2013年03月27日

天然ブリカマの香草焼き

冬は−20℃、湖と森の国フィンランド人のVilleと食べ物の話をしていて驚いたことがあります。
まだまだ、我が家に来て3日しかたっていませんけれど・・。

【勘違 その1】
ワンプレートの中に[肉か魚]+[ホワイトソースにほうれんそう]+[ポテトかライスかパスタ]がワンプレートの中に。といわれたら、あれ?パンは食べないの?と思ってしまっていました。(つっこむことなく・・・)あることで突然判明しました。そのほかに、Breadがあるということを。。。。(^^ゞ そのほかにですよ!!ライスが野菜の役割だというよく聞いてはいた、あれだったのですね。ライスとパンは同等の位置だと、てっきり思っていた大きな勘違い@@;日本では、ライスにしますか?パンにしますか?って聞かれますものね。

【すごいぞ その1】
たんぱく質について話していた時のこと。
日常は、ほとんどお魚がメインディッシュなのだそうです。その最後に付け加えた彼の言葉☆ 
Meat is for muscle, Fish is for brain.  (お肉は筋肉に、魚は脳みそにいい)
なんと感激だったことでしょう。そんなことまで高校生の男の子が知っているとは…。日常的に知っている当然の事のようだったことが、私にとっての大きな驚きでした。

さてさて、そんなことでお魚料理にしましょうと

〜〜・・天然ブリカマの香草焼き・・〜〜
13-03-26-1.jpg

【材料】
 天然のぶりのカマ・・・スーパーでちょうど見つけることができたラッキー品
 しお・黒コショウ・カレー粉・小麦粉 ・・・@
 オリーブオイル・にんにく・ローズマリー ・・・A
 レモン・塩分ひかえめ「華」

【作り方】
 1.カマの内側の血あいを丁寧に洗い流したら、キッチンペーパーでよく拭き取り、調味料を振り掛ける。
 2.アヒージョ風にしたくて、にんにくとローズマリーで香りづけしたオイルAに小麦粉をまぶしたらすぐに投入。
 3.片面10分くらいずつ、ゆっくり油で煮るようにして、出来上がり。
 4.たっぷりのレモンとやさしいおしょうゆを補充していただきます。

 《付け合せ》
  この日は、茄子のソテー、ブロッコリーとカリフラワー、ニョッキのボローニア風トマトソース



近所で小さな春を見つけました。
つくしんぼは小さい時はいつも摘んで遊んでいました。
13-03-26.jpg

どこが取れてるかな? よ〜く遊んだものでした。
陽射しがとっても嬉しい春が微笑んでくれています*^^*
posted by まさ at 15:49| 新潟 | Comment(2) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

心ひきしめて・・・

長~い長〜いご無沙汰でした<(_ _)> きっとお忘れでしょうね。ときどき、ほんの時々なんですけれどね、「Blog待ってますよ〜〜♪」
なんてうれしいお言葉いただいていたんです。
再開をどれだけ期したことでしょう。
ところが断念。。。 _| ̄|○ 根性なしにございました。。。

さぁ、一念発起☆ やる気になっている私をどうぞお見捨ておきなくにございます♪

今月23日より、フィンランドから留学生をお預かりしておりまして…。
我が家の平均年齢がぐぐぅ~~っと下がったのでございます。
肌のきれいな北欧の美少年といっても言い過ぎではないと思う子なので、何よりも、とってもいい子ですよ。
なので、彼のために私はせっせと食事作りに今までより熱が入るというもの・・・。
だからの再開というのも頷けるでしょ! ウン★

で、やおらカメラを取り出し撮影会にございました。
13-03-25-2.jpg

冷凍庫に大事にとってあった村上牛のスネにございます。
やっぱり全然違いました。朝からコトコトと、弱火でローリエと黒コショウで
ゆっくりゆっくりたっぷりの水で煮込んだ成果、大いに発揮できた代物に
出来上がったこのうれしさを、何と表現したらよいのでしょう。

【材料】
 ジャガイモ・・・3個
 人参・・・2本
 村上牛すね肉・・・800g
 玉ねぎ・・・2個
 ローリエ・・・3枚
 ローズマリー・・・少々
 デミグラスソース(ハインツ)・・・小袋2
 赤ワイン・・・200cc
 ブロッコリー・・・1束
 コシヒカリ糀みそ「豪農」・・・おおさじ1

