの地で、春を告げる「町屋の人形さま巡り」はこの三日までと聞き、来年この時期にはもういないVilleを連れて行ってきました。ひな人形をはじめ武者人形に土人形、大黒さまや布袋さまと実にさまざま。古くは江戸時代以前のお雛様にも会うことができ、風情ある街並みを眺めそぞろ歩きながら、地元の人々の語りに耳を傾け、ゆったりした時間を過ごしました。


13-04-01-4.jpg

江戸以前のお嫁入りの打掛をはおわせていただけたのは感激でした。その打掛の美しいこと!! 淡い空色の地に、今どきのピンクの刺繍が細かく施され、現代の色遣いに匹敵するビビッドな色遣い。それには、ただただ驚き。しばしお姫様気分に浸った♡ なんて言ったって誰も信じないでしょうけれど…。ホントの話☆\(^o^)/

13-04-01-3.jpg

我が家のお雛様は、かわいそうなことに、鼻の頭を鼠にかじられてしまっています・・・。
だから、こんなにも↑細かい刺繍の施されているものを、長く保存し続けようと言うことは並大抵ではないことをよ~く知っております。一軒のみならず、数十件もの町屋の方々の協力と努力、そして守り伝えようとする代々の営みに思いの深さを感じずにはいられない・・・そんな初めての「町屋の人形さま巡り」でした。


今晩は、ポークソテーに味噌味のソースを作ってみました。
13-04-01-1.jpg

【材料 [ソースの分量]】
 玉ねぎ・・・1個
 サラダオイル・・・大さじ1/2
 酒・・・大さじ1.5
 新潟米仕込みそ「延齢」・・・大さじ2
 だし醤油「料理人」・・・大さじ1/2
 砂糖・・・小さじ1

【作り方】
 1.玉ねぎを千切りにしたら、サラダオイルでしんなりきつね色になるまでよく炒める。
 2.@に調味料を加え、全体にしっとり馴染んだら、出来上がり☆

軽く塩・コショウしてソテーしたポークのソースとして召し上がれ~~♪
今日の付け合せ: マッシュポテト、ほうれんそうのソテー、マイタケのソテー、長茄子
(マッシュポテトは、豆乳とチェダーチーズ、そして塩コショウ、ナツメグを少し加えました。)
13-04-01-2.jpg

以前から是非寄りたいと思っていた鮭料理の老舗でのランチは叶わず、おいしいと評判のお寿司屋さんにVilleを連れて行った喜びと言ったらありません!!! 写真を撮ったり、おいしいの連発☆ 私の方こそ楽しいランチタイムでした^^
posted by まさ at 22:13| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

大豆入りひじき

結婚してそろそろ、5か月。仲良くやっているような二男夫婦が帰ってくるというので、彼の好きなひじきを煮て待っていましょう。Villeにとっても初体験の日本食ひじき one of  Japanese foodsです。

13-03-31.jpg

〜〜・・大豆の水煮を使ったひじき煮・・〜〜
【材料】
 乾燥ひじき・・・1袋
 にんじん・・・小1本
 ごぼう・・・1/3本
 水煮大豆・・・200g(1袋)
 干椎茸・・・3枚
 乾燥海老・・・50g
 油揚げ・・・2枚
 ワンランク上の「つゆ」・・・大さじ2
 酒・・・小さじ2
 サラダオイル・・・大さじ1

【作り方】
1.ひじきはたっぷりのぬるま湯につけ、十分膨潤したら細かい沈殿物を取り除くように数回よく洗う。
2.干し椎茸は戻したら千切りに、乾燥海老はざっくり切ってぬるま湯に戻しておく。
3.にんじん、油揚げは細い千切りに、ごぼうは細くささがいて水に放してあくをのぞいておく。
4.サラダオイルを熱したフライパンにBを、そしてAを炒めたら。、水を切っておいた@を加える。
5.Cに「つゆ」、酒、干椎茸・乾燥海老の戻し汁を一緒に入れて煮含めたら出来上がり。



なかなかの評判^^V 醤油味よりは、塩コショウの方が好きなようなフィンランド人君ですが、Nice~~♪との評価(ほぉ=3)。

13-03-31-2.jpg

息子に用意したお刺身を生はサーモンだけと言っていた、Villeが喜んで食べてくれたのはうれしいことでした。西側をずっと海に囲まれ、湖の多い国柄ですもの、やはりお魚好きなようです。息子夫婦と楽しげに話している様子を見ていると、やっぱり若者は若者同士の方がずっと楽しそうです。
別れ際に、「モイモイ!」。。。@@ フィンランド語の挨拶を調べていたようでした。
では、今日はこれにて・・・モイモイ~~^^



posted by まさ at 16:15| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海草類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

鱒のホウレンソウソース添え

私たちって、子供のころから当然のように日本語を使っていますでしょ! 子供たちに日本語を教えるなんてこと、そう言ったらしませんでしたもの。いつの間にか、同じように話せるようになっていましたからね…。
そこで、もうすっかり自国語やいくつかの外国語を理解できる青年に初めて日本語を教えようとすると、こちらの(教えようとする)方も、その理屈を話そうとするし、習う彼も、なぜそうなの?と聞いてきます。

【タイヘン その1】
英語でいったら「~~,isn't it?」「~~,don't you?」は、「〜〜だね」というのよ!と話していたんです。なにをって、最初に「上手だねぇ〜」って言いたくて、それを説明したんです。ところが、ふと「いいねぇ〜」「かわいいねぇ〜」「はやいねぇ〜」 あれれ(゚_。)?  「だ」がいらないほうが多いではありませんか?
説明するときには「~~だね」って必ず「だ」をつけたのに・・・。「きれいだね〜。」「すてきだね〜。」・・・でもどうなんでしょう。もしかしたら、形容詞には「だ」をつける必要がないのかしら? いえいえ、そうでもないらしい…。理屈をつけるって難しい…。

【タイヘン その2】
わかっていたけれど、漢字には、いろんな読みがあるということ。 音読み、訓読みが2つではなくてもっとあるんですものね。なぜって聞かれたって…。あぁ。。。これは覚えることなの!! かわいそう。。。。になってしまいました。彼の学校の最寄駅が「白山」。その後グーグルマップでひとり調べていたようなのです。そしたら、同じ「山」なのに、「さん」ではなくて「やま」と読ませてるものを発見したと質問されて…。
「山」が「やま」と「さん」があるのはどうしてと聞かれたって・・・。説明できません。はい、ごめんなさい<(_ _)>ただただ、覚えてください。それでいいですよね。

さてさて、
13-03-29.jpg

彼のママはホウレンソウを刻んでホワイトソースと混ぜるそうです。
だったら日本のママは、ミキサーでペーストにしようじゃありませんか!!(笑)

そして、パスタは野菜の分と言っていた彼の言うとおり、パスタを添えてあげましょうじゃありませんか!(うふふ)  そして、大好きなライ麦パンを用意してあげました。これで彼を少し満足させてあげれたのではないでしょうか?
我が家に来てもう少しで一週間になります。少しずつ日本語も覚えてくれています。その速さには、びっくりです@@;若いっていいですね。


13-03-27.jpg

やさしい色の雪割草を見つけました。すてきな名前の花です。
春モードにチェンジして、4月がそこまで来ています^^V
posted by まさ at 21:02| 新潟 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ソース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。