別段、タイヘンな作り方ではございません。
時間と愛情がおいしいものに仕上げてくれる典型的な一品かと思います。

13-03-25-1.jpg
彼の名は、Ville と申します。
わたしは、朝からフル回転で頭の中のみならず、回らない口が英語漬になっております。
彼に日本語を教えようと思って、気づいたこと、多々あります。(おいおい、お話ししていきましょうね。)
私たち日本人は当然のように少しずつ少しずつ子供のころから言葉を覚えましたでしょ。
理屈がわかるようになって、新しい言語を覚えるということは、
なぜか、ある法則を理解してから(理解させてから)という手順を踏もうとしてしまうのですね。
私自身もそういうものを探しながら、日本語を教えようとしていることに気づいたのです。

彼の国の食事の様子や家族のこと、ガールフレンドのこと、話は尽きません。
明日も、彼は、日本語のサバイバルレッスンに出かけていきます。

彼の11か月が、苦しい中にも多くの学びと経験をそして、日本のすてきが伝わるお手伝いができたらとうれしいスタートです。
大きく(182cmもすでにある本当に大きな青年です)、豊かに心も身体も育ってくれることを心から祈っているのです。

posted by まさ at 21:55| 新潟 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

牡蠣にたっぷりレモンを絞って〜♪

GWを利用して新潟に遊びにいたした山田屋のお客さまや、田舎新潟に帰省している方々が今日はたくさんお買い物に来てくださいました。お店番の女将としてはてんてこ舞い _| ̄|○・゚・ いらしてくださったみなさま、ありがとうございました<(_ _)>
私自身の仕事はカメさん状態。。。。カメさんだっていつかはゴールに到達できるのですから、そんな日があってもと思いなおさなくっちゃ☆

今日は、夕方食材の調達に新しいスーパーに行ってみました。
驚き桃の木、山椒の木・・・(+_+)(@_@) 食材が豊富で、デパート並みの品揃え
こりゃぁ、今まで行かなかったことを後悔です。いつも行っている最寄り店がどんなによいと勝手な思い込みでした。

お刺身だって、トロの盛り合わせというのが本当にこのお値段??そしておいしいのなんのって…!!
輸入品の調味料、食材まで明治屋だって顔負け位の品揃え。今度からここですってお店を見つけてしまいました。
こういうのって、俄然テンションが上がるんです。

そこで大粒な佐渡の牡蠣を調達。簡単一品で今晩は日本酒で音楽聞きながら楽しいお夕食でした。

12-05-04-2.jpg

恥ずかしいくらい簡単です。

ぐらぐらいっている熱湯に、さっと牡蠣を湯通ししたら、氷水にさっと放しておしまい☆
紫大根のおろしにレモンと 塩分ひかえめ醤油「華」をかけていただきます。
紫がピンクに変わるのも楽しい演出ですよ~~♪ スプラウとを添えたら、今晩の「八海山」がますます進みます^^;

12-05-04-1.jpg



先日撮ってきた山の中のイカリソウ
12-05-03-n.jpg
山中でスポットライトを浴びたような瞬間をとらえられました。
造形的にちょっと妖艶な感じがして、ちょっと躊躇していました。

















posted by まさ at 22:20| 新潟 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 魚・貝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月03日

 GW後半は『野菜づくし』でスタート☆

今日は、FBのお友達のK氏が奥様とご一緒に立ち寄ってくださいました。
久しぶりの再会でした。しばらく、FBでの交流がなかったので少し心配をしておりましたけれど、お元気そうでお話をいろいろ楽しくさせていただきました。素敵なご家族です。生憎の小雨の中、福島潟へお寄りになられてお帰りになったのでしょうか?少し季節の遅くなった菜の花の福島潟をご案内致しました。

最近、夕食を真面目に作っていないのよ。。。そう電話で話していた友人に触発されて、我が家の夕食も『野菜づくし』です☆

一つめは、
【茄子とアスパラの粒マスタード炒め】
12-05-03-1.jpg

【材料】
 茄子・・・4本
 アスパラ・・・4本
 粒マスタード・・・大さじ2
 だししょうゆ「料理人」・・・大さじ1
 サラダオイル・・・大さじ2〜3

【作り方】
 1.アスパラは、下部をピーラーで皮を曳き、斜めに切っておく。
 2.なすはスティック状に切っておく。
 3.多めのサラダオイルを熱したら茄子を炒め、火がとったらアスパラを加えてざっくり炒め、
   だししょうゆ「料理人」をまわしいれたら、マスタードを全体にまぶしたら、はい!出来上がり^^


そしてもう一品
【鶏肉と小松菜のとうがらし味噌炒め】
12-05-03.jpg

【材料】
 小松菜・・・1ワ
 鶏もも肉・・・1/2
 とうがらし味噌・・・大さじ2〜3
 ごま油・・・大さじ1
【作り方】
 1.小松菜は、たっぷりのお湯でさっと茹でたら、しっかり水気を絞って食べやすい長さに切っておく。
 2.鶏肉は細い千切りにし、熱したフライパンに皮面が下になるように並べて余分な脂を出すように炒める。
 3.Aの中に@をほぐしながら入れたら、とうがらし味噌で味付けをし、最後にごま油を入れて出来上がり。


こんな田舎風なちょっと刺激のある2品がメインで今晩のディナーが貧相に始まったのでございます。
とうがらしとマスタード・・・香辛料といえばそうですが、新しい味噌醤油とのコラボを展開できた気がいたします。


12-05-03-n2.jpg

真っ白な牡丹が満開となりました。
立てば芍薬、座れば牡丹…  
座った牡丹の姿をBestと称えられます
真っ白なその後ろ姿はやはり凛として美しかった。。。



posted by まさ at 21:03| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月24日

同級生??との女子ランチ

昨日は、知り合うはずもなかった、でも何か引き合うすてきな女性が訪ねてきてくれました。
そう思うとFBってすごいです。きっとお友達のお友達だった人たちなのです。でも、今は私の大切なお友達です。

FBでのコメントのやり取りは、『人を表す』のでしょうね、きっと。
いつもの投稿、何気なくかけた言葉、一生懸命考えて書いたお返事・・・。そういう行ったり来たりの言葉と心の往来が知り合うはずもなかった人と強い何かで結ばれていく気がします。「価値観」とかいう言葉では済まされない。。。心の琴線に触れあえる・・・そんな人が2人訪ねてくれるというので、だったらとランチをご一緒しました。

12-04-24-1.jpg

タケノコご飯
山菜の天ぷら
ホタルイカのハリセンボン(0n とろろ芋)
手作り豆腐
紫大根と新玉ねぎのサラダ〜炒りしらすのせ
サーモンの味噌漬
大粒あさりの糸コン炊き

12-04-24-2.jpg

いらしてくださったIさんが作り方を聞いてくださったのでそのレシピ(?そんな大それたものじゃないのですが…)をご紹介。

〜〜・・大粒あさりの糸コン炊き・・〜〜
【材料】
 大粒あさり・・・1パック
 糸こんにゃく・・・1袋
 えのき・・・1/2パック
 料理酒・・・100cc
 料理人・・・小さじ~大さじ1(あさりからの塩分で調整)
 三つ葉・・・適宜

【作り方】
 1.糸コンは熱湯で湯がいて下処理して、ざっくり切っておく。
 2.よく洗ったあさりはお鍋に入れて空焚きしして料理酒を回しいれ、ざっくり切ったえのきと@の糸コンを入れたら蓋をする。
 3.あさりが口を開けたら、だししょうゆ「料理人」を回しいれて味を調え、三つ葉を散らして供す。

おしゃべりが何よりのごちそうで、Iさんのすてきなご主人とのラブスト―リーに心熱くして、Mさんの真摯な誰からも愛される生きざまに共感して、またの再会を約束してお別れしたのでした。

12-04-24-3.jpg

そして、夜は、夜桜を見る信濃川のクルーズに参加してきました。
新潟のライトアップは今が盛りの桜より歴史博物館や旧第四銀行住吉支店のライトアップのほうがずっとすてき☆
まだまだ、さびしい新潟の信濃川沿いだったことは、これからの新潟市の課題なのかもしれません。
突然川に突き落とされるような、いろんなことが起こるのも人生でしょう(笑) 
posted by まさ at 22:26| 新潟 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ランチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月21日

和風(わっふう)クリームパスタ

午後からずっとPCの前でPage作り。。。全くつっかえずにサクサクいっていたら気持ちよく仕事が進むのですが。HTMLとできたものに大きなイメージのギャップがあると、もう、へこんでしまいます。プロにお願いすればいいのでしょうけれど…。こちらの希望通りにいく事のほうが稀。だったら、コツコツ一つずつ一つずつ自分で納得するようにやったほうが…なんて思ってしまうタイプなのです。
行き詰まってしまうと、もう頭の上からマンホールの蓋をのせられたかのような重~~い気分になってしまいます。ひとつずつ、ひとつずつ、コツコツこつこつやったら、いつか終わることはわかっているのですよ。でも閉塞感の中に入ってしまうと。。。逃げ出したくなってしまいます。
きっとどんな仕事でもそうなんでしょう。仕事ってそういうもの。いいことばかりじゃありませんもの。
そんな今日は、慰めてくれたFBの友人がいました。私の話を聞いてくれて、一緒におしゃべりしてくれて救われました。目の前の霧が晴れたようになるから不思議です。もしかしたら、自分で勝手に迷い込んだ暗〜いマンホールだったのかもしれませんね。『気の持ちよう!!』そう簡単には片づけられない気もしますけれど、そう思えて楽になるなら、きっとそうだったということで…^^V

本当だったら、おいしいパスタでも食べに出かけたい気分。
でも、咳込んでいる母と、ビールを飲み始めた連れ合い君を相手では、どこにも出れませんからね。。。。(-_-;)

【ごぼうとシイタケのクリームパスタ〜たらの子風味〜】

12-04-21-1.jpg

【材料】
 ごぼう(細み)・・・1本
 シイタケ・・・3個
 細ねぎ・・・6本
 カッペリー二・・・2人分
 豆乳・・・50cc
 ハインツホワイトソース(小袋)・・・1袋
 たらの子・・・1本

【作り方】
 1.ごぼうは笹がきにして、水にさらしてあくをとる。
 2.シイタケはちょっと厚めに切っておく。
 3.たらの子は縦半分にして、包丁の背で卵を皮から離しておく。
 4.パスタはたっぷりの少ししょっぱめのお湯で表示時間より1分ほど短くなるように茹でる。
 5.フライパンに大さじ2(少し多め)のオリーブオイルを熱したら@とBにまんべんなく火が通るように炒め、
   そこにシイタケを入れたら、豆乳とホワイトソースを加えてソースを作る。
 6.茹であがったパスタをDのソースに入れ、塩コショウ(たぶん塩は必要ないでしょう)で味を調えたら、
   ざっくり切った細ねぎをさっと和えて、お皿に持って供す。


12-04-21-2.jpg

やっぱり赤ワインが進んでしまいました。
そう、食べに行ったら、ワインなんて飲んでられませんもの。自分でこさえてワインの栓を抜くその瞬間、やっぱりいいかも。。。
それに庭の梅もそろそろ散り始めそう。ライトアップしたのを楽しみながらでした。


12-04-21-2.jpg
池の上にはハラハラ落ちた花弁が鯉の赤の上に浮いていました。
 
 
posted by まさ at 21:58| 新潟 | Comment(1) | TrackBack(0) | 麺類・パスタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

一人梅酒のおつまみに…

中学生の頃、応援団に練習させられた中に「が〜んばったっ〜、が〜〜んばったっ、〇〇〇〇」という凱旋のエールがありました。今日の私、自分で自分をほめてあげたい(嘘です、やったのですけれど結果がいまいちうまく行けていない。。。(^^ゞ )
でも、私しかわからない。だから誰もほめてはくれませんからねぇ〜〜。。。。。
自分の中で「が〜んばったっ〜、が〜〜んばったっ、Ma~sako☆」なんてね、心の中で叫んでいましたっけ☆キッチンに立っている時。
当然一人と思っていると、仕事ももう少し、もう少し・・・って終わり時間が延び延びに…。

こんな日は年数物の自己流の甘み抑えた梅酒の口当たりがよくって。。。
12-04-19-1.jpg

有頭海老の背ワタを取って背開きしたもののオリーブオイルとガーリック焼き
そして
ごぼうとさやいんげん塩こうじ風味
 (これは、
  笹がきしてあく抜きしたごぼうをしんなりするまで炒めたら、
  筋を取って斜めに切っておいたさやえんどうと一緒に、
  ちょっぴりの塩こうじだけで炒めただけの簡単レシピ。)

12-04-19-2.jpg


もう一つは、
にらとえのきの卵とじ
 (これも塩こうじ味にしてみました。
  にらは3〜5センチに切ったら油で炒め、しんなりしたら
  同じくらいの長さに切ったえのきも加えてしんなりするまで炒める。
  炒めたにらとえのきをとき卵(3個)と塩こうじ小さじ1をいっしょにしたら
  たっぷり油を敷いて熱しておいたフライパンに流しいれて両面を焼く。  一口大の正方形に切って(チヂミのように)お皿に盛る。
12-04-19-3.jpg

梅酒は口当たりが良いせいか、ちょっと進みすぎてしまったようです。



今日はどんな一日でしたでしょうか?
yukiwariso-4.jpg


ただただ うれしい ただただ しあわせ 

踊りだしたくなりました  
雲の覆った日の中 
ちょっと覗いた太陽の陽に
雪割草が体いっぱいの日光浴
最高の出会いの瞬間でした 




posted by まさ at 22:15| 新潟 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | アペタイザー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。